« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

枝豆と防鳥糸の効能

やっと梅雨が明けたと思ったら、毎日猛暑日に迫るような暑い日が続いています。
このところ畑仕事といっても暑さであまり畑にも出ておりませんが、070729mame1今朝伸びてきた草を抜くために畑に出掛けたところ、お隣りの枝豆の植えてある場所に2匹の鳩が、せっせと折角芽の出た枝豆を食べていました。
どうやらやって来ていたのは今日が初めてではなく、既に本葉も見え始めていますが、双葉の部分は肉厚でまだまだ食べ甲斐があることからでしょうか、既に半分以上が喰い荒らされているように思います。
今まで気がつきませんでしたが、お隣りでも私が使用しているものと同じ防鳥糸を使ってはいますが、糸を地面から5~60cmの高さに張ってありますので、横合いからやってきては平然と美味しい豆を食べていたのでしょうね。
この辺は比較的にカラスは少ないのですが、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハト等は結構見かけますので、鳥害対策はその時期になると必ず施す必要があります。
070729mame2私も枝豆では数年前に同様の被害を経験してから、黄色のナイロンのより糸に銀色のラメを巻き込んだ防鳥糸(全長が500mで確か400円前後)を使用してから、全くの被害がなくなりましたが、私の場合は写真のように地面から15cm程の高さのところに糸を張るようにしております。
これは我家の枝豆「岩手みどり豆」ですが、右側は7月10日に播種したもので、左側は7月23日に播種して一昨日発芽し始めたところで、お隣りの枝豆が植えてあるところから僅かに15m程しか離れておりませんが、全く被害に合うこともなく、悪賢い鳥どもにはこちらも色々と智恵を使わないと折角の対策も効果が出ないようですね。

ほぼ出来上がった自前の堆肥

070729taihi 昨年の秋に仕込んだ枯葉が昨年から4回の切り返しを繰り返し、やっと完熟の状態になってきました。061220taihizukuri
この堆肥場は2.0m×1.4m×0.8mで約2.3立米ほどですが、てんこ盛りに積み込んだ枯葉も完成時ではおおよそ4割程度となってしまいますが、我家の家庭菜園レベルでは充分な量で、元肥としてだけではなく畑作りの時に混和しても充分1年間の使用に耐えてくれます。
もう直ぐに秋冬野菜のための畑作りにもなりますが、いよいよ新しい堆肥の出番となってくれそうです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

茄子の剪定

7月に入ってから愚図ついた天気続きでカラッと晴れた日が少ないことから、梅雨の終りがサッパリ判らない状況でしたが、昨日から久し振りに青空が戻ってきて、今日になってどうやら「梅雨も明けたようだ」というアナウンスがされました。
 * この後、梅雨明けは27日となり昨年よりも1日遅い梅雨明けとなりました。

例年、秋茄子のための更新剪定は、茄子の成長がやや落ち始めてくる8月に入ってから実施しておりましたが、昨年このブログにお見えになる菜園ブログさんの記事を拝見した時に、私の剪定時期とは20日程も差があったことから、確かに実を生らせ続けながら剪定を遅らせることは、それだけに樹勢も衰えてくるだけでなく、収穫時期も遅れ収量にも影響が出てくるだろうことが考えられますので、今年は早めの更新剪定をすることにしてみました。
今年は飛天長茄子とタイの長茄子の070723nasu1各1本ずつを栽培しましたが、飛天長茄子の成長は著しく短期間のうちの数多くの収穫が出来ましたが、 この時期になってかなり収量も落ち始めており、一方タイの長茄子はまだまだゆっくりとした成長を続けていましたが、一区切りとする3本の茄子の収穫時期を見計らって強剪定をすることにしました。
既に最後の3本の収穫を待つ数日前に、上の方の部分の枝の剪定をしておいたことから、新しい芽が既に伸び始めてきていましたので、このまま順調にいけば8月の後半からは秋茄子の収穫が出来るのでしょうか。
この後で、敷き藁と土のちょうど境目あたりにスコップを深く打ち込んで根を切り込み、その周りに自前の堆肥と極僅かな配合肥料を鋤き込んでから、敷き藁を追加して覆っておきました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

食用菊 「金からまつ」 が開花

曇りの予報が外れて一気に夏の陽射しが照り始めて、昼前には気温も30℃を越す真夏日となりました。
070719kinkaramatu 数日前から蕾が膨らみ始めていた食用菊の金からまつが今朝になって7~8分咲きとなってきました。  例年では10日前後には開花していましたが、先日来の長雨で畑がかなり水に使っていたこともあって、下の方の葉に部分的に黒班病のような症状が見られたので、早速ストチュウに葉面用の液肥を加えて散布しておきました。
この菊はこの時期と9月下旬の2度咲きをしますが、9月に咲いた時の方が花数は増えますが花の大きさは、その分やや小さ目となりますすので、剪定をすることによって補うことができます。

ナタ豆の花も開花しました

070709natamameaka 今年もナタ豆の白:3本と赤:1本を作りました。  最初070709natamamesiroの花のさいたのは見落としてしまいましたが、2~3日前から咲いていたものと思われますが、赤い花と白い花がほぼ同時期に開花しました。
070719natamame
既に蔓の先端は2m50cmを越す高さになりましたので、蔓の先端は切ってありますので次々に脇芽が出てきますが、豆を大きくするために、小蔓も2~本程度に留めて孫蔓は全て切り落します。
頭でっかちにしますと台風の時には支柱も折れてしまいまうほどですので、これからは上にはあまり張り出さないように注意が必要となります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

オリエンタルリリー コンカドール

本来ならそろそろ梅雨も明ける時期なのでしょうが、大型で非常に強い台風4号が強い勢力を保ったまま九州に上陸しそうな気配で、15日にかけて西・東日本の太平洋沿岸を進み、さらに上陸を繰り返す恐れもありそうで、どうやら東海地方にも直撃の可能性がありそうです。
070714yuti1今日も070714yuti2 朝から雨が降っておりますが、そんな中で4月29日に浜名湖ガーデンパークに出掛けた折に、この球根を購入して植え付けておいたところ、昨日今日とこの2日間で一気に花が咲き始めました。
花は全体的にクリーム色ですが花弁の先は白色をしておりユリ独特の香りがとても爽やかで辺り一面に漂わせております。
この球根はフラワーパークで育てられたもので、購入した時に冷蔵保存されていたものだということでしたが、球根を植え付けてから僅か14日で発芽し、以降2ヶ月も経たないうちの開花となりました。
草丈があまり大きくなく幹も比較的細くて、その割に花がとても大輪なだけに頭でっかちな感じで、明日の台風には到底耐えられないと思いますので支柱を立てておきました。

四季咲き薔薇 マイダス タッチ

070714baraこの薔薇は矢張り今年になって6月2日に一輪の蕾のついていた苗木を購入して植えたものですが、新しいシュートが伸びて蕾を幾つか付け始め、昨日から今朝に掛けて開花しました。  この花は微香性ということのようですが、少し鼻を近づけるだけでこれまた薔薇独特の素晴らしい香りが漂ってきます。
薔薇の花はユリの花弁とは違ってとてもデリケートですので、雨にうたれて花弁に雨の雫がついているだけでも重たそうで、出来ることなら傘でもさしてあげたい気持ちに駆られますね。(笑
果てさて、こちらは明日の台風が来た時には、ほとんど耐えられることは出来ないかもしれませんね。

   台風一過、されど・・・      (7月15日 am9:30追記)

台風4号は九州上陸後は、太平洋沿岸を進み紀伊半島の潮岬をかすめ、雨戸を叩く音からは4時過ぎが一番強い風と雨が降ったようですが、8時過ぎに浜は松の南約120Kmの沖合いを過ぎていきました。070715yuri
畑の作物などの倒壊は全くありませんでしたが、一昨日、昨日に開花したオリエンタルリリーの花弁は大輪で肉厚でもあったことからでしょうか、見事に風で庭の隅の方に迄吹き飛ばされていましたが、薔薇の花の方は何事もなかったかのように無事でした。
まあ、この程度の被害でなによりでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

ユーザー車検、ぎりぎりセーフ!

私の近頃の天然ボケには困ったものです。
バイクの車検切れをどこでどんな風に間違えてしまったのか今月の25日と頭の中にインプットされていたのですが、一昨日(11日)の午後にパソコンを起動してビックリしたのは、スケジュールのポップアップ画面に車検切れ 3日前の表示がされました。
普段のスケジュールの管理はフリーソフトのTCalendarがとても使い勝手が良いことから、7~8年前から使っておりますが、パソコンを起動する毎に当日のスケジュールを「前日の正午から当日の正午まで」の間で、デスクトップにポップアップで表示をするように設定してあります。
無論、パソコンに表示されたものが正しいのですが、ここでもう一つ問題が発生!! 
「車検切れ 3日前」ということは車検切れは7月15日で日曜日。
検査登録事務所は土曜、日曜日は無論休日で、確認できた時点で残された日数は僅か2日のみ・・・。
今月に入って6月とは打って変って愚図ついた天気が多いことから、梅雨でも明けたら20日頃にでもと思っていたために、入力した時に休日のことも考慮せず、更に記憶していた日も間違っていて、ダブルパンチでのピンチとなってしまいました。

070713shakenn1信州ツーリングから帰ってきて、リアタイヤがかなり減っていたことから交換をすませてありましたので、その他は整備記録簿にしたがって点検をしていきますが、リアブレーキパッドの残量が1mm弱となっており、車検には問題ありませんが後々面倒なので急遽市販品を購入してきて交換し、その他は点検と調整を済ませて完了、検査協会に出掛け書類一式(30円)を購入してきました。
車検の予約は、ユーザー車検予約システムによって、電話の音声案内のメッセージに従うプッシュホンによる自動入力で、天気予報を見て降雨確率の一番少ない13日の第3ラウンド(13:00~14:00)で予約して、当日の天気は後は神頼みだけ。(笑

矢張り今日は朝から雨が降っていましたが、昼近くになってかなり小降りになってきましたので早飯を食べてカッパを着て出掛けてきました。
書類は事前に作成済みで、先ずは自賠責保険:20240円 重量税:5000円 検査手数料:1400円を窓口で支払って、いよいよ車両検査場での受検となります。。
審査官による車両の検査の後に、持ち込み車両の本人がブレーキ制動、スピードメーター、光軸の検査を検査機器の台上で実施しますが、2年振りのことで最初は戸惑いましたがそれでも全てを一発で合格しました。
070713shakenn2 最終の書類審査を無事に終えて、最後に新しい自動車検査証と車両ステッカー(写真右)を貰って全て作業は完了です。
12時55分に登録事務所に入ってから自動車検査証を受領したのが1時50分でしたから55分で終了出来ました。
この車検を販売店に依頼したとすると、前述の登録のために公的に発生する費用以外に、全く部品の交換がなかったとして、バイクの場合で車両整備料金と登録代行手数料だけでも35,000円程度は掛かりますし、部品交換が必要な場合は更に工賃だけでもかなりの金額となって跳ね返ってきますので、この2日間は本当に慌ただしく過ぎましたが、今回もお陰さまで大変な節約が出来ました。(笑
ちなみにバイク車検は私のHPに掲載してありますので、よろしかったら参考にしてみて下さい。

さて、明日は台風がどこかに大きく反れてくれることを願いながらも、強風雨のための対策をすることにしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

トウモロコシの防鳥対策

トウモロコシの実がしっかりし始めてくる頃になると、どこからともなく鳥達(特にスズメ)がやってきて実を食べます。
070711toumorokosi一昨年の失敗から、昨年は防鳥ネットを使用したところ被害を免れましたので、今年もここ数日のうちにあっという間に実が着き始めて大きく膨らんできましたので、防鳥ネット(1.8m×18m 248円)を購入してきて早速トウモロコシ全体に被せました。
手で触ったところしっかりとした粒揃いのようですので、後数日もすれば美味しいトウモロコシが食べられそうです。

クレマチス咲いたけど・・・、看板に偽りあり

今年になって購入した花の苗木の中に、4月に植えたクレマチスがあります。
一つは真っ白な花の白雪姫という大苗でこれは既に花が咲いていたもので、もう一つは298円の薄紫色の花弁に白い中筋が入るというシルマキビという品種の苗でした。
070711kurematisu購入した時に草丈が25cmほどの弱々しい幼苗で、大苗の白雪姫と違ってそれほどの期待もしていませんでしたが、この6月中頃から新しい蔓が元気にグングン伸び初めて、花蕾を持ったなと思っていましたら綺麗な花を咲かせました。
と、ところがですよ 本来ならこの蔓の先には薄紫色の花弁を持った花が咲くはずなんですが、なんと白色の花弁に薄赤紫の中筋が入った花弁でした。070711kurematisu2
右の写真は購入した時にポットにホチキスで止められていたダグを株元に挿しておいたものです。
ネットで調べてみましたが、どうやらシルマキビという品種はタグに写っている写真に間違いがないようですが、その時のレシートもなく、今更文句も言えないだろうなあ・・・。(/_\)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

カボチャと西瓜の収穫

各地では大雨による被害が早くも出始めているようですね。
今日は七夕、この朝に里芋の葉に溜った露を集めて墨をすり、それで手習をすると上達するとか、七夕飾りの短冊に書いた願いが叶うといわれまておりますが、今日は朝から小雨が降っており、葉の上に露(つゆ)ならず梅雨(つゆ)が溜まっておりますが、果たしてこれでも・・・。(笑
いずれにしましても最近では筆と硯も手元からかなり遠くなってしまいました。

070706kabocha さて、小玉スイカが着果してから45日が経過し、スクナと雪化粧カボチャの蔕の部分が、大分コルク状になってきましたので昨日収穫をしてみました。
左側のスクナカボチャが1680g、雪化粧の上が1850gで下のものはクッキング用の計量器が2Kg計なのでハッキリしませんが2200gくらいで、西瓜は更に重くて残念ながら計量不能でした。070706suika
西瓜は冷蔵庫で冷して早速食べてみました。
小玉西瓜独特の果皮は薄く、中の種も黒くなっていて果肉もしっかり熟れて糖度もとても上がっていて、大変美味しく最高の出来となっておりました。
さて、今日はカボチャの煮付けでもいただきたいと思います。
この暑い時期には冷えたパンプキンスープもとても美味しいですから、これからカボチャのペーストも作ろうと思います。

イサキ、ごちそうさまでした    ( pm9:00追記 )

このブログで知り合いになった野良先生が、今日は3時起きで御前崎沖070707isaki1にイサキ釣りに出掛けたとのことで、折角の釣果を我家まで届けて頂きました。
それも何と5匹もで、何時ものことながら内臓と頭は船上での調理済みで、大きなものは頭がない状態で30cmありましたので、吊り上げた時には有に40cmはあったものと思います。
イサキはスズキ目の海魚で珍しく魚辺に何とやらと書くのではなく伊佐木と書き、陸に近い磯や暗礁にすみ夏が最も美味しく、刺身や塩焼きにが良いそうだ。070707isaki2
先ずは一番大きなものを刺身用として新鮮なうちに調理をしました。
三枚卸しにして、中骨のところは他のイサキと一緒に塩焼きに、そして両身は皮をさばいて刺身用に出来上がりです。
我ながら中々の出来栄えですね。
070707isaki3_2ここまで出来上がれば、後は夕食の前に最後の仕上げですが、野良先生からはとろろ昆布を使った酢〆を教えて頂きましたが、元来の横着ものですので、一品は普通の刺身ともう一品は胡瓜の乱切りと一緒に酢味噌での和えものと簡単なものにしました。
肉質はとても身が締まってぷりぷりで歯応えも良く、家内は白身魚の刺身は不得手なので、1/4身は明日のために残しておき、残りは私一人でたっぷり堪能しました。
刺身と一緒に塩焼きも作りましたが、例によって今日の晩酌は何時もの倍となってしまいました。(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

久し振りのキャンプツーリング

バイクでのキャンプツーリングは家内が病で倒れた年(2005年6月)の前の月の5月に出掛けた時以来で、今回は2年振りとなりました。
出発の前日はこちらも少し雨も降りましたが午後からは回復基調で、目的地の長野県須坂市の山田牧場キャンプ場である長野北部地方は完全な雨模様でした。
夕方になって天気予報では翌日の午前中は雨も残るが午後からは回復し、翌日は晴れるということで、夜の9時にfsツーリングクラブのfs1000さんのmixiに「決行」の案内が出ました。
今回の参加者は栃木:2人 千葉:3人 東京:1人 新潟:2人 浜松:1人と合計9名です。
さて、当日の朝起きると外は青空、ネットで天気予報を見ても信州地方は昨夜と変化なしで、8時になって自宅を出発しました。
自宅からはR257/R153で飯田市まで一般道、飯田からは中央道~長野自動車道~上信越自動車道を使って須坂長野東ICで降りて、そこから約25Km程で目的地となりますが、若干早めの出発をしたことから、どうやらこのままでは集合時間の午後3よりもかなり早く到着しそうなので、急遽ネット仲間の岡谷市のカメ山カメ吉さんのところに寄って行くことにして岡谷ICで途中下車。  あいにくカメ吉さんは近くの温泉に出掛けられていてお留守でしたので奥様と15分ほど世間話をしてから失礼しました。
岡谷から再び長野自動車道に乗って北上するにつれて、少しずつ青空が消え雲が掛かってくる。   070701touring1予報どおり長野北部の方が回復の兆しは遅いようだ。
上越自動車道に入る手前の姨捨(おばすて)SAで休憩し、千曲市街から遠く北東の山々には雲も掛かっているが、雲の合い間から陽射しも覗かれており、天気予報どおりかなり期待がもてそう。
ここからは1時間ほどの距離なので、気を取り直して一気に目的地まで進070701touring2 むことにしたが、山間部の天候の変化の経験は全くなく、山田牧場付近では進むにつれてガスが時折一面に流れ込んでくる。
まあ、牧場の牛達ものんびりしているからいいだろうと安心することにした。(笑
070701touring3現地に到着するとリーダーの栃木のfsさんと同僚の松ちゃん、千葉のさるさんとお嬢さん、新潟のhattyanさんの5名は既に1時頃には到着していて、松ちゃんとhattyanさんは昼間からバーベキュウとビールでご機嫌でした。  
写真はちょうどガスが流れてきた時を撮影したものですが、濡れるわけでもなく僅かの時間の間で通り過ぎていってしまいます。
070701touring4その後千葉のおがわさん、東京のkeiichiさん、新潟のZZR hiroさん070701touring6が到着しテントの設営も終わり、いよいよBBQの準備です。
今回は奥様が来られないということで、お嬢さ070701touring21んと一緒にワンボックスカーで来られたさるさんが大型のキャンプ機材一式をお持ちいただきましたので、通常では個人用の コンパクトなバーナーにコッヘルセットや100均で購入した卵焼き用のフライパン等とは違って本格的なBBQの開始です。
070701touring7 残念ながら焼肉は写真を写すのさえ忘れるほど食べるのが忙しくて一枚070701touring8 も無し、最初に作った豚汁と最後の頃のイカとトウモロコシ焼きだけでした。  この辺はワラビがキャンプ地内でも収穫出来、あっという間に一握りを採ってきましたが、正確な灰汁抜き方法も判らず苦味で大失敗でした。
070701touring9食事も終ってバイク談義もほぼ終えた10時半頃に夫々がテントに戻って寝ることにしまし た。  写真はテントの中で既に寝袋に入ったところですが、流石に長袖のTシャツだけでは食事中も少し冷え込む気温でしたので、夏用の寝袋では朝方の冷え込みを心配しましたが、膝掛け用の薄手の毛布を持参してありましたので朝までぐっすり眠れました。
070701touring10朝はカッコウの鳴き声と川のせせらぎの音で目を覚ましました。
天気は予報どおりの素晴らしい快晴の朝を迎えました。070701touring11
食事を済ませてテントを撤収し帰り支度を終えたのは9時半を廻った頃でした。   その後全員で記念撮影をしましたが、どれが私なのかは、ここではご想像にお任せしましょう。(笑
070701touring12キャンプ場から30分ほど走ったところで、最初に新潟のhattyanさんと別れ、5分ほど入ったところの白根山の登山口で他の全員のメンバーと別れて、ここからまた単独となりました。
070701touring13前回湯田中温泉に来た時に仲間と一緒だったために070701touring14通り過ぎた白根山に登って山頂のエメラルドグリーンの水を湛えたカルデラ湖を見てきました。
早めの昼食をロッジで済ませ、次は勝手気ままに走りながら露天風呂を目指して走ることにしました。
070701touring15 070701touring16浅間白根火山ルート(有料)を走り県道94号線で群馬県と長野県の県境にある湯の丸山のところまで来たところ、1~2Kmは続くでしょうか国の天然記念物にも指定されているというレンゲツツジの群生地に出くわしました。  7月の中旬まで咲き続けるようですが、それは見事でした。
ここから小諸に出て時間も押してきたので、070701touring17混んでいる国道を避け佐久市までの一区間070701touring18 を上信越自動車で時間を稼ぎ、 R141で佐久穂町迄南下して、そこからR299のメルヘン道路で麦草峠を抜けて蓼070701touring19 科にある露天風呂温泉を目指しました。
蓼科温泉「石遊の湯」は中々の賑わいで私もしばしの間旅の汗を流しました。  休憩所で汗のひくのを待ちながら携帯で雨雲レーダーの様子を見ると、どうやら太平洋岸に19時頃から雨雲が移動してくる様子なので4時半に石遊の湯を後にしました。
ここからは茅野市に出て諏訪IC~岡谷JCT~飯田IC迄を中央高速、飯田からは往路と同じ一般道で帰りましたが、復路では往路に比べ40分近い時間短縮で8時半には無事自宅に戻ってきました。  
070701touring20今回は往路:332Km、復路:407Kmの合計739Kmとかなり距離も伸びましたので、家に帰ってシャワーを浴びて一杯飲んだところでバタンキュウ、気がついたときには朝でした。
結局2日間は雨にも降られること無く、快適なツーリングとなりましたが、今朝起きた時には小雨が降っていました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »