« ココログのバグ | トップページ | 枇杷が実りました »

2005年6月 9日 (木)

芝刈り機の世代交代

我家には約60坪ほどの庭に25坪ばかりの芝生が植えてあります。
この芝を刈るために、約10年ほど前に手動式から電動式に切替えた芝刈り機のモーター部分のベアリングが破損して、修理をすると新規購入価格の半分くらいの金額が掛かるということで、新しいものを買い換えることにしました。
lawn_mower 赤色が今まで使っていたホンダ製で現在では生産中止となっており、黄色いものが今回購入したRYOBI製の芝刈り機です。
カッターの仕様は今までのものはプロペラタイプの2枚刃で、今回のものはリール式の5枚刃と全く仕様が違います。
早速、だいぶ伸びてしまった芝の刈り込みをしましたが、矢張り一長一短があって、どちらも甲乙つけ難いところですが、今回のものは刈り込み長さの調整が容易で、且つリール式のためカット長さもかなり短めに出来るのが気に入りました。 

さて、お値段なんですが、ネット検索で調べたところ定価は35,000円でした。
ホームセンターのkahma21では、29,800円、Cainz Homeでは通常27,000円のところちょうど売り出しセール中で24,000円の値札がついていました。
無論、購入したお店はおわかりだと思いますが、それにしても定価と実販価格のこの差はなんなんでしょうね。
購入者にとっては大変ありがたいことなんですが、家電製品にしてもそうですが、本当のところこれらの製品は幾らで出来ているんでしょうね。
まあ、深く詮索することもないか。(笑

|

« ココログのバグ | トップページ | 枇杷が実りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝刈り機の世代交代:

« ココログのバグ | トップページ | 枇杷が実りました »