2017年10月18日 (水)

久し振りの晴れ間

この時期には珍しく4日間ほど連続した雨が降り続きましたが、今朝は澄みきった青空が一面に広がり天気も回復したことから野菜の生長具合を覗いてみました。

中早生の白菜(みねぶき505)は芯が巻きはじめ、ブロッコリーもだいぶ大きくはなりましたが花蕾はまだ見えておりませんでした。
大根も第1弾として植え付けたものはほぼ5cmほどの太さに生長してきており、10月7日に第2弾として播種したものも間もなく間引きの時期を迎えます。
171018hakusai171018broccoli171018daikon






9月19日に植え付けたニンニクも100%の発芽でとても順調に育っており、9月15日に遅くになって播種をしたニンジン(本紅金時)も数日前に間引きをしましたが順調な生育をしています。   やや心配なのは9月10日に植え付けたジャガイモの発芽が芽出しが遅かったこともあってやっと芽欠きが済んだところで、これからの生長に期待が掛かります。
171018ninniku171018ninjin171018jagaimo






葉もの野菜としては、このブログにお越しいただいているkikumalさんが先日柔らかそうな春菊の収穫をされ、それは種蒔きの時に密植されたということで、私も数日前に残っていた種を同じように蒔いてみました。

171018shungikuこの他にポット育苗したものが間もなく定植できるまでになっていますが、きっと和え物用として美味しい柔らかな春菊が収穫できるものと期待をしております。^ ^

ところで久し振りの晴れ間も午後には曇り空となって、夕方には再び雨となってしまいましたが、この週末での台風21号の進路が少し心配になります。

| | コメント (4)

2017年10月12日 (木)

タマネギの定植とオオスズメバチ、他

9月3日にタマネギ(早出し黄玉葱)の播種をしましたが、発芽後にやっと芽が伸び始めて日除けの簾(すだれ)を取り外した直後の夜中に猛烈な土砂降りの雨で大半の苗の根が浮き上がってしまい、その直後から枯れ始めてしまいました。
そこで、不足分を補うために専業農家さんに出掛けて苗を1000円で400本ほどを譲りうけてきましたのでさっそく植付けをしました。171012tamanegiこのタマネギは極早生品種で当地だけで栽培されている在来種のタマネギで、長期保存はあまり効きませんが、果肉が軟らかく甘みがあって人気のある商品で、年が明けて2月中旬になれば収穫が出来るものと思います。
残った畝には長期保存のきく育苗中のタマネギを今月末に植付ける予定です。

既に収穫を終えたブトウ(巨峰)の葉が、枯れ始め少しづつ散りはじめてきましたので葉落としをしていたところ、以前に落下していたブドウの粒に何かが動いているのが見えて、それが一匹のスズメバチであることが分かり、どうやら甘い果肉を食べているらしく逃げる気配もなさそうなので虫取り網で捕獲しました。
昨年の同じこの時期にイチジクの実を食べていたコガタスズメバチ一匹を捕獲したことがありますが、今回のスズメバチは裕に3cmを超えるオオスズメバチで、周辺をくまなくチェックをしてみましたところスズメバチの巣は見当たりませんでしたが、僅か一匹だけとは言え昨年に引き続き注意しなければならないようです。
171012suzumebati1171012suzumebati2







今年は(種なしの次郎柿)の豊作で数多くの柿の実がたわわに実っていますが、そろそろ防鳥ネットでもと考えていた矢先に早くも熟れはじめてきた実の一つが鳥の被害にあってしまいました。171012kaki今日は出来ませんでしたが目ざとい鳥のこと故、明日の朝にでも防鳥ネットを取り付けようと思っております。

柿の木の防鳥ネット   ~10月13日追記~

朝起きて確認したところ昨日食べられていたもの以外での被害はありませんでしたが、171013kaki1早速毎年使用している防鳥ネット(1.8x10.8m仕様に加工)を利用してて取り付けることにしましたが、毎年柿の木のてっぺんまで防鳥ネットを取り付けるのに大変労していたことから、今年は初めてのことですが3m程のネブシ竹の先端にU字型のフックを取り付けて1.8m幅のネットの端に引っ掛けて、家内と二人三脚で取り付けたところほぼ15分ほどで完璧な状態で防鳥ネットをむらなく張ることが出来ました。171013kaki2これで今年もたっぷりと柿が味わえることになるでしょう。

| | コメント (6)

2017年10月 4日 (水)

秋、冬野菜の手入れ

今日は朝からの曇り空、気温も数日前から17~8℃まで下がるようになって、朝方はだいぶ」冷え込むようになってきました。
今日の日中はそれほど暑くもなく、鍬を持つには最適な菜園日和となりましたので、長ネギ(石倉根深太ネギ)の2回目の覆土(土盛り)を実施しました。171004naganegi土の中ではそろそろ白根部分が15cm程度には伸びてきているものと思いますので、これから寒くなってきた時の鍋物が待ち遠しくなります。

長ネギの覆土をおえたところで、数日前に大根の間引きと土寄せは済ませてありましたので、白菜(3種類)ブロッコリーの追肥と土寄せをしました。
9月11日に購入して植え付けた中早生の白菜のみねぶき505は間もなく芯んが巻きはじめてくる気配です。
171004hakusai171004burokkori







9月19日に植え付けたニンニクの芽が今のところまだ不揃いではありますが2日ほど前からぐんぐんと伸び始めてきました。171004ninniku
アスパラガス(ウエルカム)を今年の2月23日にポットへの種蒔きをして、その後6月1日に定植をしましたが、アスパラガスは一般的には冷涼地で栽培されていることから、土砂質土壌で当地は気温も高いことからかなり難しいのではと思っていましたが、驚くほどの勢いで今のところは育っております。171004asparagus太いものでは1cmほどの太さの芽が出てきたこともあって、本来では2年目以降での収穫とされていますが、これまでに3回ほどつまみ食いをしてしまいました。(笑
いよいよ来年からの収穫が楽しみになります。

| | コメント (6)

2017年9月30日 (土)

ポポーの実を収獲、そして実食

9月19日 (火)のブログでポポーの実が色づいてきたことに触れましたが、一週間以上を経過した28日になって僅か3個だけしか着果しなかったうちの170928popo一つが初めての収穫がとなりました。
収獲したといっても、どの時点で切り落として良いものやら判断が難しいことから、落下するのを連日注意しながら見守っていたところ、28日の朝になって地面に落ちていたところを見つけたました。

収獲したもを2日ほど追熟した今日になって、果皮の色も黄ばんできて指先で優しく押してみると果肉が熟してきているような感触でしたので早速食べてみました。
170930popo-1170930popo-2170930popo-3





ポポーの実は熟すのが早く収穫時期も限られているため市場にあまり出回ることもなく、そのために「幻の果物」とも言われており、果肉は森のカスタードクリームとの別名があるほどで、通常では「マンゴーとバナナとパイナップルを足して3で割ったような強い甘い香りのする果物」と言われていますが、糖度も屈折糖度計では果汁が少ないことから表示が不鮮明となりましたが22と高く噂通りの素晴らしい美味しさを今年で2回目となりますが味わうことが出来ました。

ニンジン大丈夫かな?

本来なら暖地とは言えニンジンの種蒔きは8月末頃までが限度のようですが、9月に入って15日になってから濃い紅色で香りが良く甘みに富み、独特の味わいがある本紅金時というニンジンの種をみつけたことから種蒔きをしてみましたが、雨の少なかった中でも何とか発芽してここにきて芽が出揃ってきました。170930ninjin何とか正月用に間に合ってくれればと思いますが如何なものでしょうか。(笑

| | コメント (8)

2017年9月24日 (日)

今日はチョット近場を一回りしてきました

現在NHKで大河ドラマ「おんな城主 直虎」がご当地ドラマとして放映されています。
我が家から3Kmほど先にある圃場で毎年田んぼアートが実施されていますが、この大河ドラマにあやかって浜松市のマスコットキャラクター「出世法師 直虎ちゃん」を描いた田んぼアートが、ちょうど見頃を迎えているということを新聞に掲載されていましたので出掛けてきました。
仮設されていた展望台からは直虎ちゃんの絵柄ははっきり認識できましたが、仮設展望台があまり高くないことから写真にすると目で見る公共とは大きく違って「なんだかなぁ」という絵柄となりましたので、新聞に掲載された写真を勝手にスキャナーしてAnimation画像としてみました。170924naotorachan
今回の田圃アーチに使用されている米の品種は穂の色の異なる下の写真の5種類のものを5~6月に3回に分けて手植えをしたとのことでした。
170924hinshu1170924hinshu2170924hinshu3170924hinshu4170924hinshu5




田んぼアートを見終わってから、ほぼ2ヶ月ほど前から工事が始まって最近になって工事用の外装が外されて、何やらケーキ等を購入した際に使用される箱に良く似た形をした和洋菓子の専門店ならではのとてもユニークな発想の建物が現れ、ほぼ完成間近となってきましたので見に行ってきました。
今や全国ブランドにまでのし上がった「うなぎパイ」春華堂の本社工場が我が家から僅か1Km程先にあって時々利用はしていましたが、製造部門はだいぶ前に広い敷地を求めて移転し本社機能の他に直売店が残った店舗で営業活動をしていたことは承していましたが、ちょうど居合わせた営業マンに尋ねたところ、本社部門としての新社屋の建築を機に直売店部門を道路の向かい側の空き地に1年間を限定としたポップアップストアということで建設され、この9月30日がオープンとのことでした。
170924shunkadou1170924shunkadou







写真撮影には向かい側にはコンビニがあって、交差点の近くで車の通りも多いところですので車の写らない全景を撮影するのにだいぶ時間を費やしました。(笑
一年後に完成予定の新社屋では本社機能のみではなく、直売店や美味しいスイーツを食べながらゆったりと楽しめる場所の提供もされるとか楽しみです。
そして、その後この新しい建物も何か違った形での提供がされるようです。

| | コメント (6)

2017年9月19日 (火)

ニンニクの植え付け

台風一過、お陰様で進路が大きくずれたことによって深夜を過ぎた頃になって雨戸を風雨が叩きつけるようなことはありましたが菜園への影響はありませんでした。

今年初めて収穫したニンニクを使って黒ニンニクを作ってみましたが、170919ninniku1あまりにも美味しかったことと熟成発酵させた黒ニンニクは健康食品的な側面も強く、多くの健康食品企業も製品化しているということから、今年はかなり多めの種ニンニクを残しておいて植え付けをするようにしてみました。
ニンニクの品種は在来種の
遠州ニンニクで、青森産のホワイト六片などと違って、表皮が紫色で鱗片は1個当たり8片前後にもなります。

そして今日は朝から快晴となり真夏日とはなりましたが、吹く風も爽やかとなってきましたので、既に数日前に植付け用の畝作りは済ませてありましたので、前述した写真のように一つ一つに鱗片としましたが、全部で150個ほどとなり少し欲張り過ぎたような気もしますが、すべて植付けをしておきました。(笑

170919ninniku2植え付けは定規を使って12cm間隔で植え付けておきました。

秋蒔きの白菜大根食用菜花などがやっと芽が出揃ってきました。
白菜は早期収獲用として6連パックで148円で売られていましたので購入して植え付けましたが、自家播種したものはまだまだやっと本葉が出はじめたところですが、大根は生長も著しく今日間引きをしておきました。
この他に購入したブロッコリーなども順調に育っています。
170919hakusai170919daikon







ポポーの実

庭のポポーの木は窓を開けるといつでも眺めることが出来ますが、窓側からでは葉が覆い茂っていることからポポーの実を見ることが出来ないためにすっかり忘れていましたが、ブログにお越しいただいている週末菜園人さんからコメントを頂き、朝霧高原にお出掛けになった折にポポーの実を見かけられたとのことで、早速我が家の今年は幾つも着果しなかったポポーの実の確認をしてきました。170919popoやや淡い黄色係った色あいに変化はしてきてはいましたが、まだ熟成するまでには至ってはいませんが、収穫は間もないことかと思います。

| | コメント (8)

2017年9月 8日 (金)

タマネギが発芽、その他

台風17号がチョロチョロしながら居座って前線が運んでくれた影響だったのでしょうか、朝夕はかなり涼しくなって日中の気温も下がりはじめ、だいぶ凌ぎ易くなってきたと思っていた矢先に、今日は34.5と猛暑日にも迫る真夏に戻ってしまいました。

夏野菜のトマトやスイカの他、カボチャ、胡瓜などは、この夏は珍しいほどに降雨が少なく猛暑だった影響もあって、だいぶ前に菜園からの撤収を余儀なくされてしまいましたが、茄子(黒陽)やピーマン(京みどり)シシトウの他に島オクラ等はまだまだ元気に収穫が進んでおり、ここにきて生姜も収穫できるようになりました。
早採りの生姜は生で良し佃煮にしても辛みが少なくとても美味しく出来ますね。
170908natuyasai170908shouga







前回のブログで玉ネギの種蒔きについて投稿しましたが、種蒔きをしてから早くも僅か4日ほどで発芽しました。
日除けの簾(すだれ)は発芽後1週間もしないうちに外すことになりますが、あっという間に草丈が伸びてしまいますので、簾と地面の間隔を広くするように支柱を利用して高さの細工を施しておきました。
苗の生長具合ですが、左側は最初に確認した時に撮影したもので、右側は1日経過した時点で撮影したものですが、気温が高いこともあって草丈の違いが分かるほど著しい生長の確認できます。
170908tamanegi1170908tamanegi2







さて、葉もの野菜の中でも白菜については、いくら暖地とはいってもあまり播種が遅れると結球をしないという現象が出てきますので、昨日の未明には適度な降雨があって土が潤っていましたので、日の落ちる少し前になってからミニ白菜サラダ白菜に2品種と大根の播種の他に、プラグトレイにキャベツロメインレタスの播種をしておきました。170908tanemakiこの時期のことですから3~4日もあれば発芽してくれるものと思います。

| | コメント (8)

2017年9月 3日 (日)

タマネギの播種、ジャガイモの植え付け等々

台風17号は関東沖から北上して去っていきましたが、この台風の置き土産でしょうか、2日ほど前から朝夕の気温が一気に秋らしくなってきて、最低気温も20℃前後と寝起きも爽やかになってきて随分と凌ぎ易くなってきました。

今日も爽やかな朝を迎え菜園に出るにはとても良い天気となりましたので、既に購入しておいたタマネギの指定播種日ともなっており、一週間ほど前に既に苗床は作ってありましたので食事を済ませてから種蒔きを実施しました。
苗床は根腐れ防止のために水捌けを良くするために砲台型として、この他に準備したものは篩(フルイ)にかけて集めた砂が主体の覆土、シャベル、覆土した土を均一に平らにするための板切れ、シャベルと肝心のタマネギの種です。170903tamanegi1
種が密集したり粗くならないようにかなり注意しながら均一に20mlの種を約1㎡の苗床に播種をして、全体的に約4~5mmほど土砂を覆土しての写真の板切れを使用して丁寧に平らにします。
今回は購入した早生の「早出し黄玉葱」の他に、先日友人から頂いた僅かな量ですが早採り用の「超極早生黄甲高玉葱」(手前側)の2品種を植え付けました。170903tamanegi2
作業が全て終わったところでジョロでたっぷりと散水をして、最後にホームセンターで購入した簾(スダレ)を掛けて日中での土砂の乾燥を防ぎます。170903tamanegi3播種した種はほぼ一週間ほどで発芽しますが、それまでは土砂が乾かないように毎朝たっぷりと散水をすることになります。
私のタマネギの苗床づくりについてはこちらでご覧いただけます。

タマネギの播種を終えたところで、これまでは地熱の上昇によってややもすると蒸しジャガが出来てしまうことからジャガイモ(1Kg)の植え付けを遅らせてきましたが、例年よりも少し遅れての種芋の植え付けをしました。170903jagaimoジャガイモは購入した出島を1Kgだけではやや少ないと思い、今年の春作で収獲をした男爵を少しだけ予備用として合わせて植え付けました。

今日の最期の仕事としてジャガイモと一緒に購入してあったエシャッレトの球根(23球)を千鳥植えでの植え付けをしておきました。170903esharettこの秋には綺麗な紫色の花が見られることになりそうです。

| | コメント (4)

2017年8月30日 (水)

猛暑を避けて・・・

8月も残すところ1日というのに未だに暑い日が続いています。
昨日は午後からはcloud空になって、ややもするとrainありという予報でしたが、100%裏切られてしまい猛暑日とまではなりませんでしたが暑い一日でした。

ということで、昨日はそろそろ日が西の空に沈みかける時間を見計らって、9月に入って間もなくこれから仕込まなければならない秋、冬もの野菜のための土作りを重い腰を持ち上げて小屋から管理機を持ち出して耕運しておきました。170829saien陽の沈むのが一番長かった頃に比べ、ほぼ1時間ほど早くなってきましたが、6時少し前のこの時間でも温度計はまだ30℃を僅かに越していました。

今日の関東地方では前線や湿った空気の影響とかで、大気の状態が170830negi1不安定となって猛烈な豪雨に見舞われたようですが、当地では今日も昨日に続いて終日にわたっての快晴sunで、気温も日中では34℃近くまで上がる暑い一日となり、午前中に植付けのために準備しておいた長ネギ(石倉根深太ネギ)を陽が西の空に沈む直前になってから定植しました。170830negi2明日の夕方には晩生種の汐止晩生ネギ赤ネギの植え付けを予定しています。

9月に入って3日にはタマネギの播種が待っていますが、今少し気温が落ち着いてきたところで秋ジャガイモの植え付け、そしていよいよ葉もの野菜等の種蒔きなどが待っていますが、今の状況から考えると10日以降のことになりそうです。

| | コメント (7)

2017年8月23日 (水)

まだまだ暑い日が続いています

8月も後半に入ってきましたが、今日も気温は36℃と猛暑日となって日中での菜園仕事も出来ずに、家に閉じこもっているよりもと思い、ジムでの筋トレを済ませた後はプールでのんびりと過ごしてきましたが、これが一番の暑さ凌ぎとなりました。

例年ですとそろそろ秋ジャガイモの植え付けの時期ですが、この有様では170823tamanegiジャガイモを植え付けても蒸しジャガイモが出来てしまいそうですので、種芋の買い付けはもう少し先のことになりそうですが、今日タマネギの種(当地で栽培されている早生の在来種)が入荷したと種屋さんから連絡が入りましたので、取り敢えずはジャガイモとタマネギの苗床の準備ということで、日が西に傾きかけた5時を回った頃になってだいぶ暑さも和らいできましたので、苦土石灰を施してから管理機で耕運しておきました。

170823hatakeまだまだ、この時期の日中での菜園作業は熱中症などの危険が伴いそうです。

前回のブログで薔薇の接ぎ木(アンダルシアン)を掲載しましたが、この時期では穂木の新陳代謝が激しいことから台木からの水揚げが追いつかずに失敗をするものだろうと思っておりましたが、何と何とこの3~4日で穂木の芽が日に日に大きくなってくるのが分かるほどで、今日になってハッキリと新芽から小さな葉の先が見えるまでになってきましたので、ひと先ずは大成功と言って良いのではないかと思います。170823baraこのまま来春には定植が出来るように育って欲しいものと思っております。

今年で3年目を迎えたブドウの巨峰ですが、昨年まではブドウの実が途中で腐りはじめたりして、どちらかというと失敗続きでしたが、今年になってやっと何とか満足のいくようなものが出来るようになってきました。
まだまだ全体的には収穫するまでには少し早目ですが、ここにきてやっと熟してきたものも出始めてきましたので初物として収穫をしてみました。170823budou糖度は18.3度でしたが完熟時には20度前後にはなろうかと思います。

明日も快晴sunで猛暑の予報ですのでタマネギの苗床づくりは暫し見合わせです。

| | コメント (6)

«時期外れのバラの接ぎ木