« 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 | トップページ | サラダ白菜 »

2008年11月 5日 (水)

収穫真っ盛り、されど・・・

久し振りにこのところ毎日良い天気が続いています。
この時期になると色々な野菜の収穫が出来ますが、現在収穫出来るものの多くは根菜類で、里芋、長芋、ヤーコン、生姜、人参、大根、アピオス(ほど芋)、菊芋などですが、この辺では必要な時に収穫することで冬の時期まで放置することが出来ますので、横着を決め込んでまだ殆どがそのままの状態となっております。(笑
081105yasai4 青首の与作大根も10日前くらいから収穫が出来、081105daikonn 秋刀魚の大根おろし用などとして活躍しておりますが、ここに来て聖護院大根もかなり大きくなってきましたので始めての収穫をして見ました。  早速、鰯の黒ハンペンと今日上げを使ってごま油で炒め、味付けに塩コショウ、醤油で仕上げましたが、とても柔らかく美味しくいただけました。

先月からツーリングや小旅行、同窓会、元の勤務先のOB会の他にも、地元の秋祭りや運動会、081031tamanegiはたまたそのご苦労さん会に孫の七五三等々と行事も目白押しで、畑仕事もあまり手付かずでしたが、玉葱の植付けが苗の成長に合わせて10月15日に極早生の白玉葱から始まって、31日にやっと全ての植付けも終わりましたが、最初に植え付けたものは上手い具合に既に活着しております。

根菜類の他に葉菜類としては、最近では栽培品種も減って、白菜やキャベツの他にレタス、チンゲン菜、長ネギ(石倉根深太葱、081105yasai1下仁田葱、赤葱)など僅かな種類しか作っておりませんが、例年ですと白菜は防虫用のネットも掛けずに虫と戦っておりましたが、今年はキャベツは最初からトンネルのネット掛けをしましたが、081105yasai2白菜はこれまた横着を決め込んだ寒冷紗を上に被せただけのネット掛けで済ませましたが、時々ネットをずらしては確認していますが、今年はまったくといって良いほど虫との戦いもなく、朝の見回りも随分手抜きが出来ております。
白菜の中でもミニ白菜は芯が巻き始めて、だいぶ中の方もしっかりとしてきましたので、虫の進入防止対策も兼ね、そろそろ藁を使って葉をしっかりと巻く作業でもしようと思います。

081103jagaimo上の写真のキャベツのトンネルの向こう側が秋ジャガイモ(農林2号)081105jagaimoですが、2日ほど前に試し掘りをしてみましたがそこそこの大きさになっておりました。  それから僅か2日経過しただけですが、このところの好天気続きからでしょうか、地面の表面が盛り上がってヒビ割れもかなり進んできましたので、今月末には充分収穫が出来ることと思います。

|

« 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 | トップページ | サラダ白菜 »

コメント

しばらくでした。
私も今日は早生玉ねぎを一部植えます。また先日はアビオスを一部収穫しました。
 昨日から三毛門カボチャスープ用ペースト作り始めした。あなたから頂いたカボチャも今日はペーストにします。切りまして熟度により足が違いますね。
 鶴首、三毛門カボチャもよく熟してから収穫したものが色もよく美味しいですね。
 ブログにアップしますので見てください。

投稿: tenmanky | 2008年11月 6日 (木) 09時27分

ぞくぞくと収穫出来てるようですね?玉葱、いつもながらですが?凄い!・おね5本ですか?北海道の玉葱の栽培映像を見ましたが・・茎が全く!枯れるまで置いとくそうで・それでか?頭の閉まりが良く保存に相当!きくとか?北海道ならではですね。。だって?後は何も植える予定が無いから。。雪・氷で

ミニ白菜も、立ッチして来ましたね~・・ジャガの葉がまだまだって、言ってません?(笑)明日以降、温度が下がるようですから・その頃には葉も枯れてくるかも知れませんが?♪

投稿: ai | 2008年11月 6日 (木) 12時14分

tenmankyさん>
アピオスは私も栽培しておりますが、芋の大きさがもう少し大きくなると良いのですが、よほど上手に出来てもそれほど大きくなりませんので、最近ではあまり積極的に食べることもなくなりましたので、株数もだいぶ減らしました。

私も送っていただきました鶴首カボチャを2週間ほど前にスープ用のペーストにしましたが、三毛門カボチャと同じような果肉で美味しいスープが出来ました。
早速、種を採取しておきましたので、来年植付けをしたいと思っております。
三毛門カボチャは残り6個がまだついており、畑で9ヶ月目を迎えており物凄い生命力で驚いていますが、多分今月中くらいで枯れ落ちるだろうと思います。

投稿: waka3 | 2008年11月 6日 (木) 13時10分

aiさん>
野菜が次々に収穫出来るのはうれしいことですが、特に葉菜類は一度にたくさん採れてあっという間に終わってしまいますので、長期間ゆっくり食べられると良いのですが、その点では根菜類は貯蔵や畑でそのまま放置しておくことが出来ますのでとても助かります。

玉葱は4畝で終わるつもりでしたが、苗が余りましたので5畝になってしまいました。  欲をかいても仕方ないのですが、どうもそこら当りが貧乏性で・・・。(笑

ジャガイモは、まだまだこれからも成長しますので、必要に迫られては採ることはありますが、本格的な収穫は寒さで葉が枯れ始めてからになります。

投稿: waka3 | 2008年11月 6日 (木) 13時26分

 これまでに10kgのカボチャスープを作りました。家内からもうやめてと言って来ました。
 家内がかぼちゃによりできたスープの色が違うと言いますのでよく見ますと違いがあります。明日は冷凍庫から出して写真を撮りますのでまた、ブログにアップします。

投稿: tenmanky | 2008年11月 6日 (木) 20時25分

tenmankyさん>
我家では三毛門が5個目とtenmankyさんからの戴きものの鶴首カボチャを使って、かなりの量のカボチャスープのペーストを作って消費しておりますが、特に色が異なったとか美味しくなかったとかいうこともなく、昨年までのスープは西洋カボチャでしたが、今年は日本カボチャに取って変わって大変満足しております。

投稿: waka3 | 2008年11月 6日 (木) 22時22分

根菜も必要な量を、そのつど土の中から掘り出すのが瑞々しくて一番ですから横着だなんて思いません
キャベツも白菜も、バッチリ防虫されてますね。美味しいのが採れること請け合いです。
聖護院大根と鰯のハンペンと京揚げのソテー旨そう(゚▽゚*)

投稿: kimama | 2008年11月 6日 (木) 22時54分

kimamaさん>
里芋は葉茎が枯れてしまった後でも必要な都度掘りに行きますが、流石に根菜の中でも土の中でそのままに出来ないのは唯一ジャガイモとさつま芋だけでしょうか。
こちらでは土が凍るようなことは殆どありませんので、僅かだけの土寄せで済みますので大変重宝しております。

鰯の黒ハンペンは当地以外ではあまり知られてはいないようですが、この炒め物には何といってもこれが決め手でしょうか。(笑

投稿: waka3 | 2008年11月 7日 (金) 09時40分

タマネギの畝、すごいですね。真っ直ぐ!
私は昨年の残りの種を蒔いたら全然発芽せず、次に早生苗を買ってきて100本植え、紫タマネギは種から苗を育て植え付けたところ。晩生はこれからです。理科の実験みたいにチマチマやっています。畝も「ウネウネ」と曲がっていて。
豌豆、グリンピース、ソラマメを、今、種から育てているところです。
立冬なのに温かく、私の畑ではまだ、ナス、ピーマン、ミニトマトが収穫できます。
畑に植えておいた皇帝ダリアが咲き始めました。幹を剪定しなかったのですごく太い幹が斜めに出て、強い風が吹くと、ポキッと折れそう。高さ4㍍くらいあります。

投稿: 山椒の実 | 2008年11月 7日 (金) 13時59分

山椒の実さん>
玉葱の種は常温保管ですと翌年の発芽率はかなり落ちてしまいますね。
余った種は湿気のない冷暗所で保存するか、一番良いのは冷蔵庫保存ではないかと思いますが、いずれにしても出来るだけ早く使われた方がよろしいですね。

もう豌豆類を植えられたようですが、私は12~3日頃に播種を予定しております。

投稿: waka3 | 2008年11月 7日 (金) 19時07分

 お忙しい中、秋野菜は順調ですね。 やはり基本をきっちりと押さえておられるからでしょう。
 今日までは 比較的暖かい日和でしたが、今晩から寒くなって、土日は12月並みの気温の予報も出ています。秋は出来るだけ 気温の高い方が有り難いのですが。

投稿: 菜園ブログ | 2008年11月 7日 (金) 21時49分

今晩は。

鶴首、三毛門かぼちゃのスープがが甘いというので糖度計で計測しました。何と鶴首だけを見ましたが糖度13,3度でした。
 ブログにアップしていますので見てください。
すでに作ってあるスープについては随時、食べるときに糖度を計測してみます。

投稿: tenmanky | 2008年11月12日 (水) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収穫真っ盛り、されど・・・:

« 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 | トップページ | サラダ白菜 »