« 気まぐれな天気予報 | トップページ | トマトの種の採取 »

2006年8月21日 (月)

孫達の初めてのキャンプ

天気予報が外れどうやら雨の降る心配もなく、以前から孫達と夏休みに約束をしていた泊りがけのキャンプに出かけることにしました。
2、3のキャンプ場をネットで調べたところ、秋葉オートキャンプ場がお盆休みも終わりということで、ちょうどバンガローの空きが出るということから、バーベキュウ等の買出しに行って途中で昼食を済ませてから現地に向かいました。
ここは家から1時間ほど行った天竜川の支流の気田川沿いにあるキャンプ場で、川原が広く水遊びも出来る比較的近場のキャンプ場で日帰り客で大変賑わう場所です。
060820camp1 早速現地でテントの設営、孫達も一生懸命手伝いながら約15分ほどで完了しました。  奥に見えるのが5人用のバンガローで、こちらには家内と下の孫が宿泊し、テントにはお兄ちゃんと私が寝泊りをします。
テントの設営が終わってから川で泳いだり、水面に石を投げて水切りをしたりした後に、いよいよバーベキューですが、何かと全てが私の仕事であまりの忙しさで、ここまでの写真を撮ることさえ忘れて、折角のスナップ写真も全くなしでした。(笑
夜は汗ばむくらいの暑さでしたが、川原からの爽やかな風がテントに吹き込み、虫などに全く害されることもなく、朝まで快適な睡眠が出来ました。
060820camp3 キャンプ場の朝は早く、いつも朝寝坊の孫達も6時前には起きはじめて、川原を散歩したりした後で朝食の準備です。
と、いってもおにぎりとかインスタントの味噌汁やフルーツなどの簡単なものでしたが、矢張り空気も美味しいせいかバーベキュウーといい朝食といい皆大変な食べっぷりでした。
今回の経験で味をしめたようで、忙しいパパさんに代わって次回の予約もしっかり念を押されてしまいました。(笑

|

« 気まぐれな天気予報 | トップページ | トマトの種の採取 »

コメント

おはようございます。
お孫さんとの気田川でのキャンプ、良かったですね。
私も子供達が小さい頃に、夏のキャンプが恒例で、数回、気田川でキャンプをしたことがありました。今回、waka3さんがキャンプしたところよりもチョッと上流の気田川漁協の一角にあるキャンプ場でした。といっても15年以上前の話ですが(笑
暫くキャンプということばを忘れていたので、昔のことを懐かしく思い出しました。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年8月22日 (火) 06時16分

野良先生>
春野キャンプ場から更に30分ほど、R362を川根に向って走っていく山あいに"べんてんじまビレッジ"という、施設の整ったキャンプ場があるのですがここはさすがに8月は満杯状態で空きコテージがなく、野良先生のいう明野キャンプ場にしようかとも思いましたが、手っ取り早く秋葉キャンプ場に決めました。
昨年、今年と北海道一人旅をあきらめましたので、久し振りのキャンプ生活でしたが多いに楽しめました。

投稿: waka3 | 2006年8月22日 (火) 09時27分

二人のお孫さん、少年の風格が出ていますね!
思わず少年時代などハミングしてしまいました♪
初めてのキャンプ心に残る思い出になりますね。

投稿: temari | 2006年8月22日 (火) 13時59分

temariさん>
下の孫は幼稚園の年長さんですが、さすがに夜のテントはまだ無理のようで、家内とバンガローで過ごしましたが、二人ともとても楽しかったようでした。
今回は家内が一番睡眠が少なかったようです。(笑
次回は富士山が近くに見えるところということで、朝霧高原辺りが沢山のキャンプ場もあって一番メジャーのようです。

投稿: waka3 | 2006年8月22日 (火) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/11546356

この記事へのトラックバック一覧です: 孫達の初めてのキャンプ:

« 気まぐれな天気予報 | トップページ | トマトの種の採取 »