« さぁて、どうしましょうか茄子の種採り | トップページ | ムカゴと長芋 »

2006年12月 1日 (金)

少し遠出な日帰り温泉めぐり

いよいよ今年も師走を迎えました。
一昨年の秋に行きつけの散髪屋の旅行好きな奥さんから、静岡県の奥大井で山梨県との県境に近い南アルプスの麓の赤石温泉白樺荘という1軒湯宿(宿泊は不可)があって、静岡市の市営施設で入浴や休憩施設は無料ながら、その泉質は素晴らしく食事も中々美味しいという耳寄りな話しを聞き、直後にバイクで出掛けてみましたが、この時は台風の被害で道路が決壊して行き着くことが出来なかったので、昨日(30日)に家内と一緒に1年越しのリベンジをしてきました。
事前にネットで検索をしたところ、既に紅葉から枯葉と化して山の木々の葉も舞い始めているようで、その昔金嬉老事件でも有名になった紅葉の名所の寸又峡や接阻峡から赤石温泉は更に25Kmほど奥に進んだところで、更にその少し先は一般車両は通行禁止となる言わば秘境とも言って良い場所でした。
ちなみに、この直ぐ先には赤石岳縦走ラインがあって、皇太子浩宮殿下が昭和61年にこの山を縦走された折にこの白樺荘に立ち寄られたとのことで、この時の写真も掲げられていました。
寸又峡や接阻峡は紅葉の時期ならば、裕に30分以上の渋滞の巻き込まれる程の賑わいをみせる名所ですが、紅葉の時期も終わったということから、車の出足もめっきり少なく思ったよりも時間も掛からずに、140Km程の道のりを途中休憩もはさみながら3時間半弱で現地に到着しました。 
既に10数台の車が駐車しており、玄関を入ると最初に記帳が待っていました。
061130akaisi3台帳に記帳しようと思ったところ、その中にサッカーJリーグの現役最年長でジュビロ磐田に所属するゴン中山こと中山雅史の父親で、元岡部町町議会議員で現在は静岡県ローカルのテレビやラジオにたびたび登場する中山儀助さんの名前を見つけましたが、どうやら現在ではタレントと名乗っているようでした。(笑
061130akaisi4先ずは腹ごしらえということで食堂「らいちょう」に行ったところ、美味しそうなメニューがとてもたくさん並んでいました。061130akaisi5
061130akaisi6私が注文したのは、普段では食べることの出来ない鹿刺定食とムカゴ掻揚げ(2個入り)でしたが、中々美味しくいただけました。
さて、腹ごしらえも済んだところで早速温泉に入ることにしました。
061130akaisi1泉質は硫黄泉で浴室に入った途端に硫黄の臭いがぷ~んと漂い、風呂に入った途端に身体がヌルヌルするほどどで湯の花が僅かに見られましたが、居合わせた年配の方の話しでは、その昔は湯の花を持ち帰えれるほど白かったようです。
061130akaisi2入っている時に窓の外に野性の狸が陽だまりに近づいてきましたので、慌てて脱衣場からカメラを持ってきて狸を写しましたが、臆して逃げることもなく何とものどかな光景ではありました。(笑

流石に日中でも7℃と気温も低く、湯上り後に表に出ただけで湯冷めをするほどにひんやりしていましたので、残念ながら湯宿の写真を撮ることも忘れる程に慌てて車の中に駆け込んでしまいました。(笑
しかし、冷え切った身体も車に乗って走り出すと、いつの間にかポカポカと温かくなり、さすがに泉質の良い温泉ならではと感じるほどでした。
ゆっくり入浴を済ませ帰路に着くことにしましたが、実は事前にもう一ヶ所大井川沿いに道の駅川根温泉ふれあいの泉というところの泉質が良いということで、立ち寄ってみることにしました。
061130akaisi7_1往路では並走する電車を見ることもありませんでしたが、帰路では珍しく大井川鉄道の金谷駅~千頭駅間を走る秋の陽射しを受けながらちょうど鉄橋の上を走るSL観光列車に出会い、タイミング良く撮影することが出来ました。
3時半を廻った頃にもう1ヶ所の川根温泉に到着し、ここでも1時間ほどのんびりと温泉につかりました。  061130akaisi9ここの温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で源泉温度が49℃で湯量も豊富な上に、適応症としては筋肉痛、関節痛、運動麻痺や関節のこわばり等にとても良く、現中日ドラゴンズの落合監督が日ハムの現役時代に、東京からここまで月に数回通ったほど効果が顕著であったということで、この他にもこの温泉に通ったことによって体調が良くなったという数人の方から改善された事例付きでのお礼の手紙等も通路に掲載されていました。
061130akaisi8最後に日も落ちて暗くなった川根温泉の玄関前の写真を撮ってきましたが、やけに大きな提灯だけが目立つ写真となってしまいました。

今回出掛けた2ヶ所の温泉は、多分これから先も再び出かけたい日帰り温泉の一つに間違いなく加わることになるでしょう。

|

« さぁて、どうしましょうか茄子の種採り | トップページ | ムカゴと長芋 »

コメント

おはようございます。
昨日は、早起きで帰りが遅かったためか、疲れていたので、waka3さんの温泉巡りの記事を見逃してしまいました。・・・あわてものでゴメンなさい。
白樺荘の泉質は、そんなに良いのですか・・・温泉好きな私としては、一度は行ってみたいものですね。川根温泉には一度行ったことがありますが、その時は、ウィークデーなのにもかかわらず、混雑してたことと彫り物を彫られた方が入浴してきたので、そそくさと湯からあがったことを覚えていますが、・・・そんなことから泉質は覚えていません(笑
それはそうとSLの写真はなかなかの出来栄えで、good timingでしたね。
では。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年12月 3日 (日) 08時02分

野良先生>
行かれたことがあるかどうか解かりませんが、同じ静岡の奥にある梅ヶ島温泉の泉質も良く似た感じだということですが、居合わせた方の話ですと、梅ヶ島温泉よりも入った時のヌメリ感は強いということです。
是非一度お出掛けになってみてください。
千頭迄は大井川の東岸を行かれた方が道が良いように思います。 また、接阻峡を過ぎて井川湖までは道が細くなりますが、舗装はされていて大型進入禁止となっていますので、さほど問題ないと思います。
SL列車は各駅停車で時速50Kmで走っていましたので、追い抜いてはポイントの良さそうなところで幾つか撮影できました。

投稿: waka3 | 2006年12月 3日 (日) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/12895756

この記事へのトラックバック一覧です: 少し遠出な日帰り温泉めぐり :

« さぁて、どうしましょうか茄子の種採り | トップページ | ムカゴと長芋 »