« 寝正月 | トップページ | テニスの打ち初め »

2006年1月 4日 (水)

初詣

北陸、北日本の12月の平均気温は、平年よりも3℃近くも低く、これは戦後最低の記録とかで、今月に入っても続いているようだ。

昨日は初詣に出掛けようと思ったのですが、朝起きると気温は3℃その上に曇り空で日中気温も上がりそうにもなかったので風邪気味の大事を取って初詣はやめにして、一日日延べして今日になって出掛けてきました。
例年ですと厄除観音で有名な法多山の尊永寺に初詣に出掛けるのですが、ここは参道が駐車場から約500mほどあって、更に本殿までの石段が約800段ほどもある上に勾配もきつく、家内には少し無理があるために今年はやめることにしました。
060104toyokawainariその代わりに、以前にも出掛けたことのある京都の伏見稲荷とともに、日本三大稲荷として知られる豊川閣妙厳寺、通称豊川稲荷に変更しました。  ここの参道は平坦で短いのですが、有名なだけに大変混雑するのが難点なのです。(笑
以前、正月の2日目に来た時には鳥居から本殿の約100mくらいの距離が、立錐の余地もないほどで身動きも取れず、警備員の指示されるがままに5分以上も掛けてゆっくりと拝殿まで移動したことを記憶していますが、さすがに三ヶ日を過ぎた4日目ということからでしょうか、この時とはうって変わって人出も少なく、スムーズに参拝を済ませることが出来ました。
それにしても、車に戻ってくるまでの僅か40分間ほどでしたが、風の冷たさは尋常ではなく暖房のぬくもりの残っている車に立ち戻り、早々に家路につきました。

ネット仲間のカメ吉さんの信州地方では、氷点下10℃以下まで下がるとか、とても信じ難いことでございますよ。(震

|

« 寝正月 | トップページ | テニスの打ち初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/8002172

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣:

« 寝正月 | トップページ | テニスの打ち初め »