« 玉葱の定植 | トップページ | 根菜畑のムカゴの処理 »

2007年11月 3日 (土)

白菜の収穫

今月に入って前線の影響でしょうか、やや愚図ついた天気続きで、日中の気温も20℃前後とやや冷え込んだ日が続いております。
071002hakusai18月28日に播種したミニ白菜「黄味小町」の芯が、ここに来てだいぶ硬く巻き始めてきました。  071002hakusai2本来なら播種後55日程度で収穫出来るということですから、少し遅いような気もしましたが、昨日初めての収穫をしてみました。 
写真のものは綺麗な白菜ですが、この他にはアオムシやヨトウにしっかりやられているものもあるんですよ。(笑
白菜の大きさは約14cmほどと本来はもう少し大きくなるようですが、能書き通りのミニ白菜で二人家族にはぴったりサイズの大きさですね。
昨日は少し冷え込んでいたこともあって、早速白菜を使った湯豆腐をポン酢で食べてみることにしました。
残念ながら半分に切った切り口の写真に写そうとした時には、既に笊の中でバラバラとなっていましたが、中の柔らかな葉の部分は全体的に普通の白菜よりも黄色が強く、かなり硬そうな感じでしたが、茹であがった状態ではそれ程でもありませんでした。
かえってしっかりした味の濃い白菜のように思います。
071002hakusai33回に分けて播種をしましたが、3回目のものが本葉が12~3枚程度で大きな葉がやっと15cm位になったところですので、これがこの先結球してくれるかどうかがチョット心配になります。


白菜の虫  (11月4日追記)

アオムシやヨトウムシは見つけることがありますが、今年はそれでも上から寒冷紗を被せただけの横着ネット(10月16日のブログに掲載)を施しましたので、モンシロチョウによるアオムシの被害は何とか免れておりますが、地上付近を徘徊する蛾によるものだろうと思いますが、へんてこりんな虫を見つけました。
071103musi3先ず、一つ目が毛の生えている黒い虫です。
071103musi2 写真は中にいたものを取り出して写したもので、葉の上に虫の分が見えましたので、ヨトウムシであろうと掻き分けてみたところ、中に真っ黒なものが見つかり一瞬ビックリしました。  それにしても胴回りが5mm以上の太さで、糞の量も驚くほどでした。
どうやらこの幼虫はヒトリガ科のセスジヒトリのようです。

071103musi4葉を覗いている時に、これも今年初めて白菜で見た虫ですが、どうやらカメムシの一種のようですが、こても葉を食べているようで場所によっては2匹もいるところを見つけましたが、これはそれ程の被害が出るほど食い荒らすことはないようです。

071103musi6最後にもう一つ、これはキンウワバ亜科のイラクサギンウワバということのようですが、そう言われますとこの071103musi5幼虫はキャベツやブロッコリーの葉等でも見かけることのある虫ですね。
真ん中の緑色の幼虫が自分で繭を作って寒冷紗の土に近い部分や白菜の葉の裏側に繭がくっついていましたが、何時頃になって羽化をしようとしていたのでしょうか。

上と下の2匹の幼虫は何の虫か見当がつかなかったので、今朝群馬大学の幼虫問合せの掲示板で確認をしたものです。

|

« 玉葱の定植 | トップページ | 根菜畑のムカゴの処理 »

コメント

 やはり早いですね、それに形がいいですね、横にスケールが置いて無いと普通の白菜と変わりませんね。
 大きさはおっしゃる通り、ジャストサイズですね。 また白いところと緑の葉とのバランスもいいですね。 お味の方は如何でしょうか?

投稿: 菜園ブログ | 2007年11月 3日 (土) 23時59分

わぁ~可愛い♪ほんとの食べ切りサイズですね?!しかしキチンと巻いてますね!・後植えのも、もう!中がシッカリ!巻いてるじゃないですか!もう約束してますよ・・おれ!巻くヨって(^^ゞ

aiのも畑が。。どうかな?と思ってたけど何とか巻きそうで、一安心・・でもね~?早いとこ寒くなってくれないと・・中に虫が入りそうで。。お互い心配の種?だね!(^^ゞ

投稿: ai | 2007年11月 4日 (日) 10時20分

標高が高い阿蘇では初霜が降りていましたが、平野部では24度くらいまで上がるようです。紅葉も遅れているようですが、どうも不気味ですね。まあ真夏に九州に来ることは無いのですが。(笑)

投稿: cityde | 2007年11月 4日 (日) 13時00分

菜園ブログさん>
あまり早植えをしないようにと思いながら、ついつい早めの播種をしてしまったようで、この時期はまだ夜間の冷え込みもそれほどのものでもなく、白菜等の本格的な野菜の生長はこれからが本番なのでしょうね。
サイズ的にはこの程度のものが最も最適で、それでも他の副菜との関係で少し余ったようです。(笑
思っていたよりも葉は柔らかく、とても美味しかったです。

投稿: waka3 | 2007年11月 4日 (日) 14時34分

aiさん>
今回初めて収穫した一つだけが外側から押した時にしっかり巻いているのが判りましたが、これ以外のものはまだ少し柔らかかったので、もう数日置いた方が良さそうでした。
問題なのは漬け物に適しているかどうかですが、普通の白菜よりは若干硬いような気がしますので、煮物としてなら全く問題ありませんが、漬け物にはチョット不向きかもしれませんね。
最もサラダ感覚で食べるならば良いのかもしれませんが・・・。

投稿: waka3 | 2007年11月 4日 (日) 14時40分

citydeさん>
九州入りがごゆっくりでしたが、あちらこちらを随分お回りになられたようですね。
私は熊本には2回しか行っておりませんが、全て仕事で出かけたもので、著名なところでは熊本城と水前寺公園程度しか行ったことがないんですよ。

投稿: waka3 | 2007年11月 4日 (日) 15時24分

おはようございます。
ミニ白菜の収穫、おめでとうございます。2人の家族には、食べきりサイズで、美味しいようでよかったですね。
我が家は、第一回目が失敗したので、その後の播種はしていません・・・来年は、是非(笑
ところで、葉もの野菜類には、いろいろな虫が多いですね・・・虫の種類について、たいへん勉強になりました。
では。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2007年11月 5日 (月) 07時16分

そうなんだ?そう言えば・大きいのはカサカサしてるからね?巻がキツクないのかもね?・・今年、その毛虫が結構!居る!青虫以上に食べるから。。う○こも、ハンパじゃない(>_<)白菜が汚れていやだね~コレ!この2つは。。でも直ぐ居るのが解るから・・バレバレね?(笑)

投稿: ai | 2007年11月 5日 (月) 09時08分

野良先生>
我家では家内の塩分制限があって、昨年から白菜の漬け物はやめてしまい煮物だけですので、結構食べきりサイズでちょうど手頃ですね。
しかし育成期間が早いので、1回作りでは長期に食べられず、かと言って時期を間違えると結球しなくなってしまいますので、この点が少し厄介です。

投稿: waka3 | 2007年11月 5日 (月) 09時17分

aiさん>
私はアブラナ科の作物でセスジヒトリのような、毛の生えた真っ黒な虫は始めてみたのですが、そちらでは見られるみたいですね。
カメムシも白菜で見たのは今年が初めてですが、これも今年の異常天候が及ぼした異変なんでしょうか・・・。
だとすると困ったもんです。

投稿: waka3 | 2007年11月 5日 (月) 09時20分

虫は、もう見るのも嫌だ~と思いつつ拡大してみましたが・・・群馬大の掲示板で、そんなこともしてくれるのですね(笑)カメムシは日本だけでも90種くらいとか。我家の生活で最大の悩みの種です。
黄味小町は名前のとおり黄色っぽいようですね。鍋にいいのでしょうか。良い形に出来上がっていますね~

投稿: kimama | 2007年11月 6日 (火) 13時59分

 今年は格別に虫が多い様に思います。
 カメムシに似たのは、ナスの葉にもいました。よく見掛けるむしですね。 ここまで大きくなると、手で摘み出すしか方法はありませんね。

投稿: 菜園ブログ | 2007年11月 6日 (火) 16時02分

kimamaさん>
そういえばkimamaさんのところはカメムシの大発生があるということでしたね。
カメムシって確か嫌な臭いを発するように思いましたが、このカメムシらしいのは触っても全く臭いがないんですよ。
だからカメ虫なのかどうか判らないんですが、群馬大の虫の掲示板では蛾とか蝶の幼虫しか教えてもらえませんので、只今調査中なんですよ。
この白菜は食べきりサイズで小家族にはもってこいですね。(^_-);

投稿: waka3 | 2007年11月 6日 (火) 21時59分

菜園ブログさん>
この夏は虫たちにとっては過ごしやすかったのでしょうか。
我家の茄子にもカメムシが寄生しましたが、上の写真で紹介したものは、何故か胸幅が厚く姿形も普通のカメムシとは少し違ってゴツゴツしたような形をしているんですよ。
もう一度見つけたら今度はマクロレンズでしっかり写して見ようと思っております。
今日も一匹ハスモンヨトウを白菜の中から摘まみだしました。(笑

投稿: waka3 | 2007年11月 6日 (火) 22時24分

ミニ白菜は少人数にぴったりですね。
白菜はスーパーでその都度買う事にしました。
いろいろの虫もつくようでちょっと学びました♪
ヤーコンが7本も育っています。何時頃掘りますか?

投稿: temari | 2007年11月 8日 (木) 13時42分

temariさん>
ミニ白菜は今回初めて作ってみましたが、食べきりサイズでぴったりです。
無農薬ですと確かに虫がつきますが、気をつけていれば殆ど大事にはならないうちに処理が出来ますよ。
ヤーコンは本当は冷涼地の栽培がよろしいようですが、各地では既に収穫が始まっていますね。
私も今日のブログに載せましたが、初めて掘ってみたところ、とても良い出来でした。  こちらは暖地ですので、来春まで必要な時に掘り起こして食べることが出来ますが、ヤーコンは寒さに弱いためにそちらでは無理なようですね。

投稿: waka3 | 2007年11月 8日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白菜の収穫:

« 玉葱の定植 | トップページ | 根菜畑のムカゴの処理 »