« タイのマスクメロン | トップページ | 油断大敵! »

2005年8月 3日 (水)

甘いトマト?

現在、緑健農法=永田式農法(永田照喜治氏)という、「より原産地の生育条件に近いやり方で育てる方法」が注目されている。
私が、氏の提唱する農法についてその薀蓄を語る資格は全くありませんが、永田氏は著書の中で、「そもそも農業の始まり自体が環境破壊の始まりなのです。 まず人間は様々な自然の植物や動物の中から、人間にとって都合のいいものだけを選択し、作物化あるいは家畜化しました。 この時点ですでに自然の生態系のバランスを崩すことになったのです。」(著書:食は土にあり)
だから私は自然農法などという言い方は嘘だと思っています。 農業そのものが環境破壊なのですから。 私は遠慮しながら出来るだけ環境を破壊しないように、考えながら農業を続けています。」(同上)
と書かれており、これがより原産地の生育条件に近いやり方で作物を作るという原点になっているようですね。
普通トマトの糖度は、4~5度程度といわれているが、ここで生産販売されているトマトは、なんと糖度が10度前後にまで上がるほどの甘さがあるという。
あとで分かったことだが、会社のあるこの地区では特産の温州ミカンを除いては実際に栽培されているものはなく、実際には北海道から沖縄にかけて、広く野菜の生産条件にに適した地域において緑健農法のノウハウを提供しながらの契約栽培をしており、りょくけんの販売流通網にのせ全国に販売しているとのことだった。
実は、この㈱りょくけんは、私の家から30分ほど行ったところにありますが、数年前に会社にお伺いし居合わせた農業技師の方に緑健農法についてのお話を伺う機会が持てた。
この時に、トマトの生産地についてお尋ねしたところ、正確な産地は教えてもらえなかったが、渥美半島で2~3軒の農家で栽培されていることを聞き、ちょうど手持ちにあった本を購入して帰えることができた。
トマトの栽培方法は温室で2月から3月が収穫の最盛期にあたるということから、2月の終りにネットの菜園仲間4人で出掛け、既に1軒のみになっていた栽培農家を探し当てることができた。  この時に食べた感想としては、「本当に、これがトマトか」というほどの甘さで、果物を食べているような感じであった。
0729tomato 我家にも、母が生前蘭の栽培のために建てて、今では私が野菜の苗作りのために活用している2坪ほどの温室がありますが、冬場の夜間の寒さを凌ぐほどの設備もなく、その後ここでのトマトの栽培をしたこともなかったが、今年思いもよらずトマトの定植後に別に1本の苗が芽を出したので、時期的には完全に逸してはいたが、温室の中で育ててみることにした。  緑健農法における甘いトマト作りの重要なポイントは、「多肥料とせず、極限まで水分を絶つ」ことにあるということだそうで、この方法での栽培をしてみることにした。
土は、お隣のメロン栽培農家より蒸気で消毒された土を分けて頂いたものを大きな鉢に入れました。  5月10日に定植した以降、葉が萎れかかったところで水を補給するということで極力水を与えることなく育てました。(上の写真は7月29日に撮影)
この時点で、草丈は2m50cm以上にも達しております。
0804tomato 本の中にも書かれているが、茎や葉には産毛(うぶげ)が無数に生え、これが空気中の水分を吸うために発達するものということだ。
写真は着果枝の5段目部分の茎を写したものですが、左が温室のもので右が畑の露地ものです。(写真撮影は8月3日)
産毛の長さも露地に比べて随分違いますが、どうやらこの産毛が空気中からの水分を吸収するのでしょうね。
この結果については、後数日後には収穫できそうですので、その時にコメントを入れましょう。(笑

|

« タイのマスクメロン | トップページ | 油断大敵! »

コメント

「美味しんぼ」の中でもありましたね。
私も南米で試してみようと考えていました。北海道では設備を作る気にはなれませんから。結果が楽しみですね。

投稿: cityde2 | 2005年8月 5日 (金) 09時57分

cityde2さん>  「美味しんぼ」って、知りませんでした。
しかし何処かで聞いたことあるなあと思って検索したところ、TVかなんかで一度耳にしたことのある漫画の本だということが分かりました。(笑
このトマトことは「第7巻 大地の赤(前)」に掲載されていたんですね。  はたして何時の頃だったのでしょうね。
アンデスの丘陵地で良く陽の当たる傾斜地がもっとも最適だといわれております。
農文協から発行されている「原産地を再現する 緑健農法」(永田照喜治著)はお薦めだと思います。
この種の本で、B6判200頁で1530円は結構良い値段ですが参考にはなると思います。

投稿: waka3 | 2005年8月 5日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘いトマト?:

« タイのマスクメロン | トップページ | 油断大敵! »