« ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配 | トップページ | 瓜、いろいろ・・・ »

2009年5月23日 (土)

忙しくなってきたぞ!

090523bara 昨日の雨から一転して、今日は気温も28℃と真夏日にも近づくような天候となり、今は治まっていますが少し前まで庭の蔓バラに黒星病が発生していたこともあり、こんな時には特にウドンコ病や黒星病の再発も心配となりますので、今日は気温の上がる前に予防薬としてダコニール1000を散布しておきました。
こうして気温も上がってくると、たかが少量栽培の家庭菜園規模とはいえ、やたらと多くの品種に手を出していますので、朝起きると同時に畑を見廻ってから受粉作業・脇芽欠き・蔓の誘引・虫の捕獲・除草作業等に加え、灌水やストチュウ散布等々と一気に忙しくなってきます。  この他にも庭の草木や果樹などもありますし・・・。

090523tomato今日は第1弾のトマトから2ヶ月遅れで播種をした苗の1段花房に開花が始まりましたので定植をしました。
例年ですと4月初旬に定植したトマトは8月の中頃を過ぎたあたりで終盤を迎えるようになりますので、今年は秋口まで収穫出来るように2回目の播種を試みました。  今回は中玉のスタピストマト 5本と大玉の露地ゆたかを5本を植えましたが、第1弾として植えたトマトは大玉が4段、中玉は既に5段花房の花が咲いており、今回は無論トンネルは施しませんが、どうやら苗の成長が著しかったこともあって、9月終盤まで収穫するためには、もう少し遅く播種をしても良かったようにも思います。

090523pimanピーマン万願寺とうがらし(シシトウ)も草丈が45cm程に伸びてきました。  昨年は主枝から一番最初に3本の小枝が枝分けれする個所で2本を剪定して1本仕立てとしましたが、今年は1本を剪定(下の赤矢印)して2本仕立てとして、次の分枝地点で小枝が2本となる個所で1本を剪定(下の赤矢印)しながら仕立てていく方法で、かなり面倒な気もしますがあまり枝葉が込み合わないようにしながら、収穫できる個数も制限できるように試みることにしました。  果たしてどんな按配になることやら・・・。

090523negi長葱の苗は3月18日に汐止晩生ネギ石倉根深太ネギ赤ネギの3種類を播種しました。
何れの苗も自家採種した種からのもので、草丈はほぼ30cmほどに伸びてきておりますが、石倉根深太ネギと赤ネギは発芽が不揃いでしたが、それぞれ4~50本の確保はできそうで、栽培の大半を占める薹立ちの遅い汐止晩生葱は順調に発芽しましたので、これだけあれば苗の確保には全く問題はなさそうです。  右下の囲み写真は柔らかで甘味のある赤ネギの苗ですが、既に株元には赤ネギとしての兆候が見られます。
この後は6月の中頃に仮植をして、9月中旬に本植えの予定をしております。

|

« ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配 | トップページ | 瓜、いろいろ・・・ »

コメント

毎日、読まして貰っています。また、waka3の野菜等
参考にさせて貰っています。箕輪にいる時は、三食、自炊しています、何、作るにもニンニクが、、、中国産は数もあって安いが?手を出しますが買うには至っておりません。次の野菜作りは、ニンニクに挑戦します。
waka3も体重60キロ台ですね、くんぱんも、70キロ台をプラス、マイナスを、毎朝、5時から10キロ歩いています。こちらの道は、平らの所は少なく、歩幅が狭くなったり、広くなったりです。
くんぱんのミニ菜園ですが、坊ちゃんカボチャ、ウコン
(まだ芽が出ない?)ジャガイモ、牛蒡、大根、葱(200本、松本1本)ニンジン、カブ、モロコシ(55本)サトイモ(種芋から、やっと芽が出ました)
後は、サツマイモです、29日に入荷で(前もって予約しました、紅高系50本)
サツマイモのつる苗が一段落してから、東京に帰ります。箕輪に来てから、2ヶ月が過ぎました。
waka3ん信州に来たんですね、そのころは、遅霜で、、、藁を被せたり、苗帽子、行灯、何せ、初めての
経験で大変でした。

投稿: くんぱん | 2009年5月24日 (日) 04時53分

くんばんさん>
おはようございます。
私の野菜作りなどかなりいい加減なこととこちらとの気候の違いがあまりにもありますので、あまり参考にされますと良いものが収穫出来ないのではと心配になります。(笑

そちらでは毎日が交配や収穫に関わる野菜の栽培はお住まいの関係で無理のようですが、ニンニクは是非お試しになってみて下さい。  但し、早植えも遅植えもニンニクの生長にかなり影響するといわれますので、出来れば種苗専門店で種球は購入されて、植付け時期を確認されて下さい。

先日は仲間うち10人と長野の那智村からR256経由でR19(中仙道)に出て、これを北上して木曽町からR361で権兵衛トンネルを抜けて伊那に出て駒ヶ根高原~飯田というルートで走ってきましたが、箕輪はニアピンでしたね。
機会があれば是非一度出掛けたいものと思っておりますが、現状では連絡が出来ませんので、よろしければ私のHPのトップページからメールが送信できますので、メールアドレスをご連絡いただけますと幸甚です。

投稿: waka3 | 2009年5月24日 (日) 09時04分

 昨日は 暑かったですね、半袖 麦藁帽子でふうふうでした。
 うちに比べて広いので、見て廻って ちょっと手を加えるだけでも 大変だと拝察します。

 シシトウの剪定方法の成り行きに興味があります、是非 続報をお願いします。

 ネギ苗の播種は半月遅れですが、うちのプランター育苗と比べますと 雲泥の差です。 ここまで育つと、6月中旬の仮植えが可能ですね。

 うちの隣の畑のニンニク「ホワイト六片?」は茎の太さが5~6cmほどになっていますが、サビ病が出て、アット言う間に葉がオレンジ色になってしまっています。 植主とは最近会っていませんが、気になります。
 

投稿: 菜園ブログ | 2009年5月24日 (日) 10時35分

お忙しいでしょうね。気温や湿度の上昇は虫の天国ですし、黒星病ですか。
完璧な花や野菜が多いので御苦労のほどをお察しいたします。
ジャガイモの葉にジュウニヤホシテントウが、どっと来て、虫退治に追われてましたが、うちだけではないのだと、ちょっと慰められます(笑)とうとう虫の処刑が普通に出来るようになりました(爆)
ザ・マッカートニーローズ綺麗ですね。バックの芝生も
長ネギを自家採取の種から育てるという細かい作業に今年も、また感服させられました。

投稿: kimama | 2009年5月24日 (日) 15時40分

菜園ブログさん>
ピーマンは昨年最初の分枝点で一本立ちにしましたが、その後はそのままの放置でしたので、中盤からかなり収量も増えその反面大きさはやや小振りとなりましたので、今年は収量はそれほど望みませんので、すくすくと育ててみたいと思っております。

長ネギは発芽後に6~7cmくらいになった頃から5月第一週くらいまでトンネル掛けを施してみました。  
ネギの葉がトンネル内の温度で焼けないように、最初は直径8cm程の穴を3~4個明けて、4月後半には更に2~3個追加しましたが、どうやらこれが効を奏したように思います。  例年より10日以上早目の仮植えが出来そうです。

普通のニンニクの株元の太さが5~6cmとは驚きですが、人の畑のものが放置されたままですと本当に気になってしまいますね。(笑

投稿: waka3 | 2009年5月24日 (日) 23時28分

kimamaさん>
このところ本当に菜園や庭の手入れなどで忙しくなってきました。
黒星病はバラだけのことですが、ウドンコ病と違って完治させるのに若干手間取りますので、発生させないようにするには日頃の予防が肝心なようです。

虫の処刑だけは避けて通ることが出来ませんので、嫌が応でも身につける以外ありませんね。(笑
こちらでも一時はジュウニヤホシテントウも見受けられましたが、最近ではほとんど見かけることはありませんが、このところウリハムシはやや下火になったようには思いますが、まだまだ振り回されております。

バラの春咲きは一期目がそろそろ終わりに近づき、二番咲きのものがそろそろ準備段階にきております。   手間は掛かりますが、その反面楽しいものです。

投稿: waka3 | 2009年5月24日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配 | トップページ | 瓜、いろいろ・・・ »