« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

長ネギの定植とイチジクの整枝

ここ数日晴れたり曇ったりはしたが雨が降ることもなく、まあまあ過ごし易い日が続きましたが、今夜あたりから天気が崩れるということで、昨日から準備を始め長ネギ(石倉根深太葱、赤葱、下仁田葱)の定植をしました。
080627negi3例年ですとこの時期に仮植えをしてから、080627negi4 8月末から9月の初めに定植(本植え)をするという方法でしたが、今年はこの辺の専業農家さんの方法にあやかって実施してみました。
写真の左側は2本ずつの1条植えで、右側の場合は1本ずつの2条植えで、何れの方法も畝作りから苗の植付けまでが全て機械で完了するのですが、今ではこの様な便利なものまであるんですねぇ。
080627negi5とは言うものの、必ずしも全てがこの方法ばかりではなく、苗穂場から育苗場に仮植えをして、苗作りをしてから最終的な定植をするという方法で実施している専業農家さんも、まだまだかなり見受けられます。
さて、機械での畝作りをして定植するという方法では、ネギ用の粒状堆肥を080627negi1バラ撒いて耕運するだけで、元肥として通常の堆肥を敷き込むということはしないとのことですが、今回教えて頂いたのは溝を掘ったところに自前の堆肥のみを元肥として鋤き込む方法で良いということで、一般的なこの方法で実施することにしました。
手で溝を作ることから、あまり上手に深く掘ることが出来ませんでしたので、植え終えたところでプロ仕様よりも若干浅めの植付けとなってしまいましたね。
080627negi2_2写真右の中央にある境界杭の右側は赤ネギで、この葱は生長しながら分結をして増えますので株間を5cm弱くらいの間隔で、左側は石倉根深太葱ですがこちらは分結することはありませんので、最終的な仕上がりを考慮して、株間はほぼ赤葱の2/3くらいの間隔にしました。  ちなみに、この2品種で畝の長さは8mほどです。
下仁田葱については別の場所にほぼ同様な方法で植付けをしておきましたが、初めてのことでもあり失敗も考慮して、何れの苗もまだ充分ありましたので、念のために別の場所に仮植えをして育苗することも配慮しておきました。

昨年は、樹木にとってこれから成長期である5月という重要な時期に、2年目の幼木ということもあって無花果(イチジク)を安易に別の場所に移し替えをした ために、折角根付きはじめていた木の樹勢を衰えさせてしまい、イチジクは植えてから2年目から収穫が出来るといわれながら、秋口になってからやっと収穫が出来るようになりましたが、それもあまり沢山口には入りませんでした。
080628itijiku1しかし、今年は昨年の暮れのお礼肥えや今年に入ってからの追肥等で順調に育って、幹の太さや一文字仕立ても昨年とは見違えるほどに生長しました。  一文字に仕立てた基部からは20本近くの新しい芽がでてきましたが、その中から一文字の左右対称に6本ずつの枝ぶりの良い着果枝を残し、ここにきて垂直に1m2~30cm程に伸びてきましたので、強風には弱いことからネブシ竹を立てて固定しておきました。  
12本の着果枝としたのは少し欲張りすぎだったかもしれません。(笑
080628itijiku2既に今年はイチジクの実も昨年とは違って、この時期で既にご覧のような大きさに育ってきておりますので、この調子でいけば来月の後半には間違いなく収穫に結びつくのではないかと思います。
この仕立て方にしておけば、ムクドリやヒヨドリの鳥害に対しては、防鳥ネットも簡単に張り巡らすことが出来ます。
この後の整枝としては、様子を見ながら着果枝の先端が地面から1m7~80cmとなったところで、摘芯をすることにしようと考えています。

参考までに     ~6月29日追記~
080629itijiku3 今日、私が一本仕立てのお手本としている磐田市内にあるイチジク畑の近くを通る機会があり、今迄に着果枝の本数などを気にも留めていませんでしたので、今回の私の仕立て本数は如何なものかと思って見てきました。
幹の太さは直径20cm程はありますでしょうか、そして一文字仕立ての片方で2.5~3mで、全長では6m程はあろうかと思います。  何と垂直に伸びている着果枝は1本の木で20本以上もありました。
少なくとも私の知る限りでは、15年以上は間違いなく経過しているかと思います。


オリエンタルリリー 「コンカドール」    ~6月29日追記~

昨年オリエンタルリリーの球根を植えたところ、発芽から開花迄の時期を早めるために球根が冷蔵保存されて売られていましたが、植付けから開花までが僅か2ヶ月半という短期間であったことに驚きましたが、更に花蕾も大きく花が咲いた時にもその大きさに又もビックリしましたが、甘い香りがそれはそれは辺り一面に漂うほどでした。
この時の写真は、ここをクリックするとご覧いただけますが、花が咲き終わった昨年の冬に球根を掘り出して、分球した小さな球根とともに別の場所に元肥と一緒に埋めておきました。
080414yuriそして今年の4月になり、昨年とは違ってまたまたビックリするような逞しい芽が出始めましたが、あっという間に筍のような生長をしはじめていきました。  分球して埋めておいた小さな球根からも、少し弱々しい感じですが芽が出てきました。
080627yuriそして、一昨日(27日)になって上の写真ではちょっと隠れてしまっていますが、分球したものを植えた中の一本のコンカドールから最初の一輪の花が咲きました。
080628yuriそして今日は朝から雨が降っていますが、なんと3本の親球根から育ったコンカドールに一斉に花が咲き始めましたが、矢張り雨の中では折角の良い香りもそれ程漂ってくることもなく、花も少し寂しそうな感じではあります。
ユリの花は年を追うごとに花の数を少しづつ増やしていくといいますが、分球根から咲いた花は今年は僅か一輪だけですが、親球根からは昨年は1本あたり3個の花が咲きましたが、今年は倍増どころではなく、どれも1本あたり何と12個もの花蕾を持っていましたので、ゆっくりとこれからが楽しめそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

ピーマン、シシトウの1本仕立て

ピーマンやシシトウは通常の場合、主枝から一番最初に3本の子枝が出てきて、この子枝の花の咲く所から2本の枝が出て、以降は花芽が付く度毎にその個所から2本の枝が出て、枝の数が倍々式に増えていきます。
0608240piman従って、そのまま放置しておくと最後には鬱蒼と繁るだけではなく、形の良いものも収穫出来ず、ましてやいくら野菜が好きだとはいっても、栽培本数が僅かに1本でありながら、とても2人家族では食べきれない程の収穫が出来ます。   写真は2年前の盛夏の頃
このブログでお付き合いを頂いている菜園ブログさんが、ブログの中のシシトウの記事で一本仕立てを試されると書かれていましたので、猿真似の大好きな私としては早速試してみることにしました。
080528piman一本仕立てとは、最初の3本の分岐枝以降の次々に出てくる2本枝を剪定していくということかと思いますが、収量を多く望まない私としては、主枝から最初に出る3本の子枝からの仕立てとすることにしました。  080620piman3 左の写真は5月28日にピーマン「あきの」を一本仕立てにした時のものですが、その後万願寺トウガラシ(シシトウ)も主枝から3本の子枝がすくすくと伸びてきましたので、同様に子枝の一本仕立てとしました。  
080620piman2全体ではピーマンが子枝から孫枝へ、そしてそろそろ4代目が芽生えてきたところですが、今のところ孫枝以降の剪定はせずにそのまま放置してありますが、様子を見て2本に1本の割合くらいでの一本仕立てになろうかと思いますが、今のところはまだまだ混雑することもなく涼しそうな感じです。(笑
まだシシトウについては花が咲き終えて可愛らしいシシトウが見え始めたところですが、ピーマンは初めての収穫が今日出 来ましたが、続いてこれからも収穫を迎えることになりそうです。

四葉のクローバー

クローバーとは、マメ科シャジクソウ属の多年草で一般的にはシロツメクサを指すようだが、葉は3小葉からなる複葉で、時に4小葉のものがあって幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーとして珍重されますが、炎天下で時間を掛けて探さないと簡単に見つけることは中々難しいものです。
080620clover先月、息子夫婦が家内への母の日のプレゼントを持ってきた中に、四葉のクローバーの球根というのがあって、うっかり忘れたままでしたので先日植え付けたところ、あっという間に発芽したと思ったら、花蕾をつけた花茎が伸びて、次に葉が見えはじめてきたと思ったら花が咲いた。  なんと球根を植え付けてから開花までが9日目の出来事でした。
この四葉のクローバーは正式にはデッペイ・アイアンクロスという名前で、クローバー(シロツメクサ)とは違ってカタバミ科に属するオキザリスの仲間のようで、いずれにしても家の周りにも雑草化した黄色やピンクの花をつけた同属のカタバミを見かけるが、これと同じ仲間であるとしたら、あっという間に蔓延ってしまうので、ちょっと注意が必要のようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

バラの定植

梅雨とは思えない良い天気になりましたので、先日購入したバラの苗木3本の定植をしました。  本来、夏の暑い時期の定植はあまり良くないということのようですが、鉢による管理は日常での煩わしさもあり、この時期ならまだ酷暑ともいえないであろうと勝手に決めました。(笑
バラの植付けについては、3月の島田バラ園での講習会の時に、誰も実地作業に手をあげませんでしたので、自らが一連の作業をさせてもらいましたので、その時の経験を思い出しながらやってみました。
080616bara1先ずは植付けにあたっての穴掘りですが、080616bara240cm四方に深さも同様に40cm程に掘ります。   この掘った穴の中に堆肥をたっぷりと入れます。
080616bara3我が家の庭はかなり水捌けは良いのですが、土砂質ということもあって、 赤玉土を加えてから穴の中に入れて堆肥と一緒に良く混和してから、しっかりと土を両足で踏み固めます。
080616bara4次に赤玉土と混和した土に約300gの配合肥料を鋤き込んでから堆肥と混和した土の上に入れて、もう一度上から良く踏みつけ穴の深さがこの段階で20cm程になれば、元肥の梳き込み作業は完了です。
080616bara5最後に、定植する苗の根が直接肥料に触れないように、この上に赤玉土と混和した土を入れますが、この時に穴の深さは苗木を穴の中に入れた時に、苗木の株がグランドレベルから僅かに顔を見せる程度に調整をします。
この時期は、植付けの際に鉢から苗木を取り出した際に、それ程根が中で絡みつくほど張っておらないことから、土地を落さないように軽く揉む程度か、柔らかいようでしたらそのままで良いということですが、今回は後者の方でした。
080616bara6後は廻りに土を入れてしっかりと苗木の植付けが出来れば、廻りに土留めを作ってその中にホームセンターで分け売りをしていたバーク堆肥を入れ、たっぷりと水をかけて定植作業の完了です。
今回は苗木は50cmほどありますが、枝がしっかりしていたことから添え木を施す必要はありませんでした。
080616bara7手前から深紅色でHT系大輪のPL・サンゴール、真ん中がFL系のチンチン、奥側はFL系中輪のミュージックで、今回この3種類が我家の庭に増え、これでバラが9本となりました。


PL・サンゴールが咲いた    ~ 6月20日追記 ~

080616bara 定植時のバラの先端についていた花蕾が、定植した時の影響もなく見事な花を開花させました。  今迄の我家にはなかった新しい花の色のバラを買い求めことから、深紅の花の色だけではなく花弁の形といいBerry Good です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

スイカと三毛門カボチャ

梅雨とはいえこのところちょっと一休みでしょうか、昨日に続いて今日も僅かながら薄日も見えるような天気で、カボチャの受粉作業はほぼ完了しましたが、お陰さまでスイカの雌花がこの2日で梅雨の合間にあわせたように開花して、全部で6個の受粉作業をすることが出来ました。
080610suikaしかし、スイカは九州から帰った翌日に受粉させて着果し、既に大きさも22cm迄になったものが、多分だろうと思いますが昨日突付かれてしまいました。  
防鳥ネットはやろうとしていた矢先ですが、 080611suikanet敵も去るものでこちらの負けで、遅がけのネット張りとなりましたした。080611suika
昨年入手しておいた稲藁も他の夏野菜の敷藁として使用して残り少なくなってきましたので、今年は稲藁を丸めて座布団を作るという、かなり省エネタイプになってしまいました。

さて、以前のブログにも書きましたが、三毛門カボチャが順調に育っております。080323mikekado
三毛門カボチャの種(写真右が三毛門左側は雪化粧)はビックリするほど小さくて、ネット検索をするまではミニカボチャではない080611mikekado1かと思うほどでしたが、 080611mikekado2 特徴のある葉は縞模様で緑色が濃く、そのためでしょうかカボチャの表皮も同様に、写真の右上の方に見える薄い緑色から濃い緑色になって、大きさも22~3cmはありますが、蔕の部分の幾重のもある筋状の部分がコルク状になってくるのは先のことですから、まだこれからも大きくなるのではないかと思います。
080611yukigeshouちなみに、三毛門も雪化粧も九州から帰ってきて、ほぼ同じ時期に着果したものですが、こちらの雪化粧の方はこちらも順調に育っている一番成りのカボチャですが、三毛門よりはほんの僅かに小さいようですが、蔕の筋もだいぶ進んできておりますので、2週間もしないうちに収穫が可能になりそうです。
片や九州(三毛門)で、もう一方が北海道(雪化粧)と、日本の南北で作られているようですが、何れも美味しそうなカボチャで、特に今年初めての三毛門カボチャがとても楽しみです。

週末からはお天気マークも見えるようですが、今年の梅雨の後半は気温が上がるようで、これから蒸暑くなりそうですから病気が一番心配になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

今日のトマト

今年は平年よりも6日も早く梅雨に入ったということで、このところ愚図ついた天気続きで、スイカやカボチャ等の人工受粉がより確かな着果と良い実を生らせることになるのですが、雌花が咲いたと思うと朝から雨になったりと期待を裏切られてばかりです。
その点人工的な受粉を必要としないトマトや胡瓜などは、080605tomato1天候が愚図ついているとはいえ一定の気温を080605tomato2保っていることから生長を続けており、中玉のスタピストマトは樹での熟成を待って2~3日おきくらいに収穫が出来ています。
080605tomato3一つの房に14~5個程のトマトがつくと50~60g前後の大きさですが、10個以下の房にはかなり大きなトマトが出来ていて、今日の一番大きなものは120g強のものもありました。
スタピストマトは既に8段房の開花が始まっていて、既にほぼ1段房の収穫は終えて、2~3段房へと移ってきておりますが、2~4段房あたりではかなりの大きさのものがこれから期待できそうです。
080605tomato4大玉トマトの露地ゆたかも至って順調で、1段房のトマトが色づいてきましたので、後数日で収穫の運びとなりそうです。
080605tomato5こちらのトマトは這わせ植えをしましたので、1段房のトマトは地面に接触をしてしまいますので、敷藁で土のはね返り防止と添え木を立てて地面に触れないようにしております。
既に私の握り拳よりも大きくなって、重量も裕に300g超はあろうかと思いますので、添え木も時折交換が必要で、中々管理の手間が省けませんので、来年からは這わせ植えは止めようと思っています。
ところで、080605tomato6福岡のtocchannさんから「ポットごと植え」をすることによって、「センチュウ害が減り、080605tomato7樹ボケも防げる」ということが、農業雑誌に掲載されていたというコメントを頂いたことから、興味半分で1本だけ試してみましたが、写真の左側が這わせ植えをせずに通常の定植をしたもので、右側がポットごと植えを実践したものです。
写真では手前のトマトの方が大きいように見えますが、実際には背の高さは同じくらいで、主枝の太さは通常の植え方の方がややしっかりしていますが、それ以外では今のところ大きな差はみられないようです。
今年は育苗の段階から微生物農薬エコショットを使用しており、今の時期では通常は大きな病気も出ることはありませんが、今年の梅雨は後半が気温の上がるジメジメした梅雨となりそうなので、ポットごと植えエコショットの効果がどのように現れるのかが興味津々といったところです。

タイの長茄子が開花

080605naganasu昨年は5月28日に一番花が開花しましたが、今年は一週間程遅れての開花となりました。  通常の紫色の茄子の花とは違って、いつものように花弁は淡い紫色の花で、一見ひ弱そうに見えますが、樹勢はとても旺盛でこれから素晴らしく大きな、そして果皮、果肉ともに柔らかな茄子が育っていきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »