« 岩手みどり豆という枝豆 | トップページ | オンシツコナジラミ »

2006年9月 7日 (木)

またまた騙されました

昨日は朝起きると曇り空で、天気予報でも「東シナ海から流れ込む・・・で、3時頃からは雨が降り始めそう」だと言うことから、朝食も早々にジャガイモの植付けとカリフラワー、キャベツの定植に早速取り掛かりました。
畑は2週間ほど前に苦土石灰と自前の枯れ葉堆肥を撒いてから管理機で耕運して作っておきましたので、今回は畝作りをして植え付けるというだけの仕事でしたが、曇り空とはいえ暑さで少し歩くだけでも汗が吹き出てきました。
060907teishoku ここ最近は、鍬をもっての作業は殆どなく久し振りの畝作りだったこともあって、少し爆弾を抱え気味の腰にはこの暑さも応え、この作業の前にスイカとカボチャの跡地の耕運作業もやっておりましたので、終わった頃には腰の痛みに加えて身体全体までもがグッタリの状態でした。
そんなこともあって、手抜きをして散水もせずに雨が降ってくれることを期待しておりましたが、今朝起きたところ全く雨の気配はなく薄日が差していました。
060907kansui 早速畑に行ってみたところ、植付け前にポットに散水はしてはおいたものの、少し葉が萎みかかっているものも見受けられ、薄日も指しており気温も30℃近くありましたので早速灌水チューブで散水しました。
手前がカリフラワー、その向こうがキャベツで一番奥に秋ジャガ2畝です。
それにしても、8月も各地では雨に悩まされたようですが、この辺は雨が殆ど降ることもなかく、その反動が秋の台風シーズンにやってこないことを願うばかりです。

ハイビスカスと蝶々

窓越しに外を覗くとハイビスカスの花に真っ黒なクロアゲハが羽ばたいていました。
先日も同じようにクロアゲハが飛来してきたので、一眼レフのデジカメをもって飛び出したところ、すぐに逃げられてしまったので、今度は傍らにあったデジカメを手にして早速写してみました。
060907kuroageha今回は逃げられることもなく撮影できましたが、古いデジカメであったために折角のチャンスを花に止まっている間羽ばたきをしていましたので、あまり良い映像として残すことが出来ませんでした。

この辺では、このところキアゲハやアオスジアゲハも良く目にしますが、ニンジンの葉を美味しそうに食べているキアゲハの幼虫を目にしますが、これらの大型の蝶はサナギとなって越冬した後に羽化するとか・・・。
クロアゲハの幼虫も里芋の葉などに寄生しますが、これらのサナギも見かけたことがありませんが、その辺の木のどこかにぶら下がって越冬をするのでしょうね。

|

« 岩手みどり豆という枝豆 | トップページ | オンシツコナジラミ »

コメント

しっかりした苗ですね。私は 農園の土が汚染しているのでタキイの「育苗培土」を9cmポットに詰めて苗作りをしていますが、waka3はどのような土を使っておられますか?
 ハイビスカスとクロアゲハはいいところを撮られましたね、虫は動くので呼吸がうまく合いませんから。

投稿: 菜園ブログ | 2006年9月 7日 (木) 16時08分

こんばんは、
本当に、天気予報があたらないですね。私も、雨を期待して、大根の種まきをしようと思っているのですが、期待通りになりません。
ところで、キャベツ・カリフラワーの青虫等の対策は、どのようになさっているのでしょうか。昨年の記録では、11月末まで手で青虫取りをして、最後には根負けした記憶がありますが(笑。
おやすみなさい。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年9月 7日 (木) 19時12分

潅水チューブの効果に拍手!やはり凄いですねぇ。ジョウロでチビチビやるのとはスケールが違います。

雨が降るというので私はブロッコリーを植えました。蝶に青虫の卵を産ませないために、白いベール(あ~名前を思い出せませんが水と光を通します)をしっかり架けました・・・

ハイビスカスと蝶の取り合わせ・・・とても妖艶な感じでナイスショットですね~素敵です。

豆の種類ですが、こちらでは緑の大豆もよく産直で見かけます。でも名無しのものが多いです。あれも枝豆だったのかと、ハッとしました。

投稿: いわての佐藤 | 2006年9月 7日 (木) 20時54分

菜園ブログさん>
私は、今まで幾つかの培養土を使ってみましたが、現在はあまりメジャーではないようですが、エスケーアグリという会社の育苗ポット用の「種まき培土」というものを使用しております。
値段はうろ覚えですが、26L(20Kg)で800円前後だったような記憶です。

投稿: waka3 | 2006年9月 8日 (金) 00時07分

野良先生>
夜になって少し雨が降ったようですが、今は月が出ています。
明日の朝、土がしっかり湿ってくれていると良いのですが。(笑

青虫退治はそれほどたくさんの野菜を作っている訳ではありませんので、毎日朝起きて15分くらい葉っぱを見回れば何とか退治が出来ますが、矢張り畑が家のすぐ近くにあって、何時でも見回れる地の利が良いことなんでしょうね。
但しこの季節は、コナガの幼虫(7~8mmの大きさ)が寄生しますので、これが少し厄介ですね。


投稿: waka3 | 2006年9月 8日 (金) 00時24分

いわての佐藤さん>
潅水チューブの良い所は、蛇口の調整で飛距離が調節できますので、結構広範囲な使い方が出来、結構少ない水量でもゆっくり土の中に染み込ませることが出来ますので、照り返しの強い真夏でも作物を痛めることもなく、手間要らずで大変重宝しています。
今回は岩手産の豆のお陰で、どうやら良い思いをさせてもらえそうです。(笑

投稿: waka3 | 2006年9月 8日 (金) 00時38分

キャベツ、カリフラワー苗、生き生きですね!
昨日はカミナリ、烈しい夕立でした!
菜園、花、木もたっぷりの水を浸透しました。
潅水チューブは芝生のみで良いかと思います♪

投稿: temari | 2006年9月 8日 (金) 16時20分

temariさん>
あちこちでは恵みの雨となっているようですが、何故かしらこちらでは相変わらず雨が少なく、灌水ホースが必要な毎日です。
今日も日中は暑くなりそうです。(/_\)

投稿: waka3 | 2006年9月 9日 (土) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた騙されました:

« 岩手みどり豆という枝豆 | トップページ | オンシツコナジラミ »