« いよいよ春かな? 河津桜が開花しました | トップページ | 自前の発芽育苗器を作りました »

2009年2月 7日 (土)

新しい水泳場ToBiOの誕生

我家から車で僅か6~7分程で行ける国道一号線沿いに090207tobio1古橋廣之進記念浜松市総合水泳場ToBiO(トビオ)が、ほぼ2年ほどの工事を終え今日オープンの運びとなり、オープニングセレモニーとその後に無料開放での市民体験が出来るということで、水泳好きの私としては早速出掛けてきました。
090207tobio2 午前中に関係者での記念式典があり、午後1時から一般来場者を対象とした記念オープニングセレモニーということで、昼食を少し早めに済ませ出掛けてきましたが、到着した時には長蛇の列となっていました。  左列がセレモニーの見学のみで、右列はプールとジムを体験できる列ですが、090207tobio3この段階で既に来場者は500人を裕に越していたようにも思いますが、セレモニーの始まった時点では片面のプールサイドだけで1500席あるスタンドも立ち見客まで出る有様で、最後の方では同じジム中もの方でしたが、体験用の整理券の入手ができなかった人もおりました。

さて、1時からのセレモニーはテープカットから始まって、090207tobio4090207tobio5090207tobio6090207tobio7主催者挨拶と地元浜松出身で現在も日本水泳連盟の名誉会長をされている古橋廣之進さんのユーモアを交えた挨拶に引続き、やはり静岡県出身でオリンピックの金メダリストの岩崎恭子さんと北京オリンピック代表選手の森田智己選手のトークショー、そして森田智己選手による模範泳法の後、地元の子供達との競泳と続き1時間ほどでのセレモニーは終了しました。
この後2時から5時までが体験会となりましたが、090207tobio8私はジムと水泳の両方体験の出来る整理券を頂いてありましたので、090207tobio9最初にジムに向いましたがルームランナーには夫々にTVが備えられていたり、器具も最新のものが準備されていて、こちらは比較的人数も少なかったことからゆったりと体験できましたが、その後から出かけたプールの方では一時は芋の子を洗うようだったそうです。
50mプールで泳ぐのは昔東京に住んでいた頃に、東伏見にある早稲田大学のプールで泳いだ以来で、今日はジムでの筋トレもしたので500mだけで終えましたが、25mプールと違って少し途中で焦ってしまいましたね。(笑
ここはプールだけでの入場料が630円と少し高く、ジムとの併用は1050円(但し65歳以上は半額で私は恩恵には授かれますが(笑))もしますので、あまり足繁く出かけることはないかと思いますが、この4月中旬には日本でも最大級の日本選手権水泳競技会も開催されることが決定をしており、大きな大会もこれから予定されているようですので、こちらには一度足を運びたいものと思っております。


新しく出来たToBioとは別に、090203tennis_court これまた私の家から300m程と大変近いところに、ここも公共施設ですが浜松市新橋体育センターというのがあって、ここでは体育館の他に野球場が1面とテニスコートが4面準備されておりますが、テニスコートにいたってはハードコート(コンクリートでできたコートのこと)ということであまり人気のない施設でしたが、この2月1日からコートが2ヶ月間の工事を終えてハードコートから人工芝と透水性の砂で作られたオムニコートに生まれ変わりましたので見学に行ってきました。
やや難点であったと気がついたことは、まだ新しいということもあってか人工芝の上に撒かれていた土の量が多かったことぐらいでしたでしょうか。
ウイークデーの日中は予約なしでも充分に利用が出来て、公共施設ということもあって一回の使用が2時間単位で1000円ですが、4人で一緒にプレーをすれば2時間遊んで僅かに250円で楽しんだ上に健康をも手に入れることが出来ますので、今までの屋外でのテニスは、国体の試合も開催されたことのあるオムニコートが20面もある花川運動公園のテニス場まで車で約35分も掛けて出掛けていましたが、どうやらこれからはこちらでの利用回数が増えることになりそうです。

|

« いよいよ春かな? 河津桜が開花しました | トップページ | 自前の発芽育苗器を作りました »