« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月27日 (火)

ニンニクの収穫とジャガイモの試し掘り

今回の九州へのツーリングでは、4年前に出掛けた9日間の北海道ツーリングの時とは違って、気力については以前と同じような状態でしたが、意に反してこれ程にも体力の衰えを痛切に感じたことはありませんでした。
もっともツーリング期間中には一度も辛い、苦しいなどと感じたことはなく快適な日々を過ごしていましたが、帰宅2日目の朝になって「少し疲れが出てきたな」と思いつつ、この後2日続けてテニスをしたことが更に疲労をつのらせて脱水症状にまで陥ったことが最大の原因のようですが、既に後の祭りでした。(笑
お陰でツーリングの時の写真の整理もほとんど手付かずですが、クラブメンバーと合同期間中のレポートだけでもと焦っております。  昨日あたりからは普段の調子に戻りましたので、今少しの間ジムでのトレーニングは遠ざかることにして、記憶の薄れないうちにツーレポに精を出すことにしております。

さて、このところ気温もうなぎのぼりで、昨日はとうとう我が家の温度計は30℃を少し上回る真夏日を記録しましたが、木曜日あたりからまたまた天候も崩れるようで、今年の夏の天候が心配されます。
080526ninniku16月に入ると梅雨も間近になりますので、長雨にはめっぽう弱いニンニクの収穫を例年と同じ時期に実施しました。
昨年の9月24日平戸ニンニクという品種を12球購入し植え付けたのは85球になりましたが、途中2本の脱落があった他は全てが収穫まで漕ぎつけました。  植付け時には、たっぷりと枯葉堆肥を仕込んでおいたお陰で、生長の悪かったものは左端の方に見える僅か5球のみで、何れのニンニクも掘り上げたところ長く伸びた根はしっかりして、080526ninniku2その先には堆肥が絡んでいるほどで、全体の半数以上はこの先乾燥させることによってやや小さ目にはなるだろうと思いますが、栄養たっぷりの丸々とした市中で売られているものよりもかなり大き目なサイズの充分納得の出来る仕上がりになっていました。
これで、やや甘めに仕立てる栄養価たっぷりの「ニンニク味噌」をたくさん作ることが出来ます。

080527jagaimo昨秋のジャガイモは既に今年の春先には底をつき、購入したものに頼っていますので、下の方の葉が少し黄ばんできたとはいえ、まだ少し早目かとは思いましたが1株だけ試し掘りをしてみました。
080527jagaimo1ジャガイモは葉が枯れるまでのこの先も生長し続080527jagaimo2けることから、まだやや小振りではありましたが、それでも6~7cmの大きさに育っていましたので、早速ジャガバター用に蒸してみました。
品種は男爵ですが、早目の収穫ということからでしょうか、ややホクホク感は本来の男爵とは違っておりましたので、本格的な収穫は6月中旬頃となるのでしょうか。

スタピストマトの収穫

ちょうどツーリングから帰ってきた頃に上手い具合に赤味が増してきて、今日で2回目の収穫になりますが、粒揃いの美味しいトマトが収穫出来始めております。
080527tomatoトマトの味は人それぞれに好みがあるようですが、このトマトは3年前に福岡のtocchannさんに種を頂いた以降は自家採種した種で作り続けておりますが、果皮が柔らかく酸味が少ないことから、どのような食べ方でも美味しくいただけますので、とても気に入っております。
現在6段花房の大半が開花しており、今年も6本植え付けてありますので、この先も楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

やっと、ひと段落・・・

かねてから計画していた九州へのバイクツーリングを5月12日に出発して、7泊8日で九州をひと回りして19日に帰ってきました。
本当に歳は重ねたくないもので、帰ってきてからホッとして気の緩みもあるのでしょうか、ツーリング中の現地には全く考えられませんでしたが、情けないことに帰ってきてからの2日間は、夕食に晩酌をしてからパソコンの前に座ると、僅か5分もすると上と下の瞼が仲良くなってしまいメールを打つことさえ至難の業でした。(笑
ツーリングの詳細については、1GBのSDカードにたっぷり写真を仕込んできましたので、のんびりと編集してから後日あらためてツーレポでも作成することにして、昨日と今日はは先ずは8日間も放置してあった畑仕事に取り掛かりました。

080520kabocha1出掛ける前はのブログにも掲載したように、080520kabocha2カボチャの蔓もやっと伸び始めてきたところでしたが、帰ってきたら3本仕立てにしていった蔓も4~5本に変わっていたり、脇蔓もあちこちからかなり伸びて賑やかになっていました。
080520kabocha3雪化粧(2)、スクナ(1)、三毛門(1)の僅か4本のするから整枝した脇枝は半端な数ではありませんでした。
出掛ける前に家内に伸びた蔓はネットを乗り越えないように080520kabocha4蔓を整理し、もし雌花が開花した時に同時に雄花が咲いたら交配を頼んでおきましたが、他にも作業を頼んであったために、こちらはすっかり忘れられて出掛けている最中に4個ばかりの雌花の開花がありましたが、無交配でしたので果たして幾つ着果してくれるのやら・・・。(笑
080520kyuri_2 胡瓜も主蔓は1.5mほどに伸び、3本のうち2本は収穫出来るまでに育っていて、脇蔓もかなり伸びてきていましたが誘引についてはもう少し先になりそうです。
080520suikaスイカも出掛ける前は株元から2~3本の主蔓が伸びている程度でしたが、いずれの株からも3~5本の蔓が伸びてきていましたので、1蔓で1果の収穫として4本仕立てでやってみることにして整枝作業を済ませました。
080520tomato1トマトについては脇芽があちこちから080520tomato2伸びてきていて、この脇芽欠きの作業は頼んでいきませんでしたので、一つ一つ丁寧に木を痛めないように手で芽欠きをしましたが、これもかなりの量になりました。
出掛ける前にはまだトマトの色はなんの兆候もありませんでしたが、中玉のスタピストマトはもう直ぐに収穫が出来そうな勢いで、大玉トマトも大きなものは私の握り拳ほどになってきております。
080520nasuこの他には出掛ける前にトンネルを掛けたままの080520piman080520okuraタイの長茄子は不要な下葉と脇芽を切り欠き、ピーマン万願寺とうがらし島オクラ等はトンネルを外したところで支柱を立てておきました。
080520morokosi最初のトウモロコシには既に雄穂が出始めていて、第2段のトウモロコシの苗も育っていましたので定植を済ませましたので、これを以って当面の作業は一段落したことになります。

明日から今暫くの間畑の草取りと庭の手入れとなりますので、当分はツーリングで出掛けた時の写真の整理も少しの間手につきそうにもありません。

今日も上瞼が弛んできましたので、この辺でお開きにして寝ることにします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

お出掛け前の一仕事

5月に入ってあっという間にゴールデンウイークも過ぎ、このところ気温もグングン上がり連日の夏日で、そろそろ真夏日に突入しそうな勢いで夏野菜の成長も著しく、整枝作業や日常の目視管理が慌ただしくなってきたところで、かねてからの計画であった九州ツーリングが後3日後に迫ってきました。
例年ですと元の勤務先の定年退職組みで作った「60歳からのツーリングクラブ」の年2回のツーリングは1泊2日が定番でしたが、昨年の秋の総会の時に事務局の発案で九州か北海道の遠方にという提案から、ほぼその場でこの時期としては九州へのツーリングがということで内定し、最終的な以降調査の結果、関東、浜松、鈴鹿地区から総勢37名の参加ということになり、13日の夕方までに大分県の由布院にある直営保養所に集合し、翌日14日は熊本の新たに竣工し操業の始まったバイクの総合生産工場や太陽光発電システムを商品化している工場等の見学をするといった、思い切った内容で実施されることになりました。
私は13日の夜と14日の当日迄は、今回のメンバーと合同での行動になりますが、その前後は人の制約を受けないのんびりしたソロツーリングを選択しました。

てな、呑気なことをいってる場合ではなく、 家内には今まで菜園の手入れ080508kabocha2等を頼んだこともなくいことから、ここ数日は留守中のための万全な菜園の080508kabocha1080508kabocha3手入れをしておりますが、カボチャにいたっては既に3本仕立ての整枝作業は終わって、8~9節あたりに080508kabocha4成り花(雌花)も見られるようになって、 毎日の蔓の伸び方も見回る度に10数cm以上も伸びているような状態なのでしっかりと防風ネットで取り囲んでおきましたが、上の写真(左)の三毛門カボチャは僅か1日だけの違いですが、蔓の伸び具合が分かるかと思います。
まあ、これならば家内でも蔓の行き先の整理をすることくらいは出来るでしょう。(笑
080509kyuri胡瓜(四葉)については、やっと1m前後に伸びて12~3節が見られるようになってきたところで、8節あたりまでの無駄な雄花やわき芽は全て欠いておきましたが、こちらは帰ってくる頃には少しは脇蔓も伸びてくる頃でしょうか。
080509suika一番の悩みは、まだトンネルを外していくかどうか迷っているスイカです。  取りあえずは全てのスイカ(4本)に対しての3本仕立ては完了しましたが、こちらは日曜日の午後まで様子を見てから、トンネルを外すかどうか見極めようと思っています。
この他には島オクラとピーマン、万願寺シシトウのトンネル外しは帰ってきてからということにしました。
080508tomatoトマトについては早くも4段花房に花が咲き始めてきており、這わせ植えをした大玉の露地ゆたかの1段房には、子供の握りこぶし大のトマトがぶら下がっていて地面に着いてしまいましたので敷き藁をしましたが、、まだ収穫には今少し日数も掛かりそうで、わき芽欠きも帰ってきてからでも心配はありません。

さて、今回の九州ツーリングの楽しみの一つに、このブログにもお越し頂いております福岡のtocchannさんと13日にお目に掛かれるお約束を頂きましたが、ちょっと気掛かりなことは台風2号が今後発達しながら11日にかけてフィリピンの東海上を北上する見込みということですのが、これもバイクツーリングの定めと思って出かけます。
取りあえず13日の天気は良さそうなのでお会いできるのが楽しみです。

お恥ずかしい話、事前にじっくり計画を練り上げておくといったことをしてなく、ほぼツーリングルートと大まかなスケジュールは組んでありますが、昨日あたりからインターネットのルートマップと睨めっこで、距離や所要時間などのもう少し詳細な計画や出発の準備を進めており、今回のブログアップを以ってブログへの投稿は2週間弱の小休止とさせていただきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

夏も近づく八十八夜

早いもので今日から5月、このところ25℃前後の気温となって080501highbiscus いよいよ半袖の装いに切り替えをしました。
先日から咲き始めた黄花ハイビスカスも新しい花蕾が次々に膨らみ、数こそ少ないのですが次々と花を咲かせておりますので、下枝を少しサッパリと整枝してみました。
昨日で遅く播種をしたジャンボカボチャ(アトランティスジャイアント)を残して、播種から育苗してきた夏野菜の定植は全て完了し、支柱立てやネット張りもほぼ完了して、やっとゆっくりとした時間が送れるようになりました。
今日はゆっくり庭の手入れをしましたが、ここ2~3年で殺風景だった我家の庭にも色々な草木が増え、この時期になって一気に華やかさを増してきました。
080430kurematisu1クレマチスは昨年花蕾を持ったものを2種類購入し、080430kurematisu2 それほど多くの花を咲かせることはありませんでしたが、今年は手作りのフェンスいっぱいに蔓を伸ばし、昨年とは違ってたくさんの花蕾を付けて次から次へと見事な花を咲かせて楽しませてくれております。
080430kakuteruバラも昨年からのスタートで今のところ僅かに080430butterflywings 5本のみですが、今年は2年目ということで2月初めの剪定が上手くいったようで、早くもつるバラのカクテルと大輪四季咲きのバタフライウイングスが一昨日同時に開花しました。
この他の大輪四季咲きのバラも大きな蕾が見えはじめていますので、そのうちに競い合って咲いてくれることでしょう。
080501shakuyakuこの他には、芍薬が昨日までは6~7個の花が咲いていたのみですが、080430odamaki080430sibazakura今朝になって花蕾のほぼ大半がこの暑さからでしょうか一気に開花し、ほぼ3㎡ほどの芝桜がやや花数は 少ないようで すが満開で、オダマキ芝菊等もたくさんの花をつけはじめております。
080430kaki果樹では、今年も柿の木にたくさんの花芽がはっきり確認でき、080501blueberry 3年目に入ったブルーベリーも花も少しずつ終わりに近づき、上手い具合に着果してきています。

矢張り3年目を迎えたイチジクも新芽が伸びはじめてきたり、レモンも昨年に比べて著しくたくましさを増して、花芽も昨年とは比べられない程にたくさん付いており、今年も嬉しい収穫が迎えられそうです。

さて、この3日から5日までの3日間は、今年の予想では人出が160万人と予想される、浜松っ子の血が騒ぐ浜松まつりがいよいよ始まります。
中田島砂丘に隣接する凧揚げ会場では、172ヶ町による4~10畳ほどの大凧の乱舞や82ヶ町が参加する御殿屋台の引き回し等で、この3日間はどうやら天気も何とか良さそうなので、今年も多いに賑やかくなりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »