« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

トマトの苗 Part-2

26日のコラムでトマトの這わせ苗のヒントから苗を倒して育てる方法をトライしてみたが、もう一つのテストも実施していました。
060429tomato3下のコラムでは、苗の入っているポットを完全に横に向けて、そこから茎を直角に上に向けようとして結果的にはOKでしたが、どうも毎朝おジョウロによる灌水が結構面倒で、写真では少し分かり難いがポットの中の土が片方に寄ってしまい、根や苗を傷めることにもなりかねないので、もう少し安直な方法として、斜め置きの方法を試してみた。
060429tomato1060429tomato2_1左側の写真はポットを斜め置きにした方法で、この状態で苗は上に向かって育っています。
右側の写真は3日間を経過したものを比較したもので、横置き(左)と斜め置き(右)したもので、茎の曲がり方の違いががはっきりと分かります。
定植の際にも、株元を土の中に埋め込むためは直角に曲がっているよりも、ちょうどこの角度くらいが良さそうですね。
060429tomato4 ポットをポット用の籠に斜めにした場合、毎朝の灌水はポットが正常な上向きとなり、土の片寄りもなくなり、作業もとても楽になりました。   灌水が終わった後は、ポット籠を元の位置に戻して平らにしておきます。
畑作りは終えてありますので、あと数日で定植が出来そうです。

トマトの苗 Part-3  (29日夜追記)

060429tomato5 夕方、の写真の横置きにしてあったものを斜め置きに変えた苗の結果を確認してみました。
直角に曲がった部分あたりから曲がるのかと思いましたら、もう少し上の方であたかもS字を描いた形で曲がっていました。
一旦曲がった茎はそのままの形を残すんですね。  勉強になりました。(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

トマトの苗

定植を後1週間後くらいに控えたところで、私のブログに訪問頂いている菜園ブログさんのサイトに「トマトの苗の這わせ植え」という、とても参考になる書き込みがあったので、定植前にちょっとトマトの苗には可哀想ですが意地悪テストをしてみました。
060425tomato1野菜の茎は必ず上に向かって伸びていく性質を持っています。
しかし、無理に曲げれば当然折れ、折れてしまえば枯れてしまいますので、野菜の苗を横に向けておけば、どのあたりからは分からないが必ず上に向かって曲がっていくであろうということで、昨日は終日出掛ける用事がありましたので、10時過ぎにポットに充分な潅水をしてから横に倒して家を出ました。
060425tomato2 4時過ぎに家に帰り早速温室の中に入ってみると、たった6時間ほどでしたが見事に苗が上に向かって伸びていました。
どうやらテストは大成功でした。
これでしたら家にいて30分毎くらいに写真撮影をすれば、面白成長の記録が出来たかもしれませんね。(笑
今朝は、育苗ポットを入れてある箱を縦にして灌水をしました。
どうやら、これでトマトの這わせ植えは上手くいきそうですよ。 (*^-^*)ノ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

花めぐり

今日も朝から花見見物にはとても良い天気になりました。
既に桜も葉桜、これに代わって次々へと花便りがあちらこちらより聞こえてきますが、さて出掛けるとなると何処に行けば見られるのやらサッパリ分からない。
そこで、静岡県花めぐり花便り等をキーワードに探してみると、数多くの紹介サイトがありました。
この中から移動時間が短く現地でゆっくり見物の出来る近郊に絞って探してみました。
特にここのサイトは、県の中西部を中心として時期毎に整理がされいて、素晴らしい画像の掲載もありとても参考になりました。
今回は出掛けたことのない場所と初めて見る花に焦点を当てることにしました。
060425shaka1060425shaka2_1 先ずは小国神社に初めて見るシャカの花を見にいきました。  ここには初詣や紅葉等で何度も出掛けた場所でしたが、参道の両脇に作られた遊歩道の周りに群生していたシャカの花については全く知りませんでした。
そして、このシャカだけではなくこの中に100本以上もあろうかと思いましたが石楠花の木に赤やピンク、白い花が時期は少し遅かったのですが、まだまだ綺麗に咲いていました。
060425nagafuji_2 次は、今迄にも行ったことはありましたが、次に行く通りがかりでもありましたので熊野(ゆや)の長藤を見てきました。  まだ五分咲きで、折角の長藤もまだ下半分が蕾のままで、長い藤というには少し早かったようでした。  この藤の花は一番下の部分まで花が咲いた時にはさすがに見事な長さで圧倒されますね。
060425tutuji_1 途中で昼食を挟んだ後に、ここは良く知ってはいましたが、今迄に出掛けたことのない磐田のつつじ公園でした。
公園の中は思ったよりも広くはありませんでしたが、中々の見応えでした。   特に高さ10m以上で横に100mくらいの外壁の花はまだ殆ど咲いていませんでしたが、これが咲いた時には、きっと見応えがあるでしょう。
060425gyoikou1i060425gyoikou2i_1 最後に市制統合で掛川市に入った大須賀町に足を伸ばし、これまた始めて見る御衣黄(ぎょいこう)を見にいきました。
この花は、最初は緑色で、そして白色に変わり最後に中心部から筋状にピンク色に変わっていくようですが、時期的には4月の初めから中旬くらいまでが本来の見頃のようでしたが、全ての色合いを見ることが出来ましたので充分満足でした。
この他にも移動の途中では、田圃一杯に咲いている蓮華の花、山合いに咲いていたミヤマツツジ、そして磐田市ではハナミズキの街並みがありますが、ここも見事に花が満開でした。
朝10時過ぎに出掛けて夕方の4時前には自宅に戻ってきましたが、近場でこれだけのものが見られましたが、この他にこれからもまだたくさんの花を見ることが出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

白花タンポポのお引越し

昨年の9月に種から発芽させ、その後庭で育ててきた7株のシロバナタンポポ(白い花のタンポポ)が、今迄に20個以上の花を既に咲かせたでしょうか。
ところが先日、旧友達と長野に親睦旅行に出掛けた折、アメリカに駐在していたことのある友人から、「庭にタンポポの花の咲いている家は、手入れの足りないずぼらな家として嫌われる」という話しを聞かされました。
この理由は、根が深く根こそぎ抜くことも容易ではなく、花が咲き終わると綿毛のついた胞子が、ふわふわと飛び交って厄介なことにあちらこちらの庭の芝生に生えてくるためだそうです。
そう言われるとタンポポは多年性植物で、根は深く地面に張り、且つ繁殖力旺盛で、あっという間に増え続けることは、野原に咲いている黄色いタンポポを見るにつけ感じてはいました。  
060423tanpopo 我家にも、夏になれば青々として雑草がほとんど生えていないやや自慢な芝生の庭があります。   この話しを聞き折角ここまで育ててきたことと、抜いて捨ててしまうのも可哀そうなので近くの空き地に移住?させることにしました。
ここには、先住の黄色いタンポポも咲いていますので、この先どんな具合になっていくのか様子を見ることにしましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

カボチャの定植

いつものことながら夏野菜の苗の中でも、カボチャの苗はひときわ成長が著しく、旅行で2日間ばかり留守にして帰ってきたら、主軸から脇芽がのぞき始める勢いで生長していましたので、早速定植をすることにしました。
昨年から我家の食卓にカボチャスープが加わってから、家内のリクエストで今年はスクナカボチャが4本、雪化粧が3本と戴きもので今年初めてのダンプリングカボチャ(ミニ南瓜)が2本の合計9本を苗として育てましたが、畑と相談して欲張りすぎたのでスクナをお隣りのご主人に1本お裾分けして全部で8本に留めました。
060421kabocha手前は植え付けたままの状態のもので、向こう側に見えるのは、この時期になれば霜の心配はありませんが、夜間はまだ気温も少し下がりますし、幼苗のためにビニール袋を利用した風除けと保温のための行灯型の保護具で、2週間くらい経って脇芽が伸び始めてきたところで取り外します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

旧交を求め信州路へ

例年恒例である元の勤務先の同期OBで構成する親睦会が、今年は私とO氏の2人が幹事となりましたので、今回は長野県の桜まつりで大変有名な「天下第一の桜」の大きな石碑のある高遠城址タカトウコヒガンザクラ見物をこの17~18日として企画しました。
今年は気圧の変化が激しく、例年になく桜の開花予想が大きく外れ大変心配しましたが、桜前線は北上を続け信州地方はちょうど桜の開花シーズンを迎え、まさに絶好な桜見物のタイミングを迎えることが出来ました。
天候は、出発前日までの1週間は愚図ついた天気でこれまた大変心配をしましたが、出発当日は雲一つなく風も穏やかで、この2日間だけが快晴という絶好な旅行日和となりました。
060417takatou1 060417takatou2 高遠城址の中央部の日当たりのあまり良くない場所は、3~4分咲きでしたが廻りの桜は綺麗に開花しており噂どおり見事なものでした。
ここの桜は、ソメイヨシノと河津桜のちょうど中間の色合いで遠めには、かなりピンク色の色彩をかもしだしておりました。
060417takatou3 この写真は、桜の合い間に見えた仙丈ケ岳を写したものですが、残念ながら南アルプスは3時頃までは真っ青な空の下に白い山肌がくっきり見えていましたが、この頃には少しずつ霞んできてしまい、あまりハッキリしなくなってしまいました。
当日の宿泊は高遠より飯田市寄りの鹿塩(かしお)温泉というところに宿泊し、遠方より駆けつけてくれた16名で1年半振りに心ゆくまで旧交を温めました。
鹿塩温泉の源泉は17℃で沸かし湯ですが、高濃度の塩水ということで唇に触れただけでかなり塩辛さが分かります。 
山景館という宿に泊りましたが、ここの料理の素晴らしかったことは、全てこの地で取れた食材だけで料理されたものが膳に並んで出されたことです。
060417kasio1 手前左は鯉のうま煮(卵持ち)、その上が岩魚の塩焼き、一番上が鯉のあらい、右側は上から地豆腐、その他は山菜の煮物や和えものです。
右上の方にコンロの端が見えますが、写すのを忘れてしまいましたが、ここに猪(しし)鍋がのっかっています。
060417kasio2 この写真は全部で6種類の山菜の天婦羅ですが、覚えているのはタンポポの花と葉、カンゾウ、蕗の薹の他に、食べてしまって写真に写っていないタラの芽で、この他に名前を忘れてしまったのが2種類ありました。
この他にも口に入ってしまうのが先で、写すのを忘れてしまいましたが、鹿肉のタタキと刺身と最後に筍ご飯がでましたが、どれも大変美味しゅうございましたよ。
翌日は宿から比較的近くにあって3000本の桜が咲くという大西公園に足を伸ばし、中仙道の妻籠宿と馬篭宿の2ヶ所を廻った後昼食を済ませて、それぞれ次回の再会を約して夫々帰宅の途につきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

ああ、眠い!

チョットしたシステムトラブル?をやってしまいました。
昨日は夕方から、手持ちのデスクトップとノートパソコンによるデータの共有化をするためにLANの構築と共有化の設定をしました。
一旦夕食のために電源を切って食事後にパソコンを立ち上げたところ、どこで々間違えたのかデスクトップの画面が初期化されたように、まっさらの初期画面に変化してしまいました。
実は後になって気がつくとこの原因はそれ程重大な問題ではなかったのですが、こうなってしまうと一瞬パニックに陥ってしまい平生をなくしてしまうんですね。 (笑
さて、どうなってしまったのだろうと先ずエクスプローラでフォルダとファイルの確認をしてみたところ全く異常は見当たらない。
取りあえずウイルスとスパイウエアのスキャンをしてみるが、これも全く問題なし。
次にインターネットに接続すると接続が出来ない、そしてメールを立ち上げたところアカウントが設定さていないと警告が出た。
IEの接続設定を済ませ、Outlook Expressのアカウント設定を完了したところで、先ずインターネットに接続したところFavorites(お気に入り)も履歴filesも空っぽ状態で、この先ネット仲間のホームページや掲示板、ブログの訪問などさてどうしたもんであろうか・・・。
次にメールに接続したところ、私は保存受信トレイとホルダーを作って主要なメールは一定期間保存しておくことにしているが、それも全くの非表示になっている。
特にスパムメールや削除したいメール、ネット仲間等のメールはメッセージルールで振り分けをしているが、この設定までも初期状態になってしまっており、プロバイダーの迷惑メールガードを設定してあるにも関わらずくぐり抜けてくるスパムメールが1日あたりに20件以上もあるというのに、明日からのチェックが思いやられる。
ここで冷静に考えればどうしてこうなったのかの予測も立つ筈だが、残念なことに焦りの方の深みにはまってしまった。(爆
さて、ここから徹夜での作業が始まることになる・・・・。
先ずはデータが消えていなかったことは確認されたので、IEとOutlook Expressに対するデータのインポート作業から始める。 
私はパソコンの使い勝手を著しく簡素化するために色々な設定をしているが、これらの設定したものはデータのインポートを何から何まで簡単にやってくれるわけではない。
メールのメッセージルール等は一から再設定しなければならないし、同様にいちいち入力しながら再構築をしないといけないものも結構ある。
とうとうこれが一通り終わったのが、明け方の4時を少し回ったところでした。
全てが従来通りの状態に戻ったわけではないが、何とか普段通りにパソコンの操作ができるまでに快復したのでやっと寝ることが出来ました。

今朝は9時に起きましたが、外の天気同様に何となく湿った状態で頭が重い。
食事を済ませてからパソコンに向かい、もう一度冷静にチェックをして見る。
昨夜、LANの設定とネットワークの共有化の設定をしていた時にコントロールパネルからユーザーとパスワードの設定に入って、入力項目の確認の為に設定の変更しなかったが確認のための操作をしてから「適用」のボタンを押したことで何か変化が出たのか考えてみた。
そこでもう一度エクスプローラを確認してDocuments and Settingsのホルダーをチェックした結果その要因が浮かんだ。
そしてパソコンのログオフをして確認したところ、どうやら昨夜の前述の操作の折にWindowsのログオンの時のユーザー名を変えてしまうような操作を誤ってしたことが、Windowsのシャットダウンのダイアログで確認できました。
コンパネからのシステムへの侵入は注意深くやろうね → 自分への戒め
コンピューターにうっかりミスは禁物なことは分かって入るのですが、今回は痛感しましたよ。   昨日のトラブル発生前の状況に戻す作業は、ほんの1分ほどの時間で完了しましたが、昨夜から明け方まで掛かって費やした無駄な時間はなんだったんだでしょうね。
最近は物忘れが早いので、良い教訓として次の時に失敗しないように忘れないうちに早速文章にして記憶として残すことにしました。
それにしてもやれやれでしたよ。 (/_\)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ジャガイモの発芽

春作のジャガイモは例年秋作で収穫したアンデスレッドを主体とし、他にもう一種類を僅かだけ種芋を購入して作っていますが、今年は北あかりを少しだけ作ってみました。
一種類を追加する理由は、アンデスレッドは同じ時期に種芋を植え付けても発芽が遅いことと、生長もやや遅いために収穫が他のジャガイモもより半月ほど遅くなるためです。
もう一つ僅かに作る理由とは、アンデスレッドが何よりも美味しくて、とてもとても好きだからなのです。(笑
060410kitaakari 060410andesu 今年も遅霜の心配をしなくて良い時期を見計らって種芋の植付けをしましたが、先ず北あかりが発芽して、その1週間後にアンデスレッド(右)が発芽しました。
アンデスレッドの発芽は例年ですと4月の中旬過ぎですが、今年は植付け前の芽出しが上手くいったようで、この分ですと今年は早くから食べられそうです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

春の嵐の悪戯

昨日は昼頃から北西よりの強い風が吹き始め、浜松では最大瞬間風速が25.2mを観測したようだが、4時ごろに買い物に出掛けようとしたところ、あたり一面が霧で遠くが霞んで見える感じでした。
060408kousa 3時過ぎから曇り始めてきましたので、多分霧のようなものだろうと家を出て感じながら走っていましたが、どうも感じが違うので念のために数枚写真を撮っておきました。   手前の家並みは撮影地点から300mくらい離れたところで、遠くに見えるビルは約3Kmほど離れた浜松のどの地点からも見ることができるアクトシティタワー(45階)ですが、この風景は矢張り靄(もや)とは違うようでした。
今朝の新聞で分かりましたが、中国大陸から強風に乗って運ばれてきた黄砂の影響で、浜松地方で視界はほぼ5Kmくらいだったようです。
自動車街では、車の上に舞い落ちた砂を落とすための洗車作業で大変だったようでしたが、今日は風も治まって普段の景色に変わりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

長芋ステーキ

今に始まったことではありませんが、我家のダイエットメニューとして頻繁に食卓に並ぶのが長芋ステーキです。
060405nagaimo 材料は長芋、ネギ、紅生姜と卵だけです。  
ネギは細かく刻んでおき擂りおろした長芋にたっぷり入れて、卵と刻み紅生姜を加えて混ぜ合わせます。  紅生姜の代わりに沢庵を使っても目先が代わってまたひと味代わりますね。
後は卓上コンロの上で、中火でゆっくりと焼き出来上がったところで、オカカと青海苔をまぶして、醤油をかけて食べます。 
また、醤油の代わりにマヨネーズとソースをかけて食べてもおいしいですね。
写真は、実際には焼きながらオカカや青海苔をまぶし味付けをしますが、見栄えが悪くなるためこの状態で写しましたが、これでは大きめな平べったいハンバーグみたいですね。(笑
今日のように、朝から雨降りで家の中でグテグテしている時には、お昼の食事には手間要らずで持ってこいですよ。(笑

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

長芋の植付け

例年ですと保存のために埋めてあった長芋と種芋を、3月の下旬には掘り上げて準備に掛かるのですが、先週は久し振りに風邪を引いてしまい、温室の中の夏野菜の幼苗の水の世話をする程度で、殆ど終日ゴロゴロしていて菜園の仕事は何も手をつけることをしませんでした。
060404nagaimo1掘り起こすのが遅れていた上に風邪を引いてしまったことで10日以上も遅くなってしまい、やっと今日になってしまいましたが、案の定恐れていたとおり、地面に埋めておいたものは3月の末になって気温もあがってきたことから、長いものでは5cm程も芽が伸びているものがあり、掘り起こす際に残念なことに10本くらい芽を折ってしまいました。
分かり難いですが親芋の方からも根が出始めていましたよ。
060404nagaimo2この写真は、左側は今日掘り起こしたもので、右側が年明けになって掘り起こした長芋から種芋用として切り取って、発泡スチロールの中で保存しておいたものですが、こちらはやっと芽が吹き始めてきたところです。
昨年ムカゴから育てたものと合わせると、種芋として100本くらい準備できましたので、今年の植付けようには70本ほど良いものだけ選別しました。
今晩から雨が降るということでしたので、夕方前に大急ぎで植付けを完了しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

アスパラの初収穫

今年は、種蒔きから2年目を迎えたアスパラが順調に育ったお陰で、昨年まで1畝だったものが2畝になり、1畝増えた新しい方のアスパラも2年目とは思えないほどの勢いで生長をしております。
060403asupara 2週間ほど前に土の中から顔を出したアスパラが、あまり気温も上がらなかったことから一向に伸びる気配がなく縮こまっていましたが、最近になって日中の気温が上がり始めてきたので、昨年より6日早く初物の収穫に結びつきました。
左側2本が5年ほど経過したもので、右5本が2年目を迎えたものですが、そこそこの太さに生長しています。  5年物は発芽が遅かったのですが、あっという間に伸びてきましたので流石に勢いが違いますね。
5月頃に入れば、もっともっと生長した素晴らしいアスパラが沢山収穫できるものと思いますよ。 (^_-);

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

姫様道中と桜祭り

毎年4月の第1土曜日・日曜日に昨年から市町村合併して浜松市となりましたが、旧の引佐郡細江町気賀で姫様道中が行われます。
昨年は、この催しが行われた時に、既に桜の花がほぼ散ってしまったために出掛けませんでしたが、今年は約300本のソメイヨシノが咲き誇る都田川の堤防沿いのさくらトンネルが、ちょうど満開ということで体調も良くなりましたので、姫様道中と桜祭りを見に行ってきました。
060401hitode 天気も良く桜の花も満開であったことと、明日は天気が悪くなるということからでしょうか、例年にない人出でいつもなら全く困らなかった駐車場(全て無料)も少し離れたところになってしまうほどで、写真をとろうとしても人・人・人で、さくら堤は約3m弱の舗装路で道幅も狭く、さて写そうとするとその前ににゅ~っと人が現れるような始末・・・。
060401sakuramaturi060401sakuramaturi1中々思ったような写真が取れませんでしたので、約500mほどの桜堤をあちこちと駆け廻って、何とか良い場所を見つけながら、これは何とか上手く写せたものです。(笑
今日は風もなく暖かな一日で、桜の花も満開でしたので良い目の保養になりましたが、お気の毒なことに明日は終日雨模様だそうで残念な桜祭りになりそうです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »