« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

春の恵み、莢豌豆

070329endou今年は豌豆の花が3月になった途端に咲き始め、数日前に確認した時にはまだ莢がやっと着き始めてきたと思っていましたが、ここにきて莢がぐ~んと大きくなってきましたので収穫をして見ました。  まだ数はそれほど多くはありませんでしたが、これからは続々と収穫出来そうです。
畑で取れた里芋、人参の他にどんこ椎茸、こんにゃくの煮物に加えた莢豌豆の鮮やかな緑は、如何にも春の恵みといった感じでした。
残念ながら出来上がった煮物は写真を撮る前にお腹の中に入ってしまいました。(笑

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

カウントダウンいろいろ

このところめっきり暖かくなってきましたが、菜種梅雨の走りでしょうかこのところ天気予報に雨マークがめっきり登場するようになってきました。
070327countdownさて、平成17年7月1日に天竜川・浜名湖地域12市町村が合併して新「浜松市」が誕生し、人口約82万人の県下最大の都市となり約1年半を経過しましたが、いよいよこの4月1日をもって新潟市と共に日本では16番目の政令指定都市となります。
市役所の前にはカウントダウンを示す電光掲示板が後5日を表示していました。
面積は岐阜県高山市に次いで全国2位、豊かで多様な自然に恵まれた浜松市とは言われておりますが、静岡市の区割りが僅か3つであるのに対して浜松市は何と7つの区に分割されますが、早くもその歪みはいろいろな方面で囁かれているようです。
政令指定都市に関することは、もう少し先に触れてみたいと思っております。
さて次のカウントダウンですが、気象庁のお手つきで13日の開花で全国でも第1位と予想された静岡市も23日に開花したようですが、こちらでもやっとここにきて僅かにソメイヨシノの花が見られるようになりました。
070327sakura1070327sakura2浜松城公園の天守閣の周りに約400本程の桜が咲き誇り多くの市民が訪れるますが、ここに23日に出かけた時の桜の硬い蕾(写真左)が、今日はだいぶ膨らんでいました(写真右)。
ここまでくるのに5日間も掛かったんですね。
070327sakura3既に、周辺の桜の木では僅かに開花が始まっていましたが、週末は天気も下り坂で花の見頃となるのは、まだ蕾の状態から考えると満開となるのは少なくとも4~5日は先になりそうで、例年と比べそれほど早いお花見ということではなさそうですね。
写真は浜松城をバックにやっと僅かに咲き始めた桜の花が見えますが、その大半はまだ蕾のままの状態でした。
最後のカウントダウンは地方統一選挙。  当地でも25日に告示となった市長選を皮切りに、この30日には県議・市議の告示となります。
070327countdown2あまり政治に関わりを持つ私ではありませんが、今回で5期目にチャレンジする県議のために選対のメンバーとして活動しておりますが、4月8日の投票日まで活動の出来る日数も残り僅かとなってきました。  選挙用に作られたカウントダウンカレンダーですが、このようにして一日一日が過ぎてゆきます。
当分の間ゆっくり家庭菜園をやっている暇はなさそうです。(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

いよいよ蝶が!

アブラナ科の野菜の薹立ちによって菜の花の咲く頃になると、これに合わせるようにしてモンシロチョウが飛び始めました。
070320chou1 早速カメラを持参してその姿を写してみましたが、300mmズームですとさ 070320chou2すがに飛び交うところは難しいのですが、何枚かのうちでどうやらホバリング中の蝶々とその脇を飛び交っていたところを1枚だけ成功しました。
そしてホバリングをしていた蝶が花に止まり蜜を吸っているところです。
と、ここまではそれなりの光景ではありますが、この後からが問題の卵の産みつけとなりますので、数日後にはやっかいな青虫との取っ組み合いが始まることになります。
この畑は100mほど離れた別のお宅のもので、我が家の薹立ちをしたものは全て撤去済みで、先日定植したキャベツとレタスは防虫ネットを張ってありますので心配はありませんが、そのうちに所かまわずあちらこちらに卵を産みつけていくことでしょうね。

070320satoimoそろそろ里芋の植付け時期がきましたが、これは最後に残った3株の里芋です。  この辺では保存といっても当り前にそのままの状態で植え付けておくだけで充分越冬してくれます。
食べたい時に掘って食べれることが新鮮で一番いいですね。
これを掘り上げて勢いの良さそうなものを種芋として、既に畝作りは済んでおりますので数日後には植付けを予定しております。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

暖冬異変? 前年と今年の気温の違い

昨年の12月の初めから全国的に今年の冬は暖冬であると言われてきており、1月の時点でも3月の気温のような陽気が続いたり、3月に入ってからは今度は逆に気温の低い日が続いているが、浜松地方の今年の2月から3月10日までの気温を前年度との彼我比較をしてみました。
070315tenkこの写真は2月の上旬、下旬と3月の上旬に区分して天気と気温の変化を比較したものです。  2月の上旬については、平均値をあらわすことは適切ではないかもしれないが、昨年と今年では最高気温最低気温ともにかなり大きな幅での隔たりがあることが分かる。
このような気温であれでは当然のことながら、この界隈で例え天候が悪くなったとしても雪が降りることもなく、結局今年は雪を見ることもなく春を迎えました。
昨年の12月と今年の1月の温暖化による気温の比較については、上の画像の2月の上旬のように明らかに前年度との気温の差があったことを申し添え、あえて画像での掲載は省略しました。
3月に入ってから等圧線のとても混んだ西高東低の典型的な冬の気圧配置がやってきて、冬に逆戻りとあちこちでも報道されましたが、3月上旬の気温の比較を見る限りでは、ほとんど前年と気温長に変化はなく、これは2月の上旬までに身体が暖冬に慣れ親しんで、一気に寒くなったことにより私達の身体が寒さに順応しきれずに、大変な寒さであると感じたことに他ならないようで、如何に生身の身体が軟弱であるかの再認識させられた気がします。
しかし、この様な気温の変化が今後どのように現れてくるのかは予想もつかないところですが、気温の他にも気になることは、今年の場合にはマークの数が昨年に比べて多いことで、今年の夏になってこの反動が雨による被害として発生しないことを願うばかりであります。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

三寒四温の今日この頃・・・

今日までの3日間は10℃前後まで冷え込み、明日からは寒さも緩むようですが、このところまさしく三寒四温を言い当てたような日々が繰り返されております。
こうして暖かい春に向っていくのでしょうが、昨今の気温の大幅な変化には身体が馴染んでいくのが大変なことです。
070311shakuyakuとは言いつつもこのところの陽気で、庭の片隅では数年前に植えた芍薬の新しい芽がいつの間にか芽吹きはじめてきています。
070311musukariその他にも菜園の隅に植えてあるムスカリの花が地上に顔を出し、少しずつ咲き始めてきています。
まさしく春の到来といったところです。
今日は昨日より風は弱まりましたが、寒さを口実に畑仕事は中止にして、温室の中で日向ぼっこをしながら雪化粧スクナ南瓜島オクラ紫オクラの種蒔きをしました。
実はこの紫オクラですが昨年浜松市フラワーパークに行った時に莢がはじけていたものからこぼれ種をそ~っと数粒戴いてきたもので、実際には食べたことがないので、どんなものか良く解かりませんが面白そうなので作ってみることにしました。
この先10日前後には何れの種も芽を出してくれることと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

トマトの苗をポットへ

案の定、風も治まり今日は暖かな春の柔らかな陽射しが戻ってきました。
ジャガイモの植付けやキャベツ、レタスの定植の他に、夏野菜の種蒔きの準備や育苗管理、そして次々と伸びてくる畑の草取り等などと、消化すべきことがたくさんあって目が回りそうです。(笑
070309tomato今日の最初の仕事は、ポットに2本仕立てをしてあったトマトの苗の草丈が5cmほどに伸び、茎の太さも爪楊枝の1.5倍ほどの太さになってきましたので、別のポットに一本立ちにさせました。
このトマトは、昨年福岡のtocchannさんから戴いて初めて作ってみたスタピストマトという品種で、皮が柔らかで味の良い中玉トマトですっかり気に入ってしまいましたので、昨年種の自家採取をしましたので、今年も再度チャレンジをしてみましたがとても順調に発芽しました。
この他にも今年は中玉のサブレトマト、大玉の露地ゆたかとうい品種のトマトを育苗していますが、こちらは1ヶ月ずらして3月に入って種蒔きをしましたので、いまだ発芽待ちといったところです。
トマトの収穫時期には息子達の家族からもリクエストがありますので、今年も20本くらいは必要となりそうです。
自家採取したピーマンや茄子の苗も順調に本葉が見えはじめてきています。

レタスとキャベツの定植

070309retasu070309kyabetuこの暖かさでは、かなり早くから蝶々も飛び始めそうな気配ですので、今回は防虫ネットを張っておきました。
これでひとまず安心でしょう。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

春野菜の苗

数日前には4月の暖かさでしたが、ここ3日程は冬の気温に舞い戻り、まさにこのところ三寒四温を顕著に肌で感じております。
070308nae 家内が服用している処方薬のために濃い緑色の野菜の摂取制限があることから、最近では栽培する葉菜類もかなり範囲が縮小されてしまいましたが、1月29日に種蒔きをして、その後ポットに一本立ちをさせていたキャベツとレタスが定植出来るまでになりました。
既に植え付けるための畝は用意してあり、定植をするつもりで温室に向いましたが、寒さとかなり強い風も吹いていたこともあって、一人で定植後のトンネル掛けをするのも面倒で、明日には風も治まり気温も少し緩んでくるとのことでしたので、今日のところは見合わせることにしました。
ちなみに、レタスの向こう側に見えるのは、10月28日に種蒔きをしたアスパラガスの苗ですが、この定植は4月に入ってからの予定です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

アスパラガスの発芽

今朝から空模様が愚図つき始めましたが、昨日までの2日間は完全に異常とも思える4月半ばの暖かさで、日中は23℃まで上がりとうとうセーターを脱ぎ捨てるほどでした。
いずれにしましても、今年はとうとう一度も雪を見ることなく春を迎え、異常な天候であるとしかいえません。
070305asupara 今朝畑を見回って気が付いたのですが、今迄にまったく気にも止めていなかったアスパラガスが、地面の上に何と7~8cm程に伸びていました。  今の時期の気温から推察すると、地表に芽が覗き始めたのは多分2月の終わり頃ではなかったかと思います。
例年ですと早くても地表に芽が出始めるのは3月の中旬ですから、今年のアスパラガスも豌豆類に続いて、新しく記録を塗り替えたことになります。
何れも伸びてきた先端が真っ直ぐではなく少し曲がっていますが、これはまだこの時期の気温があまり上がらないためで、もう少し暖かくなってきませんと真っ直ぐに伸びていきませんが、この調子ですと今月の終り頃には収穫が出来そうです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

豌豆の花

早いもので今日から3月、今日は全国的にも気温が上がったようですが、我家の温度計も22.5℃まで上がってしまい、日中はセーターがいりませんでしたよ。
070301tutankamen例年、豌豆類は11月の10日前後に畑に直播きをしていますが、昨年ツタンカーメンの豌豆の開花は3月27日でしたが、今年はなんと一番花が昨年より3週間も早く今日咲きました。
070301kinusayaこれは、今年初めて栽培してみた蔓あり絹さや豌豆ですが、こちらは開花日がハッキリしておりませんが、多分一週間前くらいから咲き始めた模様で、既にたくさんの花がさいており、そのうちに莢が見えはじめてくるのではないかと思っています。
今年は随分早くから卵とじを始めとして、絹さや豌豆の色々なレシピを楽しんだり、ツタンカーメンの豌豆での豆ご飯が楽しめそうです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »