« 初氷 | トップページ | 夏野菜の温床の準備 »

2008年1月30日 (水)

切干し大根

このところ爆弾低気圧だの南岸低気圧だのとあまりききなれない言葉の飛び交うおかしな天気続きで、この辺りも昨日までは肌寒い愚図ついた天気が続いていましたが、今日は天気も回復しましたので延び延びになっていた切干し大根作りをしました。
既に聖護院大根や早蒔きした白菜、レタス等が薹立ちをし始めてきたので、その一部を廃棄処分したばかりで、 育ち過ぎた青首大根(YRくらま)が少し心配でしたが、この品種は肉質が柔らかで薹立ちが遅く、未だに鬆(す)が出来たものはないことから、切干し大根用には一番大きく育ったものから順に使用してみることにしました。
080130daikon1とりあえず3本だけ畑から抜いてきましたが、080130daikon11 これが一番大きめなもので男の私の足以上の太さで重さはなんと7.5Kgもありました。
080130daikon2早速洗ってから皮を剥いて中の状態を確認してみましたが、丸々と直径13.5cmにもなっていながら全く鬆は入ってはおらずに瑞々しいままの大根で、その心配は全くありませんでした。
080130daikon3過去にこれほど大きく太った大根で切干大根を作ったことはなく3~4本を使用していましたが、今回は写真の7.5Kgのものと6Kgのもの2本だけで充分事足りる量となりました。
この時期の天候であれば数日後には綺麗に乾燥した切干大根が出来ることになります。

アネモネの花

昨年の9月にホームセンターで草丈が短く冬に咲く花を探していたところ、アネモネの球根を見つけ植えておきましたが、11月になって芽が出始め最初の蕾を師走の頃に付けはじめました。
080131anemone花は一重のもので赤、青の他にピンク、紫、白等の混合色ということで、最初に赤色の花が今月の6日に咲き、その後少しなりを潜めていましたが、ここに来てたくさんの花蕾も見え初めて、現在赤と青色の花が咲き白色の花蕾も見えてきました。
花の少ないこの時期に綺麗な花が見られるのも良いものですね。

|

« 初氷 | トップページ | 夏野菜の温床の準備 »

コメント

恒例の切干大根ですね!・aiのは切干に回らず・終わりそう(^_^;)・・ほぼ畑が色んな物が無くなり・淋しい後景になって・山東菜・京菜・ブロッコリー位かな? アハハ・・あ!ヒロッコが、そろそろ出る頃ですね♪・・いい色してます肥料タップリですね!♪・家は、クリスマスローズの蕾がまだ固い・玄関のシクラメンが・寒そうにしてますよ!(^_^;)

投稿: ai | 2008年1月31日 (木) 12時38分

aiさん>
僅か2日間でかなり乾燥してきましたが、切干し大根にすることによって旨味が増しますので、これだけは毎年欠かすことが出来ません。
こちらで今元気な野菜は、根深ネギとキャベツ、白菜、人参、京菜くらいなものでしょうか・・・。
こちらは今年になって氷点下になったのは一日だけで、先週末とは打って変って暖かさが戻ってきました。 明日からは早くも2月に入りますので、寒さももう少し我慢といったところですね。

投稿: waka3 | 2008年1月31日 (木) 22時23分

雪国では室の中で保存するみたいですね。
北海道では「越冬大根」という名で販売されていましたが、さすがに九州では見かけることはありません。新鮮なものが50円くらいから販売されていますからね。

投稿: cityde | 2008年2月 1日 (金) 12時22分

 長さ太さ目方もすごいし 色肌の外観も 中身の詰まりも見事です。
 さすがは 素晴らしい大根で 品評会ものですね。
 掘るのも 洗うのも 運ぶのも 大仕事だったでしょう。

 アネモネは いい時期に咲くものですね、色もいいし面白いですね。
 草丈はどの位になるのですか?

投稿: 菜園ブログ | 2008年2月 1日 (金) 18時56分

citydeさん>
どのようなものか良く分かりませんが、北国では雪の下で保存する「凍み大根」というのがあるようですね。
大根は生のままですと水気が多く、あっさりしていてサラダとしても食べられますが、乾燥した切干し大根口の中に入れて噛みますと、砂糖でもまぶしてあるのではと思えるほどの甘さが感じられますが、切干し大根はこれが止みつきとなりますね。

投稿: waka3 | 2008年2月 1日 (金) 20時47分

菜園ブログさん>
大根はここまで大きく成長するととてもではありませんが一週間でも消費することが出来ませんので、他の方に戴いてもらうのにも困ってしまいます。(笑
さすがに畑からは一輪車で運びましたが、洗うのにも結構苦戦いたしました。

アネモネは花が咲き始めてから枯れ落ちるまでに2週間近く綺麗な花の姿を楽しませてくれます。
草丈はほぼ20cmくらいですが、花茎は25~30cmくらいになりますので、多い繁った葉の上にニョッキリと綺麗な花を覗かせてくれます。
これから先5月初め頃まで楽しめるようです。

投稿: waka3 | 2008年2月 1日 (金) 21時04分

アネモネ綺麗ですね~蕾が次々と見えて・・・しばらく楽しめそうで羨ましいです。
買った切り干し大根を煮るとき、毎度waka3さんの手作りを思い出します。それにしても立派な青首大根が採れましたね!もう目を丸くするばかりです(笑)

投稿: kimama | 2008年2月 2日 (土) 17時42分

この辺は冬の時期は強い空っ風が吹くことから、あまり草丈の大きなものでないものを探しては植えることにしておりますが、このアネモネは宿根草なので増えてきた球根を掘り上げて管理することが必要なようですが、長期間にわたって綺麗な花を楽しませてくれそうです。

投稿: waka3 | 2008年2月 3日 (日) 10時12分

はじめまして。菜園ブログさんのところからお邪魔してます。
私の畑でも大根が取れますので切干大根挑戦してみようと思います。でもうちのは全然小さいですが・・・
去年から初めて家庭菜園初めてブログもちょこっとやってますのでまた覗いて下さい。
またおじゃましまーす^^

投稿: livestrong | 2008年2月 3日 (日) 10時15分

livestrongさん>
はじめまして。 当ブログにお越しいただきありがとうございます。
いまだに満足な野菜を作ることが出来ずに悪戦苦闘しておりますが、これも楽しみと健康の源と思って続けております。
こちらからもお邪魔させて頂きたいと思いますので、今後共よろしくお願い致します。

投稿: waka3 | 2008年2月 4日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切干し大根:

« 初氷 | トップページ | 夏野菜の温床の準備 »