« Viva! 岩手みどり豆 | トップページ | 四季桜と紅葉を求めて »

2006年11月19日 (日)

豌豆の発芽

今日は朝から愚図ついた空模様で昼前から雨が降り始め、どうやら日中の気温も15℃ほどと今年初めての冷え込みになりそうです。
お陰で今まであれだけ飛んでいた蝶も影を潜めて、朝のアオムシ取りもほとんど僅かしか見かけなくなり、やっと毎日の仕事ではなくなりました。(笑
さて、この辺は暖地でもあることから、豌豆類は春蒔きをするという習慣はまったくなく、私も例年11月10日前後に種蒔きをして、越冬させてから翌年の5月になっての収穫という方法としております。
061119endou今年も9日に白花蔓あり絹さや豌豆、スナック(スナップともいう)豌豆、ツタンカーメンの豌豆の3種類を播種しましたが、何れも時を同じくして播種から9日目の17日に発芽しました。

問題なのはこれから先の12月に入り蔓が延び始めた頃から、この辺は強い季節風(空っ風)が吹きはじめます。  このために、そのまま放置しておくと伸びた蔓が風にあおられ根本から千切れてしまいますので、木枯らしが吹きはじめた頃の農作業はどうも苦手なものですが、ネットを張って早目の対処が必要となります。

菜園ブログさんより豌豆の越冬対策についてのコメントを頂きましたので、Tutankamen1私流の昨年実施した方法を追加しました。  最初は稲藁だけの風除けを蔓切れ防止のために、1月になって蔓が伸びはじめたら実施します。
Tutankamen更に3月に入ると蔓が伸びはじめますので、稲藁と豌豆を挟むようにネットを張って、ネットに蔓を絡ませて広がりの防止にもしています。
これ以外には特別には何もしません。
この辺にはあちこちで自生している笹竹が簡単に手に入り、この方法を採用している方もおりますので、これですとネット代わりにもなり比較的簡単でネットも必要もありませんので、今回はこの方法もやってみようかなと思っています。

カリフラワーの収穫

キャベツや白菜の既に収穫は進んでいますが、ここに来てカリフラワーがどんどん大きくなってきました。
061119cauliflowerカリフラワーは大きくなり始めると比較的短期間に大きくなりますので、まだかなり小振りで収穫するのにはやゝ早いような気もしましたが、最初の植付け分として15本とかなり欲張って作りましたので初採りをしてみました。  収穫したところまだ540gの重さでした。
茹でたものを単にマヨネーズを掛けて食べるの美味しいのですが、ガーリック味で炒めたものを食べるのがとても好きで、スパゲティと一緒に和えてもとても美味しく、この先いろいろな食べ方が楽しめそうです。
後口として定植したものもかなり大きくはなってきましたが、こちらの収穫は年が明けてからとなりそうです。

|

« Viva! 岩手みどり豆 | トップページ | 四季桜と紅葉を求めて »

コメント

豆類の越冬についてはどのようにしておられますか? 私は防風・保温・防虫を兼ねて、タフベルと言う布のトンネルに入れて越冬させていますが、どうも過保護になり過ぎて株が大きくなります。
 来年の2月15日で農園の契約期限になり、移転のこともあってポット育苗をしていますので更に結果が良くないと心配しています。
 カリフラワー素晴らしいですね。うちは15株の半分ですが、それでも一度に採れるので、目先を変えて料理をしています。昨日は、チーズ3種類で作ったソースをかけて焼いたグラタンにしましたが、こってりとした美味さで好評でした。

投稿: 菜園ブログ | 2006年11月19日 (日) 14時57分

菜園ブログさん>
今日はとうとう日中の気温が15℃に達することはありませんでした。
豌豆類の越冬対策はブログに追記してみました。
特に防風、保温については雪が降ることもありませんし、この程度のことしか実施しておりません。  これも暖地がゆえの恩恵ということなのでしょうか。
稲藁のない時などは、玉葱などにも使用していますが、防風ネットを風が吹いてくる側に立ててあげるようにしております。

投稿: waka3 | 2006年11月19日 (日) 18時52分

こんばんは、
エンドウの冬場の風対策や蔓対策のネットについて、たいへん参考になりました。ツタンカーメンのエンドウへの風対策は、からっ風が吹く前にやらなければと・・・思いました。
ありがとうございました。
おやすみなさい。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年11月19日 (日) 19時02分

野良先生>
いやはや、参考になりますものかどうか・・・。
ちなみに上の写真はツタンカーメンの豌豆で、既に葉の色も紫色が出始めています。
さて、明日はお天気も上がりそうなので紅葉狩りにでも出掛けてきましょうか。(笑

投稿: waka3 | 2006年11月19日 (日) 19時38分

ネットで蔓の広がり防止はイイですね。今年はエンドウを作る予定はありませんでしたが、昔のタネが出てきたので試しにポットに蒔いていました。その後、普通に芽が出て育ってきたので畑に定植しました。2002年用のタネでしたがけっこう持ちますね~。

投稿: 福岡のtocchann。 | 2006年11月20日 (月) 01時28分

福岡のtocchannさん>
実はこれが笑っちゃうんですが、冬になるとこの辺は毎日強い西風が吹きまくりますので、結構網をくぐって反対側に出ちゃうんですよ。
気が付いたらまた蔓の先端を反対側に戻したり、豌豆との追いかけっこになります。
もう少し網の目の大きなものの方が、むしろ最適なようですね。

投稿: waka3 | 2006年11月20日 (月) 09時24分

こんばんは、
その節はご心配を頂きまして有難うございました。
おかげさまで体調もだいぶ整ってきました。
この週末は初氷、初霜も観測されました!!
豌豆とは絹さやの事でしょうか(年内の種蒔きですか)
ボチボチと動きますのでよろしくお願い致しますm(__)m

投稿: temari | 2006年11月20日 (月) 20時22分

temariさん>
体調が良くなられてた由、よろしかったですね。
そちらでは初氷、初霜が観測されたようですが、こちらも朝晩はめっきり冷え込んできましたが、それでも朝の気温が10℃ほどと、まだまだ過ごし易い日が続いております。
家内も還暦を前に、過去にまったく病気をしたこともなく、ましてや自覚症状もなかったのですが、昨年突然めまいがして倒れ救急車で運ばれ、結果的には「埋め込み型除細動器(ICD)」によって心臓の拍動を補うという身体となってしまいました。
これから寒さも少しずつ増してまいりますが、どうぞお身体にはご自愛され、無理をなされないようにお過しください。

投稿: waka3 | 2006年11月20日 (月) 22時36分

わざわざ写真付きで追記をして頂き恐縮です。この冬は参考にさせたいただきます、有難う御座いました。

投稿: 菜園ブログ | 2006年11月21日 (火) 23時10分

temariさん>お久しぶりですね~(*^_^*)体調崩していたみたいね?
チーちゃんも大変だったんよ・・婆の事で・チーちゃんはカラ元気(笑)
大切にしてね・折角の元気を!

婆の2回目の認定が昨日、終わりました。。なんと判断が下されるか??
それで、主治医意見書が必要な為、27日(月)病院へ行きます・これが終われば
次は、ようやく一年後まで有りません・ケアマネが変わったりで、チと!忙しかったデス

サヤ豆の網の周りに、広がり防止用に紐を廻すのが、チーちゃん流です
・・でも、その前に豆が出てくれない事には、話になりやせん!

投稿: チーちゃん | 2006年11月22日 (水) 11時36分

チーちゃん>
介護認定って2回もあるんですね。
私のお袋の時は一度来て直ぐに役所から認定結果の連絡があり、比較的簡単だったように思いましたが・・・。
いずれにせよ、一つずつ無事に片付いていくようでなによりです。

投稿: waka3 | 2006年11月22日 (水) 21時26分

違うの一般、自宅で審査を受けてた人は一年に一回ですが
病院に入ってた人は、良くなると見込んで、半年で来るんです。

投稿: チーちゃん | 2006年11月23日 (木) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豌豆の発芽:

« Viva! 岩手みどり豆 | トップページ | 四季桜と紅葉を求めて »