« 四季桜と紅葉を求めて | トップページ | さぁて、どうしましょうか茄子の種採り »

2006年11月25日 (土)

カマキリの巣

今日は穏やかな小春日和となりました。 どうやら明日からは天気が愚図つくようなので、午前中に大急ぎで生垣の槙の木の整枝をしました。
最近では植木用の鋏ではなく、電動の生垣バリカンで作業が出来ますので、段取りが済めば比較的短時間で終了することができます。
061125kamakirinosu整枝作業をしていたところ、枝の見えない部分に巣くられていたカマキリの巣が突如現れました。  電動バリカンですから簡単に整枝が出来ますので、あっという間の出来事でしたが、もう少しでうっかりカマキリの巣を切り落としてしまうところでした。
整枝作業をしていたところ、全部で3個のカマキリの巣を見つけました。
カマキリの巣は正式には卵嚢(らんのう)というようですが、この中にたくさんのカマキリの卵が入っていて、春になると孵化してカマキリの子供が出てくるようです。
しかし、暖かい空気に触れたりするとカマキリの子ども達は春が来たと勘違いし、次々と孵化してしまうそうですのでチョット心配になりますが、この辺は氷点下になるこはめったにはありませんので、間違って生まれてきたとしても何とかなることでしょう。
まあ、その時にはカマキリさんごめんなさい。 m( _ _ )m

|

« 四季桜と紅葉を求めて | トップページ | さぁて、どうしましょうか茄子の種採り »

コメント

こんにちは。
槇の木の整枝、ご苦労さんでした。それにしても蟷螂の巣が3個ですか。蟷螂の巣は見たことがありますが、卵嚢ということは知りませんでした。
今日、畑へ行ったら、まだバッタが飛んでいましたし、青虫がまだ発生しています。浜松はほんとうに暖かなんですね。
では。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年11月26日 (日) 11時43分

こちらは、昨日、今日の午前中まで小春日でしたが、
午後3時をまわりましたら、今にも泣き出しそうな
空となりました。11月も後4日余りになりました!
螳螂の巣は見たような、見なかったような、今度は
しっかり見て見たいと思いました♪

投稿: temari | 2006年11月26日 (日) 15時57分

電動バリカンをお使いですか、うちは生垣の面積も小さいので大鋏でぼちぼちやっています。カマキリの巣は付いていませんが、たまに蜂の巣があって「花蜂」の巣と判っていても戦闘態勢で取っています。

投稿: 菜園ブログ | 2006年11月26日 (日) 20時24分

野良先生>
そういえば今年はカマキリをたくさん見ました。
3個のうち一つはバリカンでバッサリやってしまいましたので、可哀想ですがそのまま刈り取った枝葉と一緒に捨ててしまいましたよ。
モンシロチョウはほとんどといって良いほど見かけなくなりましたが、葉の裏にでも生みつけられたと思われるアオムシがまだまだ油断できませんね。
ほんとに困ったものです。

投稿: waka3 | 2006年11月26日 (日) 21時02分

temariさん>
カマキリはほとんど畑では巣を作らずにその辺の生垣や庭木などに作るようですね。
ほとんどが見えないように上手に作るようですので、中々見つけることは出来ませんが、今回のように整枝をしていると比較的見かけることがあるかと思います。

投稿: waka3 | 2006年11月26日 (日) 21時24分

菜園ブログさん>
バリカンを一度使いましたら大鋏は持てなくなってしまいました。(笑
生垣の整枝は年に2回整枝をすることにしておりますが、昨年一回手抜きをしましたら枝が伸びて2日掛かりとなって大変苦労をしました。
今年は幸いにも蜂の巣は小屋の中に作られただけで、生垣には見つかりませんでした。 もっともこの時期ですと蜂の巣があったとしても、蛻けの殻ですので心配はありませんが・・・。

投稿: waka3 | 2006年11月26日 (日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カマキリの巣:

« 四季桜と紅葉を求めて | トップページ | さぁて、どうしましょうか茄子の種採り »