« ああ、眠い! | トップページ | カボチャの定植 »

2006年4月19日 (水)

旧交を求め信州路へ

例年恒例である元の勤務先の同期OBで構成する親睦会が、今年は私とO氏の2人が幹事となりましたので、今回は長野県の桜まつりで大変有名な「天下第一の桜」の大きな石碑のある高遠城址タカトウコヒガンザクラ見物をこの17~18日として企画しました。
今年は気圧の変化が激しく、例年になく桜の開花予想が大きく外れ大変心配しましたが、桜前線は北上を続け信州地方はちょうど桜の開花シーズンを迎え、まさに絶好な桜見物のタイミングを迎えることが出来ました。
天候は、出発前日までの1週間は愚図ついた天気でこれまた大変心配をしましたが、出発当日は雲一つなく風も穏やかで、この2日間だけが快晴という絶好な旅行日和となりました。
060417takatou1 060417takatou2 高遠城址の中央部の日当たりのあまり良くない場所は、3~4分咲きでしたが廻りの桜は綺麗に開花しており噂どおり見事なものでした。
ここの桜は、ソメイヨシノと河津桜のちょうど中間の色合いで遠めには、かなりピンク色の色彩をかもしだしておりました。
060417takatou3 この写真は、桜の合い間に見えた仙丈ケ岳を写したものですが、残念ながら南アルプスは3時頃までは真っ青な空の下に白い山肌がくっきり見えていましたが、この頃には少しずつ霞んできてしまい、あまりハッキリしなくなってしまいました。
当日の宿泊は高遠より飯田市寄りの鹿塩(かしお)温泉というところに宿泊し、遠方より駆けつけてくれた16名で1年半振りに心ゆくまで旧交を温めました。
鹿塩温泉の源泉は17℃で沸かし湯ですが、高濃度の塩水ということで唇に触れただけでかなり塩辛さが分かります。 
山景館という宿に泊りましたが、ここの料理の素晴らしかったことは、全てこの地で取れた食材だけで料理されたものが膳に並んで出されたことです。
060417kasio1 手前左は鯉のうま煮(卵持ち)、その上が岩魚の塩焼き、一番上が鯉のあらい、右側は上から地豆腐、その他は山菜の煮物や和えものです。
右上の方にコンロの端が見えますが、写すのを忘れてしまいましたが、ここに猪(しし)鍋がのっかっています。
060417kasio2 この写真は全部で6種類の山菜の天婦羅ですが、覚えているのはタンポポの花と葉、カンゾウ、蕗の薹の他に、食べてしまって写真に写っていないタラの芽で、この他に名前を忘れてしまったのが2種類ありました。
この他にも口に入ってしまうのが先で、写すのを忘れてしまいましたが、鹿肉のタタキと刺身と最後に筍ご飯がでましたが、どれも大変美味しゅうございましたよ。
翌日は宿から比較的近くにあって3000本の桜が咲くという大西公園に足を伸ばし、中仙道の妻籠宿と馬篭宿の2ヶ所を廻った後昼食を済ませて、それぞれ次回の再会を約して夫々帰宅の途につきました。

|

« ああ、眠い! | トップページ | カボチャの定植 »

コメント

こちらは雨で、未だに10度以下ですよ。
春のツーリングだったのですか?それともドライブ旅行?どちらにしても羨ましい限りです。私も3年前に高遠の桜を見ましたが、ヨソのとは違う趣があり楽しませてもらえました。

投稿: cityde2 | 2006年4月20日 (木) 11時07分

今回は浜松からの参加者と車に相乗りでのドライブ旅行でした。
あと2~3日で完全に満開というタイミングでしたが、素晴らしい目の保養になりました。

投稿: waka3 | 2006年4月20日 (木) 18時53分

こんばんわ、しばらく振りのブログを拝見して、いい時間を過ごされていたのだ、と納得しました。ドライブ旅行ならではの手作り且つ広域見物は羨ましい次第です。お料理も写真を拡大してとくと拝見しました。何時もながらの行動力に敬服します。

投稿: 菜園ブログ | 2006年4月20日 (木) 23時40分

菜園ブログさん>
今回は花見も良かったのですが、久し振りの仲間の再会と宿の料理には本当に良いものに出会いましたよ。
そして、せせらぎの音を聞きながらこの地の独特の温泉にも堪能できました。

投稿: waka3 | 2006年4月21日 (金) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/9673279

この記事へのトラックバック一覧です: 旧交を求め信州路へ:

« ああ、眠い! | トップページ | カボチャの定植 »