« 長芋ステーキ | トップページ | ジャガイモの発芽 »

2006年4月 9日 (日)

春の嵐の悪戯

昨日は昼頃から北西よりの強い風が吹き始め、浜松では最大瞬間風速が25.2mを観測したようだが、4時ごろに買い物に出掛けようとしたところ、あたり一面が霧で遠くが霞んで見える感じでした。
060408kousa 3時過ぎから曇り始めてきましたので、多分霧のようなものだろうと家を出て感じながら走っていましたが、どうも感じが違うので念のために数枚写真を撮っておきました。   手前の家並みは撮影地点から300mくらい離れたところで、遠くに見えるビルは約3Kmほど離れた浜松のどの地点からも見ることができるアクトシティタワー(45階)ですが、この風景は矢張り靄(もや)とは違うようでした。
今朝の新聞で分かりましたが、中国大陸から強風に乗って運ばれてきた黄砂の影響で、浜松地方で視界はほぼ5Kmくらいだったようです。
自動車街では、車の上に舞い落ちた砂を落とすための洗車作業で大変だったようでしたが、今日は風も治まって普段の景色に変わりました。

|

« 長芋ステーキ | トップページ | ジャガイモの発芽 »

コメント

こんばんわ、昨日は 東京西部でも夕方5時頃「雹」が降りました。短時間ですが それまで晴天であったのが突然のことでした。寒冷前線が猛スピードで通り過ぎたのでしょう、その後は風向きも変わり,気温も下がりました。ただし菜園の作物に被害が出るほどのことではなかったのですが。

投稿: 菜園ブログ | 2006年4月 9日 (日) 23時58分

菜園ブログさん>
この日、浜松から東へ20Kmほど東に向って走りましたが、矢張り同じような状況でしたので、かなり遠くまで飛んでいったのでしょうね。
農作物には全く被害はありませんでしたが、私の車はホワイトゴールドで分かりにくかったのですが、翌日良く見ると矢張り車に砂ぼこりが積もっていました。
昔、強風が吹いた際に府中あたりから八王子方面の西の空を見た時に、関東ローム層の乾いた軽い土が強風にあおられて西の空が同じようになったことを思い出しました。

投稿: waka3 | 2006年4月10日 (月) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/9500500

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐の悪戯:

« 長芋ステーキ | トップページ | ジャガイモの発芽 »