« 野菜の種取り | トップページ | 綿の実が育ちました »

2005年9月15日 (木)

白い花のタンポポ

今日も日中の気温は32℃まで上がり残暑が厳しい。  いつまで続くのだろう。

昨年、浜名湖畔で繰り広げられた浜名湖花博(しずおか国際園芸博覧会)に出掛けた時に会場の片隅で白いタンポポを見つけた。
係員に尋ねたところ、花博として展示されていたものではなく、既に種が熟して、冠毛(かんもう)が開いていた状態でしたので、種を貰って帰ってきた。
その後、種の蒔き時が9月頃ということから庭の隅に蒔いておいたが、発芽する気配は全くなく失敗に終わってしまった。
今年の4月になって、家から15分ほど離れたところにある佐鳴湖畔の堤防に、僅かではあるが白いタンポポが咲いているという情報を聞き込み、早速出掛けて種を確保し保管しておいた。
0915tanpopo 9月になったので、今度は土の中で育てるのではなく、水に浸した状態での発芽を試みることにした。
ところが週末に孫達が泊りがけで遊びに来たため、うっかり水をやるのを忘れて乾燥させてしまい、慌てて火曜日に水を与えたところ多分昨日だろうと思いますが10個の内2個だけ発芽していました。
これ以外は管理をおろそかにしたためでしょうか、確認したところ中は空っぽで何も入っておらず、発芽の期待は持てないので捨ててしまいました。
写真のうち、一番上のものは中が空っぽでした。
取りあえず2本については、2~3日すればもう少し根が伸びてくるかと思いますので、ポットに移植して育ててみたいと思っています。
さて、来年の春にはこのタンポポが育って庭先で白い花が見られますでしょうか。
この結果は追って掲載することにしましょう。(笑

|

« 野菜の種取り | トップページ | 綿の実が育ちました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い花のタンポポ:

« 野菜の種取り | トップページ | 綿の実が育ちました »