« その後のレモン | トップページ | 玉葱の種蒔き »

2006年9月 3日 (日)

秋蒔き野菜の準備

朝夕は爽やかな風が吹くようになり、秋を感じるようになりましたが、日中はいまだに暑い太陽が照りつけています。
例年ですと秋蒔き野菜は9月に入ってから準備に取り掛かりますが、今年からは緑の野菜は極力作らないことになったために、ポット蒔きのキャベツ、カリフラワー、白菜の種蒔きは2段構えで実施することにしました。
060903nae キャベツ、カリフラワーを8月15日、白菜は8月27日に夫々1回目のポットへの播種をしました。  まだ、白菜は播種後日数も経っていませんのでやっと二葉の間から本葉が見えはじめたところですが、キャベツ(左)とカリフラワー(右)は、予備の苗を含めこの陽気で日毎に大きくなるのがわかるほどで、そろそろ定植が出来る迄に成長してきました。
2回目は、キャベツ、カリフラワーを9月1日に実施しましたが、白菜は10日頃に直播きを予定しています。
この後は、まだまだ今週いっぱいは色々な種蒔きや根菜、球根類の植付けで日中汗みどろになりそうです。

|

« その後のレモン | トップページ | 玉葱の種蒔き »

コメント

まだまだ暑いようですね。
それはたいへんでしょうが、秋野菜が収穫できるのは羨ましいですよ。ところで浜松はついに政令指定都市に格上げされるらしいですね。何か面白いエピソードがあればブログで報告してみては。

投稿: cityde | 2006年9月 4日 (月) 08時08分

citydeさん>
最近になって、やっと市長がテレビ画面に顔を出しはじめたようです。
現在の浜松市は太平洋と長野県と両方に面した、日本で2番目に広い面積をもつようになり、浜松市の「最低気温と最高気温」がひと括りで表示されますので、まったくピンとこなくなってしまいましたよ。(笑
てな訳で、大きくなり過ぎた浜松市、いまだ地域格差の歪みを抱え、その是正に暗中模索をしているようですが、上辺だけは平生を装った状態のようですね。

投稿: waka3 | 2006年9月 4日 (月) 08時33分

秋蒔き野菜、昨日私が外出の間に夫が胡瓜ネットを外して
一気に時なしだいこん、白菜、小松菜の直播を施しました!!
花オクラが2メートルに成長、花が次々と咲いています。
レタス、ベーコン、胡瓜のサラダに添えるのは生でしょうか?

投稿: temari | 2006年9月 4日 (月) 13時49分

temariさん>
こんばんは。
ご主人との二人三脚で農作業もはかどるようですね。
花オクラが2メートルとは素晴らしく成長しましたね。  きっと花の数もたくさん数えられることでしょうね。
花は朝採りをして、洗うことなくそのまま生でサラダの添え物として食べてみて下さい。
味わうというよりも、目で楽しみながら食べるという感覚でしょうか。
期待されるような美味しさではありませんが、爽やかな気分にだけはなれるのではないでしょうか。(笑

投稿: waka3 | 2006年9月 4日 (月) 21時36分

涼しくなって、秋野菜を着々と進めておられるようですね。やはり東京と比べると冬が暖かいのでしょう、10日ぐらいスタートに差があるようです。ここでの10日は、秋野菜を育てるのには好条件になりますからいいですね。

投稿: 菜園ブログ | 2006年9月 5日 (火) 17時52分

特に今年の関東地方の天候はあまりよろしくないようですね。
同じ静岡県でも県西部の海岸地方は比較的天候にも恵まれているために大変ありがたいことです。

投稿: waka3 | 2006年9月 5日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋蒔き野菜の準備:

« その後のレモン | トップページ | 玉葱の種蒔き »