« 自然水 | トップページ | 信州、赤そばの里と妻籠宿 »

2005年10月17日 (月)

柿が大豊作

台風20号の影響でしょうか、昨日から天候が悪くなり今日は朝から雨も降り、日中の気温も22℃と最近では一番の冷え込みになりました。
ここ3日ほど好天気が続いていたためでしょうか、柿の実が一気に黄色く色づいてそろそろ食べられる状態になってきました。
1017kakiつい先日に柿の木をこのブログに掲載した時には、柿の実が葉の色と殆ど同色で見分けがつかず、かなりの量(多分70個くらい)は収穫できるものと予想はしていましたが、今日黄色く色づいたところで確認してみたところ、途中で幾つか分からなくなってしまいましたが、何とたった一本の柿の木で100個を裕に越えると思われる数が確認できました。
どうやら聞くところによると、今年は柿の成り年だそうですが、それにしても今までに全く経験したこともない豊作です。
柿は熟しはじめると柔らかくなって腐ってきますので、長くても2週間程度しか日持ちがしませんので、あちこちにお裾分けをしないと食べきれないというほどの嬉しい悲鳴です。

|

« 自然水 | トップページ | 信州、赤そばの里と妻籠宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿が大豊作:

« 自然水 | トップページ | 信州、赤そばの里と妻籠宿 »