« 三毛門カボチャ ~Semi Final~ | トップページ | 無花果の収穫と観察 »

2008年8月 5日 (火)

菜園のおじゃま虫

おじゃま虫~1 カミキリムシ

080804itijiku1畑の隅に今年で3年目を迎えたイチジクの木がありますが、数年前に折角育てた木をカミキリムシの被害とは知らずに枯らしてしまったことがあります。  今年もここにきて最初のイチジクの果皮が少しずつ紫色になって熟れはじめ、収穫も間近となってきました。
080804itijiku2少し前から成虫に枝がかじられている個所を発見し、数ヶ所に産卵されている可能性もありますので、それ以来カミキリムシの幼虫に侵されないように日頃は目視をしておりました。
カミキリムシの幼虫はイチジクの樹皮に穴を明けて木の中に入って成長して明けた穴から糞をしますので直ぐに発見できます。  080804itijiku3
幸いにも今迄は木の中に入り込んで糞をすることによって発見できる幼虫の被害迄には至っておりませんでしたが、今日はとうとう初めての幼虫の被害に出くわしました。
放っておくと幼虫は木の中で大きくなっていき、やがては木を枯らしてしまうことにもなるため、早速スミチオン乳剤の100倍を作ってスポイドで穴に注入しておき、今後は死滅したかどうか糞の排出で確認していくことにします。
080804kamikiri我家のイチジクの木ではカミキリムシを発見することはありませんでしたが、直ぐ近くにお隣のイチジクの木がありますので覗きこんでみたところ、一匹のクワカミキリを発見しました。
我家への被害も配慮して早速あの世に送っておきました。(笑


おじゃま虫~2 イラガ

080805kaki1昨年の柿の実は70個ほど収穫出来ましたが、今年はそれを上回ると思われる数があちこちに見られております。
080805kaki2数日前に柿の木の下で虫の糞を見つけイラガを発見したので、イラガに触れないように剪定バサミで真っぷたつにして、やれやれと思っていたところ地面にまたまた糞を見つけ、案の定葉を食べているイラガを発見しました。
080805kaki3イラガは2日置きくらいに地面を見ていると糞によって簡単に発見できるので、糞を見つけてから葉を捜すと容易に見つかります。  見つけた後で竹箒で地面を綺麗にしておけば次にまた用意耳つけることも出来ます。
今回はゆっくり観察して眺めてみましたが、流石にイラガも終齢幼虫ともなると葉を食べるスピードは凄まじいもので、葉の隅から隅の縁をなぞるようにして綺麗に食べていく様は見事というほかありませんが、今回は2匹だけでしたがこのまま放置しておけばあっという間に葉がなくなってしまいますので、お気の毒ではありますがこれまたギロチンの刑に処しておきました。

おじゃま虫~3 アワダチソウグンバイ

080805gunbaimusi1浜の畑に菊芋を植えてありますが、080805gunbaimusi2今年は何故か葉が黒斑病にでも罹ったようになっていたため良く見ると、見慣れない虫が葉に寄生していました。  それ程多くの数ではありませんでしたが、それでも一つの葉の裏側には幼虫と思われるものと成虫も見られました。
今迄に全く見たこともなく、急いで家に帰ってデジカメで写したものを不明幼虫の問い合わせ掲示板で訪ねたところ、即座にアワダチソウグンバイということが判りました。
080805gunbaimusi3軍配虫とは良く言い当てたもので、僅かに3mm程度の小さな虫ですが、拡大してみるとまさに羽の形が相撲で使用する軍配にそっくりな形をしています。
リンク先でもお判りのように、この虫は平成12年に兵庫県で初めて発見されたもので、アメリカ原産のカメムシ目に属するようです。
早速、この軍配虫の駆除について調べてみましたが、現在ではこれといって確実な駆除できる薬剤は開発されていないようで、先ずはストチュウに何時もよりかなり濃い目に木酢液を入れて散布しておきましたが、果てさてどんなものでしょうか・・・。

いずれにしても色々なおじゃま虫サンには困ったものです。

|

« 三毛門カボチャ ~Semi Final~ | トップページ | 無花果の収穫と観察 »

コメント

アワダチソウグンバイ初めて見ました。
カメムシの仲間なのですか
黄色いセイタカアワダチソウという帰化植物が河原などにドンドン増えてどうしようもないと聞いてますが、昆虫類も、やはり国境がなくなっているようですね。
沢山のおじゃま虫に悩まされ対決を余儀なくさせられますが、waka3さんはアルコールでお祓いとお清めをされているのでしょうね

投稿: kimama | 2008年8月 7日 (木) 00時18分

kimamaさん>
こちらでは雨のない暑い日が続いております。
この暑さで虫も弱ってくれれば良いのですが、日中は木陰で涼んでいるようで、一向に減少する気配もなく困っております。
アワダチソウグンバイは今のところ家の廻りでは見かけませんが、そのうちにこの近くに現れるのも時間の問題かもしれませんね。

投稿: waka3 | 2008年8月 7日 (木) 14時21分

 よく観察されて、写真を撮られましたね。
 イチジクもだいぶおおきくなっているように見えます。

 この時期の害虫は、丈夫で手におえませんので されるままになりがちです。

投稿: 菜園ブログ | 2008年8月11日 (月) 21時09分

お陰さまで大きな被害に拡大する様子もなく、今日で5個目の収穫が出来ました。
イチジクは葉菜類のような作物と違って、日頃の目視で虫害の予防は容易に出来ますが、それにしてもこの時期の雑草と害虫には本当に悩まされます。

投稿: waka3 | 2008年8月11日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜園のおじゃま虫:

« 三毛門カボチャ ~Semi Final~ | トップページ | 無花果の収穫と観察 »