« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月28日 (木)

瓜、いろいろ・・・

今年の瓜科の作物は、カボチャ3品種(各1本)とスイカ3品種(各1本)の他に、胡瓜3品種4本とマクワウリ1本の合せて11本を育てています。

カボチャは4月18日に定植し、090527kabocha015月11日に敷き藁を施した際に遅効性のIB化成と種粕を施しましたが、090626kouhaiその後は特に三毛門カボチャは順調に育って6本の子蔓の全てに着果し、大きいものは直径15cmほどもあり、2果目の雌花も14~5節あたりにすべて確認が出来るまでになりました。  
090527kabocha03西洋カボチャで唯一の煮付け用として今年初めて栽培するミニカボチャ「栗坊」は三毛門カボチャ同様に子蔓には雌花がみられて、既に5個ほどが結実をしてこちらも順調にきております。
090527kabocha02しかしそれに比べて三毛門カボチャと同じ日本カボチャ品種で、蔓の状態もよく似通った鶴首カボチャは、これまた6本の子蔓は順調に12~3節まで伸びてきてはおりますが、全く雌花の見えてくる気配がなくそれ程広くもない囲いの中で、果たしてこの先蔓の行き先がどうなるのかが心配です。

カボチャの着果について近くの専業農家さんのカボチャ畑に出掛けて栽培方法を覗いてきました。
090527kabocha写真の右上部はミニカボチャの畑で、左下は普通サイズの栗カボチャの畑です。  株間は70cm程度で植え付けられていて、ミニカボチャは左右に3本ずつ、普通のカボチャは左右に2本ずつの子蔓が整然と並んでおり、ミニカボチャで左右の蔓の先端の巾(畑の巾)は7m程で、普通のカボチャの方は左右の蔓先がなんと10m強も伸びており、我家のように畑に蔓を自由に伸ばせる余裕もなく、僅か1品種1本の栽培で自家採種にあたっての交雑を防ぐためにはこの様な植え方しか出来ませんが、あたかも畑一面が葉で埋まったような状態でした。
敷き藁など一切せずに結実したカボチャには、面白いことに使い回しのできる薄いプラスチックの箱を逆さにしたものを使っていました。
蔓の中に稲藁の列が見えますが、ここは追肥をしたところを示しています。
畑に居合わせた方に話しを伺うと、ミニカボチャが10個程度で普通のカボチャは6~7個を7月中旬頃までに全ての収穫を終えるとのことでしたが、ミニカボチャであれば樹勢さえ良ければそ15個前後の収穫をしても問題はないが、盛夏の時期に結実させた2~3番果は味が落ちるのでその点は注意しながら育てた方が良いと教えられました。

090526suika1090526suika2スイカは大玉ラグビー小玉ラグビー大玉種なしサンバの3品種ですが、何れも順調に着果が始まり大玉ラグビーはこの20日に結実したものが5cm程にとなりましたが、結実後45日くらいで収穫が可能ですので、7月の初め頃の猛暑日の頃には食べられそうですが、果たして甘いものが食べられるものやら・・・。
大玉種なしサンバも順調ですが、こちらは種ありの品種の雄花の花粉を受粉させるということですが、どんなスイカとなるのでしょう。

090528kyuri2090528kyuri1胡瓜も4年前の古種の新大利根胡瓜2本とピクルスとして使用されているミニ胡瓜2品種を栽培しましたが、何れもマニュアル通りの3本仕立てとなっており、2日前から新大利根胡瓜の収穫が始まりました。
写真で見られるように節成りというのも嬉しいものですが、かと言って贅沢な話しではありますが、多く採れ過ぎるのもこれからの時期には夏野菜が次々に収穫出来るようになりますので、ちょっと控えて欲しいような気もします。
090528kyuri3また、ミニ胡瓜は新大利根胡瓜よりも少し早く雌花が開花し始めましたが、どうしたことでしょうか今迄は花が咲き終わった頃になると先端が黄色くなって(写真右)落ちてしまいましたが、やっとここにきて結実(写真左)したように思います。
これでやっと初めての試食にありつけそうです。(笑

090527makuwauri2090527makuwauri1さて最後にマクワウリですが、今年は例年以上にウリハムシを見かけますが、特にこのマクワウリには良く飛んできて、その食べっぷりの良さには舌を巻くほどで、あっという間に葉を食べてしまいます。
このために10日ほど前から防虫ネットを上から被せて完全保護をしていますので現在は全く問題はありませんが、このために胡瓜やカボチャ、スイカの方に飛来していきますので見つけては捻り潰してしていますが、指の先が常に黄色くなって困っています。
着果も順調なようですが、どうも厄介な代物でこの先どうなりますことやら・・・。

| | コメント (8)

2009年5月23日 (土)

忙しくなってきたぞ!

090523bara 昨日の雨から一転して、今日は気温も28℃と真夏日にも近づくような天候となり、今は治まっていますが少し前まで庭の蔓バラに黒星病が発生していたこともあり、こんな時には特にウドンコ病や黒星病の再発も心配となりますので、今日は気温の上がる前に予防薬としてダコニール1000を散布しておきました。
こうして気温も上がってくると、たかが少量栽培の家庭菜園規模とはいえ、やたらと多くの品種に手を出していますので、朝起きると同時に畑を見廻ってから受粉作業・脇芽欠き・蔓の誘引・虫の捕獲・除草作業等に加え、灌水やストチュウ散布等々と一気に忙しくなってきます。  この他にも庭の草木や果樹などもありますし・・・。

090523tomato今日は第1弾のトマトから2ヶ月遅れで播種をした苗の1段花房に開花が始まりましたので定植をしました。
例年ですと4月初旬に定植したトマトは8月の中頃を過ぎたあたりで終盤を迎えるようになりますので、今年は秋口まで収穫出来るように2回目の播種を試みました。  今回は中玉のスタピストマト 5本と大玉の露地ゆたかを5本を植えましたが、第1弾として植えたトマトは大玉が4段、中玉は既に5段花房の花が咲いており、今回は無論トンネルは施しませんが、どうやら苗の成長が著しかったこともあって、9月終盤まで収穫するためには、もう少し遅く播種をしても良かったようにも思います。

090523pimanピーマン万願寺とうがらし(シシトウ)も草丈が45cm程に伸びてきました。  昨年は主枝から一番最初に3本の小枝が枝分けれする個所で2本を剪定して1本仕立てとしましたが、今年は1本を剪定(下の赤矢印)して2本仕立てとして、次の分枝地点で小枝が2本となる個所で1本を剪定(下の赤矢印)しながら仕立てていく方法で、かなり面倒な気もしますがあまり枝葉が込み合わないようにしながら、収穫できる個数も制限できるように試みることにしました。  果たしてどんな按配になることやら・・・。

090523negi長葱の苗は3月18日に汐止晩生ネギ石倉根深太ネギ赤ネギの3種類を播種しました。
何れの苗も自家採種した種からのもので、草丈はほぼ30cmほどに伸びてきておりますが、石倉根深太ネギと赤ネギは発芽が不揃いでしたが、それぞれ4~50本の確保はできそうで、栽培の大半を占める薹立ちの遅い汐止晩生葱は順調に発芽しましたので、これだけあれば苗の確保には全く問題はなさそうです。  右下の囲み写真は柔らかで甘味のある赤ネギの苗ですが、既に株元には赤ネギとしての兆候が見られます。
この後は6月の中頃に仮植をして、9月中旬に本植えの予定をしております。

| | コメント (6)

2009年5月16日 (土)

ニンニクの収穫と三毛門カボチャの交配

ホワイト六片は土地柄の相性が良くないようで、昨年から平戸ニンニクに替えて栽培をしていますが、葉茎も生長し収穫出来るまでになりましたので、この先またまた雨模様になるということもあって、鱗茎が傷まないように昨日大急ぎで収穫をしました。

ニンニクの栽培には元肥をたっぷり入れておくことが肝心ということで、その点には留意はしておりますが、栽培の過程で茎や葉ばかりが育って、この調子では葉ばかり様となって満足するようなニンニクは出来ないだろうと半ば諦めていました。
090516ninniku1例年ですと茎の太さは、せいぜい人差し指程度の太さでも売られているような大きさのニンニクの収穫が出来ていましたが、今年は大半が写真の左側に見えるような茎が太いものでは3cm弱にも生長し、大きなものでは塊径が10cmもあるようなジャンボなものが出来ました。
090516ninniku2上の写真にはスケールで判るようにはしてありますが、これを手の平の上に乗せるとこんな大きさになります。
福地ホワイト六片などの名前にもあるように、ニンニクの鱗茎を構成する数は一般的には概ね6個が標準的で、写真右側に見える通常の大きさのものはほぼ6片でしたが、ジャンボサイズのものは10~12片もあり、擂りおろして食べるには一株あれば数日は充分に堪えられそうです。

090516ninniku4こちらはもう一種類のジャンボニンニク(無臭ニンニク)ですが、普通のニンニクに比べて確かに臭いはかなり少ないとはいえ、大味なことから毎年一株分(6~7片のもの)程度を残して栽培しているだけですが、写真でも判るように株元の太さが裕に5cmを上回るようにまで生長しており、若干株間が狭すぎたように思います。
まだ成長過程で、今月の終わり頃には紫色の綺麗な花を咲かせることから、一つだけ残してあとは切り落としてありますが、こちらの塊径は13~15cm程度の大きさになりますので、写真の真中に位置するものは両側のニンニクに挟まれてかなり窮屈な思いをしているのではないかと反省しております。(笑
こちらの収穫は6月中旬頃になりそうです。

090516mikekado三毛門(みけかど)カボチャは前回(11日)の書込み以降に好天も続きましたが、あれから僅か5日しか経過をしていませんが樹勢も旺盛で、株元についた何個かの雌花は全て切り落し、子蔓の8節目に着いた雌花が今朝雄花と一緒に揃って開花しましたので早速交配をしました。
人工的な受粉作業で着果はほぼ100%望めますので、最初のカボチャスープが楽しめるのは7月の初めになりそうです。

焼きソラマメ食べてみました

090516soramame1今年初めて作ったソラマメの収穫が出来はじめましたが、どうも色々な食べ方が良く判からずに、初回は茹でて見ましたがフニャフニャで水っぽくてあまり美味しいとも思えませんでしたので、皆さんの記事などを頼りに焼きソラマメを試してみました。
090516soramame2 我家には七輪のような優れものはありませんので、取りあえずはオーブントースターで焼いてみました。  
まだ莢の中のソラマメはそれ程硬くはなっておらず、焼いている過程でどうやら上手い具合に水分が程好く飛ばされて、焼きあがった時にはちょうど食べ頃な感じになっていました。
全く何もつけずにそのまま食べてみましたが、食感も良くとても甘くて家内にも大変好評でした。  我家の糖度計は測定する液量が少ないと糖度表示の境界線がはっきりと現れませんが、12℃ほどありましたので美味しいのも頷けます。
豆が莢の中でもう少し硬くなってきてから茹でたり煮たりしようと思います。
この後で新聞に掲載され知ったことですが、空豆の莢に切れ目を入れて塩水に浸した後で焼き豆にすると、塩味が程好くて美味しくなるだけでなく、莢が剥き易くなるということで早速試してみましたが、とてもGoodupでしたので追記しておきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

夏野菜の手入れ(敷き藁、整枝、誘引など)

先週は4日も続く雨が降ったかと思えば、今度は一気に気温が上がって昨日は28℃、今日は29℃と殆ど真夏日といってよいほどに気温が上がりました。

今までビニールシートで覆いをしておいたスイカやカボチャが、シートに開けた穴から蔓がかなり伸び出してきましたので、ビニールシートの覆いを外してから蔓の飛び出し防止のために防風ネットで囲んでから敷き藁を施しました。
090511suikaスイカは親蔓が5節まで伸びてきたところで摘芯を済ませてあり、既に子蔓も何本か伸びはじめてきていますが、最終的には大玉スイカは4~5本の子蔓で夫々2果採りを目指したいと思っております。
手前から小玉ラグビー、次が大玉種なしサンバ、その奥が大玉ラグビーで、一番奥にマクワウリとなっております。  何れの苗も普段行きつけの園芸店で購入したものですが、小玉ラグビー以外は全て初めての品種で、果たしてどのようなものが出来上がるのか興味津々といったところです。

090511kabocha1 スイカが終わったところで次はカボチャへの敷き藁を施しましたが、こちらは全て種蒔きから育てたもので、スイカよりも一週間程早く定植してありましたが、生長も著しくビニールシートの覆いの中で暴れ回るほどの勢いでした。  
手前から昨年来の三毛門(みけかど)カボチャ、次がミニカボチャ「栗坊」で、一番奥にtenmankyさんから頂いた鶴首カボチャの順です。
三毛門カボチャは昨年の実績から病気(特にウドンコ病)に罹り難く、樹勢がとても強いことから11月中旬頃まで着果を続けましたので、今年は最初から蔓の伸びるスペースを広くしておきました。
090511kabocha2090511kabocha3ちなみに三毛門と鶴首カボチャは日本カボチャ品種で肉質は粘質で、カボチャスープとして用いるととても美味しくいただけます。
しかしこうしてみるとどちらの葉にも同じ系統というこからでしょうか葉脈部分にハッキリした白い筋の入るのは一緒ですが、三毛門よりも鶴首は葉柄が長くどちらかというとモッコリ型のように思えます。
敷き藁をしている時に見つけましたが、三毛門カボチャには摘心した親蔓から伸びた小蔓の8節目に早くも雌花が見られましたが、あと10日もしないうちに開花するのではなかろうかと思います。
090511kabocha4ホクホク型の煮つけ用のカボチャは、今迄は西洋カボチャ品種の雪化粧を作っておりましたが、直径25cm 重さ3Kg超にもなりますので、とても一度では食べきれずカボチャスープとしてもあまり適していないことから、今年から煮付け用にはミニカボチャの「栗坊」に切替えをしてみました。
このカボチャも立ち性のようですから、それ程の面積は必要なかろうと思いますので、三毛門カボチャに比べるとかなり省スペースとなっております。

夫々のカボチャには敷き藁を施す前に蔓が伸びた先端部分に遅効性のIB化成肥料と種粕を施してから、今日はこの他にトマトや胡瓜の誘引と整枝をしてから、ナタ豆の定植とモロッコインゲンの誘引を済ませ、ピーマンや万願寺とうがらしのトンネルを外してから整枝をして、この後で支柱立て等々と慌ただしい一日が過ぎました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

よく降る雨ですね

5月3日から3日間の浜松祭りも、最終日は生憎の雨となって夕方から市の中心部で予定されていた参加174ケ町による壮大な合同練りや御殿屋台の引き廻しは中止されましたが、期間中の人出は148万人と昨年よりも上回って無事終了しました。

5月は一年の中でも大変過ごし易い時期のはずですが、090507hana1今月に入って初日からの2日間だけスッキリした青空を眺めることが出来ましたが、以降はすっきりとした五月晴れの青空を眺めることもなく、今日で3日間も続くこの時期には珍しい長雨で、開花を向かえた数々の庭の花も雨に打たれその重みに堪えかねてうな垂れたり花びらも散ってすっかり意気消沈で、この雨は明日もまだ続くということですが、これから迎える夏以降の不順な天候の前兆とならなければ良いのですが・・・。
090507hana2この雨によって一番の被害を受けたのは、昨年植付けをして今年初めて開花した芍薬花の粧で、花弁の中に溜まった雨の重さに耐えかねて完全に頭を地面に落としてしまいました。
090507hana3そして、これまた昨日やっと開花したバラザ・マッカートニーローズも雨に打たれ花弁にもその影響でしょうか、点々とした茶色のシミも見られ折角の華やかさも色あせてしまっております。
090507hana6090507hana4また、それだけでなくつい数日前に咲きはじめたジャスミンに似た芳香を持つニオイバンマツリやこれまた甘い香りを漂わせてくれるレモンの花も、この雨ですっかり香りを絶たれてしまいました。
090507hana5そんな中で雨の中でも畑を見回ったところ唯一救われたのは、 先日トマトの支柱を立てた際に中玉のスタピストマトの茎を誘引しようとして誤って1段花房の直ぐ上の部分を折ってしまいましたが、葉柄の付け根部分から脇芽がしっかり伸びてきていましたので何か救われる気持ちがしました。
この先、畑の作業が出来るのは明後日以降で、雨上がりの野菜の病気が心配となりますが、取りあえずは近くの農業資材店で入手出来た自然界に存在する細菌「バチルス・ズブチリス」を有効成分として作られたという微生物農薬ボトキラー水和剤でも早速予防薬として散布することにします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »