« カボチャの種 | トップページ | 白菜の初収穫? »

2006年10月30日 (月)

万葉まつり

先月の中頃に昨年の合併で現在は浜松市となりましたが、お隣りの旧浜北市の小高い森の中に14年前に開園されたという万葉の森公園に行ったたところ、浜北万葉まつりが10月28~29日と開かれるということで、二日目の昨日に行ってきました。
昼飯を済ませ、ちょうどタイミング良く開式の15分ほど前に到着しましたが、会場の曲水庭園の前には数百人の人が見えていました。
061029manyoumaturi1 曲水の宴は、庭園に作られた曲がりくねった細い流れを舞台として繰り広げられます。  この写真は、この冬至の装束を身にまとった参宴者が、流れの岸に座ったところで、演舞者が越天楽を舞っている風景です。
この宴には催主、参宴者の他に歌人、雅楽を奏でる奏者や童子、侍女など総勢で4~50名の人たちで構成されていました。
061029manyoumaturi2さて、宴の方は催主が流れの一番上手から酒を注いだ盃を流しますと、盃が自分の前を流れすぎる前に即興で詩歌を詠み、自分の前にきた盃の酒を飲み干すという、平安時代に大宮人の優雅な遊びだそうですが、私のように普段ちょこまかと忙しない人間にはとてもこの時代のゆっくりとしたテンポには付いていけそうにもありませんでしたが、久し振りに優雅なひと時に触れ合うことが出来ました。
珍しいことに奥から2人目は会社時代の私の友人が文官として参加していました。
061029manyoumaturi3 この他にも万葉の森の会場では、秋の七草を使って楽しむ生け花細工や草木染め、用意された平安衣装を着ての写真撮影会や、珍しい野菜や鉢植え等の出店も並んでおりました。
秋の七草が全て使われて作られた、どなたかの作品をお借りして写してみました。
 「萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」

|

« カボチャの種 | トップページ | 白菜の初収穫? »

コメント

「万葉の森公園」は存じませんでした。
一般の方も出演される催し物をいろいろ工夫されていますね。 お祭りのない時は、植物公園のような場所として公開されているのでしょうか。

投稿: 菜園ブログ | 2006年10月30日 (月) 20時48分

菜園ブログさん>
私も初めての経験でしたが、中々見事な万葉の宴でした。
この万葉の森公園には、良く手入れがされた「万葉四季の花園」というのがあって、夫々の草木に万葉の歌が添えられた表示がされていますので、ゆっく眺めながら楽しめます。
もっともこの時期になりますと、花はあまり見られず葉も枯れはじめてきますが・・・。
何といっても、資料館を含め無料で公開されており、館内ではご希望の方は説明もしていただけます。
広い庭園は散策するだけで、空気も良くとっても良い運動にもなりますよ。

投稿: waka3 | 2006年10月31日 (火) 09時19分

おはようございます。
浜北万葉まつりに行ってきましたね。私は、万葉まつりはテレビや新聞の記事で見るばかりで、実際に見たことがないです。曲水の宴の画像からは、古代の雰囲気が感じられ、さぞや優美な空間を感じ取られたことでしょう。万葉まつりを一度は見学したいと思っています。とても、雅な雰囲気を垣間見させていただきありがとうございました。
では。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年10月31日 (火) 09時21分

野良先生>
先月出掛けた時に忘れないようにメモをして置きました。
物忘れが早いためにフリーのカレンダーソフトで、既に8年前から使用していますが、スケジュールメモがパソコンのスイッチを入れると画面に表示され増すので、それを確認をして行動するようにしています。(笑
後から記録したことも確認できますので大変便利ですよ。
一度は見ておかれるのもよろしかろうと思います。
意外と皆さんには知れ渡っているようでもなさそうですが、カメラマニアの方ははとても沢山来ていました。

投稿: waka3 | 2006年10月31日 (火) 10時57分

こんにちは、曲水の宴の画像をクリックしました。
平安時代の雅な宴、毛越寺5月の連休にありますが、
いつも見送ってばかり(一度は行きたいと思っています)

投稿: temari | 2006年10月31日 (火) 14時39分

temariさん>
この様な催しを今迄に見る機会もなかったのですが、チョットしたきっかけで見ることが出来ました。
岩手の毛越寺でも曲水の宴が催されるのですね。  どうぞ例年こそは是非お出掛けください。

投稿: waka3 | 2006年10月31日 (火) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/12486192

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉まつり:

« カボチャの種 | トップページ | 白菜の初収穫? »