« バラ 絵日傘をゲット | トップページ | 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 »

2008年10月23日 (木)

紅葉を求めて北陸路へ Part-1

先日は千葉への気儘なツーリングを楽しんだ、その罪滅ぼしに今回はアッシー君として紅葉を求めて北陸路に出掛けてきました。  大まかな行程としては、紅葉の白山スーパー林道を見て金沢市内に入って兼六園を中心に市内の散策、そして福井県の東尋坊に行き九頭龍峡の紅葉を訪ねて帰ってくるルートです。

初日は東名高速~東海環状道~東海北陸道を乗り継ぎ岐阜県の白川郷ICで降りて、白山スーパー林道の紅葉を見てから、081021hokuriku01金沢に入って兼六園を回る計画で金沢市内の宿に入るということで、朝の6時に家を出発しましたが、スタートから東名高速の集中工事で予想もしなかった大渋滞にはまり、途中で東名高速から一般道に抜け出すだけで2時間近くもロスをし、その後東海環状線の豊田東ICまでを一般道を走ったために、白山スーパー林道入口の白川郷には11時頃に到着する予定が1時半を回ってしまいました。
081021hokuriku02全長が33Km程の白山スーパー林道は渋滞による081021hokuriku03ノロノロ運転を予想していましたが、道路も整備されていて途中何ヶ所かある駐車場施設での混雑や渋滞もなく快適に進むことが出来、これほどにどこまでも続く山肌が赤く燃えているように紅葉した今迄に見たこともない景色を充分に堪能できました。
081021hokuriku04しかし、林道の2/3くらいを走り終えた頃から、あたりに雲が覆いはじめて雲間からの陽射しは残っているものの、ガスも出てきて最初の景色から一変して、遠くに白山連峰を望めるような場所に来た時には、それも叶わなくなってしまいました。
ところで白山スーパー林道に来て初めて知ったのですが、山が真っ赤に燃えたような綺麗な景色が見られるのは、ブナの木がたくさん生えているからということのようですが、特に白山山系の国有林には1000~1600mのところに広い範囲で原生林が残されており、特に白山スーパー林道沿線には樹齢200年くらいのブナ原生林が広がっていると書かれていました。
081021hokuriku05 岐阜県の白川郷からほぼ1時間半程掛けてスーパー林道を走って、石川県側の白山の麓の「道の駅 瀬女」に到着した頃には、皮肉にも青空は戻っておりましたが、山の木々の色はこちらでも見られるような景色に変わっていました。
その後、国道を走って金沢市内に入り「兼六園」に到着しましたが、既に4時半を回っており、081021hokuriku06_2閉園が5時ということもあって翌日にすることにして、先にホテルのチェックインだけ済ませてから、081021hokuriku07金沢の台所といわれる「近江町市場」に出掛けてみました。  081021hokuriku08平日ということからでしょうかそれ程の混雑はありませんでしたが、結構活気があって威勢の良い呼び声があちらこちらで飛び交っておりました。  
なんといっても魚介類が豊富で新鮮なことから、081021hokuriku09 市場内にあるじもの亭というお店に入って夕食として海鮮丼を食べましたが、やはり市場ならではの新鮮さで、ここ金沢では金沢箔といわれるほど金箔の全国生産量では99%を誇るだけのことはあって、海鮮丼の上にも金箔が振りかけられていました。
食事を済ませてからホテルで教えてもらった金沢駅からほんの2Km程度のところにある卯辰山という小高い山から081021hokuriku10金沢市内が一望できるということで行ってみましたが、 その途中で道端で動くものを見つけ最初はかと思いましたが、何とに出くわしました。  何故か直ぐに逃げる様子もなく写真に撮ることが出来ましたが、残念ながらフラッシュの光量不足でハッキリと撮影は出来ませんでしたが、それにしても金沢はのどかなところなんですね。(笑

先ずは初日の北陸路はこんなところでしたが、続きはまた明日にでも・・・。

|

« バラ 絵日傘をゲット | トップページ | 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 »

コメント

お帰りなさ~い(^_^)/紅葉が見頃だったんですね♪・渋滞は免れないですね~(^^ゞ・・ソチラだと、時期的にキノコも色々有ったのでは?何か?ゲット出来ました?(^_^)v・・丼が旨そう~ヽ(^o^)丿ウニ?バフンも入ってるかな?。。何故か?食べ物しかいかなくてゴメン!m(__)m・・美味しいのがイッパイなのがタヌキの体に出てますね~(^^ゞ・・秋を満喫出来たようで良かったですね?(^_^)/

投稿: ai | 2008年10月24日 (金) 09時18分

aiさん>
紅葉はタイミング的にもちょうどよかったようで最高でしたね。
北陸方面での渋滞は平日ということもあってでしょうか、巻き込まれるようなことはありませんでしたが、東名高速の集中工事渋滞は過去に経験もしていますが、今回の亀よりも進むのが遅いような大渋滞になるとは全くの想定外でした。
松茸は近江町市場で地物産が売られていましたが、ちょっと手が出せるような状態ではなく、市場内では松茸を食べさせてくれるようなお店は見つかりませんでした。
海鮮丼は、ウニ・イクラ・マグロ・タイ・ブリ・ホタテ・甘海老・カニ爪等の全て地物だということでした。

投稿: waka3 | 2008年10月24日 (金) 09時52分

紅葉狩りでしたか、良いですね~。
九州も山頂部では始まっているみたいですが、まだ平野部では夏日が続いているくらいですからまだまだです。

ところで私には海鮮丼の上の金箔は邪魔な存在でしかありません。健康に害は無いらしいのですが、そんなものよりネタを増やしてほしいと思ってしまいます。(笑)

投稿: cityde | 2008年10月24日 (金) 12時46分

citydeさん>
この辺では11月も半ばにならないと紅葉してきたとはいえませんが、やはり場所によっては相当な違いがあるものですね。

海鮮丼は私にとっては充分すぎる量でしたが、流石に金箔は腹の足しにはなりませんでしたね。(笑

投稿: waka3 | 2008年10月25日 (土) 00時10分

 居ながらにして 紅葉狩りを体験させて頂きました。
 読む前に、地図を用意していましたが、通ったことも無い、古い地図には 載ってもいない道路の名前が出てきまして、如何に道路整備が進んだかを 改めて認識致しました。
 富山湾界隈の魚は、世界一美味しいと思います。私は、淡路に疎開して「鳴門の渦潮に揉まれた魚は 最高」と言われ、博多に転勤して「玄海の魚は 日本一旨か」と教えられ その通りだと思っていましたが、富山・金沢の魚を食べると、今までに比べて格段の違いを感じました。「日本一」の上ですから 「世界一」だと思います。金箔を ふりかけ無くても。

投稿: 菜園ブログ | 2008年10月26日 (日) 20時23分

菜園ブログさん>
今年の九州ツーリングに出掛けた時に、宮崎で食べた「カツオののっけ盛り定食」のカツオは活きの良い地物ガツオで確かに最高でした。
しかし、こちらでも宮崎のカツオは売られていますが、御前崎で揚がったカツオを食べたら比べものにならないと思っております。
ことほど左様に新鮮な魚介類は地物産を食べるのが至福の時を迎えることが出来るのではとどうやら私は考えております。
でも、太平洋岸ではカニの漁はありませんので、知床で食べたタラバガニ、そして今回の越前ガニとこの上ない満足の出来る美味しさでした。

投稿: waka3 | 2008年10月26日 (日) 20時53分

太った狸ですね~さすが百万石の金沢は
動物にとっても違うのかな?_?と思いました(笑)
海鮮丼にも金箔ですものね~驚きました。
紅葉のグッドタイミングのようですね。
パートⅡに気が急いでしまいます(゚▽゚*)

投稿: 投稿者なし | 2008年10月28日 (火) 22時53分

あちゃ~またまた・・・名なしで投稿してしまいました。上の記事は私です┐(´-`)┌

投稿: kimama | 2008年11月 2日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/42884077

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を求めて北陸路へ Part-1:

« バラ 絵日傘をゲット | トップページ | 紅葉を求めて北陸路へ Part-2 »