« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

三毛門カボチャ ~Semi Final~

梅雨明け以降一週間以上も好天気続きの猛暑が続いています。
先日のブログで着果以降46日を経過した最初の三毛門カボチャの収穫をしましたが、この時のカボチャは普通の栗カボチャのように果皮が緑色をした部分の残っている個所は苦味があってあまり美味しくありませんでした。
080723mikemon1雪化粧カボチャの収穫はほぼ終盤を迎え、ウドンコ病の罹病もあって既に葉も枯れはじめてきておりますが、三毛門カボチャは直ぐ近くにありながらウドンコ病の被害にあうこともなく元気で、いまだに蔓が伸びて葉も繁って次々に雌花、雄花が咲いています。
各蔓の第1果以降は自然交配に任せておりますが、どうやらこのカボチャは受粉を手伝わないと着果が上手く出来ないようで、少人数では多くを望みませんので最終的には5~6果程度の収穫になるだろうと思います。
080723mikemon2どうやらこのカボチャの収穫のタイミングは、白い粉のようなものが出始めて緑色から橙色に変化してくことによって熟れた状態になるということで、55日を過ぎた頃からほぼそのような状態になり始め、 巻き蔓は未だ完全に葉枯れたような状態にはなってきておりませんが、一昨日(25日)収穫をしてみました。
080527mikekado数年前に080611mikekado打木甘栗赤皮カボチャというのを作ったことがありますが、最初に着果した時点で既に080725mikemon3果皮の色は淡い橙色をしていおり、そのまま生長するにつれて赤色気味た橙色になっていったことを記憶しておりますが、この三毛門カボチャはこの様に三段階もの色の変化をしながら生長していきました。
本来の収穫のタイミングが良く分かっておりませんでしたので、こうなれば食して如何なものかを問うしかありませんので、2果目を食べてみることにしました。
080727mikekado1_2実はこのカボチャを収穫した時に感じたことですが、蔕の部分を剪定バサミで切ろうとした時に、同じような太さの枯れた枝を切るほどの硬さでしたので、少し躊躇をしながら果皮に包丁を入れたところ、前に収穫した雪化粧カボチャよりもむしろ柔らかめで果肉も瑞々しさがありましたが、蔕の部分は矢張り女性では包丁を入れられない程の硬さで途中で割れました。  この作業には充分な注意が必要です !
先ずカボチャの煮物にしてみましたが、前回の第1果目のまだ緑色が残っていた時のものとは違って、苦味は全くありませんでしたが、矢張りネットリカボチャであることはいうまでもなく、煮付けとしては私の好みとするところではなさそうです。(笑
080727mikekado3次にオーブンで焼いてみましたが、煮付けたものとは違ってこちらはとても甘味が感じられましたので、残ったものを使って家内お手製のカボチャスープと相成りましたが、先日作った雪化粧カボチャよりもスープとしては旨味が特に感じられて美味しいように思います。

スープ作成後の裏話し : 上の写真の切り口でも分かるように、このカボチャはやや収穫した時期が早過ぎたようで、果肉の果皮部分に近いところに少し緑色の部分が見えますが、どうやらこの部分には苦味成分が潜んでいるようで、煮付けて食べた時に僅かに苦味を感じました。
今回のスープには果皮は無論のこと、この緑色の部分も切って捨てたところ、全く苦味はありませんでした。  どうやら今回のカボチャも果皮の表面に僅かながら緑色の斑点が残っていたところがほぼその部分に当りますので、果皮が完全に橙色に変わって完熟するにはもう少し先だったようです。

今年のタイの長茄子

080727nasuこの猛暑の中でも、いたって元気なのがタイの長茄子。
梅雨明け以前より長いこと雨もないことから、夕方にはほぼ毎日灌水をしていましたが、茄子の太さが例年よりも心なしか細めな感じがします。  それでもタイの長茄子特有の柔らかな茄子が今年もたくさん収穫出来ております。
080726musi昨日、葉の様子がおかしいので葉の裏側を調べてみたところ、僅か3mm程度でしたが、かなりの数の虫を見つけました。
早速画像掲示板で問い合わせてみたところニジュウヤホシテントウの幼虫だということが分かりました。
まだ成虫を見かけておりませんのでどうして発生したのかが判りませんが、さっそく葉の裏側を調べて十数匹ほどの幼虫を退治しておきました。
今年は茄子の数の制限のために、早くから枝払いをしながらかなりスッキリさせており、今月中旬に下の方の枝の剪定した部分から脇芽が伸び始めてきておりますので、今年は上の方の茄子の収穫がある程度終わった頃にこの脇芽を使った世代交代を試してみる予定です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

赤紫蘇ジュース

6月の初めになって、バイク仲間から500mlのペットボトルに入った赤じそジュース2本とその作り方が書かれたものが送られてきた。  九州に一緒に出掛けた時に酒の席で、健康の話題になった時に赤じそジュースの話題が出て、自分でも作ってみたいと言ったところ、早速出来上がったものを送ってきてくれたものでした。
080715akajiso1家の近くに歳をとって最近ほとんど耕作も遠のいてきたお宅の畑に、こぼれ種から自生した赤紫蘇が畑の隅の方に陣取っていて、080715akajiso2いくらでも持っていって良いとは言われますが、県道沿いの車の通りの激しい場所だけに、あまり気が進まないので、まだ20cm程度の小さな苗を30本ばかり頂いてきて自宅の畑で育ててみました。
草丈も大きなものは60cmくらいに伸びてきましたので、いよいよ赤じそジュースを作ってみることにしました。
080715akajiso4取りあえずは、葉はそれほどの重さでもなかろうということで、半分の15株ほどを切ってきましたが、葉をちぎってみたところレジ袋にほぼ一杯となって、秤で測ってみたところ何と軽いはずの葉の重さが480gもありました。

080715akajiso9あらかじめ使用するクエン酸(25g入り)は購入してありましたので、今回は水道水(アルカリイオン浄化水)を利用した方法で作ってみることにしました。
080715akajiso5紫蘇の葉を水洗いしてから良く水切りをして、鍋に2リッターの水を入れ香りが逃げないように沸騰する手前で弱火にして、300gの赤紫蘇の葉の他に、紫蘇の香りを更に出すために青紫蘇の大葉を20枚ほど加え鍋の中に入れましたが、なんと鍋の中でてんこ盛り状態となって、一時はどうなることかと思いましたが、葉が茹であがってきた段階ではかなり量も減って、紫色の葉が緑色に変化してきました。
温度計はほぼ80℃でしたが、葉が緑色になってきたのは5分を過ぎた頃でしたので、8分間茹でてから別の鍋に笊を載せガーゼを敷いて、 その上から紫蘇の液を注ぎ最後に葉を絞りました。
080715akajiso6写真ではあまりうまく色が出ませんでしたが、080715akajiso7この時の紫蘇の液の色はやや赤黒いといった感じでしょうか。
次に、この紫蘇の液の中にクエン酸25gを入れたところ、なんと鮮やかなローズピンクに変わってきました。
この時に紫蘇の液を舐めてみましたが、かなりの酸っぱさでしたね。(笑
最後に、味の仕上げとして400gの砂糖蜂蜜を大匙5杯ほど味見をしながら入れて赤ジソジュースの完成となりました。
080715akajiso8早速、出来上がった赤ジソジュースを3倍ほどに薄め、氷を入れて冷して飲んでみましたが、頂いた時の作り方では砂糖だけでしたが、蜂蜜を加えたこともあって、ややマイルドに仕上がって格好な赤ジソジュースに仕上がりました。
鮮やかなローズピンクが眺めているだけでもとても爽やかです。

水道水を使った方法ですと、冷蔵庫に入れて保存してもあまり永くは保存出来ません(2週間くらい?)ので、菜園ブログさんに教えて頂いた酢をベースとした赤ジソジュースは、長期的な保存も出来るようなので、残りの葉で作ろうと思いましたが、砂糖が切れてしまいましたので、後でもう一度作成してみることにします。
ちなみに材料は、赤紫蘇:150g  穀物酢(酢酸分4.2%):500ml  白砂糖:450g  蜂蜜:大匙7杯 ということです。

ネットで赤紫蘇(赤ジソ・赤じそ)ジュースで検索してみたところ、凄い数の作り方が掲載されているのにはビックリしました。
さあ、貴方はどれがお好みでしょうか・・・。(笑

赤ジソジュース 酢バージョン  ( 7月17日 追記 )

080717akajiso前作ではクエン酸を使っての赤ジソジュースでしたが、今回は上にも書きましたが穀物酢を使って作ってみました。
写真のボトルの上の方の紫色は液をゆすって色が付着したもので、実際には時間が経てば色は消えていきます。
作り方の手順については前作と同じ方法でしたが、酢の中で8分ほど煮立てましたが、赤紫蘇の葉は水で煮立てた時と違ってあまり緑色になることはありませんでしたが、酢成分による影響なのでしょうか、水で煮立ててクエン酸を入れた時と同じような鮮やかなローズピンクになりました。
前作では水2リットルに対して、砂糖が400gという思いもよらぬ多量でもあったことから、今回は酢の量も1リットルということにしましたので、砂糖の量を300gとし、蜂蜜の量を大匙5杯からスタートをしてみました。
矢張りこの分量では酢の酸味がとても強くて、薄めて飲んだとしてもかなり無理な感じがしましたので、蜂蜜の量を大匙5杯を追加してみましたが、マイルドさは更に出たものの酸味は相変わらず強いため、その後砂糖を50gずつ追加しましたが、何とか妥協できるところ迄きた時には650gになっていました。
クエン酸で作った時のものより、酢ベースの方がかなり酸味はきついので、水での希釈量は前者が約3倍に対して、酢ベースでは5倍くらいですので消費量は少なくて済みますので結構長持ちはしそうです。
作る過程で注意する点は、水で煮立てた時には紫蘇の葉を絞った時に触れても全く手に色がつくことはありませんでしたが、酢で煮立てたものの場合では手の平が紫色になってしまいましたので、ゴム手袋などを使用する必要があります。


三毛門カボチャ食べました   ( 7月15日 pm9:00追記 )

先日収穫しておいた三毛門カボチャを煮付けて食べてみました。
080715mikekado 西洋カボチャはホクホクしたタイプのものが多いということですが、この三毛門カボチャは表面がでこぼこしていて、縦に深い溝が走っている典型的な日本カボチャに属するということのようで、矢張りかなりネットりしたタイプのカボチャでした。
果皮は結構薄く食べやすいとは思いましたが、私はジャガイモでもそうですが、どちらかというとホクホクしたタイプが好みですので、それ程好みというほどでもなく、今回は何時ものようにやや濃い目の付けでしたので、もう少し薄味にした方が良かったのかもしれません。
例年はどうするのと聞かれれば、この他に作っている雪化粧カボチャの方がずっと好みですので、「う、う~~ん」といったところですが、在来種でもある珍しいカボチャですので、一応種の採取だけはしておきました。(笑

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

三毛門カボチャの収穫とトマトの話題

このところrainマークも消えて間もなく梅雨明けを迎えるのでしょうか、今日は35℃の猛暑日となって本格的な暑い夏がやってきました。
昨年、種を差し上げたお礼として頂いた三毛門カボチャを作ってみたものの、今迄のカボチャと様子が違って収穫するタイミングが全く分からない。
080704yukigesho三毛門カボチャより3日ほど早く着果した雪化粧カボチャ(写真左)は、蔕の部分がコルク状となって、既に1週間ほど前に収穫して、煮つけやらカボチャスープの素となっておりますが、この三毛門カボチャの収穫のポイントとなる特徴点がサッパリ解からない。
080630mikekadoカボチャは一般的には、雪化粧でも分かるように、蔕の部分が縦にコルク状の筋が入ることが収穫の目安とされ大変解かり易いのですが、写真左は6月30日の時点のものですが、蔕の部分に一向にコルク状の縦筋などが入る気配もない。
同じ瓜科のスイカの場合では、蔓と蔕の部分にある巻き蔓(マキヅル)が茶色くなって枯れてくれば収穫の目安とされ、この他に収穫の目安としてはカボチャもスイカもほぼ40日を越す頃には収穫が可能となるようですが、この三毛門カボチャは巻き蔓も蔕のコルク状の何れも期待に応えてくれませんでした。
検索サイトで調べてみたところ、福岡県備前市の三毛門小学校の子供達が三毛門カボチャの収穫している写真が掲載されていたのをブックマークしておいたのですが、このカボチャは緑色からどうやら淡い080711mikekado1橙色に変化していくようですが、 今日になっても蔕にはコルク状の縦筋もなく、巻き蔓もまだ完全には枯れてきておりません(写真右)が、080711mikekado2 既に着果してから46日も経過しカボチャの表皮の色も少しずつ変化して、三毛門小学校の子供達が収穫した時の写真に良く似てきましたので、今のところ全部で4個の収穫ができそうですので、初物の収穫をしてみました。  ちなみにカボチャの直径が25cmで重さは3.7Kgありました。
更にネット検索をしてみたところ、緑色のカボチャが全く色変わりのした三毛門カボチャの写真が掲載されていましたが、詳細は書かれていませんでしたので、さて何が正解なのやら・・・。
先ずはどんな感じなのかこのカボチャを食べて様子をみることにしましょう。

7月27日 追記
三毛門カボチャについては、結果的にこの状態での収穫は早過ぎました。  特に青みが残っている部分は煮付けにした場合に苦味が感じました。
詳細については、ここをクリックしてご覧ください。


芽欠きトマト

既に中玉のスタピストマトの収穫は4~5段房となって終盤を迎えつつありますが、大玉トマトの露地ゆたかは2~4段房での連日の収穫となっていますが、080711tomato途中で芽欠き忘れとなって伸びていた脇芽を少しずつ挿し木にしておいたものが、ここにきて順調に大きくなって開花し始めました。
手前が脇芽から育ってきた露地ゆたか5本とスタピストマト1本ですが、この他にも別のところでスタピストマトが5本元気に育っております。  向こう側に見えるのは大玉の露地ゆたかで、その右端の方が中玉のスタピストマトですが、このトマトが終盤を迎えるころに脇芽トマトが元気に生長してくれるとよいのですが。(笑

ポットごと植えトマト

その後のポットごと植えトマトですが、左側が通常に植えたもので右側がポットごと植えトマトの現在の状況です。  株元にはポットの縁が僅かに見えます。
080712tomato微生物農薬のボトキラー水和剤やストチュウを散布しておりますので、どちらも元気に育っており、写真では草丈に差が見えますが、あまりにも草丈が伸びていくために、通常で植えたものは8段房で芯止めし、ポットごと植えの方は房間が短かったこともあって9段房で芯止めをした違いがでております。
また、写真では実付きについてはポットごと植えの方が優位に見えますが、ポットごと植えトマトは定植でのスタートが少し遅れたことと、最初に灌水での失敗があってやや立ち遅れたことが原因でしょうか、収穫が少し遅れているために数が多いように見えますが、実際には数や玉の大きさなどでの優位性もなく、現状ではこれといった差は見られないように思いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

バラの芽接ぎ

先日、島田のばらの丘公園で毎月定例的に実施されているバラの育て方教室があり、当日は雨足の強い生憎の天気でしたが、それでも各地から30名以上もの方が参加されました。
今回の講座は季節を選ぶことなく実施できるという「バラの芽接ぎ」がテーマで、実際に現物に触って講師の方の説明手順に沿って作業を実施していくということで、実費が500円ということで、準備されたものは
  ① 台木となるノイバラ : 3本    ② 増やしたいバラの穂木 : 1本
  ③ 挿し木用の用土の入った13cm育苗ポット : 1鉢
  ④ 発根促進剤(粘土を粉末状にしオキシベロンを10%添加したもの)
  ⑤ 芽接ぎ用ナイフ    ⑥ ビニールテープ     の6点でした。

忘れないようにと思って作業を進めながら写真を撮りましたが、ピンボケやら欠落があり満足のいくものではありませんが、今後のために手順だけを記録しておきました。

080708bara01この写真は上が台木となるノイバラで、その下にあるのが芽接ぎ用ナイフですが、ナイフの刃面は切り出しナイフのように直線的なものではなく、押さえながら切ることの出来る湾曲になったもので、反対側には台木の皮を捲るための樹脂のヘラがついついています。
080708bara12写真の台木にキャップのようなものがついていますが、この中には水が入っていて、台木や穂木を切ってきた段階から作業が終わるまでの間にかなりの時間を要するために乾燥させないためのものです。  特に芽接ぎでは失敗しないためにも、台木や穂木共に乾燥させないことが重要だということです。
080708bara02さて、いよいよ芽接ぎの作業に入りますが、最初に増やしたいバラの穂木の接ぎ芽を作りますが、接ぎ芽となる部分の葉柄を残して葉を切り取り、次に葉柄の付け根部分から約1cmほど上にナイフで横に切れ込みを入ます。  そして今度は葉柄の下の部分から上に向かってナイフで芽を削ぎ取ります。   
080708bara03削ぎ取った芽は右の写真のようになりますが、削ぎ取った段階で木質部と一緒になっている場合は、樹皮に傷をつけないように綺麗に皮質部だけにします。  それが終わったところで直ぐに乾燥しないように
舌の上にのせて湿らせます。
080708bara04次に台木の接ぎ芽を挿す部分の工作をしますが、切り込みを入れる場分は葉柄と葉柄の中間部分で、写真では少し分かり難いのですが、先ず横に一文字に切り込みを入れ、そこから今度は
縦に2cmほどの長さにT字型に切り込みを入れます。
ナイフは横に引いて樹皮を切るのではなく、湾曲した刃面をナイフの上から指で押さえるようにして、木質部に出来るだけ傷を入れないように切ることが必要だということです。
080708bara05切り込みが終わったところで、この部分を芽接ぎ用ナイフのヘラの部分を使って、木質部から樹皮を丁寧に剥がします。
080708bara06いよいよ先ほど作っておいた接ぎ芽を台木への挿入となりますが、しっかりと挿入してT字に切った樹皮の部分からはみ出すことのないようにして、
木質部に完全に密着することが最も重要です。
080708bara07 接ぎ芽を台木にしっかり挿入できたところで、薄く柔らかなビニールテープで接ぎ芽が動かないように固定をします。  テープは絞め過ぎず緩過ぎないように、切り口の部分から乾燥しないように葉柄の部分だけだして縛ります。
これで芽接ぎ作業としては完了で接ぎ木が出来たことになります。
080708bara08接ぎ木が出来たところで最後の作業は台木に取り付け080708bara09てあった乾燥防止用の キャップを外して、台木の根元に発根促進剤をたっぷりと付けてから、用土の入った育苗ポットに台木より若干太めの穴を明けて、穴に差し込んでから周りをしっかり押さえつけ全ての作業が完了しました。

芽接ぎ後の管理については、半日陰の場所に置いて、土が乾燥しないように3~5日間隔くらいで灌水を行います。
080708bara10 その後、接ぎ芽の葉柄が10日前後くらいにポロリと落ちて、芽が伸び始めれば接ぎ木が成功ということですが、一つの接ぎ木から9日目に葉柄が落ちましたが、芽が伸び始めてくるのは発根してからということで、1ヶ月半くらい先のことになりますので、果たして成功したかどうかについては今のところ定かではありませんが、芽の部分が乾燥して枯れたような状態ではありませんので、楽しみに見守っていきたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »