« 庭木の手入れと寒肥お礼肥 | トップページ | 切干し大根 »

2008年1月25日 (金)

初氷

今週は等圧線が縦に並んだ上に安定しない気圧配置によって、ここ数日各地に大雪や突風による被害をもたらし、関東地方でも雪は降ったようですが、太平洋岸ではそのような兆候はありませんでしたが、穏やかであった当地にも080125hatugouri昨日は突風が吹き荒れて、西から肌を刺すような冷気を運んできたようで、 今朝起きた時には温度計は既に2℃を指していましたが、朝我家の裏道を通学していく子供達の元気な声と、バリバリという音に何だろうと覗いてみたところ、2mm程はあったでしょうか空き地の水溜りに出来た氷を割っていました。
昨年も氷を張ったところを見ないまま春を迎えましたので、子供達もよほど珍しかったのでしょうか、周りの水溜りの氷を珍しそうに足で踏みつけたり、手で割って眺めたりしていましたが、早く学校に行くように諭すほど珍しそうに何時までも遊んでいました。

10時過ぎには少し風も治まり暖かくなりましたので、080125ninniku2だいぶ生長してきたニンニクの畝を見回ってみましたが、今月に入ってからぐっと株元がしっかりしてきました。  今年は昨年作ったホワイト六片がこの辺での相性があまり良くなかったのでしょうか、地ニンニクに比べ出来が少し悪かったことから中止して、平戸ニンニクに切替えました。
080125ninniku1全部で14球、89片の作付けとなりましたので、若干株間を狭く植えてしまったことが少し気掛かりですが、それでも1片の欠けもなく全て順調に育ち小指の太さと迄はいきませんが、ほぼそれに近い太さにまで成長し葉の緑もとても落ち着いた色をしております。
何といってもニンニクは最初の畝作りの時の肥料の与え方が重要で、充分に有機肥料を与えることとチッソ過多に気を付ける必要がありますが、どうやら上手くいったように思いますので、辛味の強い美味しいニンニクが期待できそうです。

|

« 庭木の手入れと寒肥お礼肥 | トップページ | 切干し大根 »

コメント

ついにそちらも氷点下に突入ですか。
九州も寒くなってきまして、エアコンのスイッチを操作したほどでしたが、梅がちらほらと開花しはじめています。もうすぐ長崎ではランタン祭りが始まりますが、ドライブに出かけてみようと考えています。

投稿: cityde | 2008年1月26日 (土) 09時16分

citydeさん>
ここ数日急激な冷え込みでやっと冬らしくなった感じですが、お陰で風邪を引いてしまいやっと元に戻りましたが、暖かな布団の中から抜け出せずに、机に向かってパソコンのスイッチを入れるのも億劫になっております。
こちらでも梅の花を見かけるようになりましたが、花の見頃は例年よりも少し遅くなるような舗装です。
玉ねぎが大分膨らんできました。

投稿: waka3 | 2008年1月26日 (土) 23時19分

 お風邪も良くなられたようで、良かったです。

 ニンニクをたくさん植えておられますが、どの位保存が出来るのですか? 一度に食べる物でもありませんし、収穫した後は、保存がポイントですね。

投稿: 菜園ブログ | 2008年1月27日 (日) 21時54分

菜園ブログさん>
一時の寒さから解放されて多少暖かさが戻ってきましたので、何とか風邪の方も退散してくれたようで、今日は董立ちし始めてきた聖護院大根やレタス、白菜等の葉采類を見つけて処分作業をしました。
ニンニクの保存は茎を株元から切らずに約15cm程残して切り、茎を紐で縛って風通しの良い日陰に吊るしておきますと、虫もつくことはなく年末くらいまでは充分保存できております。
未だに多少痛んではおりますが、昨年のものがいま少し残ってもおります。
もっともニンニクは収穫後は数回にわたって「味噌ニンニク」にして冷蔵保存しながら食べたり、BBQ等の時に焼いて食べたり、夏の時期はカツオの薬味になったり、結構人気があって息子達も持ちにきますので、あっという間になくなってしまうんですよ。
中国産はとても安く購入できますが購入する気にもならず、国内産は中々値段も良く手が出せませんので、勢い沢山作っております。(笑

投稿: waka3 | 2008年1月27日 (日) 23時55分

ニンニクの葉、綺麗な色してますね~♪。。今年aiの作付け。。大幅に!変更した~!
(^_^;)・その一つ、玉葱、今まで作って無かったけど・今年は作るので、wakaさんの、この間を参考にさせて貰いますね~・ニギニギ(^^♪・年末、大量に玉葱買ったんですが?使って、もう!無いの?・以外に使う野菜だと、気付かされました!・イッパイ作っちゃおう!♪

それで、大量に作るとなると・他の野菜を色々中止しないと。。予定です・来年の気候と畑の虫等、過去、失敗の多かったのとか・作っても安価な茄子とか?(笑)・サラダ菜は良かったね!(虫OK)利用度の多い順で考えて行きます。(^_^)/ wakaさんは、もう決まりでしょうね?

投稿: ai | 2008年1月29日 (火) 15時57分

立派なにんにくが出来そうですね!
ホント中国産は安いけれど買う気がしません。本場とは思いますが・・・茎を落として網の袋に入れて風通しのよい所に下げていたら中身が風化して無くなってしまいました。茎は長めにして吊るしておけばよかったのですね。
氷も珍しかった昔を思い出します。つかさず記録に残されましたね(^_^)/

投稿: kimama | 2008年1月29日 (火) 17時11分

aiさん>
玉葱はいくらあっても本当に直ぐ無くなってしまいますよね。
この辺の早生系は長期間保存の出来ないどちらかというと生食に適したものですので秋口までしかもたず、その上収穫しても売行きが良いので少しばかりですと直ぐに無くなっちゃうんですよ。
冬場まで持ち応えるためには中手種ですが、収穫が他の地域と違って5月には収穫を終えてしまい、こちらは気温が高いこともあって、晩秋の頃には少しずつ痛みはじめてきますね。
無論、今の時期は購入したものを使っていますが、幸いにもこの辺の特権でしょうか、年が明けると新物が食べられます。(笑

投稿: waka3 | 2008年1月29日 (火) 20時52分

kimamaさん>
初めての品種でしたので少し心配しましたが、昨年作った青森が特産のホワイト六片の時よりも良い出来になっていますので一安心しております。
中国野菜は一昨年のカメ吉さんの中国レポートの中で、びっくりするような野菜作り方を見て、更に嫌いになってしまいましたよ。(笑
確かにニンニクは形は残っているのですが、中が空洞になってしまうものもありますが、完全に乾燥するような冷涼地よりもこちらの多少の湿気の多い気候の方が適しているのでしょうか・・・。

投稿: waka3 | 2008年1月29日 (火) 21時05分

中手種と、ゆうのが表示や、種が有るんですか?・後、玉葱の二毛作??ないやね!失礼(__)愚問でした~wakaさんがした事無いのが。。aiには出来る、わッけが無いね!

投稿: ai | 2008年1月30日 (水) 12時06分

aiさん>
最近では玉葱も早生種や中手種、晩生種と色々な種が販売されるようになりましたので、ご自分ね苗を育てるようでしたら7月頃になったら種屋さんでも覗いてみて下さい。
但し、玉葱の種は保存期限の短い作物ですので、なるべくホームセンターなどで売られているものを購入されない方が得策かと思います。

また、玉葱は二毛作というよりも周年栽培をする頃は可能で、6年前に「セット栽培」をしたことがありますが、私のホームページで紹介してあります。
     ↓
http://www2.tokai.or.jp/waka3/engei/nisshi/nisshi_sub/tamanegi_set.htm

結構手間が面倒なので現在では栽培するのを止めましたが、最近ではホームセンターなどで12月採りを目的とした「ホーム玉葱」という名前で、7月頃になると直径2cmくらいの玉葱が売りに出されているのを見かけます。
一度お試しになるのもよろしいかと思います。

投稿: waka3 | 2008年1月30日 (水) 20時30分

ありがとうございます(^_^)/・・ん!結構!手間が、かかってそうに思えて。。出来るかな~と思案してました・HPは、2つ拝見させて戴きました!・・排水が、とても大事なようですね?家は、全て高畝ですが・それよりも高くしてますね?・この間のブログで水分調整にシート使ってましたね?・ai!それ頂~♪・・それとホーム玉葱ね?・先ずは、それでしてみますね!。。7月・7月ね!はい!(__)

投稿: ai | 2008年1月30日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初氷:

« 庭木の手入れと寒肥お礼肥 | トップページ | 切干し大根 »