« 夏野菜の手入れ(敷き藁、整枝、誘引など) | トップページ | 忙しくなってきたぞ! »

2009年5月16日 (土)

ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配

ホワイト六片は土地柄の相性が良くないようで、昨年から平戸ニンニクに替えて栽培をしていますが、葉茎も生長し収穫出来るまでになりましたので、この先またまた雨模様になるということもあって、鱗茎が傷まないように昨日大急ぎで収穫をしました。

ニンニクの栽培には元肥をたっぷり入れておくことが肝心ということで、その点には留意はしておりますが、栽培の過程で茎や葉ばかりが育って、この調子では葉ばかり様となって満足するようなニンニクは出来ないだろうと半ば諦めていました。
090516ninniku1例年ですと茎の太さは、せいぜい人差し指程度の太さでも売られているような大きさのニンニクの収穫が出来ていましたが、今年は大半が写真の左側に見えるような茎が太いものでは3cm弱にも生長し、大きなものでは塊径が10cmもあるようなジャンボなものが出来ました。
090516ninniku2上の写真にはスケールで判るようにはしてありますが、これを手の平の上に乗せるとこんな大きさになります。
福地ホワイト六片などの名前にもあるように、ニンニクの鱗茎を構成する数は一般的には概ね6個が標準的で、写真右側に見える通常の大きさのものはほぼ6片でしたが、ジャンボサイズのものは10~12片もあり、擂りおろして食べるには一株あれば数日は充分に堪えられそうです。

090516ninniku4こちらはもう一種類のジャンボニンニク(無臭ニンニク)ですが、普通のニンニクに比べて確かに臭いはかなり少ないとはいえ、大味なことから毎年一株分(6~7片のもの)程度を残して栽培しているだけですが、写真でも判るように株元の太さが裕に5cmを上回るようにまで生長しており、若干株間が狭すぎたように思います。
まだ成長過程で、今月の終わり頃には紫色の綺麗な花を咲かせることから、一つだけ残してあとは切り落としてありますが、こちらの塊径は13~15cm程度の大きさになりますので、写真の真中に位置するものは両側のニンニクに挟まれてかなり窮屈な思いをしているのではないかと反省しております。(笑
こちらの収穫は6月中旬頃になりそうです。

090516mikekado三毛門(みけかど)カボチャは前回(11日)の書込み以降に好天も続きましたが、あれから僅か5日しか経過をしていませんが樹勢も旺盛で、株元についた何個かの雌花は全て切り落し、子蔓の8節目に着いた雌花が今朝雄花と一緒に揃って開花しましたので早速交配をしました。
人工的な受粉作業で着果はほぼ100%望めますので、最初のカボチャスープが楽しめるのは7月の初めになりそうです。

焼きソラマメ食べてみました

090516soramame1今年初めて作ったソラマメの収穫が出来はじめましたが、どうも色々な食べ方が良く判からずに、初回は茹でて見ましたがフニャフニャで水っぽくてあまり美味しいとも思えませんでしたので、皆さんの記事などを頼りに焼きソラマメを試してみました。
090516soramame2 我家には七輪のような優れものはありませんので、取りあえずはオーブントースターで焼いてみました。  
まだ莢の中のソラマメはそれ程硬くはなっておらず、焼いている過程でどうやら上手い具合に水分が程好く飛ばされて、焼きあがった時にはちょうど食べ頃な感じになっていました。
全く何もつけずにそのまま食べてみましたが、食感も良くとても甘くて家内にも大変好評でした。  我家の糖度計は測定する液量が少ないと糖度表示の境界線がはっきりと現れませんが、12℃ほどありましたので美味しいのも頷けます。
豆が莢の中でもう少し硬くなってきてから茹でたり煮たりしようと思います。
この後で新聞に掲載され知ったことですが、空豆の莢に切れ目を入れて塩水に浸した後で焼き豆にすると、塩味が程好くて美味しくなるだけでなく、莢が剥き易くなるということで早速試してみましたが、とてもGoodでしたので追記しておきます。

|

« 夏野菜の手入れ(敷き藁、整枝、誘引など) | トップページ | 忙しくなってきたぞ! »

コメント

ニンニク、大きいですねー
やはり長雨に当たる前に採った方がいいんですね!自分も早めに収穫したいと思います!
ソラマメも美味しそう私は食べ方としてはソラマメご飯が一番好きです!機会がありましたら是非試してみてください!

投稿: livestrong | 2009年5月17日 (日) 07時22分

livestrongさん>
今迄にこれだけ大きく出来たことはありませんが、あまりの大きさにビックリしました。
旬の鰹をニンニクをおろして食べましたが、ジャンボでも全く味は違いませんでした。
玉葱やニンニクは雨で傷みやすいので、収穫時の長雨は嬉しくありませんね。

私の豆ご飯はもっぱらグリンピースやツタンカーメンの豌豆を使っております。
ツタンカーメンの豌豆はグリンピースと同じように豆は緑色ですが、ご飯にすると何故か赤飯が出来るんですよ。  ここをご覧ください。
                     ↓
http://www2.tokai.or.jp/waka3/engei/nisshi/nisshi_sub/tutankamen.htm

投稿: waka3 | 2009年5月17日 (日) 08時57分

よく手入れをしていますね。カボチャは素晴らし出来栄えですね。
 ニンニクもよくできている、見事ですね。ジャンボニンニクはネギですね、私は今は栽培をやめました。
 ニンニクは、青森ホワイト6片を栽培しています。今年はとてもよくできていますので期待しています。
 今日は雨ですからジャガイモ、ニンニク、玉ねぎの最終実りに良いと思います。

投稿: tenmanky | 2009年5月17日 (日) 09時03分

tenmankyさん>
ありがとうございます。
三毛門カボチャはとても順調に育っており、昨年の実績からこのカボチャは樹勢が旺盛なことから追肥さえ間違えなければと思って、現在子蔓は図々しく6本にして夫々から2果ずつを狙っております。(笑
この他の子蔓にも着果できる場所に雌花が3ヶ所確認できており、一週間以内くらいに次々に交配出来そうです。   但し、雄花の方が少し心配ですが・・・。

鶴首カボチャもだいぶ蔓が伸びてきましたが、まだ雌花は全く確認できない状況です。

ジャンボニンニクはどれくらいの大きさになるのか今から期待が大きいところですが、収穫の際にはまたアップしたいと思っています。

投稿: waka3 | 2009年5月17日 (日) 09時46分

ジャンボニンニクの茎、太いですね~少し苦しそうですが、土の中で喧嘩はしていないでしょうから、こちらも大きいニンニクが採れそうですね。平戸ニンニクにも目を丸くするばかりです。

焼いたソラマメ美味しそうです。糖度12度と凄いですねぇ。果物のような甘さ・・・う~ん、いつの日にか味わいたいです

投稿: kimama | 2009年5月18日 (月) 16時29分

kimamaさん>
ソラマメの食べ方は以前kimamaさんからも焼いて食べる方法があるとコメントを頂いたかと思いますが、とても気になっておりましたが実現の運びとなりました。
茹でたものよりも美味しくて、昨日も2日続きでやってしまいましたがとてもマイウ~でしたよ。

ジャンボニンニクは土の中で喧嘩をするほどに大きくなってくれると良いのですが・・・。(笑

投稿: waka3 | 2009年5月18日 (月) 21時10分

 今年の秋はニンニクを植えてみたいと、計画しています。 始めてですので、その時には いろいろと参考にさせて頂きたます、よろしくお願い致します。
 
 いい型のソラマメが穫れて 素晴らしいですね。
 焼きソラマメは いい具合にやけて、おいしそうです。 我家でも好評です。

投稿: 菜園ブログ | 2009年5月19日 (火) 23時15分

菜園ブログさん>
中国産のニンニクであれば結構安価に入手できますが、どうもこれには手を出す勇気もなく、さりとて青森産のニンニクはあまりにも高過ぎるし・・・。
と言う訳でニンニクだけは昔から欠かさず作っておりますが、ニンニクは元肥たっぷりが基本のようで、私は自前堆肥と一緒に機能態誘導肥料のオールベストC、一般の配合肥料を元肥として使用しました。
追肥効果はあまりないと聞いておりますが、年明けにタマネギの追肥として化成肥料を与えた時に、効果の程は判りませんが、タマネギ同様にV溝を掘って施しておきました。
ニンニクの早植えは特によろしくないようですのでご注意ください。
是非お試しください。

投稿: waka3 | 2009年5月20日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配:

« 夏野菜の手入れ(敷き藁、整枝、誘引など) | トップページ | 忙しくなってきたぞ! »