« トマトの定植 | トップページ | トマトのポットごと植え »

2008年4月16日 (水)

ああ、忙しい♪

「春は3日の晴れ間なし」とか言いますが、このところ連日のように晴れたり曇ったり雨が降ったりと目まぐるしく天候が変化しております。
お陰で晴れ間を見ては、夏野菜の畑作りや定植、080413tamanegiそして種まき等と慌ただし日々ですが、 タマネギの収穫は、この天候でマルチなしにしてあったものの収穫がやや手間取ってしまい、2~3割がやや肥大し過ぎた規格外サイズとなってしまいました。  無論、専業農家さんでは、この様なものは全く売り値がつきませんので作ることはありませんが、家庭で使うには本当は大きい方が調理には楽なんでしょうけどね。(笑
ちなみに右端が市場では値段の良いLサイズ(8~9.5cm)です。

080416tomato既に一週間程前にトマトの定植は終わっていますが、一段房の花蕾は開花も盛んで、この写真はトンネルの中にデジカメを入れて写したものですが、中玉のスタピストマトは上手い具合に着果も成功して1cm程のトマトが見えはじめています。

さて、カボチャの苗もずいぶん成長しましたのでいよいよ定植をしました。
080415kabocha2 今年は以前から作っているスクナカボチャ(1本)と、2年前から作り始めた雪化粧カボチャ(2本)の他に、昨年頂いた三毛門(みけかど)カボチャ(1本)が加わりましたが、080413kabocha品種によって夫々に葉の模様が違うのが分かります。  
左からスクナ、雪化粧、三毛門の順ですが、三毛門はとても特徴があり、カボチャの果皮の模様が大変良く似ているスクナと雪化粧は比較的類似していますが、それでも葉脈の僅かな違いが分かります。

080415naeこの他にも定植にはもう少し時間の掛かりそうな、定植待機中の夏野菜の苗です。
この中で一番後ろにあるスイカ(3本)だけは購入したものですが、その他の苗は全て種から育てたもので、四葉胡瓜(3本)、島オクラ(4本)、タイの長茄子(1本)、ピーマンあきの(1本)、万願寺とうがらし(1本)と手前左側には3年前に栽培して種を保存しておいたジャンボカボチャ(アトランティック ジャイアント)を遊び心で復活させました。
夫々の品種毎に僅かな本数しか栽培しないので、プロの作った苗を購入しても僅かな費用で済み、収穫も期待できるのではないかと思いますが、自家採種とその種が育って行くことが家庭菜園の醍醐味として例年続けていますが、未だに大きな失敗をすることもありませんでしたので、これからもこのスタイルは継続していこうと思っております。

080415toumorokosiこの他にはトウモロコシロメインレタスの定植の他に、長芋生姜の植付け、人参(ちはま5寸)の種蒔き等々をこの2日間で済ませましたが、明日からは2日間程またまた雨模様ですので、雨が上がったら待機中の西瓜や胡瓜、茄子の定植でもと思っています。

|

« トマトの定植 | トップページ | トマトのポットごと植え »

コメント

 玉葱の肥大スピードはかなりなものですね、本当に 自家消費の場合は格外の大きいのが有り難いです。
 トマトの実の付き方が早いですね、トンネルはフイルムを全面にかけておられるのですか?
 種蒔きからは出来ますが、採種はちょっと手が出ません。 それを続けておられるのは 大した事だと敬服致します。

投稿: 菜園ブログ | 2008年4月16日 (水) 23時29分

玉ねぎがもう収穫できるなんていいですね!
waka3は収穫や苗の植え付けに忙しそうですが、当地はようやく桜が咲いて、一気に種まきなどで忙しく成ります。まだ霜が心配なので夏野菜の苗の植え付けはもう少し先になりますが・・・

お互いにこれが楽しみなのですが、遺伝子操作の無い安心の種で育てることは、面倒ながら続けたいですね。
かぼちゃは近くに植えて雑交配しない工夫があるのでしょうか?

投稿: osuzu | 2008年4月17日 (木) 08時18分

菜園ブログさん>
この陽気になると少し大袈裟かもしれませんが、一夜明ける毎に玉葱の大きさの違いが分かるほどになります。
玉葱は雨に弱いために天候の良い時にしか収穫出来ませんので、特に今年は収穫のタイミングが難しくなって、ずいぶん肥大した肉厚の玉葱になってしまいました。
まあ、それも我家ならば良しですが・・・。(笑
トマトは例年トンネル掛けをしておりますが、トマトの株間にトンネル用に支柱を弓状に挿して、その上からトンネル用のマルチシートを掛けてから、1株ごとに直径10cm程の穴をカッターで明けておきます。
2週間足らずでトンネルから顔を出してきますので、この時期になってトンネルを外すことにしておりますが、既にかなり背丈が伸びてきています。

投稿: waka3 | 2008年4月17日 (木) 09時27分

osuzuさん>
先日甲府の信玄祭りを見に行った時に、翌日は急ぎ旅で駆け足であちこちを回ってきましたが、その途中で諏訪湖の桜並木を見ましたが、甲府市内とは違ってまだ硬い蕾のようでしたから今頃が見頃なのでしょうね。
こちらでは3月の後半になればほとんど遅霜の心配もなくなりますが、やはり桜の開花が今頃ということは、まだ少し心配はありそうですが、トンネルにすることでかなりその影響は解消されるのではないでしょうか。
カボチャは比較的株間をせばめて植付けをしますので、無論交雑の心配はありますが、成り花の開花は前日になれば分かりますので、この段階でビニール袋に小さな穴を明けたものを予め種採り用として決めておいた成り花に掛けておきます。
翌日開花した時点で雄花を切って交配をし、2~3日したらビニール袋を外して虫等による交雑を回避しております。
面倒なら台所用品の水切り袋でも良いかもしれませんね。

投稿: waka3 | 2008年4月17日 (木) 09時57分

ゲ~もう!トマトの玉が付いてる個数は少ないにしても。。点数の多いのには、ビツツラ!・曇天が多くパッとしない、こうゆうのは夏野菜に良くないですね~・・あ!昨日、シマオクラ出ましたよ~(^^♪・トマトも大分シッカリして来ました・・その斜め!aiもマネっこしよう♪プランタだから丈夫に育てないと

投稿: ai | 2008年4月17日 (木) 10時05分

aiさん>
やはりトンネルの成果は顕著に現れますね。
どうやら昨年に比べて少し早めにトマトが口に入りそうですよ。
この後で定植する胡瓜にも必ずトンネルを施して、苗がトンネルに明けた穴から出る頃にトンネルを外しますが、これによって確実に苗もしっかりしたものに仕上がってくるように思います。

投稿: waka3 | 2008年4月17日 (木) 19時25分

ジャンボ玉ねぎにビックリです。でも味には変わりないし調理しやすい。いろいろなサイズが欲しい料理人です
トマトの早い成長にも驚きますがトンネルの中にカメラを入れて撮るなんて芸が細かいですね
tocchannさんが教えてくれたトマトのポット植え、私もいくつか試してみようと思います。
うちも急に夏日になり目が回る忙しさです(笑

投稿: kimama | 2008年4月17日 (木) 21時50分

kimamaさん>
そちらでも夏日になりましたか。
ここ2日間くらい暑い日が続きましたので、とうとう半袖に切替えましたが、今日はまた逆戻りです。(笑
タマネギはこのところ連日焼いたりスライスして食べておりますが、家内も調理には矢張り大きい方が重宝をしているようですね。
「ポットごと植え」については、私もtocchannさんがコメントを入れていただいた翌日に、早速ポットに穴を明けて現在定植前の仕掛中です。
というのも、ポットには移植はしてありますが、明けた穴からどんな具合に根が張り出してくるのか様子を見ていますが、夕方見た段階では上手い具合に夫々の穴から根が張り出してきているのが見えはじめております。
明後日あたりには雨の合間を見て定職でもしようと思っております。
2~3日後に途中経過をブログに掲載してみようと思います。

投稿: waka3 | 2008年4月17日 (木) 22時19分

wakaさんはさすがに実行が早いですね。私はまだポットに穴すら開けていません。この定植方法はトマト専作用みたいです。連作していると色々な病害が発生するので、その対策の為の方法のようです。家庭菜園には不要かもしれませんが、『ポットごと植え』というのはなかなかインパクトがあると思います。ちなみに畑の地表面に対してポットを5mmくらい上に出して植えて、ポット内の表面を乾かすのが良いとの事です。

同じ雑誌にジャガイモの『超高ウネ栽培』という記事があり、私はこれにチャレンジしています。この方法は、ジャガイモが発芽して芽かき(1本仕立て)をした芽が12~15cmになったら土寄せして、伸びて生長している芽全体を埋めてしまうという恐ろしい農法です(笑)。まだわが畑では芽かきをしただけですが、この芽全体を土でかぶせる労力を考えると夜も眠れません(笑)。

投稿: 福岡のtocchann。 | 2008年4月18日 (金) 00時28分

福岡のtocchannさん>
ポットはハンダゴテで最初の穴の廻り6ヶ所に約8mm程度の穴を追加しました。
今朝見たところ全ての穴から確実に根が下に向かって伸び始めてきましたので、早速定植しようと思います。
狙いと結果がどうであれ、これも家庭菜園の楽しみですね。

この辺の畑は土砂質なためにとても水捌けは良いことから、私は基本的に畝作りは全て平畝を基本としております。
ジャガイモもほとんど平畝状態のところに種芋を埋めて、芽欠きが済んでから少しずつ畝を高畝にしていきますが、既に芽欠きも終わって一回目の土寄せも終わり少し高畝にはなっておりますが、芽全体を土で覆いながら高畝にするということまではとても恐ろしくて出来ませんね。(笑
雨で畝は崩れたりしますので、ジャガイモが飛び出さないように、この後2回ほど土寄せをしながら更に高畝にしていきます。

投稿: waka3 | 2008年4月18日 (金) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ、忙しい♪:

« トマトの定植 | トップページ | トマトのポットごと植え »