« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月26日 (金)

玉葱の定植

この辺の専業農家さんでは玉葱の植付けもほぼ終盤を迎えておりますが、我家の玉葱(早生種)の苗もやっと植え付けられる状態となりましたので、昨日(25日)になって植付けをしました。
071025tamanegi既に畑作りは2週間前、畝作りは2日前に終わっていましたので、定植のみの簡単な作業でしたので、9時前には作業を終えました。
1列の畝で2条植えで160本ほどになりますが、マルチ掛けをしたものとマルチなしの2畝としました。
マルチ掛けをした方は上手くいけば3月の初めには収穫が可能で、マルチ掛けなしでも3月末~4月初旬には収穫が出来るようになります。
中手種の方は後10日くらい待っての定植となりそうで、左側の空いている畝への植付けとなります。

久し振りのフルーツパーク

次の日からは天気も崩れるということから、玉葱の植付けを終 えたところで、浜松市フルーツパークで秋の収穫体験がされているということで、園内でのウォーキングも兼ねて出掛けてきました。
フルーツパークでは、収穫体験畑で食べることが出来るのはイチゴの時だけで、その他のものは畑では食べられずに、摘み取ってきたものを計量して設定された価格で購入するというシステムとなっています。
071025akebi1この時期は次から次へと色々な収穫体験が催されていますが、当日は柿、早生ミカン、アケビの3品種が行われていましたが、今迄に体験したことのないアケビ畑に入ってみました。

071025akebi2071025akebi3ケビには葉の数で三葉と五葉アケビがあることは知っていましたが、間近に見ることは初めてで、写真は左側が五葉アケビで、右側が三つ葉アケビです。
071025akebi4収穫したアケビは、値段として高いのか安いのか判りませんでしたが100gで40円でした。
全部で6個を摘み取ってきましたが160円でした。
上の写真のアケビの下に写っているものは、アケビ畑の受付のテーブルの上に一つだけこれが置いてあったポポーの実ですが、売り物かと尋ねたところ071025tane「差し上げますよ」ということで喜んで頂いてきました。
ほど良く熟れていたようでマンゴーのような美味しい味で、食べた後で種を確認したしたところ、何でも採取する悪い癖ですが、大小さまざまながらこれだけの種が採取できました。
実は昨年もフルーツパークに出掛けた時に、木の下に落ちていたポポーの種を拾ってきて植えたのですが、芽も出ずに失敗してしまいましたが、今度はこの中の幾つかは発芽してくれるのでないか楽しみに再度チャレンジしてみたいと思っております。

聖護院大根

聖護院大根というのは大きな蕪で、もっぱら漬け物にだけ使われるものだと長い間勘違いをしており、今年になって初めて栽培をしてみました。(恥
071020daikon9月1日に大丸聖護院大根という品種の播種をしましたが、播種後約70日で収穫が出来るということですが、写真右は土の表面が割れて白いふっくらした部分が 見えてきましたので20日に試し採りをしたものですが随分早かったようです。071026daikon
先週の秋祭りの時に投げ餅を沢山拾ってきましたが、肌寒い雨の日となりましたので雑煮を作ることにしました。
早生京水菜が既にサラダの域を脱しており、青首大根も5~6cmの太さになった白い部分が地上にせり出してはいましたが、野菜には水菜と聖護院大根を使ってみることにしました。
蕪の大きさは既に12cmほどになっており、早速雑煮の具として使用しましたが、柔らかさは流石に皆さんよりお聞きした通りで舌の上でとろけるほどで、甘さもあってすっかりファンになってしまいました。
このままですと、今迄の座が危うし青首大根といった感じですが、初めてのことで良く判りませんが、この先どれくらいまで大きくなって何時頃までもつのかが、ちょっと心配となってきました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

実りの秋 ~ 岩手みどり豆

涼しいというよりも寒かった昨日の雨の一日とは打って変り、今日は抜けるような青空で気温も上がり、とても過ごし易い日となりました。
この辺では稲刈りはほぼ終りの時期を迎えましたが、我家の実りの秋は今がたけなわとなってきました。
さて、「この木なんの木、気になる木・・・」なんて歌がありましたが、下の写真はなんでしょう。  そうですこれは枝豆なんです。(笑
071020edamame17月中旬に植え付けた岩手みどり豆(晩生種)が収穫の時期を迎えましたが、大豆等の場合この時期になって枯れはじめると、枝の部分から出ている葉柄の付け根が、ぽろっと地面に落ちます。
まだ自然落下は先のことですので、悪戯心で葉柄を手で取ってみたところ簡単に取れましたが、こんな感じで枝豆が育ってくれると収穫も大変楽ですね。(笑
071020edamame2悪戯はさておき収穫してきましたが、結構虫に喰われいる部分もありましたが中々実付きも良く、今回は20本ほど収穫をしてみましたが、早速茹でて枝豆として、残ったものは皮を剥いて早速冷凍庫に入れておきました。

実りの秋 ~ 長芋

071020nagaimo1以前にもブログに掲載しましたが、長芋は蔓を棚を作って上に伸ばすのではなく、這わせ植えの方法をしています。
久し振りに浜の根菜畑に里芋を堀りに出掛けたところ、長芋の葉がほとんど枯れ落ちていていました。
071020nagaimo2 びっくりしたことは、例年と違ってあまりにも”むかご(零余子)”が、ものの見事というほど蔓の廻りにびっしりと付いていて、蔓から離れ落ちたものが、辺り一面にこぼれ落ちていました。
このムカゴは丁寧に拾っておきませんと、来年そこから芽生えて放っておくととんでもないことになりますので、丁寧に一つ一つ拾い上げるのがこの後の一仕事となります。
今日は長芋を掘る道具も持たずに出かけましたので、写真撮影だけで終えましたが、株もとの蔓の太さは割り箸以上の太さになっていますので、きっと素晴らしい長芋が出来ていることだろうと思います。
それにしてもあまり好みではない、こんなに沢山のムカゴをどうしましょう。

実りの秋 ~ 次郎柿

071020kaki11月終わりに柿の木の剪定をしましたが、今年はどうやらあまり良い剪定が出来なかったようで、本来なら今年は当たり年で一昨年のように100個近い柿を期待していたのですが、数えてみましたら68個しかありませんでした。
例年もそうですが、もう少し熟れてくると必ずヒヨドリやムクドリがやってきて突っつき始めますので早速ネットをかけておきました。
後数日で美味しい種無の次郎柿が鳥ではなく私たちの口に入りそうです。(笑

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

こりゃ、まいったぞ!

秋祭りも終り、ここ数日やや冷え込んで071016musi秋らしくなったと思っていましたが、昨日は気温が25℃まで上がり、071016musi1 今日も温度計は26℃を指して日中は夏に逆戻りしたようで、今迄にも少し小柄な071016musi2数種類のシジミチョウは良く見かけていましたが、気温が上がった途端に何故か畑にモンシロチョウのが乱舞しはじめました。
上の最初の写真は、ウラナミシジミが今まさに大根の葉に産卵をしようとしているところだろうと思います。
071016musi6大根や水菜、人参等に飛来してくるのは、まだまだ許せますが、既に芯がしっかりと蒔き始めた白菜に卵を産みつけられては大変なことで、虫取り網を持ってきて20分程で6匹も捕獲しましたが、次から次へと際限がないので急遽寒冷紗を持ち出して白菜の上から被せることにしました。
レタスやキャベツには最初から防虫のためにネットを被せておきましたので、これならば安心と気を許してあまりチェックも厳しくしておりませんでしたが、 071016musi3今朝見廻りに行った時にキャベツの葉に沢山の虫に喰われた穴を見つけましたので確認したところ、なんとアオムシがしっかりと葉を食べていました。
071016musi4 キャベツも自前の苗で、定植した時点で防虫ネットを被せておきましたので、蝶が飛んできて卵を産み付けることなど出来ないはずですが、どうやらモンシロチョウの幼虫とは異なり何の幼虫か判りませんが、シャクトリムシのような動きをするもの(2匹)ともう1匹を見つけました。
これからは毎日ネットの中も注視する必要がありますが、どうやら葉の裏側にも卵を見つけましたので、場合によっては防虫ネットを中止しなけれなと思っています。

ジャガイモ(出島)の花

秋作のジャガイモは例年アンデスレッドを作っていましたが、今年は種芋どころか6月の収穫時期に全て掘られて盗まれてしまい、種芋をあちこちと探したところ何故か出島しか手に入りませんでした。
071016jabaimo今年の夏は異常ともいえる猛暑で8月31日に種芋の植付けをしましたが、種芋が地中で腐ってしまうのを心配しましたが、全て順調に発芽しここに来て数日前から花が咲き始めました。  出島の作付けは初めてのことですが、花弁はなんの混ざり気もない真っ白なとても綺麗な花ですね。
071016jagaimo1ジャガイモの株の部分を見ると大きく土の表面が割れていて、土の中でジャガイモが育っているのが判ります。  071016jagaimo2
そ~っと土の中に手を入れて確認したところ、大きくなった芋が手に触れたので掘ってみたところ、既に5cm程の大きさになっていました。  無論、また戻しておきましたが・・・。(笑
11月の末には美味しいジャガイモの収穫が出来ることと思います。

ミョウガ(茗荷)の花と実

知人に頂いたミョウガを4月13日に植えてから、その後ネットの皆さんが随分早くからミョウガを収穫したという話を指をくわえ見ていて、我が家のものは今年は駄目だろうと思いすっかり忘れていました。
071016myoga1庭の手入れをしながら草むしりをしていたところ、白っぽいものが葉の間から見えたのでかき分けてみるとミョウガの花でした。
数日前から花が咲いていたものと思われますが、既に枯れかかった花もありましたが、綺麗な花が咲きその手前にはちょこんとミョウガも見えていました。
071016myoga2 早速あちこちと土を掻き分けてみたところ、僅かですがミョウガの収穫も出来ました。  本来こんな時期に収穫が出来るものかどうか判りませんが、まだ小さな芽もありましたので、これからももう少し収穫が出来るかもしれません。
これでやっと来年の楽しみが一つ増えました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

信州へのバイクツーリング

この11~12日の2日間、元の勤務先のリタイア組みで作った「60歳からのツーリングクラブ」の秋の総会を兼ねたツーリングが長野県の白樺湖畔に今回も関東関西地区を含めた52名が参加しました。
2日前までの天気予報では100%の確率での降雨予想で、1日は雨合羽のご厄介になると諦めていましたが、前日には雨マークが消え「曇りのち晴れ」に変わり、結果的には当日の2日間とも格好なバイク日和となりました。
071011touring3初日は松本市に近い美ヶ原高原にpm3:00迄に夫々に集結し、 071011touring2そこから今は無料化となったビーナスラインを走って目的地の白樺湖畔のホテル迄の、秋景色となった約40Km程のマスツーリングを楽しみました。  ちなみに最初の写真は白バイのお巡りさんに先導されている訳ではなく、クラブメンバーです。(笑
071011touring1湖畔に面したホテルの周りは、私達の地元とは違って木々の葉も紅葉がかなり進んでいて、すっかり秋の景色でとなっていました。
ホテルでは温泉にたっぷりと浸かり、総会と大宴会では深夜近くまで半年振りの再会で旧交を温めました。
071011touring4翌日は朝食を済ませ全員で記念撮影後に、安全祈願を兼ねたツーリングを諏訪大社の上社に向けて出発しました。   071011touring5ウイークデーということもあってそれ程の混雑もありませんでしたので、予定よりも早く9時半頃には諏訪大社に到着し、3年前に建てられた御柱を眺めた後で拝殿で安全祈願を済ませ、ここで流れ解散ということになりました。
当初予定していた計画よりも1時間以上も早めの解散となりましたので、浜松からの往路は7名で出掛けましたが、折角時間も取れたので予定を変更して仲間と別れ別行動を取ることにしました。
というのも、このブログにもコメントを頂いていますosuzuさんとはインターネットを通じて5年近くのお付き合いとなりますが、1年に1~2回は信州方面に出掛けますが、お会いする機会が中々持てなかったことから、今回は事前にアポイントを取ってありませんでしたが、ご自宅の住所を予め承知をしておりましたので突然で失礼かとは思いましたが、一か八かでお邪魔をしてみることにしました。
結果は見事に期待を裏切られお留守でした。  お嬢さんから「多分昼前頃には・・・」ということで淡い期待を持ちながら1時間ほど諏訪湖の湖畔道路を走ったりして時間を潰し、もう一度お邪魔しましたがお帰りになっていませんでしたので、残念ではありましたが帰りの時間のこともあってお会いすることもなく帰途につきました。
まあ、無計画な私のすることで仕方のないことではありましたが・・・。(笑
071011touring6帰りは茅野市から浜松まで一本で繋がっている、あまり道路事情の良くないR152を初めての経験で帰ってきましたが、途中長野側では殆どが私のための貸しきり道路状態で、道こそ所々あまり整備されていない個所がありましたが、快適なワインディングも楽しめ無事に帰宅をすることが出来ました。
写真は茅野市の外れの杖突峠付近の紅葉に思わず足を止めて撮影をしたものです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

島田市ばらの丘公園

今年の6月に島田市ばらの丘公園があることを知って初めて出掛けましたが、昨日は日曜日ということで改築工事も休みで留守をあけられることになり、ばらの丘公園でイングリッシュフェアと薔薇作りの講習会もあるということで出掛けてきました。
0706056月に出掛けた時にHT系のマイダス 071008bara タッチという1年生の苗を購入して植えた苗も順調に成長し、これまでにも沢山の花を楽しませてくれましたが、ここに来てまた花蕾が膨らみはじめてまた目を楽しませてくれることとなりました。

071007bara2 残暑もいくらか和らいではきましたが、暑さも残っていることからそれ程の開花状態を期待もしていなかったのですが、園内には色とりどりの花が見事に咲いていて、三連休の中日ということもあってか中々の賑わいでした。
071007bara5途中30分ほどでしたが講習会も開かれてとても参考になりました。
講習会を終えたところでもう一度お目当ての場所を回ってから、071007bara3今回も何か良さそうなものをと売店に出掛けて物色してみましたが、今回は花弁数が少なく白色の花弁にピンクの覆輪が鮮明なHT系のバタフライ ウイングスという1年生の苗を購入してきました。071007bara6
ついでに講師の方に、この冬(1月下旬頃)の剪定個所を教えてもらってきましたので、忘れないうちに画像で残しておきました(笑。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

最近の畑

先月の18日から改築工事がスタートしましたが、キッチンの大幅変更と駐車場の増設、生垣からブロックフェンスに変更で、上下水道からガス工事まで巻き込んだ外構工事が加わったことから約1ヶ月間に及ぶ長期戦となり、特に28日のキッチンの撤去から使用再開が出来るまでに16日間を要し、外食を余儀なくされることから、まさかこれほどの難儀をする等とは思いもよりませんでした。
幸いなことに工事開始以降、先日の日曜日の工事休止日に僅かに雨が降った以外には、大きな天候の崩れもなく作業は順調に進んでいます。
今日は家の中の工事が一段落しましたので、ゆっくりパソコンの前に座って久し振りにブログを書いています。

今週の初めに25℃を下回る日もありましたが、今日は真夏日となる予想で、最近の畑の方は胡瓜や茄子ピーマン、シシトウ等の収穫の他には、追肥や草取りと害虫などの見回り以外には殆どすることもありませんが、 畑の作物は順調に成長しています。071005tamanegi
玉葱の苗も手前が中手で、その奥が極早生の品種ですが、このまま順調にいけば今月の末には定植も出来そうで、目標の5~600本の苗の確保は問題なく出来そうです。

071005yasaiさて、アブラナ科の作物も順調な生育で、左から普通の白菜(手前)とミニ白菜<黄味小町>(奥)、2列目が青首大根サラダ水菜、3列目は聖護院大071005hakusai1で最後の4列目は直蒔きをしたミニ白菜です。
生育期間の短い極早生品種のミニ白菜は既に芯が巻きはじめてきました。
今年初めての作付けでどのような白菜になるのか楽しみにしております。
071005hakusai2_2 こちらは普通の白菜ですが、ミニ白菜とは違ってさすがに葉は大きいのですが、こちらもそろそろ葉が立ちはじめてきました。071005hakusai3
1週間ほど前に白菜の上をモンシロチョウが飛んでいましたので網で捕獲しましたが、この時に産み付けられたものでしょうか大きく育った青虫を見つけました。
今のところ僅かだけで朝の見回りで事なきを得ておりますが、これからは青虫だけでなくヨトウムシ(夜盗虫)等にも気を配る必要が出てきます。
071005jagaimo 秋作のジャガイモ(出島)は株を2本立てとしましたが、こちらも順調に育ち花蕾も見えはじめてきました。
071005negi 根深ネギ下仁田ネギ赤ネギも勢いが出てきましたので、化成肥料を撒いてから、第1回目の土寄せをしておきました。
この他にも岩手みどり豆の莢もだいぶ膨らんできましたので、こちらももう少しすれば収穫が出来るかと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »