トップページ | 2005年7月 »

2005年6月29日 (水)

身体障害者となること

家内は、今回の埋め込み型除細動器を体内への移植手術によって心臓機能障害者としての認定となります。
世間一般には身体の不自由を奪われて生活を余儀なくされている人も多い中で、家内の場合は自分の力で身の回りのことが自由に出来るだけは不幸中の幸いであると思いますが、本人にとってはこれから私達の自由とは違った足かせがありますので、ゆっくり養生をしてもらい私も精一杯共有していきたいと思っております。
私のネット仲間にも身体障害のお嬢さんをお持ちの方がおられ 「障害者情報と言うものは与えられるものではなく、こちらから積極的に求めていくもの」とアドバイスを頂きました。
早速、市役所の身体障害者福祉課に行って話を聞いてこようと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

植込み(埋め込み)型除細動器(ICD)

植え込み型除細動器の移植手術は、昨日緊急手術の患者が入ったため、1時の予定が3時に延び2時間半ほどを掛けて無事に終了しました。

手術が終わった直後家内に面会した際に、「これで、不整脈による心臓への影響は解消されましたね」 という主治医からの言葉を頂いた時に家内の瞼からあふれ出る涙に、私も大変目頭が熱くなり主治医と現代医学の力に、この上ない感謝の気持ちで一杯でした。
本来、この移植手術は無痛で終了できるもののようですが、家内の場合については、大変な痛みを伴ったようで、戻ってきた後でもかなりの時間耐えていましたが、最終的には鎮静剤を飲むことによって痛みを押さえるということで対処しましたが、絶対安静と床上安静がそれぞれ4時間ずつということで、この日が一番辛かった一日になったことと思います。
主治医の話では、痛みは心臓に起因するものではなく、精神的な問題から痛みが発生することもあるようで、昨夜の鎮静剤を飲んだ以降、今日になって手術後の傷の痛みはあるものの、昨日までの痛みは全く感じられないということで、手術が終わったことによる精神的なショックからの開放からかもしれません。

何れにしましても不整脈による問題はこれで一応の解決を見ましたが、残るは心不全を誘発させないためにも機能的な回復のための処置を進めていくということで、生命に関しての問題はほぼ解決するに至りましたが、何れにしましても現代医学の進歩には、ただ只驚きと感謝あるのみです。

また、新しい記憶の蓄積に関しても、ここ数日で日増しに改善の方向に着ており、今日の段階では記憶が途切れがちであった2~3日前のことも記憶に留まってきておりますので、だいぶ回復したといっても良いのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

家内の突然の入院

孫達と浜名湖ガーデンパークに行った翌日、家内は孫達から英気を貰っていつものように元気に勤め先に出かけて行った。
勤務先から家内が倒れて「救急車を呼んでこれから病院に搬送したいが指定の病院はあるのか?」と電話が入ったのは、正午を2分ほど回ったところだった。
家内はこれまでに病院には掛かったこともなく、特にここ数年来は家内と共に食事面では自家野菜の種類を増やしたり、血行が良くなるというようなことへの取り組みをしたり、血行障害への配慮は人一倍気をつけてきたことによって、毎年実施している健康診断でも数値的にも基準値は達成しており、とても疑う余地はなかった。
病院に到着した時点で、何故か治療台の上で意識がなかったのではなく、自意識がないままもがき苦しんでいるような状態で、手足はベッドに縛られていました。

その後、家内の症状は完全房室ブロックということで、心臓の心房と心室を結んでいる信号回路の遮断、即ち正常な心臓信号が心房から心室に送られなくなるというもので、血行障害ではなく機能障害ということでした。
この結果、今回倒れた時点で一時的に心臓停止が起き、これによって脳への有用な血液の流れが停止して脳機能が障害を起こし、その結果身体への異常な指令を発することによって、このようなもがき苦しむ状態に陥ったのではないかということでした。
この状態は数時間続き、途中検査や治療のため面会することは出来なかったが、次第に変化が現れて3回目に家内と面会することができた約6時間後には、この状態からほぼ解放されて(と言っても、手は固定されたまま)、やっと少しずつ話をすることが出来ました。
しかし、ここで家内のもう一つの異変が確認されました。 
過去のことは倒れる直前まで全て問題なく記憶として残っているのですが、新しいことを記憶する回路に障害が発生し、話したことが記憶に残らずに忘れてしまうという症状が起きました。
しかしこれは幸いにも、最初の日は話している片端から全く記憶が残らずに消えていったのですが、分単位そして時間単位と日を重ねる毎に記憶量が伸びながら快復してきました。 昨日の段階では前の日のことまでは記憶に残るようになってきておりますが、まだそれ以上は記憶を貯めておくキャパシティがないようで、焦らず学習を続けながら回復を待つ以外にはないと思います。

もう一つ、重要な問題は不整脈の性状が、心臓の検査を実施した際に「心室細動」という不整脈が確認され、これは不整脈の中でも最もワーストにランクされる性状であることが解り、結果的にはペースメーカーのお世話にならなければいけないこととなりました。
しかもこのペースメーカーは、通常良く言われているものとは違って「埋め込み型除細動器」というもので、心拍を常時監視し重篤な不整脈が起きると心臓にショックを与え回復をさせるというものです。
我が国では、臓器移植等と同様に他の欧米諸国とは違って、ある一定の症状とみな刺されない限り、これを取り付けられる患者の適用基準が大変厳しく、まだ数千人ということのようです。
しかしこれを付けることによって、今後は不整脈からの心臓機能停止という心配からは解放されますが、変わりに日常生活の中でペースメーカーに影響を与えないように通常の健常者とは違い、食事や日常生活の態度等などあらゆる面で足かせをはめられた状態で生活していかなければならないというハンデキャップがつくことにはなります。
まだ考えれば、色々な心配も残りますが、先ずは一命を取りとめて約一ヵ月後くらいには退院が出きるようなことを主治医からも言われましたので、この病気に優しく正面から向かい合って先ずは治療に専念していきたいと思っています。

この内容は、家内が倒れた以降に回復して、私が自宅に戻れるようになった時点でアップしたものです。
前日の写真は孫達と楽しく浜名湖ガーデンパークで遊んでいる時のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月19日 (日)

浜名湖ガーデンパーク

今日は、昨年半年間に渡って開催された「浜名湖花博」の跡地に、今月5日にオープンしたばかりの浜名湖ガーデンパークへ孫達と一緒に行ってきました。
駐車場、入園料共に無料で、梅雨の合間の曇り空ではありましたが日曜日ということもあってか、入場者は花博当時の賑やかさは無いものの途中会場近くの道路は渋滞で中々会場に入れない始末、そして会場に到着すると敷地跡に作られた1800台を収容できる駐車場は満員の盛況でした。
garden_park 園内は、花博当時の客層とは少しおもむきも変わり、子供連れのファミリー層が比較的多く、この夏には子供達にとっては水遊びの出来る水遊び広場こども広場は格好の遊び場になること請け合いではないでしょうか。
ただ、これだけの施設でありながら、園内には食事などのための売店もなく、この日もテントによる地域参加型の出店はありましたが(どうやらこれも土日のみ?)、1歳半の孫に食べさせられるようなものはなく、昼少し前に出掛けましたので、1時間ほどで帰ってきました。  お出掛けになられるには、お弁当持参が必須ですね。
園内の様子は、ここの公式サイトで確認できますが、モネの庭や百花園などはそのままの形で残されているようですので、次に孫なしで出掛けた時にでもゆっくり周ってみようと思っています。  何といっても、無料ですので。(笑
しかし、もう少し涼しくなってからでしょうか・・・。
ただ、ここの維持費は全て税金で負担するんだろうなあ、って少し複雑な気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日 (金)

ジャンボカボチャ

今日は雨もあがって雲間から陽が射しはじめると、今度は熱気でムッとする梅雨独特の嫌や~なお天気です。
今年名古屋のMさんからジャンボカボチャの種を戴だき菜園で育てていますが、時折大きさの測定をしていましたが、日毎に大きくなるカボチャがいよいよ30cmの物指しでは撮影が無理になってきましたので、今度は胴回りを巻尺で計ってみることにしました。
jumbo0617 何と既に96cmと、はるかに私の胴回りを大きく上回っていました。(笑  このカボチャを輪切りにして断面が完全な円であると仮定した場合に直径は既に30cmを越したことになります。
これからは、時々こんな測定方法で観察していきます。
ジャンボカボチャの栽培記録はここから見ることが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

梅雨よりも鬱陶しい花田家の話題

今日も朝から鬱陶しい雨が降り続いている。
菜園に行くにもどうしようもなく、パソコンを前にしながらテレビのスイッチをつけると、どうやら今日は貴乃花がテレビ局参りのようだ。
連日マスコミのカモになる貴乃花。 そして例によって、中途半端なマスコミのあおりにもウンザリする。
ましてや、平成の大横綱に迄登りつめて一代年寄貴乃花親方の名を襲名したほどの逸材でもあり、身内のゴタゴタを含めいろいろと腹に据えかねることもあるだろうとは思うが、マスコミのあおりに載せられて(?)全国民に腹の内の何もかもを知らしめる、この意味がまったくもって解らない。
どのような事なのか等の、その当事者にしかうかがい知れない事実を話すことで、本当に何を訴えたいのか理解にさえ苦しむ。  これによって世論を味方につけて、どうこうなるような問題なのであろうか。  「男は黙って貴乃花」の現役時代に戻って、どっしり構えてもっと相撲界のことに邁進してもらいたいものだと思う。
takanohana 一つ注文をさせてもらうならば、平成の大横綱として今の髪型はいただけない。 一代年寄貴乃花親方の名を襲名した時期のような凛々しく逞しい髪型に変えてもらいたいものだ。
大きなお世話か (笑 

今日は、T○Sを皮切りにどうやら数局も回るようであるが、みのも○た の司会で、その饒舌に載せられながら淡々と他人が知る必要もないことを喋り始めた。
特段に苦言を呈しているわけでもないが、うざったいことなのでテレビを横目で見ながら他のチャンネル変えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

ツタンカーメンの豌豆

11日に梅雨入り後、今日が初めて梅雨らしい雨が降りました。  今日はジムも休館日なので、家の中でゆっくりしています。
tutankhamenツタンカーメンの豌豆とグリンピースの種を梅雨に入る前に収穫して乾燥をさせておきましたので、ボケ防止のためにお箸を持って一つずつ選別をしてみました。(笑
ツタンカーメンの豌豆は、おおよそ510個くらいでした。  おおよそというのは途中で数が解らなくなってしまったからです。  やっぱりボケが始まってきているのでしょうか。 (/_\)
ツタンカーメンの豌豆は、私のHPの種苗提供コーナーを通じて希望する方にお分けするものですが、今年は良い豆が沢山収穫できました。  グリンピースは、何処の種苗店でも売っているものなので、これは自家用の来年のためのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

ハイビスカスが咲きました

今年は、例年よりも半月ほど早く花が咲きました。  この花は今年2つ目の花で、最初の花は1週間ほど前に咲きましたが、タイミング悪く撮影が出来ませんでした。
hibiscus居間の前の花壇にハイビスカスを植えてから、今年で15年以上は経過したと思います。  ちなみに、樹長は約2mくらいあります。

昨年の冬から今年の春にかけて、普段であれば葉が全て散り落ちて、2月の酷寒期には枝の中頃まで枯渇状態になって枯れてしまうのですが、今年は葉が黄色くなったとはいえ枝に付いたまま春を迎えました。  その結果が、例年より早く開花したものと思います。
ということは、間違いなく地球温暖化が、このようなデリケートな木々にまでも影響をもたらしているということかと思います。
「エコライフ」本当に真剣に考えないといけない時期にきていますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月13日 (月)

ぴったんこゲーム

私の通っているジムでは、アクトスの名にちなんで「ア・9・10・ス」ということで、この6月から9日と10日がイベントデーとして、これから毎月何かの催しをしてくれるそうな・・・。
先ず手始めに、「タイムウォッチぴったんこゲーム」ということで、ストップウォッチを持ちボタンを押してから切るまでを自分の感覚で正確に「10秒」を当てるという内容です。actos
私の結果は、この日はスイムの時に記録した「9.92秒」で、なんとベスト10に入りました。  ちなみに、10日はテニスの時に出した「8.98秒」でまったくの等外でした。
賞品は、「ぴったんこ」だとスポーツ飲料1ケースですが、残念ながらスポーツ飲料1本を戴くに留まりました。(笑
また、10秒ぴったんこの人は結果的にいなかったとのことでした。
こんなことも、結構ジム通いの楽しみの一つになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

季節はずれの運動会

今日は幼稚園に行っている孫の運動会。  例年、秋に開催されている運動会も今年は園舎の改築の都合とかでこの時期になったそうです。
朝起きると、雲の合間に切れ目はありますが、どうやら今日から梅雨入りのようで、ちょっと心配ですが決行されましたので出掛けてきました。
undoukai午前中だけのプログラムでしたので、途中ほんの僅かパラッときましたが、無事に終了しましたが、何となくこの時期の運動会っていうのは、季節はずれの運動会という感じが否めませんね。(笑
それでも子供達は待ちに待った運動会ということで大張りきり、沢山の元気をいただいてきましたよ。
さて、孫の結果は如何だったでしょうか。  お兄ちゃんと違って、のんびり屋さんでスタートは良かったのですが・・・。 (笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

枇杷が実りました

梅雨を迎える前に夏日となる暑い日が続きましたので、庭に植えてある枇杷の実が黄色く熟れてきました。
枇杷は11月の中旬に花が咲き、冬を越してたわわな実をつけますが、放っておくと一つの房に10個くらいの実をつけてしまいとても小粒になってしまいます。  そこで、花が咲き終わって果着した頃に摘果をします。biwa
普通は一房に1~2個を残して摘果するのが良いとのことですが、元来貧乏臭い性分で、毎年掟を破っては3個を残し摘果をしているために、やや小振りですがとても瑞々しくて甘い枇杷が収穫できます。   枇杷は種が大きいのですが、このサイズにまでなりますと果肉も厚く、とても瑞々しいのが特徴です。  但し、枇杷は一気に熟成してしまいますので消費期間が短いのが玉に傷ですね。
スーパーの枇杷 今日も、家内のアッシー君で買い物にお付き合いをしました。
スーパーの青果物コーナーで枇杷を見つけましたが、1パックで何と、498円の値段がついていました。 @@; 
しかし買い手も少ないのでしょうか、寂しそうに皮も少し萎んでいました。
今年は少なく見積もっても100個は充分ありますから、この木に5000円札は間違いなくぶら下がっているということになりますね。 (笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

芝刈り機の世代交代

我家には約60坪ほどの庭に25坪ばかりの芝生が植えてあります。
この芝を刈るために、約10年ほど前に手動式から電動式に切替えた芝刈り機のモーター部分のベアリングが破損して、修理をすると新規購入価格の半分くらいの金額が掛かるということで、新しいものを買い換えることにしました。
lawn_mower 赤色が今まで使っていたホンダ製で現在では生産中止となっており、黄色いものが今回購入したRYOBI製の芝刈り機です。
カッターの仕様は今までのものはプロペラタイプの2枚刃で、今回のものはリール式の5枚刃と全く仕様が違います。
早速、だいぶ伸びてしまった芝の刈り込みをしましたが、矢張り一長一短があって、どちらも甲乙つけ難いところですが、今回のものは刈り込み長さの調整が容易で、且つリール式のためカット長さもかなり短めに出来るのが気に入りました。 

さて、お値段なんですが、ネット検索で調べたところ定価は35,000円でした。
ホームセンターのkahma21では、29,800円、Cainz Homeでは通常27,000円のところちょうど売り出しセール中で24,000円の値札がついていました。
無論、購入したお店はおわかりだと思いますが、それにしても定価と実販価格のこの差はなんなんでしょうね。
購入者にとっては大変ありがたいことなんですが、家電製品にしてもそうですが、本当のところこれらの製品は幾らで出来ているんでしょうね。
まあ、深く詮索することもないか。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのバグ

このブログにサムネイル画面の出る画像を載せて、ポップアップ画面を開いた時に上と左側に約20pixcel程の余白が出来、その分だけ右下に画像がずれることによって正常に画像が見えないという現象が起きた。

直ぐにHTMLの編集画面でタグの記述を確認したり、ブラウザの問題ではないか、それとも初期設定時の間違いではないか等と色々思い悩んだが原因が見当たらない。
しかし、ココログのQ&Aでは一切見つかりませんでしたが、この問題を私より以前からココログを使用している方の中で、これは@niftyがバージョンアップをした際の問題であり、別にhtmlファイルを作成し解決している旨の記載がされておりました。
早速、この記事にコメントを入れて教えを乞うと、翌日メールで解決方法を連絡して頂きました。  これは私のHPでもポップアップウインドウの手法は使用しているのですが、全くこのことと原理は一緒なんだと後で気がつきましたが、慌てていざとなると廻りが何にも見えなくなってしまうんですね。  Tさん、ありがとうございました。

これで一件落着となりましたが、@niftyのスタッフの皆さん一日も早く解決して下さいね。  って、言ったって次のバージョンアップするまでは無理なんだろうな。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

ドイツ行き切符の一番乗り

サッカーワールド杯アジア最終予選とうとうやりましたね。 (=´ー`)ノ
例によって、かなり激しいぶつかり合いを予想していましたので、引き分けかなと思っていましたが、北朝鮮は激しさだけが目立ち逆にこれが裏目となったようですね。

ところで、この試合の結果によってワールドカップには何の望みもなくなってしまった将軍様の国の監督や安英学と李漢宰選手を除く選手諸君は、お国に帰ったらどのようなお仕置きが待っていることでしょう。  勝てば官軍、負ければ賊軍。  かなり厳しいお仕事が待っているような噂もありますが・・・。
勝利監督のジーコさん、戦前は色々とコキ下ろしていたメディアの皆さんも、明日の朝刊では英雄扱いなんでしょうね。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷やし中華

今日も日中は気温が25℃を越す暑さになりました。  トマトの収穫はまだ少し先になりますが、トマト抜きで冷やし中華を作ってみました。
hiyasichuka ベースはN食品の「行列の出来る店のラーメン 冷やし中華」です。  具材は、我家で取れた胡瓜、アスパラ、大根、おろ抜きした二十日大根の葉の他に、ハムと卵焼きです。
手間をかけたのは、卵焼きとアスパラを茹でたくらいで、その他は野菜を切り刻んだ程度で、約20分ほどで完成しました。
最近ではチルド食品や冷凍食品等が、プロも賞賛するほどの味に仕上がっており価格も大変リーズナブルで、食品売れ筋の上位になってきているとか。
濃厚醤油だれで、大変美味しゅうございましたよ。 ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨の前に台風?

梅雨入りが8日という予想だったのですが、ここ数日は気温が真夏日にまで迫るような良い天気が続き少し先になりそうですが、今年初めて日本に接近しつつある台風4号が南大東島の東約300kmの海上にあって毎時10kmという超鈍行なスピードで北東に向かって進んでいるとか。taifu4gou
どうやら、11日早朝には台風の中心が、八丈島方面の海上に進む見込みで台風の影響が出てきそうな気配です。
昨年も台風の当たり年で各地に大きな被害をもたらしましたが、これも地球温暖化現象がもたらすことなのでしょうか。
いずれにしても、この台風が西からの梅雨前線を引きずり込んで梅雨を持ち込んでくるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

携帯からの投稿テスト結果

携帯はカメラ付きですが、今までにメールで画像を送ったこともなく、初めて画像を添付してみました。
の写真は携帯で写したiショットのLサイズ(288x352Pixel)を転送したもので、私の携帯は130万画素で携帯ではハッキリと写っているのですが、携帯のメール処理能力の問題でしょうか、かかなり画質が落ちてしまうんですね。  いままでに画像掲示板に携帯で写されたものが送られてきことがありますが、携帯のビューアーに比べ画質が落ちているのはこれで納得をしました。(笑
ところが今回の経験でもう一つ気がついたことは、文章だけを送信する時には500バイト(大文字換算250文字)というのは知ってはいたのですが、画像を送る場合は文章の書き込み容量が200バイトを越してしまうと画像の添付が出来ないということです。  この点を注意しないといけないんですね。
これはテストの時に、「何時・何処で写したものか」を入力したのですが、容量オーバーをするために説明文の書き込みが出来ませんでした。
ちなみに、写真は開花から10日目を迎えたジャンボカボチャを写したものです。
このカボチャの育成状況はこれからも時々掲載していきます。

いずれにしましても携帯からの投稿も簡単に出来ることは確認できました。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯からの投稿テスト

取りあえずブログの設定は完了したので、次は管理人は携帯からの投稿が可能だという「モブログ」とやらがどんな具合かテストしてみましょう。
はてさて、画像と一緒に上手く投稿出来ると良いのですが・・・9iysh0053.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

ブログに挑戦!

挑戦などと言うほどに大げさなものではありませんが、HPを2001年6月に立ち上げた以降早くも4年の歳月が過ぎました。
しかし、これも最近はややもするとサイトメンテナンスの期間も以前に比べて、やや間が空き始めてきたのも事実で、この一つの原因は少しマンネリズムに陥り始めたことと、更には自分自身だいぶ歳を重ねてきたことによる気力感の低下でしょうか。(寂

もう一つの原因としては、体力の衰えを維持するために昔から続けていたジム通いが、昨年新しいジムが出来たことを機に変更したのですが、ここにはインドアのテニスコートが設置されていましたので、昔少しテニスをやったこともあって早速テニスを始めました。
これによって、趣味の家庭菜園やバイクツーリング等などと合わせて生活のリズムも大きく変わってきたことにもあります。
特に、歳の割には結構ハードな運動をしておりますので、就寝時間が以前より早くなってしまったこともありますが・・・。

そんなことから、私のプロバイダが@niftyとライセンスを取り交わしていることもあって、@nifty会員扱いで無料で使用できる@iftyのココログを確認したところHP作成のような難しさはないものの、子供の頃から日記など長続きしたためしもなく長いこと躊躇しておりましたが、「やってみなくちゃあ分からない」といういうことから、これを使ってみることにしました。

日記としてではなく、「徒然なるままの忘備録」としてでも活用してみたいと思います。
しかしながら、このブログも何時まで続くのか分かりませんが、まあボツボツとやってみましょうか。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年7月 »