« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

庭の花たち

早いもので4月も今日で終わりですね。
日中は気温も上がって大変過ごし易くなったというより、畑に出て少し動くと汗ばむ陽気になってきましたが、先日はこの時期には珍らしく、二日続きで暴風警報まで出るような天候となって、まだ定植後それほど期間も経っていない野菜の茎や葉が折れたり千切れたりでしたが、なんとか大きな打撃だけは免れることは出来ました。

090430bara1我家の庭も少しずつですが、いろいろな花が顔を揃いはじめ、 豪華に咲いた平戸ツツジはそろそろ盛りも過ぎてきましたが、それに替わって2年程前から始めた薔薇の花が、先ず蔓バラのカクテルが一斉に開き始めました。
090430bara2蔓バラの前に数種類の四季バラが植えてありますが、数日前からバタフライウイングスが咲き始めましたが、朝日をあびたこの花はなんとも言えぬ美しさで、これに続くように他のバラの花蕾も膨らみ始めてきております。
090430bara04090430bara03090430bara05090430bara06



この勢いですと中輪四季咲きのミュージックチンチンについては明日5月1日の開花で、四季咲き大輪系のマイダスタッチPLサンゴールについても3日には開花するのではないかと思います。

この他にも草花を入れますと10数種類の090430hana花を見ることが出来ますが、この他の変り種としてはつい最近咲きはじめたものとして紫蘭黄花ハイビスカスの他に、レモンの花も咲き始め柑橘独特の甘い香りを漂わせております。   特に花としては目新しいものではありませんが、昨年の秋にロシア人の奥様より種をいただいた、ピクルスとして見かける長さが寸詰まりな胡瓜(正式名称不明)も今朝花が開きはじめました。
これから先には野菜たちも数々の花を見せてくれるのも楽しみの一つです。

バラの花が咲きました    ( 5月1日 追記 )

090501music090501chinchin昨日はまだ蕾だったミュージックチンチンの花が綺麗に開きました。
マイダスタッチPLサンゴールについてもだいぶ蕾が膨らんできましたので開花は間近いものと思います。

またまた咲きました     ( 5月3日追記 )

090503bara090502bara四季咲き大輪系のマイダスタッチPLサンゴールもマイダスタッチが昨日、そして今朝PLサンゴールもあでやかな姿を見せてくれました。
5月10日過ぎには、かなり賑やかくなってくることと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

久し振りのアウトドアテニス

4月も早くも後半に入り、もう直ぐ目の前に浜松まつりが近づいてきましたが、気温もすっかり初夏の様相を示して、畑の夏野菜も勢い良く生長を続けています。
090423tomatoトマトは4月11日に定植をしましたが、この時点では草丈もほぼ30cm程度であったものが、トンネルの効果も多きいとは思いますが、高さ43cm程のトンネルの穴を突き抜けて既に50cmを越す高さとなって、1段花房はほぼ開花も終って2段花房の開花が始まっていますので、いよいよトンネルを外して支柱仕立ての準備をします。

さて、今日はジムも休館日ということで、普段はジムのインドアテニス場を利用していますが、寒い時期には屋外でのテニスも出来ませんでしたが、随分暖かくなってきましたので今年の2月にハードコートからオムにコートにリニューアルした、屋外にコートを持つ公共施設の体育センターで、今年初めての屋外でのテニスをしました。
090423tenis普段ジムでは、ほぼ同年代の仲間で週に2回ほど楽しんでいますが、今回は男性4名と女性1名の5名によるダブルスでの一人抜けのローテーションで、11時から2時間 x 2ステージの4時間のコートレンタル(2000円)で楽しみました。
一昨日から典型的な西高東低の気圧配置によって、強い西風が吹いて今日も治まることなく、屋外でのテニスにはあまり嬉しくない状況でしたが、それでも汗をかくような陽気でしたので久し振りに青空の下でたっぷり楽しむことができました。
流石に久し振りに4時間もの運動をして汗もかき、090423taiju 帰宅してかなり疲れもありましたので、30分ほどのところにある温泉に出掛けてのんびり湯に浸かってきましたが、帰りに体重を測定したところ中々70Kgを切ることが出来なかった体重が、一気に69Kg台に突入していました。
昨年の夏には一時あわや80Kgに突入かと思える勢いでしたが、この後のリバウンドがないように注意は必要かとは思いますが・・・。(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

夏野菜の定植完了

桜の花も散ってすっかり葉桜となってしまいました。
このところすっかり過ごしやすい天気が続いており、090418suika211日に1回目の夏野菜の定植を済ませ、その後苗が育った時点で順次定植をしていましたが、今日は夏野菜としてはほぼ最終となる090418makuwauri090418suika1購入苗のスイカ3種類とマクワウリの定植をしました。
スイカは大玉と小玉スイカの他に珍しい種なしスイカの苗が売られていましたので試してみることにしました。
マクワウリは果皮が黄色で芳香が優れたものだということで、何でも孫蔓に実を付けさせることが肝心なようです。

これで取りあえずは夏野菜の仕事は一段落をしましたが、この後は豆類(ナタ豆、いんげん豆、四角豆)の他に第2段のトマトがやっと発芽してきたところで、例年播種が早過ぎたオクラは今日播種を済ませたところですので、当分の間は定植を済ませた苗の朝の見回りだけとなります。

いろんな花蕾が膨らんできました

現在我家で花が咲いているといえば、Hanatubomi花壇の草花を除けばハナミズキやミツバツツジの他には僅かに2~3種類と寂しい限りですが、ここ数日もすれば一気に開花しそうな予備軍が大挙して出番を待っております。
薔薇は今年で10種類となりましたが、その何れにも花蕾が見えて蔓バラのカクテルは今日2つ目の花が咲きました。
今年はレモンの花蕾が数え切れないほどついており、開花するととても良い香りが始終匂ってきますので今からとても楽しみです。
この他にも2日ほど前からサツキの花も開きはじめ、どうやら明日はところによっては夏日となりそうな予想ですので、何れの花も直ぐに開花が始まりそうな気配です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

関西deお花見三昧

関西旅行の記録は帰宅以降にあれやこれやの忙しさに紛れて手もつけられませんでしたが、何とか家庭菜園の収まりもついたところで、今日は9時を過ぎた頃から雨が降りはじめましたので、一週間の古新聞となってしまいましたが、折角のことでもありアップすることとしました。

関西方面では4月5日の日曜日あたりから桜の花の見頃ということで、私も幾度となく近くを通過することはあっても未だに出掛けたことのない世界遺産にも指定されている姫路城と、ほぼ30年振りに訪ねる京都の嵐山をターゲットとして、目的を桜見物に絞って温泉にも足を伸ばして、のんびり出来る旅を楽しんできました。

初日は姫路城を見た後は、有馬温泉の日帰り湯にのんびり浸かってから京都に向うということで、朝の5時を回ったところで自宅を出発しましたが、ウイークデーということもあって普段では渋滞が予想されるところでも快適に進むことが出来、途中2回の休憩を入れながら姫路城の目の前にある駐車場に10時半に難なく到着しました。
090406himeji1桜の満開と合わせ、流石に世界遺産でもある姫路城には早朝から大変な賑わいで、私たちも早速お城を目指して歩きはじめましたが、近づくにつれて090406himeji4090406himeji3090406himeji2桜の花と姫路城のこれほどにもない素晴らしさに天守閣を仰ぎながら、今が満開の染井吉野や華やかなしだれ桜に融合した姫路城を惜しげもなくシャッターの切り通しでした。
撮影者が言うのもなんですが、夫々に趣が違いますね。
外からの景色を充分に堪能した後でいよ090406himeji5 いよ天守閣に向かうことにしましたが、これまた結構な行列で天守閣の入口までは100mくらいの行列となっていたでしょうか。
090406himeji6やっと入口から入場しましたが、ここからは最上階の6階までは時間にして30分程度は掛かったのではないかと思いますが、中に入っても右の様な行列が続きましたが、ここでもまた著名な観光地ということもあって、外国の方もたくさん見かけました。
090406himeji7姫路城の天守には直径1mほどの2本の大柱が上階まで通っていますが、手前に見える西大柱は中心部が腐り昭和の大改築の際に新しいものに取り替えたというこ とですが、奥の東大柱は部分的な回収を施したまま今に至っているそうです。
090406himeji9天守閣の中では珍しいものが数々見られましたが、これについては割愛させていただくこととしますが、天守閣の最上階まで到達すると四方が開けて眼下を眺めることが出来ましたが、写真は大手門方面を撮影したものです。
天守閣を降りた時には既に正午を回っておりましたが、出口では既に入場規制がされていて、私たちが費やした倍ほどの時間が掛かるとアナウンスされていました。
この後は姫路城を借景にして敷地が1万坪もあり池泉回遊式の本格的な日本庭園という好古園を一時間ほど散策してから有馬温泉に向い、1時間半ほどゆったりと温泉に浸かってから京都市内のホテルに向ました。  その後ホテルでのチェックインを済ませてから家内のリクエストで、今まで何処にあるのかさえ判らなかったという本能寺まで歩き、その後先斗町界隈を歩いてからホテルに戻って初日を終えました。

翌日は6時半に目が覚めましたので、顔を洗ってから私一人で朝の京の町を散歩がてら出掛けてみました。
090407kyoto1ホテル近くの烏丸御池から090407kyoto2 二つ先の三条京阪まで電車に乗り、そこから鴨川沿いに三条大橋から四条大橋に向いましたが、遊歩道沿いには枝垂れ桜を中心として染井吉野やその他にも数々の花が咲き乱れて、朝から清々しい気持ちになりました。
四条大橋まで歩けばそこから先の僅かなところに八坂神社や丸山公園がありますが、時間の関係で八坂神社前でユーターンして、090407kyoto3ついこの3月までNHKの「だんだん」で三倉佳奈が舞妓の夢花役で演じていた祇園を一目見てみたく、この4月には都をどりが行われていて観覧をしたい気持ちもありましたが、開演が午後からということと当日の入場可否も判りませんでしたので立ち寄るのみとしました。
都をどりの看板をくぐって一番奥に090407kyoto4祇園甲部歌舞練場があるということで、090407kyoto5両側に並んだお茶やさんなどの町家を眺めながら歩いて行くと後から着物姿の舞妓さんではなく芸妓さんと思しき女性が歩いてきましたが、意気地のない私のこと通り過ぎてから後姿だけを写させてもらいましたが、とても綺麗な女性でしたよ。
入口から4~5分歩いたところに甲部歌舞練場はありましたが、時間も既に1時間ほど経過しておりましたのでホテルに戻りました。
090407kyoto6ホテルで朝食を済ませて今日の本命の嵐山に向かうことにしましたが、カーナビに従って走る途中に東映太秦映画村が目に飛び込んできましたので、時間もあることから小一時間ほど遊んでから嵐山に向いましたが、結構ミーハー的には楽しめましたね。
映画村から嵐山までは僅か2Km少しのところで、嵐山に到着したのは10時を少し回った頃でしたが、どうやら今が満開の桜に合わせて皆さんも訪れているようで、渡月橋付近は車と人の渦で駐車場すら見つからない状況でした。
何とか駐車場を見つけ、090407kyoto7 写真でも良く見かける撮影ポイントに出かけて見ましたが、こまた凄い人で順番を待ちながら数枚の090407kyoto8写真を撮影しましたが、桂川に掛かる渡月橋と今が満開の桜の取り合わせは姫路城で見てきた光景に勝るとも劣らない素晴らしい景色でした。
渡月橋は以前は木造の土橋だったようですが、近年になって橋脚はコンクリートに変わっていましたが、遠目には素晴らしい光景で橋を渡ろうと思いましたが、あまりにも往来が激しいことから通行は断念して、次に渡月橋から歩いて10数分ほどのところにある嵯峨野の竹林を見に行くことにしました。
090407kyoto10竹林はトロッコ列車の線路を挟んで両脇に広がっていますが、竹林に入って小路をゆっくり歩いて行くと、季節がら致し方のないことですがあまりにも人出が多く、折角の優雅な景色とは裏腹にやや風情のない光景となっておりました。
人の往来がやや少なくなってきたところで、粘りに粘って数枚の写真をゲットしましたが、それでも画像の中にはかなりの人が納まってしまいましたね。(笑
きっと人の少ない時期には静寂に包まれ、竹が風にザワザワ鳴る音を聞きながら、小路をゆっくりと歩けば、きっと心がとても和むんでしょうね。
竹林の小路を充分に堪能してから、竹林にほぼ隣接してこれまた世界文化遺産に名を連ねる足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、090407kyoto11090407kyoto13090407kyoto12夢窓国師を開山として創建した禅寺の天龍寺があり、ここの大方丈(おおほうじょう)の裏には往時の面影を今に伝えているといわれる庭園が四季折々の美しさを見せてくれるということで立ち寄ってみましたが、大方丈の回廊からは池泉回遊式の庭園も眺めることが出来、更にその裏山には染井吉野、枝垂桜、深山つつじ、ヤマボウシの他にも名も知らぬ数々の花が美しい景色を見せてくれました。
天龍寺を後にして駐車場に戻る途中で昼食を済ませ、 1時前でしたので昨年「美空ひばり館」を全面改装して090407kyoto9京都嵐山 美空ひばり座に生まれ変わったということで、この地に多分再び訪れることはないだろうと思い立ち寄ってきました。
親子3世代が楽しめるエンターテイメント施設を目指したとはいえ、美空ひばりを直接知らない世代が増えてきた昨今、来場者の中を見渡しても若者の姿をほとんど見掛けることもありませんでしたが、これも時の流れでしょうか。
しかし館内には見るべきものも多く、演歌の女王美空ひばりを再認識いたしました。

そんなこんなで1泊2日の関西の旅も大変に印象深い素晴らしい記憶として(尤も、最近では直ぐに忘れてしまいますが・・・)楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

この記録も大変長々となりましたがここまでお付き合い頂きました方には心から感謝申し上げます。m( _ _ )m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

夏野菜の定植

このところ安定した好天気続きとなっており、畑の雑草の生長もさることながら夏野菜の苗も一気に定植できるまでに育ってきましたが、090411natuyasai1090411natuyasai2本当はもう少し定植は先延ばしをしたかったのですが、あえて面倒なことは先に片付けてしまうこととしました。
トマトの苗は草丈もご覧の通りで花蕾もあと僅かで開花しそうな気配ですが、茄子・ピーマン・シシトウはやっとシシトウ(万願寺とうがらし)が8cm程になったところで定植には早すぎるような気もしましたが、この際全て定植することにしました。

090411natuyasai3畑作りは既に済ませてありましたので、早速9m一畝にナス科の作物の大玉露地ゆたか(7本)、中玉スタピストマト(6本)、ピーマン・シシトウ、タイの長茄子各1本の他に、今年は家内のリクエストで千両2号の中長茄子を苗を購入して植え付けました。
090411natuyasai4次にカボチャ3種(三毛門、鶴首、雪化粧)を夫々1本ずつ植付けをしましたが、カボチャは定植後に昨年購入してあった直系40cmの長期的に使い回しの出来る090411natuyasai5苗帽子がありましたのでこれを使用しました。  三毛門カボチャは昨年の実績から考慮して、かなり広めにスペースを確保しました。
畑作りはしてあったものの、自前の堆肥や配合肥料を施した畝作りや定植作業、そしてトンネル掛け等々の作業を終えた頃には、最近では特に長時間の作業に堪えられなくなってきた腰廻りにに違和感が生じはじめてきました。
090411natuyasai6てなことで、今日はこのあたりで打ち止めにしようと思いましたが、もう一つ胡瓜が残っており2~3日後には定植となりそうなので、090411natuyasai7 これを済ませれば当分気が楽になりますので終えてしまうことにしました。  胡瓜にもトマト同様に定植後苗にマルチ掛けをしてからトンネルを施しました。
今回の胡瓜には昨年千葉にツーリングに出掛けた時にバイク仲間のロシア人の奥様が里帰りをされた折に持ち帰られたという、外国ではピクルス等として使用されているミニ胡瓜で生食用とピクルス用の種を頂いてきましたので各1本づつ育ててみましたが、どんな食感なのかがとても楽しみです。

今日の定植作業は11時頃から始め、胡瓜の定植を終えたのが4時頃となりましたが、作業が終わった後で手を洗おうとして腕時計を外した時にビックリしました。
090411natuyasai9日中の気温が22℃もあり、あまりの暑さに半袖で作業をしてしまいましたが、今日一日でビックリするほど日焼けをしていました。
昨今では環境汚染によるオゾン層の破壊から有害な紫外線量が増加しているようですので注意しないといけませんね。

そんなこんなで夏野菜の定植は一段落しましたので、明日は牧之原市の勝間田公園のツツジ(コバノミツバツツジ)祭りに行って、帰りには温泉にでも入って骨休めをしてくることにしましょう。(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

今年初めての潮干狩り

月、火曜日と関西方面に遊びに出掛けてきましたが、この時期の旅行の後は毎度のこととはいえ、夏野菜の苗が萎れかかったり、まだ問題ないと思っていた玉葱がすっかり肥大してきたりと、あれやこれやのてんてこ舞いとなりました。
そこにきて従兄弟のご主人から船外機のエンジンの整備も終え、昨日は11時に干潮を迎えるので試運転も兼ねて船を動かすとのことで、折角のことなので萎れかかった夏野菜の苗の手入れだけを済ませ、潮干狩りに同行させて頂くことにした。
関西へのお花見旅行は写真や記録の整理も出来ておりませんので、後日にでもアップすることにしようと思います。

090408siohigari1てなことで10時半にマリーナを出て先ずはアサリの漁場に向いましたがが、早くも何隻かの舟が到着していました。  090408siohigari2遠くに見えるのは弁天島のホテル郡で、この場所は干潮時以外は海の底です。
現場に到着した頃にはすっかり潮も引いていて、瀬が露出して海苔の棚も見えるほどで、早速良さそうな場所を探してアサリ採りを開始。
090408siohigari3 小さな熊手で5cmほどのところを掘ると、カチンと石ころにあたったような音がしたところを手で探るとアサリが出てきますが、僅か3~40センチ四方を掘っただけでご覧のような貝が見つけられました。
090408siohigari4途中で昼食のおにぎりを食べて開始から090408siohigari52時間半ほど過ぎた頃に潮が満ち初めて、あっという間に今まで潮干狩りをしていた現場は瀬が隠れはじめてきましたので、ここで潮干狩りは打ち止めとしました。
本日の成果は?Kg(採種にあたっては制限ありのため内緒)でしたが、量や貝の大きさについては長靴の大きさでご推察あれ。(笑

帰りにはポリタンクに海水を入れて、家に帰って一晩砂抜きをしておき、朝の味噌汁にしましたが、既に完全に砂は抜けており美味しく頂きました。
090408siohigari6昼食を済ませてから2/3ほどの貝を佃煮やぬた用の為にむき身作りをしましたが、090408siohigari7これで450gほど出来ましたが、300gを使ってあさりの佃煮を作ってみました。
少し濃い目の味付けとして、炊き込みの時間は090408siohigari84分程と短めにしたことによって、購入したものとは違ってふっくらと柔らかなアサリの佃煮が出来上がりました。  もう一品は自家栽培の分葱(ワケギ)で作ったネギヌタです。
大粒な貝を残しておきましたので、これから先ゆっくりと酒蒸しにでもして食べようと思っております。

玉葱の収穫

090409tamanegi1早生の玉葱はかなり肥大してきたものもあり、今日は昨日の潮干狩りで一日伸ばしとなった玉葱の収穫をしました。  090409tamanegi2
左写真の中央に葉がまだ青々として残っているのは中生種の玉葱で、こちらの収穫は今月の終わり頃になろうかと思いますが、早生種の玉葱(2種類)だけで500個ほどでしたが、中腰とかがみ腰作業の連続でしたので今日もぐっすり眠られそうです。(笑
しっかりと大きくなった早生の甲高黄玉葱の糖度を測定してみましたが、極早生の城玉葱同様に10.2℃と素晴らしい数値でした。

さて、そろそろ夏野菜の苗の定植も待っていますが、あれやこれやと待ち受けている用事が目白押しで、まだまだてんてこ舞いの日々が続きそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

お花見&ウォーキング

当地では桜の花も多くは8分咲きから満開となってきましたが、今日はジムが定休日ということでテニス仲間のお声がかりで、湖畔の周囲が約7Kmほどある佐鳴湖に桜の花見cherryblossom&ウォーキングrunに出掛けてきました。
少し風はありましたが絶好のお出掛け日和sunとなり、090402hanami110時少し前に佐鳴湖畔沿いのMさん宅に到着し、10時20分に全員が集まったところで6人わんちゃん1匹でスタート。  最初の写真の場所は、090402hanami2Mさんのお宅から約100m行った所ですが、この場所から県道沿いに500m程の桜並木のトンネルがありますが、ここは交通量も多く桜並木の始まる場所から佐鳴湖畔の東側の遊歩道を歩きはじめました。
次の写真は桜並木のトンネルの遊歩道を通り過ぎてから反対側から写したものですが、本当はこの下をのんびり歩けると最高なんですが・・・。
遊歩道を歩いていくと、後から我々の速さより早く追い抜いていく人達、手前の方から逆方向に向って歩いて行くご夫婦や家族連れ等で中々の賑わいでした。
090402hanami3佐鳴湖は南北2.2Kmで、西側の湖畔には漕艇場もあってボートの競技会も開かれるところですが、こちら側にやってくると全体が公園施設となっており、桜の木も1.5Kmくらいに渡って続くようなゆったりした場所で随所にお座敷を作った花見客も見られました。
普通のウォーキングであれば1時間10分もあれば歩けますが、桜や周りの草花の他に湖面の鳥達のウォッチングもしながら、1時間50分ほど掛けて花見がてらのウォーキングを終えて、丁度お昼の時間になりましたので佐鳴湖畔の少し高台に上がった場所に、これまた素晴らしいお花見の出来る場所があるということで、車に戻ってそちらの駐車場に大移動。
090402hanami4ここでビッグサプライズsign02 どこかでオニギリでも買ってきてと思っていたところ、一緒に参加してくれたご婦人方から何と手作りのご馳走が、桜の木の下に作ったにわか座敷に並べられました。
私としては3日ほど前に今回の計画を急遽聞いて、その詳しい話も聞かないままに参加してしまいましたが、今回はシーズーのレイちゃんの面倒も一生懸命見させていただきましたので、これでご勘弁をといったところでございます。
ちなみに書き添えておきますが、写真でコップに注いでいるのはお茶やウーロン茶ですのでお間違えのないように・・・。(笑
まあ、そんなこんなで今日はジムは休みでしたが、代替の良い運動になりました。

玉葱の糖度測定

090130toudokei1今ま糖度計は近くのJAに出掛けると何時でも貸していただくことは出来ましたが、現物を持ち込んで測定しなければならず、結構煩わしいこともあって、今年の初めにネットショップで糖度計(REF113)を購入しました。
090402toudokei1測定にあたっては、すり卸し器で測定する試料を作って糖度計のプリズム面に乗せ、採光板を閉じて接眼鏡を覗けば簡単に糖度を測定することは出来ますが、通常は特にデータを残す必要もなけれな数値を確認するだけで作業は終了となりますが、データを残そうとした場合にデジカメで写すとなると、090402toudokei2カメラのレンズを糖度計の接眼鏡に密着させることによって撮影は可能ですが、カメラと糖度計の双方の中心をぴったり合わせることがかなり厄介なこととなります。
090401oyakodon度コツをつかめばそれ程面度なことではありませんが、今日極早生の白玉葱のと糖度測定をしたところ、この玉葱は辛味も大変少なく糖度は何と10度もありました。
お陰さまで、このところたっぷりと白玉葱を使い、卓上コンロで特盛りの親子丼にはまっております。(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »