« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

万葉まつり

先月の中頃に昨年の合併で現在は浜松市となりましたが、お隣りの旧浜北市の小高い森の中に14年前に開園されたという万葉の森公園に行ったたところ、浜北万葉まつりが10月28~29日と開かれるということで、二日目の昨日に行ってきました。
昼飯を済ませ、ちょうどタイミング良く開式の15分ほど前に到着しましたが、会場の曲水庭園の前には数百人の人が見えていました。
061029manyoumaturi1 曲水の宴は、庭園に作られた曲がりくねった細い流れを舞台として繰り広げられます。  この写真は、この冬至の装束を身にまとった参宴者が、流れの岸に座ったところで、演舞者が越天楽を舞っている風景です。
この宴には催主、参宴者の他に歌人、雅楽を奏でる奏者や童子、侍女など総勢で4~50名の人たちで構成されていました。
061029manyoumaturi2さて、宴の方は催主が流れの一番上手から酒を注いだ盃を流しますと、盃が自分の前を流れすぎる前に即興で詩歌を詠み、自分の前にきた盃の酒を飲み干すという、平安時代に大宮人の優雅な遊びだそうですが、私のように普段ちょこまかと忙しない人間にはとてもこの時代のゆっくりとしたテンポには付いていけそうにもありませんでしたが、久し振りに優雅なひと時に触れ合うことが出来ました。
珍しいことに奥から2人目は会社時代の私の友人が文官として参加していました。
061029manyoumaturi3 この他にも万葉の森の会場では、秋の七草を使って楽しむ生け花細工や草木染め、用意された平安衣装を着ての写真撮影会や、珍しい野菜や鉢植え等の出店も並んでおりました。
秋の七草が全て使われて作られた、どなたかの作品をお借りして写してみました。
 「萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花また藤袴、朝貌の花」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

カボチャの種

先月、ひょんなことからMook「おいしい野菜づくり」に趣味の種採り人ということで、スクナカボチャを持った写真が掲載されましたが、その中で私のホームページのURLが記載され、更に「ここを通して年に数回、自家採取した種をわけてもらえる」と書かれていましたが、私のホームページ上の「種苗提供コーナー」には、提供品が掲載していない期間中の問合せには、一切返信もしないと唱ってあるために、最近ではこのルールが定着して提供終了期間中の問合せは全くなくなっていることから、特に問題もなかろうと多寡を喰っていました。
ところがインターネットをやっておられない年配の方が、記事を読んで雑誌社へ直接問合せをし私が編集者に住所連絡を許諾したことから手紙での問合せが舞い込んだり、記事の中の浜松市と私の名前を頼りに、NTTに電話番号問合せをして岡山市内からわざわざ電話を掛けてきたりと、その反響に少なからず驚いております。(笑
今のところ3名の方からだけですが、スクナカボチャの種を分けてほしいと言うのがその主旨で、既にスクナ(宿儺)と雪化粧の2種類のカボチャの種は確保済みでありましたが、もう一度種の割れや変形の他、小さなもの等を除外して良いものだけに選別をして必要量の確認と確保をしておきました。
061027kabochanotane 選別結果、約7~80粒の種が残りましたが、子供の頃母に種を炒ったものを食べさせられた記憶が甦り、捨てるのももったいないことからネット検索で炒り方を調べてみたところ、種にはリノール酸を多く含んでおりコレステロールを下げ、動脈硬化の予防にも良いと書かれていましたので、早速フライパンを使って炒ってみました。
食べるのためには、皮を剥くのがかなり面倒ですが、ビールを前において左手にカボチャの種、右手にラジオペンチを持って、そ~っと割ると中から出てきた僅かな量の種の実は大変香ばしく、その一つ一つをゆっくり噛みしめながら、ビールを一口そしてまた種を割るを繰り返しました。
そんなこんなで、缶ビールをひとつを空けるのに20分くらい掛かったでしょうか。
結構昔を思い出しながら楽しめました。  でも、まだまだいっぱい残ってるなあ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

e-Tax(イータックス)に物申す

取り立てて、ど~って言う話しではありませんが書いてみました。
かって会社勤めをしていた時には、全くその必要もなかった納税申告が、リタイアした以降はその時期が来る度に自らの手で確定申告書の作成が必要となったが、3年前からインターネット上での確定申告書等作成コーナーを利用するようになってから、入力後に演算機能を持ったこのコーナーは電卓とペンが不要で短時間で作成できることから、これについてだけ言えば大変便利に感じていました。
過日、確定申告書等作成コーナーを利用して確定申告を毎年税務署に提出していた利用者を対象とした、e-Tax(国税電子申告・納税システム)に関するアンケートと講習会の申込みの案内が舞い込んだので、物は試しと申し込んでみることにし、その講習会が昨日ありました。

さて、ここからが問題のe-Taxについてですが、作成した書類を税務署にいちいち送付したり持ち込むことなく終了することが出来れば、確かに納税者だけではなく国税庁にとっても事務効率化の上で、素晴らしいシステムと言えることができるのであろうが、果たして如何にであるかの顛末記をこの講習会から少し触れてみることにしました。

先ず、e-Taxを利用するにあたっては、事前に電子申告・納税システム開始届を国税庁のホームページから実施する必要があります。
これが完了すると2週間前後でe-Taxソフト(CD-ROM)が送られてきます。
ところがこれで全てが完了し、後は作成した確定申告書がこのシステムを使って処理できると思ったら大間違いなのです。

このシステムを使うに当っては、所轄の市町村の窓口に出向き住民基本台帳を取得し、公的個人認証サービスに基づく電子証明書(IDカード)なるものを取得する必要があります。  このためには地域によって多少の金額の差はあるようだが、各々の費用に各500円の1000円を自腹で支払わなければならない。
その上、厄介なことは、e-Taxで確定申告等のデータを送るに当って、電子証明書を使って個人の証明をしなければならないが、このためには電子証明書を読み取らせるためのカードリーダーを購入しパソコンに接続しなければならない。
尚、取得した電子証明書の使い道についてだが、日常的には公的個人認証については、運転免許証や健康保険証等で実施することができることから、この電子証明書は普段では効をなさない無用の長物となることだ。
更に厄介なことは、電子証明書の有効期限が3年間と限定されていることから、その都度市町村の窓口に出向いて、手数料を支払って更新しなければならない。  また運転免許証等と違って、期限切れの案内などは届かないということだ。
今回の講習会では、カードリーダーは用意されてあったものを使って実施したが、これは3~4000円で入手できるとのことだが、これも自腹で用意することになる。

ここまで書いたところで、既にお解りの頂けるかと思いますが、本来なら税金を支払う側が5000円もの金を費やしてまで、この様な一見馬鹿げたとも思えるシステムを使って納税をしなければならないかということです。
本来ならこのシステムが機能すれば、事務の簡素化と効率化による効果は国にとっても相当大きなメリットがあるはずで、このシステムを積極的に活用とするユーザー、即ち納税者には、この種の費用を国税庁が負担すべきこそが道であろうと考えるのは、どうやら私だけではなく今回の受講者も感じておられたようでした。

まあ、100歩譲って費用の件は伏せたとして、もう一つこのシステムに連動し解決されていない問題として、源泉徴収票やその他の申告に当って必要とする各種添付書類については、電送の手段がないことから別途郵送をしなければならないということである。
それならば、今までと同様に確定申告書等作成コーナーで作成した書類を添付書類と一緒に郵送することと何等変わらないわけで、国税庁にとってはシステム化をした意味はあるのかもしれませんが、納税者にとってのメリットは思い浮かんでくることはないように思います。

費用の自己負担や周辺のみ解決部門等のところを担当者に尋ねたところ、しどろもどろも良い所で「この辺のところは色々検討されているようですが、今のところは・・・」だけで、システム開発だけが優先して周辺環境が全くの置き去りにされており、正に役人の考える思考先行型で実のないシステムとしか言いようがなく、講習を受けていて腹立たしくなってきた。
これだけ莫大な費用を掛けて作ったシステムが、ユーザーから見向きもされないことになれば民間会社なら即倒産に追い込まれること間違いなしだ。   ったく

まあ、今回は1000円だけの被害で勉強が出来たと理解しながら、次回の確定申告も従来通りで実施することにしましょう。(笑

               ****************************
ところが、平成18年度分の所得税の確定申告を2007年2月22日にe-Taxを利用して実施する機会を得ました。 これに関する記事はこちらに掲載しました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

里芋を掘る

久し振りに昨夜は僅かながらだが雨が降ったようで良いお湿りになったが、どうやら今晩にも降ってくれそうな予報だが、なんとかもう少し降ってもらいたいものです。
061023satoimo1 さて、皆さんのブログや掲示板では、既に里芋を掘リ始めたという記事を目にしておりますが、我家の里芋も下葉が少しずつ枯れ始めてきましたので、昨日初めて掘ってみました。

061023satoimo2先ずは1株だけ掘ってみましたが、何と4Kg程の塊茎にまで育っておりました。
もっとも、食べずに捨ててしまう親芋が結構重いのですけどね。(笑
061023satoimo3 早速一つ一つに分解してみましたが、一番右が親芋で、その隣りは最初の小芋?で、後が美味しくいただける今年の里芋ですが、まあまあの出来栄えといって良いでしょう。

大きいものは定番のイカと一緒の煮っ転がしと、小さなものは蒸してから手で皮を剥いて醤油をつけてあっさりと食べるのがとても好きです。
里芋は掘って貯蔵せずに、来年まで食べる時に掘り返しては収穫します。

ジャガイモの花

061023jagaimo 数日前にジャガイモの蕾が膨らみはじめていましたが、天気も良かったことからでしょうか、ここにきて一気に開花しはじめました。
春のジャガイモに比べて樹勢は全く変化ありませんが、アンデスレッド独特の花弁の紫色はかなり色合いが薄いように思います。
特にこれが収穫に影響することは、かってありませんので心配はしておりませんが、覆土もひび割れが見えはじめてきていますので、地中ではジャガイモが一生懸命成長してくれていることでしょう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

レタスの結球

このところ相変わらず良いお天気が続いていますが、下のブログ(18日の記事)の胡瓜が8~9月の暑い時期ですとあっという間に大きくなって食べる時期を逸してしまいますが、やっと昨日の夕方になって収穫出来ましたので、野菜たちはその時期の気候に敏感に反応しているのでしょうね。
さて、そんな中で最初に定植したキャベツや白菜はしっかりと結球し、白菜はもうすぐ収穫出来るまでになりました。
061021retasu その後、2回目のキャベツやブロッコリーを定植した時に一緒に定植をしたレタスが結球をし始めました。
この時に定植したキャベツやブロッコリーはまだまだそれほどの大きさではありませんが、この調子ですとレタスはかなり早く収穫が出来そうですので、年明けの収穫用には第2弾の準備をしないといけないようですが、果たしてこれからでも良いものやら・・・。
とりあえず明日にでも種蒔きを試みることにしましょう。

白菜のお邪魔虫 =ハスモンヨトウ=

実は昨日まで今回は家内と一緒に信州方面に泊り掛けで温泉巡りにいてきましたが、またまた2日間留守にしただけで、今朝じっくり葉菜類の確認をしたところ、キャベツやブロッコリー、芥藍等にはそれほどアオムシは見つかりませんでしたが、白菜の一つにハスモンヨトウがしっかりと寄生していました。
白菜に寄生したアオムシ程度なら可愛いものですが、これにやられたら白菜は完全に中まで喰い荒されてしまいますので注意が必要です。
白菜に寄生するハスモンヨトウは簡単にその存在は確認できますので、見つけて退治をしておけばそれほど大きな被害をこうむることはありませんが、そのためには結球し始めた葉を少しめくって覗き込み、葉が喰われて廻りにウンチが見られたらどんなに小さくても必ず見つけ出すことが肝心です。
これで、何とかこの白菜も被害は免れそうです。(笑

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

胡瓜が収穫出来そう♪

061018kyuri 盛夏を過ぎた8月24日に種蒔きをした四葉胡瓜2本が温室の中で育ち、ここにきてやっと収穫出来るまでに至りました。
葉の緑も濃く順調に育っているようですが、蔓の太さや脇芽の伸びが夏の胡瓜と違ってやや勢いがないように思います。
この後は、所詮温室の中とはいえ夜になれば地温も下がってきますので、どこまで行き着けるのか初めてのことでもあり心配ですが、反面とても楽しみでもあります。
今晩あたり収穫できそうかな。 (*^-^*)ノ

ジャガイモの花の開花も間近

061018jagaimo 9月6日に植え付けたアンデスレッドも、今年は一つとして地熱で腐ることもなく順調に育っていますが、花芽が膨らみはじめて花弁が見え始めてきました。
あと数日で咲き始め、11月の中旬過ぎまで咲きつづけた後で、いよいよこちらでも少しずつ寒さが増してきて、12月に入ると気温も朝方は5℃前後になってくることがありますので、この辺りから葉が枯れ初めて12月10日頃には収穫を迎えることになります。
そしてこのジャガイモが次の春ジャガまでの繋ぎとなってくれます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

いや~、疲れました

久し振りの2日間730Kmの長距離ツーリングは、絶好のツーリング日和で快適な旅を楽しむことが出来ました。
途中、東名高速道路の集中工事による7~8Kmも渋滞する自動車を横目に見ながら、富士周遊道路、甲府市内を抜け軽井沢から草津温泉を経由し、道路のすぐ近くで噴煙と硫黄の匂いも漂う山あいを流れるように走り、次には初めて見る山肌が白っぽい色をした白根山を眺めながら、志賀高原を抜けて湯田中温泉迄は、まさに秋真っ盛りの紅葉を充分満喫できた往路395Kmでした。
061012yudanaka1 まかいの牧場から見た富士山には、先日7日の昨年より4日早いという初冠雪がうっすら残っていました。
061012yudanaka2北軽井沢のどこまでも続く紅葉の中を美味しい空気を吸いながら快適に走る。


残念なから、この後の草津志賀高原道路では、もっぱらワインディングを楽しみながら景色を楽しむことで、写真撮影はしませんでした。
061012yudanaka3 浜松メンバーは予定時間よりも少し早目の3時45分にホテルに到着し、その後各地からも三々五々現地に結果的には45名が集結しましたが、一番遠いところでは東大阪からやってきた御歳67歳の約500Kmの道のりでした。
この後は、ゆっくり温泉につかり大宴会では半年振りの積もる話で旧交をかわし、その後二次会では場所を変えて、夫々の部屋に戻ったのは12時近くでした。
まあ、皆さんよく身体が持つものですね。(笑
翌日は朝6時少し前に起床し、ホテルで外湯に入るための鍵を借りて近くにある3ヶ所の外湯巡りに出掛けました。
061012yudanaka4一之湯(大湯) 浴槽が2つあって、1つは60℃でここにはさすがに入れませんでした。  もう1つは46~7℃だそうですが、冷まし水を入れながら入りましたが、まあ熱かったこと、でもとても気持ちよかったです。  朝早くから近くのお年寄りがバイクで来ていました。
061012yudanaka5二之湯(平和の湯) 湯温は家庭のお風呂より2~3℃高めといったところでしょうか、お隣りの女湯には朝早くからお近くの方が見えられていたようです。
ここでだけは、少しだけゆっくり入れました。
061012yudanaka6三之湯(脚気の湯) ここも湯温は50℃だそうで、冷まし水を入れチャレンジしましたが、僅か2秒であっけなくダウンしました。(笑
どうやらこれらの外湯は共同浴場だそうで中はとても清潔で、全てオートロック式となっており、この地域に住まわれている方は、鍵持参で何時でも入浴できるそうで羨ましい限りでした。
この他にも一日中無料で使える足湯があって、流石に湯処といった感じでした。
食事を済ませた後で、今回はバイク雑誌の取材がありましたので、撮影なども9時少し前終了し次の再会を約しながら、再び夫々の地に向って散会しました。
浜松チームは信越道、長野道を走って安曇野を少し散策してから、再び長野道、中央道で伊北ICで降りて赤蕎麦の里に立ち寄りました。
061012yudanaka7昨年10月20日に出掛けた時には既に花も終り加減でしたが、今年も全く同じ状態でガッカリしましたが、少し離れた一つの畑だけが何故かこのように綺麗な花が咲いていました。
061012yudanaka8 留美庵に立ち寄り、十割蕎麦ながらシッカリと腰のある赤蕎麦をいただいて、満腹になった後、いよいよ自宅に向かって走り、夕方の5時半には全員が無事に帰宅できました。
さすがのこの日は家に帰って風呂に入り、食事を済ませて横になってテレビを見ていたら寝てしまい、さながら冷凍マグロと一緒だったようで、翌朝家内から聞いたらビックともしなかったようでした。

061014aomusi ところで今朝起きて畑を見に行ったところ、矢張り心配していたとおりキャベツとブロッコリーにはアオムシが全部で20匹近く葉の裏側に、白菜には2匹だけでしたがハイマダラノメイガ(ダイコンノシンクイ)の幼虫がいました。
明日からも忙しくなりそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

久し振りのツーリング

明日から2日間久し振りに、元の勤務先をリタイアした連中で構成するOSTC(Over Sixties Touring Club )のツーリング企画で、今回はメンバー47名が関東、東海、関西の各地区から長野県の湯田中温泉に集結して、年次総会と旧交を温めるバイクツーリングの旅に出掛けます。
今回浜松からはバイクが8名、自動車で行かれるご夫婦の計10名が参加をしますが、無理をしないを合言葉のクラブですが、バイク好きばかりで一旦走り始めるとどうもブレーキの利かない連中が多いのには困ったものです。(笑
今年で4年目を迎えるこのクラブは、メンバーの大半が関東地区で、次いで浜松、鈴鹿地区で、関西地区が最少の2人で全部で71名の大所帯となり、一年に2回の1泊ツーリングを楽しみながら旧交を温めてきたが、この間物故者も3名を数えるに至り、これを考えると実に寂しい話です。
このツーリングの前に、9月29~30日と信州方面への1泊ツーリングが、もう一つ予定していましたが、直前にどうしても参加することが出来なくなり、今年の1泊ツーリングもいよいよこれで最後となりそうです。
さて、心配なのは明日からの天気ですが、今日は曇りのち午後からは降雨率60%の予報で、夜遅くに雨は上がり明日と明後日は晴れの予報となっていますが、是非朝起きた時には間違いのなくそのようなっていてもらいたいものです。
061011bike 走行ルートは、浜松から東名で富士IC → 甲府市内経由 → 小諸方面 → 軽井沢 → 湯田中温泉を走り、おおよそ片道400Kmの行程となるため、朝7時に浜松ICを出発しますが、朝が早いので今日のうちに車の手入れを全て済ませ、オイル良し、空気圧良し、ライト良し、全て問題なく明日の出発を待つのみです。
現在夜の9時ですが、外はまだ僅かに雨が降っており、明日の朝が心配ですが早めに寝ることにします。
さあ、明日は元気に行ってきましょう

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

白菜が巻きはじめました

前夜祭から3日間にわたって続いた秋祭りも快晴に恵まれ無事に終了。  今年は祭り年番の年番長ということでもっぱら黒子役として忙しい毎日でした。
061009hakusaiさすがに3日間好天気の中で手付けずだった畑を今朝見回ってきたところ、キャベツやブ ロッコリーには青虫がのんびりと葉を食べていましたが、それにしても僅かな間に白菜の葉が随分巻き始めてきました。  この分ですと11月の始めには鍋として登場ができることでしょう。
061009ninniku 更に好天気に恵まれたことからでしょうか、9月23日に植え付けたニンニクも一気に芽吹きはじめて、既に大きなものは5cmほどにも伸びていました。
芽が伸び初めの頃になると根切り虫が出てきて茎を食べてしまいますが、葉菜類と違って食べられたからといっても、その後からまた芽が出てきてくれるので心配はないのですが、かといって放っておくわけにも行かないので、喰われたら根元をほじって見つけ出し、あの世に送っておくことが肝心です。(笑
ニンニクはそれほど肥料は必要としないので、春先の暖かくなる前の追肥までそのままとなります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

焼き枝豆食べちゃいました

8月25日に種蒔きをした岩手みどり豆がはやくも着果し始めましたが、黒枝豆としては8月1日に3回目の時差蒔きをしたものが、ここに来て黒枝豆としては最後の収穫が出来るようになりました。
今回は枝豆を茹でて食べる以外に何か良い食べ方がないか調べてみたところ、色んなブロガーさんが作られていた焼き枝豆という食べ方を見つけました。
ところが、その内容を見ると種々雑多で、フライパンで焼く、網で焼く、オーブンで焼く等などがあるようだが、皆さんの食べた感想では中々美味しいというコメントでした。
その中でも、フライパンで焼くというのは、結構焼き具合が難しいようなので、私はオーブントースター焼きでチャレンジしてみることにしました。
061003yakiedamame 先ず下処理ですが、少し濃い目の塩水を作り約1時間ほど漬け置きをした後で、布巾で水気をさっと取り、後はオーブントースターに入れてヒーターは上下点灯(1300W)で、枝豆の莢の表面にほど良い焼き色がつけば完成です。
途中で、枝豆が少ないためにオーブントースターの温度が上がり過ぎて、ヒーターカットがありましたので正確な焼き時間が分かりませんでしたが、多分ヒーターの点灯時間は5~6分程度であったろうと思います。
さて、食べてみたところでの感想ですが、オーブンで焼いたことによって水分が完全に飛んでしまい少し心配でしたが、一口食べたところでこの心配は消えました。
茹でたものと違って、莢の中の豆から水分が消えてなくなるどころか、かえって豆の中に旨さが凝縮されたような感じで大変美味しく、舌触りは銀杏をフライパンで焼いたような感触でした。
茹でて良し、焼いてなお良し、秋の枝豆  なんちゃって

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »