« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

豌豆の蔓の保護

このところの暖かさで豌豆の蔓が一気に伸び始めました。
強風による蔓の倒れと根元からの切れ防止の処置は稲藁を使って施してはありましたが、これすらも越してしまう程の大きさになってきましたので、蔓を這わせるための処置をすることにしました。
例年ですと蔓の脇に支柱を立ててからネットを張り、ネットに蔓を這わすようにしておりますが、 今年はもう一つの方法として、この辺りでは自生している篠竹が入手出来ますので、篠竹を使って蔓を這わせることを試してみることにしました。070131endou1
こちらは家の前の畑に植えてあるツタンカーメンの豌豆で、篠竹を使って蔓を這わせるようにして見ました。
篠竹は節間が長く全長が地上から3~4mほど伸びますが、笹のある部分は上の方の1.5m位のところだけで、この部分を使って蔓が絡まり易いように豌豆の支柱としました。
作業はしっかりした支柱を立て、この支柱の上の方に篠竹を横に取り付け、後は30cm間隔くらいに篠竹を立てて横に張った篠竹に縛り付け、作業としては約30分ほどで完了しました。070131endou2   ブルーネットの向うはお隣の畑です。
こちらは家の西の畑の蔓あり絹さや豌豆ですが、こちらは以前に使ったネットもありますので、従来通り支柱とネットで蔓を這わせるようにしました。  作業としては、前者と同様に支柱と横の桟を取り付けたら、ここにネットを張って紐でしっかり縛り付け、最後にたるみ防止のために下の方に篠竹を通して支柱に縛り付けて完了ですが、矢張り作業時間は前者よりの倍近くかかってしまいました。
これはまだ憶測ですが、収穫が終わってからの後始末の手間が、ネットの場合には解体する時間の他に、その後でネットに巻きついた蔓を取り除く時間も馬鹿になりませんので、かなり大幅に時間が節約できるのではないかと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

クリスマスローズ

今日も1月とは思えないようなお出かけ日和になりました。
我家から13Km程先のところに、既に3年前になりますが国際園芸博覧会として実施された浜名湖花博の会場が、現在では浜名湖ガーデンパーク(入場無料)として、ほぼ当時の面影を残したまま新しい形の都市公園として残されております。
070129monegarden 今回は広い園内でのウォーキングを目的として出かけてきましたが、暖冬とはいえ矢張りこの時期ということからでしょうか、画家のモネが晩年を過ごしたジヴェルニーの家と庭を再現したという庭園も花の少ない寂しい冬の光景でした。
無論、現在では花博当時と同様な行き届いた管理はされてはいないということから、花博当時に見たような花をすべて見ることは出来ませんが、それでもこの中に百華園とういう当時約5000品種50万株もの国内最大級の植物コレクションがされたという場所が現在でのそのまま残っておりますが、ここには数多くの珍しい花が現在でも管理されながら残されているようです。
070129christmasrose1070129christmasrose2この花はクリスマスローズという花で、夏にはまったく動くことがなく休眠し、冬の時期に花が咲くという珍しい花だそうですが、百華園の林の中の遊歩道で見ることができました。
この他にも梅の蕾もそろそろ開き始め、8分咲きのアタミザクラを見ることが出来たり、チューリップ等の土の表面もかすかに動き始めてきましたので、もう少し暖かくなりますと更に花を楽しみながら歩くことが出来そうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

暖冬異変?

このところ毎日あちらこちらの色々なところから暖冬の情報が聞こえてきます。  このブログでも同様に温暖化については触れてきましたが、今年に入って1日だけ明け方に氷点下になったようですが、この時期で3月の陽気を思わせるような暖かい日が殆ど毎日続いています。
070124kyabetu我家の菜園でも、その手はじめが昨年の白菜に最初に現れ、次が以上に成長し過ぎた大根として、そして4 日程前にはとうとうキャベツ(写真)の爆裂という事態になりました。  時期を遅らせて種蒔きをしたものが順調に育っていますので心配はありませんが、それにしてもこの時期に薹立ちするというのは過去に経験をしたことがありません。
070126retasuこの他にも、10月28日に種蒔きをしたほうれん草が既に終盤を迎えており、10月24日に種蒔きをして春になってから収穫予定だったレタスがここに来て早くも巻き始めてきましたので、このままですとあっという間に成長することでしょう。  無論、例によって横着者の私は露地でありながらトンネルや寒冷紗も何も施してはいないのですが・・・。
ところで、我家のハイビスカスは夜の寒さで少し葉が黄ばんできて、花弁はとても小さくなってきましたが、蕾が相変わらず花びらが開こうとして頑張っています。
地球規模では大寒波の襲来しているところもあるようですが、この日本は少なくとも地球温暖化が原因となった暖冬なのでしょうね。。
まだ先の話になりますが、今年は梅雨の時期が長引くようなことも言われており、その後の夏の天候もとても心配になりますね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

柚餅子(ゆべし)を作ってみました

本来、柚餅子(ゆべし)とは古くから保存食や携帯食であったものが、時代と共に現在のような和菓子として変化してきたようですが、昨年の11月に愛知県の小原村(現在は豊田市)に四季桜見物に出掛けた折りに、立ち寄った茶店のお母さんから売り物ではありませんでしたが、僅かに切って出された柚餅子を口にしたものは、これは和菓子としてではなく間違いなく保存食として作られたものでした。
愛知県らしく八丁味噌がベースということで、八丁味噌の独特な風味と柚子と胡桃がマッチした酒のつまみにはもってこいの一品でした。
家に帰ってネット検索したところ、色々な柚餅子の作り方が紹介されていましたので、柚子が手に入った時には作ってみようと思っていましたが、高知県産の柚子が100円で4個と破格の値段で購入出来ましたので、早速作ってみることにしました。
~ゆべしの作り方~
070115yubesi1やや大きめの柚子の中を繰り抜いて、胡桃とすり胡麻の練り味噌を6~7分目しっかり詰め込みます。
070115yubesi2蒸し器の中に7個しか入りませんでした。
約40分ほど中火で蒸しましたが、少し多めに練り味噌を入れたものは少し吹きこぼれました。
蒸し器から取り出して少し冷やすと簡単に吹きこぼれた練り味噌が除去でき、柚子の上蓋もしっかり治まりました。
070115yubesi3乾燥していく際に上蓋が反らないようにキッチンぺーパーで巾着形に包んで糸で縛りました。
070115yubesi4後は紐で吊るして約2ヶ月ほど乾燥させると食べられるようになるようですが、久し振りに手間隙を掛けたこともあって、どんなものが出来るのか楽しみです。
時間が掛かった割りには、作業はとても簡単でした。
作り方については色々な方法があるようですが、このサイトがとても参考になりました。
今回の材料については、①柚子:7個 ②胡桃:100g ③胡麻:30g ④味噌:400g(八丁味噌:300g、白味噌100g) ⑤砂糖:大匙3杯 ⑥柚子の絞り液:3個分 としてみました。

ゆべし作りの調味料について  ( 2月14日追記事項 )

1ヶ月を経過したので試食をして見ました。  この結果、八丁味噌を使用して柚餅子(ゆべし)を作る場合には調味料の配分を少し変えることが必要に思います。
八丁味噌は、普通の味噌に比べ味が強いことから、甘味をもう少し増やすことが良かろうかと思います。  砂糖:大匙3杯のところをこの倍くらいの量に増やすとか練り味噌を作る時に味醂を使って調合しながら甘味を出すことも良いのではないかと思います。
最初に前述の規定量で作ってみて、その後甘味の調整をすることがベストですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

切干し大根作り

Daikon1Daikon3_1最近になってやっと朝晩の冷え込みと空っ風で本格的な冬がやってきたようなので、昨日切干し大根作りをしました。

070113daikon直径10cmとやや太り過ぎた大根を結果的に4本使用し、かなり厚めにスノコの上に切った大根を撒き散らしたと思いましたが、ちょうど一日経過した状態でこんな隙間だらけに乾燥しました。
どうやら5本全部を使っても良かったのかもしれません。(笑
この先、天気も良さそうな日が続くようですので、数日後には栄養価たっぷりの切干し大根として取り込みが出来そうです。

枯葉堆肥の醗酵が順調です

070113taihi8日に枯葉堆肥の切り返しをしましたが、どの程度醗酵しているのか確認をしてみました。
架けてあったシートを外したところ、写真では分かりませんが湯気がもうもうと立ち、温度計を中の方まで差し込んだところ60℃まで上がりました。  この後は2月の初め頃になったら、上の方の部分の醗酵の遅れた個所を中の方に切り返し、同様なことを数回繰り返すことによって、夏野菜を定植する頃には良い堆肥が出来上がると思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

冬のハイビスカス

今日も暖かな朝を迎え、8時半の時点で屋外の寒暖計は9℃を指しています。
こちらにお見えになる菜園ブログさんが部屋の中に置かれているハイビスカスの花が咲いているという記事に反応して我家のハイビスカスをアップしてみました。
ハイビスカスのことは、このブログでも数回取り上げましたが、昨年の冬は少し寒かったこともありしたが、この時期でこれほどの花が咲いて葉が一面に残っているということは記憶にはありません。
葉の色も黄色味を帯びてはきましたが、当分の間は枯れ落ちることもなさそうで、地球温暖化の影響であろうと思いますが、このハイビスカスを観察していると年々開花を続けている時期が後ろにずれていることが分かります。
070111hibiscusこの写真は今朝撮影したものですが、右上のカット写真はその下の一番右側に咲いている花ですが、夏の時期では朝起きると既に大きな花が咲いて、夕方には萎んでしまい翌日には地面に落ちてしまいますが、この時期になると花の大きさも夏の時期の半分以下の大きさになってしまいます。
もう一つの夏と冬の時期における大きな変化点は、屋外の場合には蕾から開花するまでの期間が長く、開花してから花が萎んで枯れ落ちるまでに4~5日はこのままの状態で花が見られますが、開花した以降に少しずつ花弁の先から丸まり始めて、花の大きさや色艶なども夏の時期のような華麗さは全くなくなってしまいます。
いずれにしてもハイビスカスは樹皮が普通の木に比べてとても厚く、その上柔らかいことから寒さにはとても弱く、氷点下を迎える頃には枝の先から凍傷を起こし枯れていきますが、今年はその気配も今のところ全くなく、このままの状態ならば葉を残して越冬をしてくれそうな気配です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

タイの長茄子の種の採取

070109hatugori今朝の7時に温度計を見たところ2℃を指していました。  起きて直ぐに回覧版をお隣りの家に持っていく途中、先日降った雨がそのまま残っている水溜りに氷が張っていましたので、大急ぎで家に戻ってデジカメで写真をとりましたが、それほど厚い氷でもなく指先で軽く突付いただけで割れるほどでしたので、明け方ではちょうど氷点下くらいだったのでしょうが、私がこの冬に確認した初氷となりました。
ちなみに今日の浜松測候所の測定温度は今年一番低い気温で1℃だったようです。
さて、昨年の12月に種採り用に残しておいたタイの長茄子を、日陰に置いたまま追熟をさせていたことをすっかり忘れていました。
070109nasunotane1案の定、真ん中から少し下の方の傷んでいた部分から腐り始めていましたので、その部分は捨ててしいました。
どうやら種は腐って捨てた下の部分の方が沢山あったようで、真中から上の方に行くにしたがって種は少なくなり、上の方の1/3くらいのところには全く種はありませんでした。
070109nasunotane2それでも全部で種は100個ほどを採取することができました。
写真の左側は今回採取したもので、右側がタイで購入してきたものを戴いたものですが、どうやらそれと全く遜色のないものが採取できたようです。
問題は発芽率と育成後の茄子の出来具合ですが、今年は双方の種でトライをしてみようと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

菜園の仕事始め

正月は穏やかな天気で迎えましたが、昨日は一転して冬の気圧配置となり、小屋の脇に立てかけてあった一輪車が吹っ飛ばされて倒れるほどの、強風と雨まじりの寒さの一日でしたが、今日は普段の天気に戻り、いつまでもゆったりとした気分に浸っていますと、ついつい身体がなまってしまいそうですので、暮に積込んだ枯葉堆肥の切り返しをすることにしました。
この時期は精米所の米糠の貰い手も少なく、久し振りに覗いてみたら米糠がてんこ盛りのまま残されていたので、堆肥の切り返し用に紙の米袋×2袋に詰めて貰って(無料)きました。
これから益々冷え込みも厳しくなることからホームセンターに立ち寄り、更に醗酵を促進させるために魚紛が良いということと、効果の程は解かりませんが生ごみアップZという発酵促進剤が入手できましたので魚粉の脱臭を兼ねて購入してきました。
先日、福岡のtocchannさんがブログのコメントで、園芸愛好者が落ち葉からレジオネラ菌に感染する事例があったと書かれておりましたので、新調したゴム引きの軍手とマスクを着用して、農用の4本爪フォークを使って慎重に実施しました。
060108karehataihi無論、まだ枯れ葉を積み込んでから日数もそれほど経過していないことと、この時期では寒さで醗酵もそれほど進んでいませんので、枯葉はそのままの原形を留めていますが、中の方の葉は適当な湿気でこげ茶色に変色をして醗酵が僅かですが進んでいました。
昼過ぎから曇り始めてかなり冷え込んできましたが、半分近くを軽トラックの荷台に取り分けてから、米糠と枯れ葉を切り返して魚粉や生ごみアップZを振りかけ、そして軽トラックから堆肥場に枯れ葉を戻し、同じ作業を繰り返しながら全ての切り返し作業が終わったのは2時間ほど掛かってからでしたが、下着のシャツは汗ですっかり濡れていました。
さて、数日後に今回の切り返し作業で、今度はどれくらいの醗酵温度に上がってくれるのかが楽しみです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

虹鱒の胡麻味噌焼き

同じ市内にお住まいで、昨年来このブログでお付き合いを頂いている野良先生は、釣りがとてもお好きということで、昨年は海釣りの釣果のお裾分けをして頂きましたが、昨日は天竜川の米沢池という管理釣り場で虹鱒釣りをされたということで、いつもながら内臓などを予めさばいた状態で立派な虹鱒2匹をわざわざ自宅まで届けてくれました。
手の込んだ調理はあまり得手ではありませんので、一瞬私の頭の中では塩焼き程度のメニューしか浮かびませんでしたが、野良先生から胡麻味噌焼きが美味しいということで、その手順を授かりましたが、比較的簡単に出来そうなことと家内は川魚が苦手なこともあって、酒のつまみに男の手料理としてやってみることにしました。
070105nijimasu1最初の手順は先ず白焼きにすることですが、この写真は白焼きにする前です。  白焼きは皮が焦げるくらいにしっかり焼いた方が、食べる時に香ばしくて美味しいそうです。
胡麻味噌の胡麻は練り胡麻のことで、そんな立派な料理は作ったことがありませんので、夕方の買い物で調達するこにして、昨日は白焼きまでの工程で一旦終了しておきました。
070105nijimasu2さてお次は胡麻味噌作りですが、ここからは男の手料理で大雑把で適当な領域に突入です。(笑  1匹ずつ2日間で食べることにしたため写真は1匹分の分量ですが、味噌小匙3杯、練り胡麻小匙2杯と砂糖少々を混ぜ合わせ、味醂を加えながら適当なペースト状にします。   味噌は冷蔵庫の中にあった一般的なものを使用しました。
070105nijimasu3焼きあがった虹鱒の腹の中に胡麻味噌を入れ、あとは両面にたっ
070105nijimasu5 ぷりと胡麻味噌を塗ってアルミホイルでくるんだら、オーブンに入れてしっかり温まれば完了です。  サランラップで電子レンジでチンしても良かったのかもしれませんね。
070105nijimasu4アルミホイルで包みましたので焼き時間は少し掛かりましたが、野良先生からお聞きした通り比較的簡単で、川魚の生臭さは全くなくとても美味しゅうございました。

これはまさしく副食としてというよりも、酒の友として最高の一品で、無論いつもより酒の量が増えてしまいました。(笑
野良先生に感謝、感謝です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

初詣

070103isemairi1恒例の初詣を、今年はぐ~っと足を伸ばして三重県の伊勢神宮に出掛けてきました。
過去、伊勢神宮には数回出掛けたことはありますが、初詣で出掛けることは初めてで少し心配でしたので、事前にネット検索したところ県営サンアリーナから伊勢神宮迄シャトルバスが出ているということでしたので朝9時過ぎにのんびり出発しました。
東名高速~伊勢湾岸自動車道~東名阪自動車道~伊勢自動車道と浜松から伊勢までの高速道が整備されていたことから、12時前にはサンアリーナに到着し駐車料金1000円を支払うと伊勢詣のステッカー(写真上)を戴いて、 シャトルバスに乗ると片道7.5Kmの道のりを渋滞で遅々として進まない自家用車を尻目に、あっけなく15分程で伊勢神宮の内宮前に到着しました。  自動車では1時間は充分掛かるでしょう。
070103isemairi2先ずは大鳥居をくぐって五十鈴川にかかる宇治橋を渡り内宮に向って進070103isemairi3みましたが、拝殿に向う石段にはこの通りの人出で賑わっていましたが、混雑を避けるために拝殿の参拝所は横に広くレイアウトされていて、思ったよりもスムースに進むことが出来、ゆっくりと願掛けをしてまいりました。
一年の参拝者の1/10が、この三が日で訪れるとシャトルバスの案内で言っておりましたが、矢張り半端な人出ではありませんでしたね。
070103isemairi4参拝を済ませ仲店通りのおはらい横丁に行き、先ず最初にお目当てのシンプルでとても美味しい伊勢うどんを食べました。  070103isemairi5
これだけでは少しもの足りず、伊勢では有名なまる天の揚げたてたこ棒をがぶりつきました。
070103isemairi6その後で、忘れずに伊勢うどんもゲットし、写真を写すのを忘れてしまいましたが赤福も忘れずに・・・。(笑
070103isemairi7 お腹も一杯になったところで、仲店の途中にあるおかげ横丁をゆっくりひと回りしてから、帰りは四日市付近で10Km程の区間で渋滞がありましたが、それほどの遅れもなく帰路につきました。  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

清々しい新年を迎えました

心配された天気も、朝起きると快晴無風のとても清々しい爽やかな青空で、自治会で恒例となっている遠州灘海岸での初日の出の会に行ってきました。
070101shougatu1私の家からは自転車で5分ほどで出掛けられる距離で、日の出の10分ほど前に到着し新年の挨拶を済ませたころ、水平線に僅かに雲が掛かったその上から見事な初日が出てきました。
初日に向って今年も家族が健康で穏やかな一年を過ごせられることを願ってしばし合掌・・・。
070101shougatu2午後からは、市内に住む2人の息子夫婦家族と82歳になる家内のお母さんを招いて毎年恒例としている新年会です。
10歳を筆頭に6歳、3歳の孫達に囲まれながら、というよりも相変わらずあちらこちらを走り回られながらの、とても賑やかなすき焼きパーティで楽しいひと時を過ごしました。
こうして、また今年も一つ歳を数えてしまいまいましたが、家内の体調も快復し家族全員の元気な姿に囲まれた幸せに感謝をしたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »