« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月29日 (金)

タイのマスクメロン

北海道にお住まいのKさんが外国に出掛けたおりに、その土地の種を購入してこられますが、昨年はトルコで購入されたという種を送ってきて頂いてトルコメロンを栽培しました。  結果的には外観は種の袋とほぼ一緒のものに仕上がったのですが、味はまったく甘味のない果肉の硬いただの瓜で終わってしまいました。(笑
多分、気候風土の違いが大きな原因の一つではなかったかと思います。
0729tane さて、今年も東南アジアを廻ってこられたということで、4月の終りにタイとシンガポールで購入されたという数種類の種を送ってきてくれました。  戴いたものは、大きい袋がタイで購入されたもので、小さい袋がシンガポール産の種です。
何れの国の種にもヘチマのような瓜がありましたが、これはあまり食欲をそそりませんね。(笑  その他には、矢張りどちらの国にもも長茄子がありましたが、私が現在作っているものと同じですので、これは来年やってみたいと思っています。
その他には、セロリ、葉と茎を食べる甘藍とおぼしきものがありましたが、これは秋蒔きで試して見ましょう。
夏野菜が主体で既に種蒔きの時期は逸しておりましたが、折角のことですので、この中にあったタイのマスクメロン(写真左上)をやってみることにしました。
0729melon 種蒔きは露地栽培ならば3月始めに実施するところですが、戴いたのが4月27日で2日後にポットに種蒔きをしました。  畑に定植が出来たのは6月に入ってからで、その後梅雨の中で育ちも良くなく着果も全く見られず病気もでてきましたので、4本あったものを2本にしてそのまま放置しておきましたが、ここ数日良い天気が続いたので久し振りに確認したところ、葉の陰に2個のメロンを発見しました。
やや種袋の写真より縞模様の形が違っていて長さも少し短いようですが、これからどのように変化していくのでしょうか。  葉の一部がカビによる病気で黄ばんでいますので少し心配ですが、これでちょっと楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

台風一過

今年初めての大型台風7号が北上しながら日本上陸、それも東海地方に直撃ということで、その進路をビクビクしながら見守っていたが、昨日の昼過ぎになって三宅島あたりで急に東北に進路を変えたために、房総半島をニアミスしながら東北沖の方に抜けていった。
お陰さまで心配した強風や大雨は全くなかったといってよいほどで、菜園の被害も皆無でした。  今日は打って変って雲一つない快晴、日中の気温予想は35℃と真夏日になるもようです。
0727semi最近やけに我家の庭木にクマゼミがやってきて、シャアシャア、ワシワシと泣いているので、450mmの望遠レンズで遠くから撮影してみました。
さ~て、この中に何匹クマゼミがいるんでしょうね。
手前の葉の陰にも1匹いますので、全部で13匹見えています。  実は、回り込んで見るとなんと4匹いました。 〆て合わせて17匹のオンパレードです。
このクマゼミのうち何匹がなのか分かりませんが、これが一斉に泣き出すんですから、折角冷房をしている部屋の中にいても汗が湧き出てくるような感じですよ。(笑
いよいよ夏、真っ盛りですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

毛虫の季節

暑い夏がやってきて、どうしても肌の露出部分が増えてしまいますが、こんな時に刺されてかぶれてしまうのが毛虫の被害です。
新しい芽が吹いて柔らかな葉のある時期でもないのに、7~8月になると何故か大量に発生します。
iraga これはイラガというもので、写真の針のように尖ったこのトゲは中空で体内の毒腺につながっていて、触れただけでチクッとした痛みが感じられた時には、刺すと同時に相手に毒液を注射してしまうようで、ものの1~2分でみるみる腫れ上がってきます。
写真はアニメーションにしてありますが、2番目がネットで検索したところイラガの終齢幼虫ということで、普段良く目にするのは3番目の弱齢から中齢にかけての幼虫で、こんなに大きな終齢幼虫(体長は40mmくらいでした)というのは始めて見ました。
今回は手の甲で触れてしまい、幸い手袋をしていましたので大変軽くて済みましたが、以前に直径15cmくらいが真っ赤に腫れ上がって涙したことがありました。(笑
ただ、抗ヒスタミンが含有している軟膏を使用すると効果があるということのようで、今回は比較的軽かったことと、ちょうど薬箱に入っていたムヒアルファSというのを使ったことで、比較的早く痒みがなくなり腫れも2~3時間後には消えていました。

これ以外に枇杷の木が一本ありますが、これにはチャドクガの幼虫が毎年同じ時期に出ますが、今のところは目にしておりませんが要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

花オクラのその後

花が咲いた以降、どんな具合に育つのか見てみました。

先ず最初に、下の写真は開花後4日目の島オクラ(左)と開花後3日目の花オクラ(右)を比較してみました。hanaokura-5
普通のオクラは開花後4日目くらいがちょうど食べ頃になりますが、花オクラは4日目ではせいぜい1.5cmくらいの大きさにしかなりません。  輪切りにしてみましたが、形は普通のオクラ同様に五角形ですが、果皮が大変薄く2mmくらいある白い産毛のようなものがいっぱい生えています。
花オクラを食べたみましたが、産毛のようなものは特に気にはなりませんでした。
基本的には普通のオクラと同じといってよろしいかと思いますが皮が薄い為でしょうか、粘りっ気が少ないような感じがしました。

hanaokura-6hanaokura-7更に、花オクラが開花から10日間経過したものと島オクラの4日目のものと比較(写真左側)してみました。  右側は、花オクラの断面です。

産毛のようなものは、かなり硬くなって、その上果皮も更に薄くなった上に硬くなって、とても食べられるようなものではありませんでした。

結果的には、食べるためには、あまりにも小さく果皮も薄くて普通のオクラに比べれば大変効率は悪いものの、花を楽しむことが出来て、畑に出た時にぱっと摘んでは食べられますので、遊び感覚で育てるには面白い野菜だと思います。(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

ジャンボカボチャの収穫

以前にもこのブログで紹介しましたが、今年初めて栽培してみたジャンボカボチャ(品種名はアトランティックジャイアント)が首尾よく収穫できるまでに育ちました。
果着したのが5月30日ですから、43日目に収穫したことになります。
jumbo0719-1 このカボチャは家畜の飼料用にはなりますが、人間様の口には入れるようなものではないらしく、この後の処理に戸惑っておりましたが、カボチャは日持ちがしますので孫の通っている小学校に持っていって、もう直ぐ夏休みになりますので、2学期が始まってから子供達に色々な楽しみ方をしてもらうように考えています。
さて、このジャンボ君ですが最終的に胴回りは166cmになりました。  直径に直しますと52.8cmですが、若干いびつな形をしていますので、一番長いところでは55cmありました。
問題の体重ですが、なんと「32.2Kg」もありました。  抱えて持ち上げる時に、形が不安定なためにもう少しでぎっくり腰になるところでした。(笑
多分、今後はもう一度栽培することはないでしょうが、楽しかった今年の夏でした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

ウォーキングの薦め

本日家内が無事27日ぶりに退院することができました。
退院にあたって主治医の先生から詳しい経過をお聞きしましたが、主治医も驚くほどの回復ということで、家内共々大変安心を致しました。
取りあえずは6ヶ月間の経過観察をしながらの治療ということで、それ程足繁く病院に通院するわけでもありませんが、とは言っても無理をすることは許されませんので、先ずはゆっくりと静養しながら体力をつけてもらおうと思っています。
家内の場合には、今回の手術によって体内に埋め込まれた除細動器(ICD)によって、心臓の拍動数が1分間に60回と規則正しく打たれているとはいうものの、激しい運動をした場合には脈拍上昇が出来ないため、めまいや貧血を起こすことになることから無理をすることができません。

人間の心臓は血液を循環させるためにポンプの役割を果たしていますが、この機能は心臓だけではなく、足の筋肉も歩くことによって筋肉が活動しながら収縮と開放を繰り返すことによって、血管をポンプのようにしながら血液を循環させる役割を持っているそうです。
従って適度な刺激を与えながらのウォーキングは大変効果があるということですが、家内の場合はあまり無理をすることはできませんので、少しずつ朝の涼しいうちにでも楽しみながらやってみたいと思っています。
有酸素運動によって体脂肪を減らすだけでなく、このような効果もあるということですので、ある程度の年代になられ心臓疾患をご心配されている方で、現在ウォーキングをされていない方は是非、そして既にされている方はこれからもお続けになることが大変よろしいようですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

ユーザー車検

家内の突然の入院でバイクの車検が切れることは分かっていたが、どうすることも出来ずに車検が切れてしまいました。
車検切れになると当然公道を走るわけには行かず、いよいよ販売店に持ちに来てもらって高い金を払ってお願いするしかないものと思っていたところ、バイク関係のネット仲間が仮ナンバーというアドバイスがあったので、さっそく調べたところ最寄の市役所で入手できることが分かりました。
numberplate 手続きは簡単で、幸い自賠責保険は切れていませんでしたので、申請書に書き込み750円を支払って仮ナンバーを貰ってきました。
これで5日間と車検のための目的外走行は出来ませんが、公道を自由に走ることが出来ます。
あとは私のHPでも紹介しておりますが、車検場に今日の予約を入れてユーザー車検に行ってきました。
ユーザー車検をすることによって、公的に発生する費用の26,300円はどうしても避けられませんが、販売店に支払う車検整備・登録手数料の約35,000円は完全に助かります。  今回は、前輪のブレーキパッドが磨耗していて交換しましたが、部品はバイクショップでセール品を購入し自分で交換しましたので、ここでの差額も販売店に依頼すれば間違いなく工賃を含め、5000円以上になるかと思います。
というわけで、〆て合わせて約40,000円程が節約できたことになりました。

そうだ、今日はサマージャンボ宝くじの発売日でしたね。
明日は家内の退院日でもあり、縁起をかついで早速購入してみましょう。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

花オクラ

家庭菜園つながりで、私が送ってあげた種の変わりにといって珍しい種を送って頂くことがある。
この花オクラも、既にこのブログにも掲載しましたジャンボカボチャと一緒に名古屋のMさんから戴いたものです。
hanaokura_1 hanaokura_2 hanaokura_3写真説明
:初めて花が咲きました。
:大きさなを計ってみました。(20cmありました)
:サラダとして食べるといわれましたので早速サラダに添えてみました。

サラダの材料は、キャベツの千切り、レタスの葉のちぎったもの、胡瓜のスライス、スライスしたベーコン、それにオクラの花です。  ドレッシングは、私の定番の健康マヨネーズを胡麻風味の醤油ドレッシングで和えたものです。
オクラの花びらをそのまま噛んでみましたが、この歯触りと味を何と例えて良いのやら、まったく初めての感触でした。
花びらは全く嫌味がなく、ほのかに甘い?という表現でいいのかなあ、兎に角サラダにはうってつけな食材ですね。  花びらを縦に裂いて小さくしたところ、くるっと丸まって上に盛り付けた時に大変上品な感じがします。
今朝の朝食のサラダとして食べましたが大変美味しゅうございましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

プロムナードコンサートin○○病院

家内が入院してからほぼ3週間を迎えるが、ここ10日間位のうちに点滴が外れ、次に酸素吸入も不要となり、そして体内に移植したICDのテストも良い結果で無事終了し、残すところは体力の回復を待って、来週末には退院できる目途がたってきました。

concert 今までは院内での歩行は同一フロアに制限されていたが、今日からは院内の全てに対しての許可が出たということで、ちょうどこの日にバイオリンとチェロ、そしてピアノの三重奏によるプロムナードコンサートが開かれるということで、コンサートが行われる正面玄関ホールに二人で出掛けてみました。
曲目は、「夏の思い出」、「浜辺の歌」、「我は海の子」、「モーゼ幻想曲」、「エトピリカ(葉加瀬太郎)」、「イエスタデイ」、「トップオブザワールド」、「見上げてごらん夜の星を」、「チャールズダッシュ(モンティ)」、「椰子の実」の全部で10曲でした。
ホールには、患者さんや付き添いの100人近い人達で賑わい、次々に演奏される曲目にうっとりと耳を傾けられていました。  患者さんには、心への癒しとしては大変に効果のあった一日ではなかったでしょうか。
私も今年2月に家内と出掛けたピアノ演奏会以来で、生の演奏をそれも無料で聞くことができ、楽しいひと時を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

ジャンボカボチャ

直径50cm(カボチャの円周から換算しました)といっても、中々ピンときませんので、孫と一緒に写してみました。
jumbo0703 交配して果着したのが5月30日ですから34日目ということになります。  普通のカボチャですと30日を経過しますと収穫してもおかしくないのですが、ジャンボカボチャの場合には、まだ果梗(蔓と実をつないでいる柄の部分)が瑞々しいので、まだまだ成長過程といってと良いのではないか思います。
私も、物珍しさで頂いた種を初めて育てましたので、何処まで育つのかサッパリわかりません。
収穫できましたら、孫の通っている小学校にでも持っていって、子供達のびっくりする姿でも見たいと思っています。  そして、ジャンボカボチャを教材として、子供達が何かを学ぶことが出来れば楽しいのではないかと思います。
低学年の子供達はお絵かきでも良いでしょうし、中高学年の子供達はカボチャってどんな種類があって、どのように育てるんだろうかとか、アメリカのハローウインってどんなどろうとか、色々夢を追うことが出来るような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

またまた、大規模スーパーが開店

6月24日に、イオン浜松市野ショッピングセンターが開店しました。
僅か1Kmほどのところにイトーヨーカドー浜松宮竹店があるのですが、当然共食いになってしまうんでしょうね。
一昨年イトーヨーカドー浜松宮竹店が開店した時には、道を隔てたところに「サティ宮竹店」という大型スーパーがあって中々繁盛していたのですが、ものの1年も経たないうちに閉店してしまいました。
無論、イトーヨーカドーの進出で共食いとなって閉店に追い込められたのは言うまでもありませんが・・・。
消費者にとっては安い商品が手に入ることは歓迎この上ですが、また同じようにして、このあたりの小規模店舗は弱肉強食の例え通りどんどん閉店の憂き目にさらされていくのでしょうね。
さて店に行った感想ですが、イオン志都呂店は浜名湖花博があったことも味方して、道路は大変整備されましたが、この周辺は道路整備が殆どされないままにホームセンターや家電の販売店、その他レジャー施設等が密集しており、あまり道路事情が良くありません。
私にとっては全くの他人事ですが、これでは近くに住んでいる人たちは、これが出来たことによって日常生活の上でまたまた大きな被害をこうむっているのではないでしょうか。
そして店内ですが、志都呂店とほぼ同じ専門店の数が入居しているのですが、志都呂店は3階ですが市野点は2階ということで、やたらとだだっ広い感じで、歩いていても何故か疲れを感じてしまいますね。
店内ののフードコートは何処も超満員で、ちょうど昼時に孫2人を連れて出掛けましたので昼食を食べましたが、座る場所を確保するのに大変でした。
ちなみに食事の方は、お値段とお味の方がちょうどバランスの取れたほど良いものでしたね。
買い物は、オープンしたばかりとはいえ、たいした目玉商品もありませんでしたので手ぶらで帰ってきました。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

新浜松市の誕生

今日は、天竜川・浜名湖地域の11市町村が浜松市に編入合併して新「浜松市」が誕生しました。
何でも、面積は日本全国で岐阜県の高山市についで第2位だとか、ビックリすることは1時間半以上も掛けなければ行けない長野県とつながっちゃたんですよ。  更に静岡県では県庁所在地の静岡市を10万人も上回り、全国でも16位だそうです。
だから、一体なんなんでしょうね。

浜松市に編入合併する浜北市では、昨夜からカウントダウンをしながら、今日の0時には新市誕生の記念の式典をされたようですが、今日の浜松市長の新市誕生のご挨拶も訓示めいた例の早口言葉な口調でサッパリ意味不明。
浜松駅前のギャラリーモールでは、新市をPRするための市主催のイベンで物産展や新市をパネルや映像で紹介する「情報ステーション」とやらが設けられたようですが、どれだけの人が集まるんでしょうかね。  普段でも電車やバスの利用客が通りかかる場所で全く目立たないところなんですよ。  なにやら、鉄棒の大車輪で有名な「鉄棒おじさん」の実演もあったとか。 ご覧になれれた方は運の良かった人でしょうね。(笑
市役所の前を通っても普段とは全く変わらず、何処かの誰かがなにやら騒いでいるだけのようで、市民の皆さんはさほどの関心もないようで、どちらかと言えばドッチラケのようですね。
かく言う私も全く同じですが・・・。
これから先、何を求めていくのか、どうしようとしているのかが、市民不在でいま少し見えない新浜松市ではあります。
北脇市長さん、もっとやるべきことがあるのではないでしょうか。  最近人気も少し下降気味のようですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »