« ダンプリングカボチャ(ミニカボチャ) | トップページ | 新幹線とチンチン踏み切り »

2006年5月31日 (水)

胡瓜の灌水パイプ

美味しい胡瓜をたくさん作るなら、夏の日照りの時期の給水は欠かすことが出来ないが、この辺は土砂質ではあるものの、地面にしっかり吸い込ませるためにはかなりの時間を掛けて給水する必要がある。
何時もながらとても参考になる菜園ブログさんの胡瓜の灌水パイプをヒントに、私流の楽々灌水装置を作ってみましたが、チョット実用新案の侵害になっちゃうかな。(笑
材料は、以前に使った時の残り物の塩ビパイプ(22φ)とホースコネクターがありましたので、これを使って作ってみることにしました。
060531pipe1 水を遠くまで飛ばす必要はありませんので、塩ビパイプの太さから考えて排水口の径は最初1.4mmのドリルで穴をあけたところ1m以上も飛んでいったために、最終的に3.4mmの穴としました。
早速テストをして見ましたが水圧も押さえられてとても良さそうな按配でした。
今回このために購入した材料は、パイプの先端の水止めのキャップ(35円)、L型給水栓(55円)、給水栓用ソケット(40円)、パイプ固定金具(8円)、ホース用クランプ(120円)の合計258円でしたが、塩ビパイプ(2m)とホースコネクターを買えば約1000円くらいしますから、全部で1300円ほどは掛かったものと思いますが、半永久仕様?ですから安いもんですね。
060531pipe2さて、いよいよ胡瓜の畝への取り付けですが、あらかじめ定植の際に黒マルチを施してありましたが、一番端の方に穴を明けそこから灌水パイプを差し込んでマルチの中にセットしました。
そして普段使っているホースの散水ノズルを外して、灌水パイプに接続し水道の蛇口をひねれば給水が開始です。
テスト結果は大成功で、これからは給水中は他の仕事が出来そうですね。(笑  

|

« ダンプリングカボチャ(ミニカボチャ) | トップページ | 新幹線とチンチン踏み切り »

コメント

うまい設備を施しましたねぇ!
これで瑞々しいキュウリは確実ですね♪
私もseisaに作ってみるように勧めてみようかな?

投稿: osuzu | 2006年5月31日 (水) 22時27分

灌水パイプまで!
家庭菜園の域を越えて進化してますね~。そんなのもキライじゃないのですが、微少な我が家では過剰投資になっちゃいますし…

投稿: cityde | 2006年6月 1日 (木) 08時19分

osuzuさん>
材料はホームセンターで手に入りますし、塩ビパイプは加工が楽ですから簡単に出来ますよ。
噴霧状態ではないために上の写真のような状態ですと水の落下地点に穴があいてしまいますので、マルチシートにぶつけて散水する方法が結果的には良かったように思います。

citydeさん>
1回こっきりで廃棄するものではありませんので、まあこの程度の出費なら許せる範囲でしょうか。(笑

投稿: waka3 | 2006年6月 1日 (木) 09時09分

はじめまして。家庭菜園がかけだしの私にとっては、たいへん参考に拝見させていただいています。掲載されていた、農家の店しんしんに行ってきました。貴重な情報ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 野良日記の野良先生 | 2006年6月 1日 (木) 15時49分

キュウリの栽培には水分補給が大事なんですね。なるほどフムフム!
ところで、アスパラに虫は来ませんか。何か対策をとられているのでしょうか。我が家はテントウムシの細長い感じの虫とその幼虫に葉を食べられてしまいます。

投稿: いわての佐藤 | 2006年6月 1日 (木) 23時50分

野良先生>
はじめまして。
HNの先生の後ろに「さん、様」をつけるのもおかしなものかと思いそのままとさせて頂きました。
もっとも、私のHNも全く同じで「3」は「さん」は意味をしていますので、今更ながらおかしなHNにしたものと反省しておりますが・・・。
余談はさておき、早速「野良日記」を拝読させて頂きました。
写真で見るからに畑が土砂質のような感じで、比較的似通った地域にお住まいような気も致しております。
リタイア後、門前の小僧ならぬ爺様がボツボツと家庭菜園などで楽しんでおりますが、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: waka3 | 2006年6月 2日 (金) 06時10分

いわての佐藤さん>
今朝も早速覗いてきましたが今のところ虫は一匹も見かけませんでしたし、過去にも虫にやられたような記憶はなかったように思います。
今のところアスパラに関しては、施肥だけはこまめに実施するようにしておりますが、消毒等は一切やっておりません。
虫といえば野菜に卵を産み付けに来るチョウチョを毎日虫取り網を片手に追っかけまわしています。
昨日も4匹天国に送ってあげましたよ。(笑

投稿: waka3 | 2006年6月 2日 (金) 06時35分

ちょっと信じられない状況です。暖かい地方の方が虫の発生に向いてる気がしますが(笑)羨ましいですね~アスパラもかじられて曲がってしまうのです。

HNの3は「さん」の意味かなぁ~とは思いましたが・・・やはりでした♪

投稿: いわての佐藤 | 2006年6月 2日 (金) 23時15分

waka3先日は詳しい説明をありがとうございましたぁ!
わが夫seisaも同じようにこの潅水設備を作ってくれそうです♪

佐藤さん、家のアスパラにも同じように細長いてんとう虫がついて齧られてしまうんですよ!どうやら寒い地方に居る虫なのでしょうかね?でも3年前に種を蒔いて育てたのが、形は悪くとも今2日に1回のわりで堪能出来るほど収穫できて嬉しいです♪

投稿: osuzu | 2006年6月 5日 (月) 07時54分

材料が入手できたようでなによりです。
ご希望のイメージに合った灌水パイプに仕立てあがるとよろしいですね。

ところで佐藤さんとosuzuさんの言われている「細長いてんとう虫」というのが、サッパリ見当がつきません。
「ウリハムシ」のことではないんでしょうね。
ウリハムシはこのところカボチャの葉に飛んできていますが、今のところそれほど多くもないので被害というほどでもなく、ちなみにアスパラには影響は及ぼしていません。

投稿: waka3 | 2006年6月 5日 (月) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胡瓜の灌水パイプ:

« ダンプリングカボチャ(ミニカボチャ) | トップページ | 新幹線とチンチン踏み切り »