« カボチャのpudding | トップページ | アピオスの花 »

2006年7月17日 (月)

西瓜が元気です

折角の収穫時に盗難にあうことから、今年から海岸近くの浜の畑から自宅前の畑に西瓜やカボチャなどの瓜類は引越しをしましたが、それほど広い畑でもなくカボチャを6本も植えたために西瓜は3本となってしまいました。
今年作った西瓜は、いずれも5月20日に売れ残ってヒョロヒョロとした苗を70円(定価は298円)で購入したもので、黒皮スイカ、沖縄フルーツ金美人スイカ、小玉黄スイカの3種類で、まったく初めて経験する西瓜です。
060717suika1蔓があちらこちらと延びないように、普段は風除けとして使っているネットで広がり防止をして、本蔓から出てくる脇蔓(子蔓)はできるだけこまめに切り落として、葉が密集しないようにしています。
おかげ様で、今のところは樹勢も大変旺盛で順調に育っており、先月の終り頃から成り花が次々と着果しはじめて、現在では夫々の種類毎に随分スイカも大きくなってきています。
060717suika2これが今日現在のスイカの状況です。
黒皮スイカは着果が7月2日で現在縦の長さが22cmです。
沖縄フルーツスイカの着果が、6月30日で長さが24cmあります。
小玉黄スイカ(右下)の着果が一番最初で27日でしたが、これは少し無謀なことをしましたが、今現在8個も着果しており、このためかもしれませんが一番大きなものでも17cmしかありません。(笑
因みに、着果日は開花3日後くらいの完全着果での確認日です。
西瓜の収穫時期は40~45日といわれていますので、まだまだ収穫までには期間もありますので、どこまで育ってくれるのかが楽しみです。

トウモロコシもふっくらしてきました

060717morokosi1昨年、黒モチトウモロコシを作ったのですが、収穫時期に2日間ほど何の確認もしなかったところ、数羽のスズメにあっという間にご覧のような状態で、見事なまでに上から下まで一粒残らず食べられてしまいました。  写真に写っている左側のトウモロコシは実際には早熟でしたが、背に腹は変えられず収穫したもので、それも口に入ったものはほんの僅か数本だけでした。
060717morokosi2今年はその反省も踏まえて、45mm間隔の防鳥ネットを購入して(1.8m×18mで120円)張ってみたところ、どうやら今回は大成功といったところで今のところ何の被害もありません。
そろそろ収穫も間近になってきましたので、孫達が首を長くして待ちわびていますので、次の休日あたりには配達となりそうです。

|

« カボチャのpudding | トップページ | アピオスの花 »

コメント

こんばんは、
3種類のスイカは、蔓枯れ病など病気が発生しないでに何よりです。
私も、黒皮スイカを一昨年栽培したことがありますが、種なしスイカのような記憶でしたが・・・説明用紙の画像には種があるようですが・・・私の記憶が間違っていたらすみません。
沖縄フルーツスイカは、面白そうですね・・・どんな食感かいろいろ想像をめぐらしております。フルーツスイカの記事を楽しみにしております。
おやすみなさい

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年7月17日 (月) 22時26分

野良先生>
今のところ病気の気配はありませんが、いつ何時あっという間にやってくることがありますので、ビクビクもんですよ。(笑
沖縄フルーツスイカって、ネットで検索してもまったく見つかりませんが、どんなもんでしょうね。

投稿: waka3 | 2006年7月17日 (月) 22時42分

スイカは沢山なっているようですね。3種類有るので比較しながら育てるのは楽しい事でしょう♪
正しゅう隠しても食べ切れるでしょうか?お孫さんたちが口をあけて待っているのでしょうか?(笑)
モロコシは我家でもそろそろ食べられそう♪
waka3の所は人や鳥の被害があって、対策が大変ですね!

投稿: osuzu | 2006年7月18日 (火) 07時49分

スイカまで育てているのですか。
食料難時代になってもサバイバルできそうですね。(笑)

我が家でも試してみたいものの、甘く育つことは期待できませんので諦めざるを得ません。ところでカボチャが小さなままで腐ってしまうのですが、これは低温が原因でしょうか?それとも何かの病害虫の影響でも考えられるでしょうか?

投稿: cityde2 | 2006年7月18日 (火) 08時11分

osuzuさん>
今までと違って葉菜類の栽培はかなり減りましたが、その代わりに果菜類や根菜類を増やしておりますが、こちらの方が息子夫婦や孫達にも喜ばれております。
スイカが上手く育ってくれると良いのですが・・・。

投稿: waka3 | 2006年7月18日 (火) 13時22分

cityde2さん>
同じような書き込みが私の掲示板にもありましたが、どうやら人口受粉に問題がありそうです。
多分花が咲いてから5日間くらい経過して確認すると黒くなって腐っていたということだろうと思いますが、cityed2さんも人口受粉はされていないのではないでしょうか。
瓜類の中でもカボチャやスイカは人工的に受粉をしてあげないと着果率がかなり低減してしまいます。
私のところでは既にカボチャの開花は終盤になってきましたので、西瓜でその方法を写真を添えて書き込んでありますので確認してみて下さい。
      ↓
http://waka3s.cool.ne.jp/albumbbs/albumbbs.cgi

雌花(成り花)に受粉をさせたら、その脇から伸びてくる蔓は必ず撤去して下さい。
そうしないと新しい蔓が延びるための精力をそちらに使われるためにカボチャが大きくならなくなります。
雄花と雌花があっても胡瓜やズッキーニ、冬瓜等は、まったく放置したままで必ずしも虫たちの媒介がない場合ても着果しますが、どうしてこの様な違いがあるのかについての自然の摂理は、この私には具体的には説明は出来ません。
北海道では、まだまだこれからだと思いますので、人口受粉をされていないようでしたら早速お試し下さい。

投稿: waka3 | 2006年7月18日 (火) 14時24分

上手に西瓜を作られて、素晴らしいですね。防風ネットを使うアイデアは応用出来そうです。

投稿: 菜園ブログ | 2006年7月18日 (火) 21時28分

菜園ブログさん>
何時もコメントをありがとうございます。
この辺では冬の時期には防風ネットは玉葱をはじめとして、冬・春野菜のための必需品ですが、今の時期には必要がありませんので、狭い畑を有効に活用するために、蔓の抑制として使っています。

投稿: waka3 | 2006年7月18日 (火) 23時35分

うちも三株のスイカを育ててますが、いまだ着果せず成長加減が全然違います。低温のせいも有りますが・・・人口受粉もせず自然に任せているし今年は無理かもしれません。でもメロンはテニスボールくらいに膨らんだのも有ります(笑)
トウモロコシにスズメじゃスイカはカラスが狙いますよ~
カボチャのプリンは素材からして多分美味しくできると思ってますから笑って見守ってください。


投稿: いわての佐藤 | 2006年7月19日 (水) 00時11分

いわての佐藤>
確かに低温時の受粉における着果状況は悪いと聞いていますが、それゆえに人工受粉は必要だと思います。
自然の摂理がどのように左右しているのか、私では専門的なことは解かりませんが、瓜類でもきんこ瓜、白瓜、落ち瓜、プリンスメロン、ズッキーニ、冬瓜、ヘチマ、ゴーヤ等は人口受粉をすることなく、殆ど雌花が咲けば着果しますが、西瓜やカボチャの他にメロンでもマスクメロン(ネットの張るもの)等は人口受粉をしなくても着果することはしますが、着果率が著しく低下するようですので、是非早朝時間帯に人口受粉をすることをお薦めします。
私の経験上では開花後の着果率は自然放置で5割以下、人工受粉で9割以上の確率と見ています。

投稿: waka3 | 2006年7月19日 (水) 08時48分

有難うございました。
そういえば昨年は本を見て人工受粉してましたよ。今年は着果してたので虫たちが頑張ってくれているものと考えていましたよ。天気も回復してきましたので、交配のお手伝いをしてきま~す。

投稿: cityde2 | 2006年7月19日 (水) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西瓜が元気です:

« カボチャのpudding | トップページ | アピオスの花 »