2020年7月 9日 (木)

梅雨の長雨

九州各地のみならず全国のいたるところで過去に例がないという記録的な大雨ということで、河川の決壊や土砂崩れなどにより九州では死者が60名にも達したとか、当地では幸いにも大雨に見舞われるというようなことはありませんが、6月末からほぼ毎日のように曇りや降雨の日々となっております。

今年の我が家の小玉スイカ(姫まくら)ですが、スイカはもともと雨の少ない地方で育っていた植物で乾燥を好み、特に路地植えの場合には長雨や過湿に弱いとされる作物のために、今年のように梅雨の長雨によって葉にも黒斑が見られるようになってツル枯れ病らしき症状が出始めてきました。
200709suika1

今のところはまだ軽症で済んではいますが、巻きヒゲも緑色だったものが褐色に変化してきて収穫が間近になってきましたが、まだこの先一週間ほどは降雨が続く予報ですので、全ての収穫への影響は少なからず出てくるものと思われます。
200709suika2
このスイカは15日前後には収穫が出来そうですが、果たして美味しいかな?

長雨でも至って元気に生長をしているのは6月20日に定植をした長ネギ(石倉根深太ネギ)で定植時から考えるとだいぶ太く逞しくなってきました。
200709negi

連日の降雨で屋外でのテニスや菜園仕事などもできないことから暇に任せて久し振りにバラの接ぎ木(中輪:ニコル)をしてみました。
手順としては接ぎ木後にテープ巻きと最後に蝋の流し込みでの作業をしました。
200709bara
果たして上手く活着してくれるものやら3週間後くらいが楽しみです。

| | コメント (4)

2020年6月26日 (金)

梅雨空の下の夏野菜

朝方まで降っていた雨は上がりましたが、今日は気温が30℃を越す蒸し暑く鬱陶しい一日となりました。

6月に入ってからスイカ姫まくら)の雌花が咲き始めて欠かさず人工授粉をしていましたが、着果後に2cmほどの大きさになった頃になると先端部から腐って落下するという事象が続き、今年はスイカが食べられることになるだろうかと心配をしていましたが、無数に生えてくる脇蔓(孫蔓など)の切り落としをしていたところ、今月の半ば頃になってやっと着果が出来始めて大きなものは20cm程となってスイカの下の台座も見えなくなってきました。
200626suika1200626suika2
早いものは7月の半ば頃になれば食べられるでしょうか。

ここ数年は栽培したことのなかった枝豆(茶枝豆)ですが、今年は行きつけの種屋さんで破格の1袋100円で売られていたことから衝動買いをして育てていますが、前回のブログにも掲載したように2週間近く前からとても小さな花が咲き始め草丈があまり大きくないことから莢の出来具合を心配をしていましたが、今日確認したところ僅か一週間もしないうちに莢が立派な大きさに育ってきていました。

200626edamame
枝豆はメイガの幼虫などによる虫食いが心配でこの先の注意が必要となりますが何とかビールのつまみにはなってくれそうな気配です。(笑

夏野菜のとまたや茄子、ピーマン、キュウリなどは連日の収穫期を迎えていますが、ここにきて島オクラの収穫ができるようになりました。
200626okura
今日は3個だけの収穫でしたが、次々に開花が始まっていますのでこの先は一気に増えていきそうな気配です。

| | コメント (2)

2020年6月20日 (土)

梅雨の中休み

梅雨の真っただ中ですが、昨日までとは違って今朝は久し振りの快晴で日中は28℃まで上がって夏日の暑い一日となりました。

夏野菜は順調でシシトウ(甘なが美人)ピーマン(京みどり)茄子(千両二号)胡瓜(夏すずみ)は何れも一本づつしか栽培をしておりませんが、それでも今日は豊作で我が家では食べきれないほどの胡瓜やピーマンの収穫となりました。
200620shukaku

島オクラは5月15日の定植でまだ40cm程とそれほど背丈が伸びてはいませんが、数日前から開花が始まってきています。
200620okura
気温が上がり始めると生長が早いのでこれから先の収穫が期待できます。

トマトの脇に植え付けた枝豆(茶枝豆)を確認したところ、まだ草丈がやっと30cmを少しばかり越したところですが、白い花らしきものが見えたので良く観察したところ枝豆の莢が早くも出来ていたのにはビックリしました。
200620edamame1200620edamame2
何年か振りの枝豆の栽培で生長過程の記憶もありませんので、この先上手く育っていくのか不安ですが、何とかビールのおつまみに出来ると良いのですが。(笑

今年からカボチャはスープ用のための鶴首カボチャの栽培のみとしましたが、既に蔓の長さが5mほどにまで伸びてきていますが、今年最初の雌花が開花しました。
200620turukubikabocha
カボチャは人工授粉によって100%の着果が見られ鶴首カボチャは樹勢が強いことから15個以上の収穫が可能ですが、5~6個の収穫にとどめる予定です。

5月12日に50連トレイに播種されて売られていた石倉根深太ネギの幼苗を畑に移植しておいたところ定植できるほどの大きさに育ってきました。
200620negi1200620negi2

ほぼ9割ほどは定植が可能な大きさとなっていますので、植え付け可能なものを抜き取って定植をしておきました。
200620negi3
10月半ば頃になれば早いものから収穫ができるものと思います。

| | コメント (4)

2020年6月 9日 (火)

トマトの雨除けトンネルの施工

このところ連日の好天気続きではありましたが、天気予報では明日の昼前あたりから数日は曇ったり雨模様となるようで、いよいよ梅雨入りとなるのでしょうか。

既に中玉のスタピストマトは数日前から収穫をしていますが、ここにきて大玉のズッカトマトも間もなく収穫を迎えるまでになってきましたが、収穫は木生りでの熟成後としていますので左側のトマトは明日には収穫ができそうです。
200609tomato1

トマトは降雨によって果皮の裂果が発生し腐りも早くなりますので、梅雨入りの心配もあって今日は朝から雨除けのトンネルの施工をしました。
先ずは毎年使用している機材を菜園まで運んでフレーム作りから開始しましたが、全体を組み上げてから地中にクロスバーを埋め込む工夫をして台風の強風でも吹き飛ばされないようにしましたが、ここまでの作業でほぼ3時間も費やしました。
200609tomato2200609tomato5

昼食を済ませてから最後に雨除けのためのビニールシート掛けとなりましたが、幸いにも風もなかったことからシート張りにはそれほどの時間もかかりませんでしたので3時前にはすべての作業が完了しました。
200609tomato4
 このところ雨もありませんでしたので夕方の散水も欠かせませんでしたが、これで明日からの降雨もウエルカムです。

雨が降ってきました(梅雨入り)   ~6月10日追記~  

天気予報では今日の午後辺りからの降雨となっていましたが、朝食を済ませた頃に雨が落ちてきましたので、早速雨除けトンネルの効果の確認をしてきました。
200610tomato
それほどの雨量ではありませんが作物にとっては恵みの雨となっていることかとは確かで、今日の昼前にこの雨で東海地方は梅雨入りとなったと報じられましたが、時期的には平年より2日遅れとのことでした。

| | コメント (2)

2020年6月 3日 (水)

自家育苗のスイカの定植

5年前にスイカの原種だといって友人から貰った大玉の黒皮スイカ(正式名称は不詳)で、このスイカは長い楕円形をしていてで果肉が黄色と市販のスイカでは見られない珍しいもので、着果後にスイカを持ち上げるように触ると蔕の部分から簡単に切れ落ちてしまいますので取り扱いにとても注意が必要な面白いスイカです。

その後は毎年種子を採取をしては栽培を継続していますが、今年も4月30日にトレイに種を蒔き台木としての鶴首カボチャはそれよりも5日前に播種をして5月10日に接ぎ木をしましたが、双葉から伸びた親蔓が元気に育って定植できるまでになりました。
接ぎ木苗の双葉の大きさからも台木の樹勢の強さが分かるかと思います。
2006903suika1_20200606082901
接ぎ木苗としての途中経過は5月20日のブログに掲載してあります。

既に植付けのための畑作りは済ませてありましたので、今夜は降雨の気配もあって午後遅くになってから植え付けをしました。
2006903suika2
生長の過程は今後のブログで掲載をしていく予定です。

5月12日に開花したブドウネオマスカットですが、その後無種子化と果粒肥大のためのジベレリン処理も無事終えて、ここにきて果粒がだいぶ大きくなってきました。
マスカットより5日遅れて開花した巨峰も同様に大きくなってきています。
200603budou
これからの陽気にも左右されますが。8月中旬頃での収穫になります。

| | コメント (4)

2020年5月27日 (水)

バラの季節

例年この時期になると島田市のばらの丘公園に出掛けていましたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言によって外出の自粛もあって早くから休園となっていて現在は再開されてはいますが、今年はいまだに出掛けてはおらず我が家の庭の20種類になったバラで何とか我慢をしながら楽しんでおります。
200527bara
 
5月8日に遠州ニンニクの収穫をした以降、2日ほど天日干しをしてから黒ニンニクの仕込みをしましたが、昨日今年初めての黒ニンニクが出来上がりました。
200527kuroninniku
今回は17日目での仕上がりとなりましたが、真っ黒で甘いニンニクに仕上がりました。

過去の枝豆の栽培は豆を食べるメイガ類や葉を食べるコガネムシなどの被害により栽培をあきらめていましたが、行きつけの種苗店で茶枝豆の種が100円/1袋で売られていたことから衝動買いをして栽培してみることにしました。
鳥害を避けてトレイでの育苗としましたが、格安だけあってが発芽率は8割と良くありませんでしたが、定植できるまでに育ちましたので植え付けをしました。
200527edamame1200527edamame2
暑い夏の時期にビールのつまみになるまで育つと良いのですが・・・。(笑

夏野菜はキュウリは既に収穫が始まっていますが、今日はピーマン(京みどり)の初収穫が出来て、中玉のスタピストマトも早くも赤くなりはじめ茄子(千両二号)も間もなく収穫が出来そうです。
200527piman200527toamto200527nasu
この先は野菜の管理や収穫などで益々菜園作業が忙しくなりそうです。

| | コメント (2)

2020年5月20日 (水)

ブドウ棚のネット張りとジベレリン処理、他

新型コロナウイルスの感染影響による自粛活動によってスポーツジムの閉館はもとより屋外でのスポーツ施設も閉鎖されたことによって、手足を奪われた格好となって何とか菜園作業でカバーをしようと頑張ってはいますが、腰への負担が増すばかりで運動不足は否めず腹の周りのぜい肉が少し増えてしまったようです。

今年もブドウ(巨峰とマスカット)の手入れの季節になってきました。
前の畑に植えてある巨峰はブドウが熟れてきた頃になると鳥の被害に遭うことから防鳥ネットをブドウ棚の上に張り巡らせましたが、ネットの劣化によってあちこちが破れてきましたので新たな防鳥ネットを購入(1.8mx9m 248円)して張替えをしました。
200520budounet
一人作業でのネット張りは結構難しく張り終えるのにとても苦労しました。

巨峰のブドウ棚では20本以上もの主枝(結果母指)が長いものでは1メートル以上にも伸びてきてブドウの花房も開花が始まってきましたので、無種子化のために開花したものから順にSTジベラ錠を使用したジベレリンの散布処理を実施しました。
200520budou1200520budou2
処理後に赤く見えるのは液の中に赤の着色剤をまぜて2度塗りを防ぐためです。
10日ほど後に果粒肥大促進のためにもう一度同様の散布を実施します。

ここ数年固定種の大玉黒皮スイカの栽培をして種子の採取をしていますが、今年も接ぎ木苗を作って栽培することにしました。
台木はとてつもなく樹勢が強くうどん粉病にも強い鶴首カボチャを使用し5月10日に4本の接ぎ木を実施し、今日で10日を経過したことになりますが、そのうちの一本に双葉の間から元気よく本葉が伸び始めてきました。
200520suika
2週間もしたところで地植えができるものと思います。

夏野菜のその後ですが、小玉スイカ姫まくらに最初の生り花が開花し、同時に雄花も開花していましたので人工授粉をしてから、促成用のトンネルを外して敷き藁を施しておきました。
200520suika_20200520223201
小蔓は左右に2本と3本の計5本で7~8個の収穫を目指します。

この他の夏野菜ですが、キュウリ(夏すずみ)は明日には、ピーマン(京みどり)も数日のうちには初物の収穫が出来そうです。
200520kyuri200520piman
同じ時期に植え付けたトマト(3品種)やナス(千両二号)の収穫はまだ当分先のことになりそうです。

| | コメント (2)

2020年5月 8日 (金)

ニンニクの収穫、他

今日も朝から快晴で恰好な菜園日和となりましたので、ニンニク(遠州ニンニク)の下葉がほぼ枯れてきたので朝食を済ませてから4時間ほど掛かりましたが収穫をしました。
200508ninniku1200508ninniku2

ニンニクは一度に掘り起こして放置しておくと乾燥して泥が落とし難くなりますので、
1⃣ 最初にスコップでニンニクが抜き易いように土を柔らかくしてから 2⃣ 1本づつ泥のついたニンニクを抜き取って 3⃣ 土やニンニクの表皮が乾燥しないうちにブラシや軍手などの目の粗い布などで拭い取ります
200508ninniku3200508ninniku4200508ninniku5

4⃣
綺麗になったところでニンニクに傷をつけないように根の部分を切り取り 5⃣ 最後に茎の部分を切って終了ですが、簡単なようで結構な手間が掛かります。
200508ninniku6200508ninniku7

収穫数は230個ほどとなり夕方まで天日乾燥をさせましたが、半分以上が思ったような出来具合で満足が出来、大きなものでは120gの大玉もありました。
200508ninniku8200508ninniku9
収穫したものは細かな網のネット袋に入れ日の当たらないところで保存します。

ニンニクの収穫後にかがみ腰で疲れはありましたが、3月17日に植え付けておいたジャガイモ(キタカムイ)が例年よりかなり遅かった発芽でしたが、やっと大きくなってきましたので1回目の土寄せをしておきました。
200508jagaimo

その後の夏野菜ですが、キュウリ(夏すずみ)には節々に生り花がついて10日も経たないうちに初収穫ができそうで、茄子(千両二号)ピーマン(京みどり)にも花が咲き始め、スイカ(姫まくら)の主蔓も6節ほどに延びましたので、5節部分で切り落としておきましたが既に小蔓が3本ほど伸びてきています。
200508kyuuri200508nasu200508suika

さて、明日は黒ニンニク作りに取り掛かりたいと思っております。

| | コメント (4)

2020年5月 2日 (土)

ブドウの誘引と夏野菜の支柱立て

5月に入って大型連休も真っただ中、昨日までの強かった風が嘘のように治まって今日は28℃と真夏日にまではなりませんでしたが、薄手の長袖のTシャツに着替えての菜園仕事となりました。

庭のバラの花はまだそれほどの見応えはありませんが、5月に入ったと同時にバラの花が次々に咲き始めてきましたが、早くも黒星病の葉が見え始めてきましたので、殺菌剤と防虫剤の混合液の散布をしておきました。
200502bara
あと一週間もすればほぼ全数(20品種)のバラの開花が見られるものと思います。

今日の菜園仕事の手始めとしてブドウ(巨峰)の主幹から伸びてきた今年ブドウの花房のつく主枝(結果母枝)があっという間に鳥除けのために張ってあるネットを飛び出す勢いで伸びてきたことから、一本一本に対しての誘引をしました。
しかし、冬の休眠中に剪定しておいた昨年はブドウの生った古い主枝の中に新しく新芽の出なかったものが6ヶ所もありましたので切り落としました。
このままでは主枝の本数が減ってしまうためにあまり増やし過ぎることのないように新しい主枝を増やして調整していきます。
200502budou4200502budou5200502budou6
主枝の撤去後には切り口が中央部に疎になっている部分がありますので害虫などの侵入防止のためにトップジンMペースト剤を塗布しておきます。

主枝といってもまだ枝は伸び始めで弱弱しく無理に誘引しようとすると主幹の付け根部分からもげ落ちてしまうことから、かなり注意を払っての作業となりますが、今回も花房のついた主枝を1本失敗してもげ落としてしまいました。
200502budou1200502budou2

誘引ワイヤーまではゆっくりと日数と時間をかけて主枝をもげ落とさないようにして固定させるようにします。
200502budou3
1時間ほどかけて誘引作業が完了しました。    この先は僅かな時間ですが、ここ2~3週間は連日の巻き蔓の切り落としや誘引作業などが日課となります。
 
次に4月8日に定植をしおいたトマト(3品種)の苗が促成用として施したマルチシートのトンネルの空気口を飛び出してきましたので支柱立てをすることにしました。
200502tomato1

マルチシートのトンネルの中では放置状態でしたので脇枝か無数に伸びていましたが、すべて切り落とすとスッキリした姿になりました。
200502tomato2200502tomato3

3品種で7本のトマトの支柱立てが完成しました。
200502tomato4

トマトと同じ日に定植をしたキュウリ(夏すずみ)の苗も防寒用に施した行灯の高さに迫る大きさになってきましたので、こちらも支柱立てとネットを張っておきました。
200502kyuuri
定植時に幼苗のため雌花2個の摘花をしておきましたが、数日前に開花したと思われるキュウリが2cmほどの大きさに育っていました。

これだけで今日丸一日かかってしまいましたが、この他の夏野菜のスイカやナス、ピーマン、カボチャ等はまだまだ幼苗の域を脱してはおりませんので、手入れはもう少し先のことになりそうです。

| | コメント (4)

2020年4月23日 (木)

4月の我が家の菜園

新型コロナウイルスの感染者はここに至っても相変わらず連日増え続けており、全国的な緊急事態宣言の展開によって各地での行動規制も厳しくはなってきてはおりますが、自粛要請という強制力のない規制が、これから迎える5月の大型連休に向けどこまで帰省や行楽への我慢が出来て、その後の感染状況がどのような形で現れるのかが大いに気に掛かるところです。

さて、4月も半ばを過ぎてから初夏を思わせるような気温になってきて、庭のバラにも花蕾が膨らみ始めてきており数日のうちに次々に開花がみられそうですが、軒下に植えてあるブドウのマスカットと前の畑の巨峰の新芽がここ一週間もしないうちにあっという間に大きく伸びて花房もハッキリと目立つようになってきました。
200423budou1200423budou2
昨年は巨峰に晩腐病が発生して多くを収穫できませんでしたが、今年はその轍を踏まないように気を付けようと思います。

4月8日に定植をしたトマトですが、定植をした後にマルチシートでトンネル掛けをしたことから10cmほども天井に届かなかった苗が、僅か2週間ほどでトンネルの空気口から飛び出すまでに生長してきました。
右の写真は大玉のズッカトマトですが一段花房はほぼ咲き終えてきており、中玉のスタピストマトは早くも二段花房が咲いてきています。
200423tomato1200423tomato2
今月末にはトンネルを外し支柱立てをしようと思います。

最近では野菜の消費量が減ってしまったことことから、ついつい野菜の種蒔きや植え付けが疎かになってしまっていますが、今年はジャガイモ(キタカムイ)の植付けを例年よりも20日以上も遅れての植付けとなってしまいました。
例年であれば3月末~4月初めにかけての発芽でしたが、それでも梅雨入り前の収穫となると良いのですが・・・。
200423jagaimo

昨年の9月7日に播種をして育てたアスパラガスの苗を今年の3月1日に定植をしましたが、ここにきて2~3mmの太さの新しい芽が吹き始めだいぶ逞しくなってきました。
200423asupara
今年は幼苗のため収穫は出来ませんが、来年になっての収穫が楽しみです。

昨年の9月21日に植付けをしたニンニクの下葉が少しづつ枯れ始めてきました。
5月初めでの収穫となりますが、茎の太さからも想像して根塊の大きさがどれほどになってきているのかとても楽しみです。
200423ninniku
茎の太さも十分に育っており地中の中で育っているニンニクの根塊がどれほど大きくなってきているのか期待が膨らみます。

この他にも我が家の菜園では購入苗のナスピーマンシシトウキュウリ等々も順調に育ってきております。

| | コメント (4)

«夏野菜の植付けスタート