2019年12月 4日 (水)

タマネギの追肥、他

早いもので今年もとうとう12月を迎えました。
今年は暖冬傾向ということのようで、このところ日中の気温は15℃前後と比較的穏やかではありますが、それでも朝晩の冷え込みはだいぶ厳しくなってきました。

寒暖の差が激しくなってきたこともあって、我が家の温州ミカン(青島4号)はここにきて一気に黄色に色づき始めてきました。
色づいたものの糖度を測ってみたところ9度まで上がってきておりますが、早ければ今月半ば頃には10度以上にはなろうかと思いますのでいましばらくの辛抱です。
191204mikan
ここ最近ヒヨドリが食べるものが少なくなったせいか良く飛来してくるようになりましたのでネットをかけておきましたが、幾つかは食べられそうな気がします。

10月20日より定植をしたタマネギ(早出し黄玉葱)ですが、最初に植え付けたものは株の太さが鉛筆の太さを超えるまでに生長してきましたので三角ホーで溝を掘って1回目の追肥をしました。
191204tamanegi1 191204tamanegi2_20191205080801

茎ブロッコリーの頭頂の花蕾がだいぶ膨らんできましたが、脇芽の方も次々に生長が始まってきました。
普通のブロッコリーと違い頭頂の花蕾はあまり大きくなることはなく、今日は頭頂の花蕾のみの収穫をしましたが、これ以降は3月頃まで次々に脇芽の収穫ができることになります。
191204burokkori1 191204burokkori2

大根
長ネギの収穫はすでに始まっておりますが、鍋ものに必要な白菜ミニ白菜金将二号)は種まきが少し遅れたこともあって、やっと芯が巻き始めてきたところで、収穫できるのは20日過ぎ頃になろうかと思います。
191204hakusai

さて、4月19日に定植をした夏野菜のピーマン(京みどり)シシトウ(甘なが美人)ですが、未だにあちらこちらに蕾や花が見られます。
しかしこの先は夜間での冷え込みも少しづつ厳しくなってきますので、着果したところであまり大きく生長することは期待できませんので、収穫も今月下旬ころには終了となろうかと思います。
191204piman1 191204piman2

今年の菜園作業はこれで一通り終えましたが、これまた播種を忘れてしまったスナップエンドウを1ヶ月遅れで今日播種しましたので、年末は温室の中での育苗管理が残ってしまいました。(笑

| | コメント (4)

2019年11月16日 (土)

11月の菜園の様子

11月も半ばに入り朝晩はだいぶ冷え込んできましたが、市内のイチョウの並木通りの葉は僅かには黄ばみ始めてはきたものの、まだ緑が目立っている今日この頃です。

10月20日に早生のタマネギ(早出し黄玉葱)の定植を始めてから今日でほぼ1ヶ月を経過しようとしていますが、その後活着した苗はだいぶ株元もしっかりしてきて勢いよく生長し始めてきております。
最後の定植は10月31日に済ませ、最初の定植したものと僅か11日ほどの遅れでしかありませんが苗の生長には著しい違いが見えます。191116tamanegi1191116tamanegi2

前回のブログで9月21日に定植をした遠州ニンニクに触れましたが、この時点で定植後40日の経過でもありながら70%程度の発芽率でしかありませんでしたが、最近になってやっとほぼ全数の発芽状況まで達し元気よく生長してきました。
191116ninniku
このような遅い発芽はどうやら天候と少し深植えだったことが原因でしょうか。

冷え込みが厳しくなってくるころには鍋ものが恋しくなってきますが、鍋に必需品の白菜は日に日に大きくなってはきてはいますが、芯が巻き始めてくるのはもう少し先のことになりそうです。
191116hakusai

9月19日に定植をした茎ブロッコリー(スティックセニョール)ですが、脇枝がだいぶ大きくなってきましたので、間もなく脇芽の茎ブロッコリーも出始めてくるのではないかと思います。
191116kukiburokkori

庭の柿の木は今年は裏作のようで最後の1個を残すのみとなりましたが、温州ミカン(青島4号)はここ1週間ほどで表皮が遠目でも分かるほどにだいぶ黄ばみ始めてきました。  今年は豊作で少なくとも100個近くは望めそうです。
191116mikan
 靑島4号は温州ミカンの中でも大粒で甘みも強く収穫は12月に入ってからとなります。

| | コメント (4)

2019年10月31日 (木)

タマネギの植付け終了

今日で神無月(10月)も最後日、しかし外の景色を見る限りではまだまだ本格的な秋の感じられる様子にはほど遠いといったところでしょうか・・・。

タマネギ(早出し黄玉葱)の苗の植付けを今月の20日から実施してきましたが、やや未熟だった苗も順調に育ってきましたので今日は最後の5畝目を作って全ての定植を終えました。
最初に植え付けた苗は早くも活着して活き活きとしてきています。191031tamanegi
9月21日に2種類の植付けをしたニンニクですが、このうちホワイトニンニクは植え付けから12日ほどで100%の発芽をし順調に育っていますが、もう一つの遠州ニンニクは最初の発芽までに23日間もかかり、今日で40日となりますが全体的には7割ほどの発芽率で未だに部分的に発芽していないものがありますが、ここ数日で発芽してきているものもあり今少し様子を見守りたいと思っております。191031ninniku1 191031ninniku2

台風19号で塩害の被害を心配をした白菜ですが、被害を受けることもなく順調に育ってきましたが、芯食い虫によって1本だけミニ白菜への被害を受けましたが、以降は順調に育ってきており今年も鍋の季節までには十分間にあいそうな気配です。

191031hakusai

今年は猛暑の影響もあって植え付けが例年よりもかなり遅くなったジャガイモ(キタカムイ)ですが、既に脇芽欠きや最初の土寄せも終えていますが、先端部にまだとても小さい粒のような花蕾が見え始めてきました。
191031jagaimo
12月半ば頃には何とか収穫ができるものと思います。

| | コメント (4)

2019年10月20日 (日)

台風一過とタマネギの定植

台風19号は各地で豪雨による河川の氾濫という大きな爪痕を残していきました。
紀伊半島から静岡県に進むということでしたが、進路が東にずれて伊豆半島に上陸したことによって、幸いにも当地は豪雨や強風などに見舞われることもなく我が家の菜園も無事でした。

何よりも幸いだったのは、過去の台風では南の海岸から運ばれてくる潮風によって野菜の葉は壊滅的な打撃を受け、大半は数日で枯れてしまうという現象が出ていましたが、今回の台風は南風でなく北からの風ということもあって潮風の影響は全くなく、特に被害に会い易いピーマン茄子などが無事だったことにはびっくりしました。
191020nasu
これで茄子はこの先に台風さえ来なければ秋ナスが食べられそうです。(笑

この他にも葉物野菜としては白菜やかなり大きくなっていた茎ブロッコリーの他に大根などもすべて被害は免れました。
191020hakusai191020burokkori

無論のこと防風ネットで保護しておいたタマネギの苗も何の被害もなく、そろそろ定植できる苗の太さになってきたものもありましたので、今日は3畝ほどの畝作りをして半分ほどの植え付けをして終了しました。
191020tamanegi1 191020tamanegi2

今日の天気予報では台風20、21号が発生していて20号はまたまた紀伊半島から東海地方に向かっているようですが、上陸前には温帯低気圧に変わるようですので被害の出ないことを祈るばかりです。

| | コメント (4)

2019年10月11日 (金)

台風19号接近中

今回の台風19号は過去に1200名の犠牲者が出た狩野川台風に匹敵するような大型台風のようで、昨年10月の台風21号は今回の台風より規模は小さかったものの、我が家でも3日間の停電(一番長かったところで5日間)に見回られ大変な目にあいましたが、昨日あたりから報道でも盛んに「不要・不急な外出は避けること」などのニュースが流されていて、つい先ごろの千葉県での甚大な台風被害もあって、市中では停電の心配もあることからミネラルウオーター、単一乾電池、カップ麺、パン類などは店頭から即座に消えて、ガソリンも場所によっては地下タンクが空になる等という凄いことになっています。

我が家の菜園はどれだけ台風対策の対応できるのか心配ですが、まず最初に間もなく植え付けを迎えられるタマネギの苗はどうしても守りたく専業農家さんの台風対策に倣って、一般的に葉物野菜の防虫用に使用しているネットを利用した防風対策をしました。
191011tamanegi

次にプラグトレイで育て10月3日に定植したばかりの白菜ミニ白菜と早生種の金将二号 )は如何にも風で吹き飛ばされそうな大きさですので、これには防風用に使用している防風ネットを上からベタ掛けにして、ネットが風で飛ばされないようにこれも以前から使用している自作の固定金具で対策をしてみました。
191011hakusai
初めての試みですのでネットが飛ばされないとよいのですが・・・・。(笑

9月22日に定植した茎ブロッコリーはずいぶん大きくなってきたことから、このままでは格好の台風の標的となってしまい対策も難しいことから、葉ができるだけ風の影響を受けないようにと防風ネットをできるだけ葉茎の近くに張って以前から実施している長ネギと同様な対策をしてみました。
191011burokkori

ということで長ネギ(根深一本太ネギ)は例年通りの防風ネットでの葉の倒れや千切対策をしておきました。
191011negi

このほかに心配なのは先ごろ間引きの終わった大根(うまい煮大根)ですが、地上の葉の部分が吹き飛ばされる心配があることから、保温用に使用したマルチキャップを利用して1つのキャップに2本の大根を何とか入れて止め金具でしっかり固定してみました。
191011daikon
数が足りなかったので地面に這いつくばっているものはそのままにしておきました。

この他には今日が初収穫の秋ナス(超やわらかナス)や連日収穫できているピーマン甘長とうがらしですが、過去の経験から台風による風と塩害に弱くほとんど生き残った経験も少ないことから、この時期での大型台風対策はナスにのみ少し手を加えた程度で、収穫できるものはすべて収穫しておきました。191011nasu1 191011nasu2

現在の予報ではやや東にずれてきているようですが、静岡県への影響は今だ余談予断が許せませんので、できるだけ風雨の治まることを願うのみです。

| | コメント (6)

2019年10月 3日 (木)

未だに暑い日が続いています

例年であれば、この時期の日中の気温としては25℃前後と過ごし易い陽気となっているところですが、未だに日中の気温は30℃前後と夏を思わせるような暑い日が続いております。

さて我が家の菜園状況ですが、秋冬もの野菜の数としては見る限りかなり寂しいものですが、8月の末に剪定を済ませてあった茄子(超やわらか茄子)が、ここにきて次々と花が咲き秋茄子の実が付きはじめてきました。
191003nasu
今月の半ば頃にになれば収穫が出来るのでしょうか。

9月13日に播種をした大根(うまい煮大根)は4日ほどで発芽し随分大きくなってきました。
191003daikon
密植する余分な株は抜き菜として炒め物や汁物などに活用しようと思っております。

葉もの野菜としては、9月7日にプラグトレイにミニ白菜と早生種の金将二号を播種しておきましたが、やっと本葉も大きくなり始めてきましたのでポット移植をしてからの定植をと考えていましたが、一週間ほどしたところでこのまま露地植えをすることにしました。
中央のアスパラガスも何とか発芽はしましたが、冬に向かっていく時期での定植には問題ありそうなのでどうしようかと思案中です。

前回のブログでも掲載したエシャレットは発芽したと同時に葉が勢い良く伸び始めてきており、同じ日に植付けをした茎ブロッコリーも株が随分しっかりしてきましたので、今月末頃になれば次々に小さな花蕾を付けた茎が伸び始めてくることと思います。
茎ブロッコリーは当初6本でしたが消費の関係もあって4本に減らしました。
191003esharetto191003burokkori

9月3日に播種をしたタマネギですが、種の発芽率は大変良かったこともあって十分なほどの数の苗が元気に育ってきております。
前回のブログ(9月22日)と比べて頂くと生長ぶりは一目瞭然です。
191003tamanegi
10月後半になれば定植が出来るものと思います。

| | コメント (4)

2019年9月22日 (日)

ニンニクの植え付け作業、他

今日は朝から薄っすらとした曇り空で一昨日あたりからこれまでの暑さとは打って変わって秋風が吹きはじめてきておりますので、早朝から今迄の遅れを取り戻すための菜園作業に励みました。

先日畑作りは済ませておきましたので、先ずはニンニクの植え付けをしました。
今年は既に3回の黒ニンニク作りを済ませ、連日美味しい黒ニンニクを食べていますが、今年も今年の5月に収穫した遠州ニンニク(別名紫ニンニク)を種用のニンニクとして保存しておきましたので、今年は3畝でほぼ300球の植え付けを実施しましたがチョット多すぎたような気も致します。(笑
190922ninniku

ニンニクの植え付けを済ませたところで、これも今年収穫して種用として保存しておいたエシャレットの植え付けをしました。
190922esharetto
収獲期間は2ヶ月ほどとあまり長くはないのですが、酒のつまみには最適ですね。

主たる作業を終えたところで昨日行きつけの種苗店で6連のプラグトレイ158円と格安な茎ブロッコリー(スチックセニョール)を購入してありましたので定植をしました。
我が家では3本もあれば十分ですので6本もあるとちょっと持て余しそうです。
190922burokkori1 190922burokkori2

9月3日に播種したタマネギの苗が順調に育ってきていますので、今日は苗床全体に配合肥料に更に少しだけ化成肥料を追加したものを施しておきました。
190922tamanegi

夏野菜はピーマンやシシトウ等はいまだに順調な収穫が出来ていますが、8月の後半に剪定しておいた茄子(超やわらか茄子)がここにきてやっと花が咲きはじめてきましたので、これからの収穫が楽しみです。
190922nasu

今夜半から雨模様ですので良いお湿りとなってくれると良いのですが・・・・。

| | コメント (4)

2019年9月13日 (金)

やっと秋冬もの野菜の準備が完了

9月に入っても猛暑日があったりと連日30℃を超える暑さでしたが、今日は一転して朝から曇り空で日中の最高気温も25.3℃と過ごし易い一日となりました。
これまであまりの暑さの中で菜園に出ることは控えていましたが、例年であれま秋冬もの野菜の種蒔きや秋ジャガイモの植え付け等のために畑作りは既に終えているところですが、今日は今迄の遅れを取り戻す意味から一気に作業を進めました。

先ずはトマトの雨除けのためのトンネルのビニール外しとフレームの解体と既に根っこは抜いてありましたので枯れた枝葉の撤去、次にこちらも枯れたキュウリの枝葉の撤去とネットよ支柱の解体と先ず一番厄介な作業を済ませました。
全ての撤去を済ませたところで、苦土石灰を撒いてから耕運をしておきました。
この場所には大根白菜などの冬もの野菜の植え付けを予定しています。
190913atosimatu 190913hatake1

引き続いてメインの西の畑は今月初めにカボチャやスイカの蔓の撤去は済ませてありましたので、こちらにはニンニクタマネギの他に葉もの野菜等の植え付けをしますので、粒状苦土石灰と例年JAより購入している微生物活力剤「地力山」を撒いてから管理機で耕運しておきました。
これで一先ず畑作りは終えましたのでいつでも作付け作業はできます。
190913hatake2

耕運作業をすべて終えたところで、キュウリやトマトの跡地の耕運した場所に昨年よりも20日ほど遅くなりましたが青首大根の種蒔きをしておきました。
190913daikon

タマネギ
は9月3日に播種をしておきましたが、5日目に発芽した以降いたって順調に生長してきていますので、この調子でいけば10月20日前後には定植が出来るのでしょうか。
190913tamanegi

白菜は遅い播種は結球が出来なくなるという心配もあって、畑作りが遅れていたことから今回は9月7日にプラグトレイにミニ白菜と早生種の金将二号を播種しておきましたが、金将二号は種が少し古かったこともあって発芽率が良くありませんでしたが、これだけあれば我が家では十分です。
190913hakusai
中央の発芽していない個所にはアスパラガスの種が蒔いてあります。

今日は十五夜とのこと、夕方になって雲が切れ始めて8時過ぎには窓を開けると雲は殆どなく爽やかな風と十五夜お月様が見られました。
190913jugoya

今日は日中でもさほど汗をかくこともなく快適に菜園作業を済ますことが出来ましたが、どうやら気温の下がったのも今日一日だけのことで、明日の予報では32℃と再び暑さがぶり返すようで、まだ爽やかな秋となるのはもう少し先のようです。

| | コメント (2)

2019年9月 1日 (日)

秋冬もの野菜の準備、他

今日から9月、朝夕は幾分涼しくはなってはきましたが、日中はまだまだ30℃を裕に超える暑さで菜園に出るのも躊躇しております。

とは言ってもそろそろ秋冬もの野菜の準備に入らなければならず、重い腰を上げて枯れた状態で放置してあったカボチャ(坊ちゃんカボチャ、鶴首カボチャ、三毛門カボチャ)とスイカの蔓の撤去作業をしました。
朝のうちと言っても既に気温は30℃近かったこともあって僅か1時間ほどの作業でしたが、シャツやパンツまで汗でぐっしょりとなってしまいました。
190901kabocha
夏野菜の一部の撤去作業が終わったとは言っても畑作りの耕運作業はもう少し涼しくなってからとなりそうです。

現在我が家で元気な農作物といえば、写真に写っているオクラ里芋落花生根深一本太ネギの他に写真には映っていませんが、ピーマン、獅子唐、茄子といったところでしょうか。
190901okurahoka

陽がかなり西の空に落ちかけてきた頃に9月5日の播種を予定しているタマネギの苗床作りをしました。
190901tamanegi
タマネギの苗床作りについては、だいぶ以前に私のHPに掲載したものがありますので、ここをクリックするとご覧いただけます。

今年2回目の黒ニンニク作りが2週間を経過して今日完成の運びとなりました。
初回はホワイトニンニクでしたが、今回は遠州ニンニクを使用しましたが、出来上がりの品質や美味しさの点ではこちらの方が味も良く美味しい出来となりました。
Kuroninniku
これで夏バテの解消が出来ると良いのですが。(笑

| | コメント (4)

2019年8月12日 (月)

トマトの種の採取

8月に入ってから5日に35.1℃の猛暑日を記録した以外には、今のところ猛暑日とまではなりませんが連日猛暑日に迫るような暑さ続きで、このところ菜園に出るのは陽が西に沈む頃になって、僅かばかりの野菜の収獲と日照りで水不足に苦しむ野菜への散水といったところでしょうか。

今年も例年実施している大玉で固定種ズッカトマトの種の採取を完熟させておいたトマトで実施しました。
ズッカトマトは種の入ってる部屋が市販のトマト(桃太郎)に比べて見たとおりとても小さいことから種の数も3割にも満たないほど少ないのが特徴です。
190811tomato1

下の写真は8日ほど前にトマトから種の取り出しをした写真ですが、ゼリー状に混ざった種をトレイの中で3日ほど日陰で発酵させました。
この発酵作業は乾燥させると暫くすると泡が出てきて発酵が始まりますが、これはゼリー質に作用する細菌によるものだそうで、ここから生まれる抗生物活性は斑点細菌病、斑葉細菌病、カイヨウ病などの病気に対して効果があるということです。
190811tomato2

発酵が完了した時点で種に付着している不純物を綺麗に水で洗い流し、種は短い毛に覆われていますので乾燥した時に種が張り付かないように一つづつ並べて日陰で5日間ほどこれも風通しの良い日陰で乾燥しました。
190811tomato3
種の数は100粒にも満たなく一般のトマトに比べ種がとても少なく調理用にはとても適したトマトといえます。

前回のブログで落花生子房柄について触れましたが、この子房柄の先が土の中に伸びて行って落花生の実の入る鞘(さや)が出来るということで、前回追肥と土寄せを実施しておきましたので、その後どのようになっているのか子房柄を持ち上げて確認してみたところ、まだとても可愛らしい大きさですがハッキリと確認できました。
190811rakkasei
確認後に再び土の中に戻しておきましたが、さて何時頃の収穫になるのやら・・・・。

スープ用として栽培している鶴首カボチャの収穫が間近となってきました。
鶴首カボチャは着果後は淡い緑色から次第に濃い緑色に変化していって、収穫時期になるにつれて橙色に変化して完全に色が変わったところで収穫となります。
190811turukubikabocha
このカボチャは煮カボチャとしてはあまり適しておらず、スープ用として適しており、果重も3~4Kgにもなって一つでかなりの量のスープ用のペーストができます。

| | コメント (4)

«猛暑、そしてこれからは・・・・