« 小原の四季桜ともみじ狩り | トップページ | 豌豆3種 »

2007年12月 2日 (日)

秋ジャガイモの収穫

今年もいよいよ節季を迎え残すところこの12月の1ヶ月のみとなりました。
今年の異常なほどの猛暑で、この冬がどうなるのかと各地で少し早めな降雪で心配しましたが、この週末は12月とは思えないほどの暖かさで、本当に異常気象の現象が顕著に出てきているように思えてなりません。
071202jagaimo1さて、いただきもののジャガイモを底をつき、 8月31日に植え付けた秋作のジャガイモ「出島」を数日前から手探りで時折掘っては持ってきておりましたが、ここに来て茎、葉がだいぶ枯れてきましたので全て掘り上げてみることにしました。
071202jagaimo2この出島を作ったのは初めてのことと、夏の猛暑の影響で種芋の腐りを心配しましたが、腐ったものは2個だけで残りの18個は無事に育ちました。  出来具合としては1株あたりに5個前後のジャガイモ
が、大きいものは握り拳よりも大きく、若干不揃いではありましたがまあまあの出来ではなかったかと思います。  

こんなもん、作ってみました  ~水菜と小女子の炒め煮~

家内の飲んでいるワーファリンへの与える影響から、緑色の濃い野菜(ほうれん草・小松菜・春菊・ターサイ・モロヘイヤ・パセリ・ブロッコリー等)が私の家庭菜園のリストから消え久しくなりますが、これらに代わって食卓に欠かすことの出来ない葉もの野菜の中から、何種類かの色の薄い野菜を作っています。
071120mizuna1新感覚 サラダで食べるヘルシー京野菜と銘打った「サラダ水菜」を作ってみましたが、サラダ水菜を旬のうちに美味しくいただけるのも、播種後1ヶ月を少し過ぎた頃から25日前後の短い期間で、2ヶ月を過ぎた頃からはかなり育ち過ぎてきて葉や茎が硬くなって、苦味も出始めて美味しくなくなってきましたが、そんな時に先日テレビで水菜を使った料理番組を見かけました。
071120mizuna2正式な料理名も分かりませんので、勝手に「水菜と小女子の炒め煮」とでもしておきましょう。(笑
残念ながら終盤部分を垣間見たことから、材料としては2人分で水菜:200g?、小女子:2~30g、油揚げ(京揚げ):1枚、鷹の爪:1個で、その他に調味料としてだし汁:1カップ、醤油:大匙1杯、味醂:大匙1.5杯、ごま油:少々、ということを映像の中での記憶の範ちゅうで若干の違いはあるかもしれませんが準備をしました。  かなり適当ですが、これで結果オーライでしたよ。
調理はいたって簡単で、水菜は4~5cmに切って茎と葉の部分に分けておき、先ずフライパンにごま油を入れ小女子と刻んだ京揚げ、鷹の爪を入れて、小女子の香ばしい臭いがしてきたところで、最初に水菜の茎の部分を入れ少し炒めたところで、葉の部分をくわえてしんなりするまで炒めます。
この間、炒めはじめてから2~3分程度で、炒まったところで調味料のだし汁、醤油、味醂を加えて強火で2分ほど煮れば完成です。
生では感じた苦味も全くなく、香ばしい小女子とピリッと効いた鷹の爪、何よりもシャキシャキ感のある水菜が最高でした。

|

« 小原の四季桜ともみじ狩り | トップページ | 豌豆3種 »

コメント

ジャガ在庫、ギリギリセーフのようですね!♪結構!粒揃いじゃないですか~色白でいい出来ですね!(^^♪
青物野菜にご苦労の様子・・でも?wakaさんは並みの人ですから少しでも食べた方がいいと思います~(^^ゞ

はなまる(TBS)と、思ったけど・その京菜(水菜)ポパイに負けない位!あるみたい?レチノールと言ったかしら?・ポパイは、シュウ酸が有るけど・これは、それも無いので♪で!ポパイがダメなので・急きょ!分け植えした(^^ゞ・・京菜茹でてホタテ缶とあえても美味しいですよ!簡単で♪

投稿: ai | 2007年12月 3日 (月) 17時41分

aiさん>
例年より茎が少し細かったので少し心配をしましたが、思ったよりも形の良いジャガイモが出来ておりました。  早速、今夜はは肉ジャガでしたが、この出島もほくほくタイプで中々美味しくいただけましたよ。
それから我家の朝食は大半がパン食ですので、私は結構レタス類は兎の如く食べておりますのでご心配なく。(笑
茹でた京菜とホタテ缶を和えるというのも美味しそうですね。  思いもつきませんでしたので、一度試してみようと思います。

投稿: waka3 | 2007年12月 3日 (月) 22時37分

九州も暖か過ぎる感じです。昨晩ちょっと寒いなと思っていたら少し窓が開いてることを発見しました。これまでずっと開いてたわけですが、そのことに気が付かないほどの暖かさだったわけですよ。12月になって気が付くとは…(笑)

投稿: cityde | 2007年12月 4日 (火) 13時55分

citydeさん>
家の裏が学童通路となっていますが、最近は子供達が厚着をして寒そうな姿で登校していく姿を全く見かけなくなりました。
今日は玉葱の初めての追肥をしましたが、セーターこそ着てはいましたが、とても12月とは思えないような暖かな日和でしたね。

投稿: waka3 | 2007年12月 4日 (火) 21時56分

おはようございます。
出島をすべて収穫されたようですね・・・大きさも数も良いですね。
我が家の出島の株と違って、waka3さんの出島は茎も葉もしっかりしているようです・・・その違いが収量に大きな差が出でいるのでは・・・と。
京水菜の小女子の炒め煮は、美味しそうですね・・・我が家の京水菜の収穫はこれからです。収穫したら料理してみましょう(笑
では。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2007年12月 5日 (水) 07時33分

野良先生>
出島は初めてのことで、種芋が小さかったのでどのような出来になるのかと全く手探り状態でしたが、何とか上手い具合に出来ましたが、どうやらこの時期に作るジャガイモとして向いているようなのですね。
大きくなり過ぎた京菜には是非お薦めですよ。(笑

投稿: waka3 | 2007年12月 6日 (木) 07時25分

ワーファリンとの相性は大変ですね。ニラやキャベツはOKなのでしょうか・・・
水菜と小女子の一品、いつもながらアイディアがよろしいですね。うちの人に爪の垢でも煎じて飲ませたいです(笑)

投稿: kimama | 2007年12月 7日 (金) 15時50分

 秋ジャガイモは丸3ヶ月で収穫出来るのですね。やはり芋の種類と浜松の温暖が効いているのでしょうか? 東京でも出来るのなら、一度試してみる価値がありそうです。

 サラダ水菜は最近急速な普及ですね、今までの水菜は見られなくなりました。 
 なかなかアイデアの1品ですね、真似させてもらいます。

投稿: 菜園ブログ | 2007年12月 7日 (金) 20時51分

kimamaさん>
緑色の濃い野菜でも僅かな量であれば一応食べることは許されておりますので、青紫蘇の葉なども完全に緑色の濃い野菜に入りますが、香りづけ等には少量を使うこともあるんですよ。
キャベツやレタス、カリフラワー等は色の薄いものに分類され、通常での摂取は問題なく、ニラについては多分濃い野菜に分類されるのではないかと思います。
幸いにも浜松の名物餃子で美味しいのは、ニラや肉餃子ではなく野菜餃子で、それも白菜やキャベツを使用したものなんですよ。(笑

投稿: waka3 | 2007年12月 7日 (金) 23時14分

菜園ブログsann>
秋ジャガイモは例年100日前後が収穫の目安となっておりますが、90日前くらいから待ちきれずに探り掘りをしながら食べはじめているんですよ。(笑
関東地方とは多少は地温の違いはあるかとは思いますが、霜さえ降りなければ特に問題はなかろうと思いますので、植付けの時期さえ気をつけて種芋を腐らせずに、100日前後が確保出来れば問題なかろうと思います。
水菜はお陰さまで捨てることもなく、今のところは美味しくいただいております。

投稿: waka3 | 2007年12月 7日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/17250210

この記事へのトラックバック一覧です: 秋ジャガイモの収穫:

« 小原の四季桜ともみじ狩り | トップページ | 豌豆3種 »