« 冷蔵庫の故障 ~顛末記~ | トップページ | 初詣と初仕事 »

2008年12月26日 (金)

今年最後の農作業

あっという間の一年で、今年も残すところ僅か数日となりました。
今年の冬も温暖化の影響でしょうか、12月に入っても10℃以下に落ち込んだ日はなく、時には10月初頭の陽気を感じさせるほどの暖かな日もあり、年賀状も数日前に投函を済ませ、後は大掃除を済ませて新年を迎える段取りですが、何故か正月を迎えるような気分にならないのは、歳のせいだけではなさそうですね。

今日は今年最後の畑仕事として、堆肥を作るために集めてきた枯葉を牛糞堆肥と一緒に畑に混和してあった場所の最初の枯葉の混和作業から数えて3回目の管理機での切り替えしと、玉葱の2回目の追肥、豌豆の風除けの作業を実施しました。081226tamanegi1
1回目の追肥は2条に植えた玉葱の真中に柄つき三角ホーで溝を掘って、配合肥料と一緒に玉葱用の化成肥料を施しましたが、今回は畝の上ではなく畝間に化成肥料だけを草取りを済ませてから柄つき三角ホーで溝を掘り軽く施しただけです。
081226tamanegi2畝に透明のマルチシートを掛けてある一列は081226tamanegi3極早生の白玉葱ですが、 株元の太さはもう少しで小指ほどの太さになってきています。
この他に早生と中手種を植えてありますが、こちらの方は鉛筆の太さと行ったところでしょうか。
これで玉葱への追肥の作業はすべて終わりとなり、この後は3月末から5月の中頃にかけての収穫を待つのみとなります。

081226endou 最後に豌豆類は播種が少し遅かったこともり、やっと7~10cmくらいに伸びてきたところですが、このところ空っ風が吹くようになってきましたので、寒さ除けと風による倒伏や蔓切れの防止のために稲藁を立てておきました。 (写真はツタンカーメンの豌豆)
これからは更に気温も下がってきますので、それ程成長することもないでしょうから、支柱建ては2月頃になってからにしようと思います。

サラダ白菜の種採り

サラダ白菜の苗を9月の中旬に近くの畑の方からいただき定植をして、11月に入ったところで収穫が出来はじめましたが、何と12月10日頃に菜の花の蕾が白菜の葉の間から出てきました。
081126hakusai戴きもののサラダ白菜は、タキイ種苗から売り出されているものと同じものであったかどうかは分かりませんが、本来は6~7月の播種で夏の時期に収穫をして食べる品種のようで、このためにこの時期に薹立ちをしたもののようです。
どの道、交配種であることは間違いなく、種を採取したところで同じものが育つかどうかもわからず、又これから寒さが増していきますので上手い具合に採種できるかどうかも判りませんが、あえて種を購入して作るほどのこともないので、来年の試し栽培用に種採りをしてみることにしました。


今年も残すところ5日のみとなり、本年のブログはこれを以って最後の投稿となりますが、この一年間ここにお越しの皆様には大変お世話になりありがとうございました。
どうぞ来る年も良い年であります様に祈念いたします。
来年もよろしくお願い致します。

|

« 冷蔵庫の故障 ~顛末記~ | トップページ | 初詣と初仕事 »

コメント

 タマネギは さすが順調のようですね、もう追肥も終わられたとか、早い様な気がしますが、やはり 気候が暖かいのでしょう。
 サラダ白菜の花は 一足早い春の様ですね。
 今年の畑仕事を完了されたとのこと、私は この風が収まったら、堆肥の切り返しをせねばなりません。 何事も、手早くなさるのが、今更のこと乍ら うらやましいです。
 今年もいろいろと、ためになることを教わり有り難う御座いました。
 また、先日「義士祭」には、お兄さんの会に参加させて頂き、お世話になっています。
 来年も 宜しくお願い申し上げます。 

投稿: 菜園ブログ | 2008年12月26日 (金) 22時57分

冬でも畑での作業が次々と進められるというのは、やはり魅力的です。虫も少ないでしょうし・・・当方は大荒れの天気で冷蔵庫にすっぽり入ったかのような感じの一日でした。来年も美味しい玉ねぎが約束されてますね。今年も刺激をたくさんいただきありがとうございました。

投稿: kimama | 2008年12月27日 (土) 00時59分

菜園ブログさん>
玉葱の追肥はこちらでは来年ですとやや遅く、玉の肥大にも関係してきますので、大体この時期で終わらせています。
専業農家さんでは、年明けの1月の終わり頃からは、極早生の白玉葱の出荷が始まります。

このところ冷え込みも少しずつ厳しくなってきたようですので、暮ぐれもお身体ご自愛ください。
こちらこそ一年間にいろいろ勉強をさせていたが来ました。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: waka3 | 2008年12月27日 (土) 10時54分

kimamaさん>
益々世知辛い世の中になってきたようで、こちらでは年間を通して野菜作りの出来ることを本当に感謝しなければいけませんね。
お陰で正月用のお煮しめも自家用でほぼ間に合わせることが出来ます。  もっともレンコンは近くの知人からのおすそ分けとなりますが・・・。(笑

そちらでは年を明け更に寒さが厳しくなることと思いますが、風邪などを召されないようお気をつけ下さい。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: waka3 | 2008年12月27日 (土) 11時07分

 今年の大晦日を迎えました。
三毛門カボチャの縁でカボチャの果実で頂き、ありがとうございました。
 来年はカボチャをいろいろと栽培する計画です。早生たまねぎ2種を作りましたので今日は追肥する予定です。
 野菜を近くの友人に配布して喜んで頂きました。特にセロリーは好評でした。
 来年もよろしく。

投稿: tenmanky | 2008年12月31日 (水) 08時41分

tenmankyさん>
三毛門カボチャのご縁とは本当に不思議なものですが、これによって鶴首カボチャにも出会ったり、ハーモニー菌までお送りいただいたりと、本当に楽しい良い年になりました。
素人が無手勝流で楽しんでいる家庭菜園のこと、中々上手くはいきませんが、これからも楽しみながらやっていこうと思っております。

どうぞ良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: waka3 | 2008年12月31日 (水) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の農作業:

« 冷蔵庫の故障 ~顛末記~ | トップページ | 初詣と初仕事 »