2022年1月15日 (土)

今年初めての菜園仕事

これまでの数日間は強い寒気団の影響から各地では大雪による被害や当地でも日中の気温があまり上がらず、寒さの中で遠州名物の横殴りの空っ風で屋外に出るのも控えるほどでしたが、今日は低気圧も遠くに去って風もなく穏やかな一日となりました。

しかし、これまでの数日続いた氷点下の寒さによって、昨年の暮れにハイビスカスの花が未だに咲き続けていることに触れましたが、十日ほど前に風花が舞った以降に急に葉が萎んできたと思っていたところ、ここ数日ですっかり葉が枯れ始めてきました。
220115hibiscus
幾つかあった花蕾も膨らんでくることはなく寒さの中で暖かな春を待つことになります。

今日は風もなく日中の温かさの中で昨年7月4日に定植して12月末に刈り込んでおいたアスパラガスに、今年初めて鍬を持ち出して僅か20分程度の作業でしたが化成8号の追肥をしました。
220115asuparagus
今年の春過ぎになってどんなアスパラガスが収穫できるのか楽しみになります。

今のところ菜園作業といってもこれといったものはなく、冬野菜の白菜や長ネギ、だいこん、ホウレン草などの必要に応じての収穫に菜園に出る程度ですが、菜園を見渡したところ昨年の12月中旬に植付けをしたタマネギ(浜ゆたか)の葉茎が指の太さに育ってくると同時に、地中ではタマネギの鱗茎が育ってきているようで地割れが出始めてきていました。
220115tamanegi
収穫が出来るのは暖かくなり始めた2月末から3月初めにかけてのこととなります。

| | コメント (2)

2022年1月 1日 (土)

初詣で

明けましておめでとうございます。
昨年は新種のオミクロン株の出現によって2年続きとなったコロナ禍の中で、またまた我慢を強いられるという一年となりましたが、今年こそは少しでも早く穏やかな年になって欲しいものと願っております。

今年も毎年恒例としている新年の初日の出詣でに、ここ数日朝の冷え込みが低い中で今朝もほぼ氷点下となった寒さの中でしたが、我が家からほぼ1Kmほどの遠州灘海岸に家を6時半に出発して出掛けてきました。
上空には雲一つない好天気ではありましたが、海岸に辿り着くと水平線に僅かに雲がかかっていましたが、定刻(6時57分)には初日が昇り始め家内安全と一日も早いコロナの終息を願ってきました。
220101hatuhinode
稚拙なブログではありますが、今年もボツボツと書き込みをしていきたいものと思っております。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2021年12月26日 (日)

今年一番の寒さ

新種のオミクロン株に惑わされるコロナ禍の中で、今年もいよいよ残すところ数日となってしまいましたが、今日の日中は風花が舞う今年一番の冷え込みとなって、気温も6℃を下回るほどの寒い一日となりました。

先日のブログで寒さの中で開花しようと頑張った月下美人のことを掲載しましたが、我が家ではこの寒さの中で月下美人と同様の亜熱帯植物のハイビスカスがまだまだ頑張って花を咲かせています。
面白い現象としてハイビスカスも一日花で朝開花して翌朝には完全に萎んで枯れてしまいますが、夏の時期と違って寒さの中では一日では萎むことがなく翌日も少し小振りになった状態で開花したままになって、3日目の朝に萎んで枯れていきます。
211226hibiscus
写真の右側の花は今朝咲いたもので、左側は昨日咲いて今日になっても小振りになったものの頑張っています。
まだまだ花蕾が見られますが、この寒さの中で少し可哀想にも思います。

ブロッコリーの花蕾を覗きに行ったところ、やっと4cmほどの大きさになってきましたが、例年のことながらこの時期になると食糧不足からでしょうか、上の方の殆どの葉の先端部分がムクドリヒヨドリによって食べられていましたので、被害が大きくならないように上から園芸用のネットを被せておきました。
211226burokkori
白菜の方は幸いにも被害には合っていませんでしたが、こちらもネット掛けをしておきました。

今年の5月1日にポットに種蒔きをして育てたアスパラガスの苗を7月4日にブドウ棚の下に定植しましたが、夏の時期はブドウの葉によって暑い日射しをよけて順調に育ち、いよいよ一年目の冬を迎えて葉が黄色くなってきました。
211226asuparagus
栽培方法では葉が黄色になった時点で刈り込み、休眠をさせて翌年の収穫に備えるとありましたので、来年の春になっての初めての収穫が楽しみになります。

さて、数日前から時折つまみ食いをしていた我が家の温州ミカン青島4号ですが、ここに来て寒さのお陰で随分糖度も上がってきましたので、今まで購入していたものから我が家のミカンへの切り替えをしました。
糖度計で測ったところ11度となっていて酸味がないことからとても甘く感じます。
211226mikan
靑島4号は普通の温州ミカンと違ってかなり大粒なので1個でも十分な食べ応えです。

今年も残すところ5日となり何とか無事に一年を過ごすことが出来そうですが、来年こそコロナ禍の一日も早い終息でゆったりとした生活が出来ることを願いたいものです。
本年も稚拙なブログにお越しいただいた皆様には感謝を申し上げます。
どうぞ佳いお年をお迎えください。

| | コメント (2)

2021年12月15日 (水)

早くも新タマネギが売り出された

朝夕はめっきり冷え込んできたとはいえ日中は暖かな日が続いており、今日も日中の気温は15℃と11月下旬並みの暖かさのようです。

前回のブログで月下美人の花の記事を書きましたが、その後も開花する様子はなく未だに蕾のままで頑張っていますが、このことについては後日触れることとしますが、我が家の暖かくなって春に咲く花海棠に幾つかの花蕾が付き開花しましたが、これも温暖化の影響でしょうか。
211215hanakaidou

当地は温暖な気候ということもあって年々タマネギの栽培が前倒しとなっていて、早くも路肩の無人販売所での新タマネギが売り出されました。
十分に育った大玉で一袋3個入れで200円ですので1個当たりでは70円ほどとなりますが、今年は北海道のタマネギが天候の影響で不作となってかなりの高値となっており、美味しさの上でが比べものにならないほどですので早速購入してきました。
211215tamanegi1

我が家のタマネギ(浜そだち)と言えば12月初めに1回目の追肥をしましたが、株がやっと小指大の太さになってきたところで収穫は早くても2月後半から3月となります。
211215tamanegi2

9月22日に植え付けたニンニク(遠州ニンニク)が揃っての発芽がせずにい時期どうなるものやらと思っていましたが、ほぼ100%に近い発芽(未発芽3個/308個中)となって芽が出揃ってきましたので追肥をしておきました。 
211215ninniku
ニンニクの収穫は来年の4月中旬頃になります。

この時期になって庭のテラスに植えてある枝払いを済ませておいたネオマスカットから新しい脇芽が伸びてきて、その枝にブドウの花房がつき開花した後に着いたブドウに実がだいぶ大きくなってきました。
211215budou
これからの寒さで無論大きく育っことなく収穫もできませんが、観賞用としては面白いので残してあります。

| | コメント (2)

2021年12月 9日 (木)

寒さに堪えての月下美人の開花

日中は比較的穏やかで暖かな日が続いていますが、朝夕の冷え込みがだいぶ厳しくなってきて我が家でも数日前からいよいよエアコンの活躍が始まりました。

そんな寒さの中で前々回のブログで掲載しました原産地は中南米で高温多湿を好む亜熱帯性の植物の月下美人ですが、先月11月の半ばになって5cm程に大きくなった花蕾を見つけましたが、多分途中で朽ち落ちてしまうだろうと思っていたところ、その後も少しづつ花柄(かへい)や花蕾が大きくなってきて、12月のこれだけ冷え込む時期になって開花の期待も大きく膨らんできました。

しかし、観賞(観察?)する側にとっては、開花がその後あまりにも遅くイライラすることこの上なしといったところで(笑)、本来夏の時期であれば花柄の付け根部分が大きく曲がり始めると3~4日で開花することから12月2日に開花するはずでした
そこで11月29日以降連日開花の観察をしてみましたが、寒さに花の力が及ばなかったのでしょうか、花蕾は着実に生長はしましたが結果的には一度ほぼ直角に曲がった花柄が少しづつ伸び始めてきて、今日に至っては夜間の冷え込みの影響から力も癒えて花弁(はなびら)が広がるまでには達しなかったようです。
イライラもしながらも連日にわたって撮影をした写真をアニメーション化してみましたので画像をクリックしてみてください。
Gekkabijin
過去の我が家における月下美人の開花の最も遅かったのは、屋外で育てていることもあって昨年の10月23日でしたが、この時期を大幅に超えたのは年々寒さが遅くなってきている温暖化による影響の現れではないでしょうか。
明日以降に花蕾が開いたら後日にでもアップをしてみることにしましょう。

結果的に開花はしませんでした  ~12月18日 追記~

通常では月下美人の花は花蕾の膨らみが頂点に達した時の夜暗くなってきた8時頃に開花が始まり、翌朝の太陽が上がる前に下の写真のように萎んで枯れていきます。
211218gekkabijin

今日(12月18日)は朝の気温が1.8℃とこの冬一番の寒さとなり、窓を開けて見た月下美人の花蕾を支えている長い花柄(かへい)が寒さに耐えきれなかったのでしょうか、だらりと真っすぐに伸び切って力なく枯れた姿となっていました。
前回のアニメーション画像以降、今日まで観察してきた映像をもう一度アニメーション画像としてみましたので画像をクリックしてみてください。
Gekkabijin2_20211220125501
開花するのではと思われた12月4日から何と今日までの14日間もの間、一生懸命花を咲かせようと頑張っていた姿に「お疲れ様でした」と一言掛けてあげました。


| | コメント (2)

2021年11月20日 (土)

何とか見られた部分月食(11月19日)

今回の月食は部分月食ですが月の大部分が影の中に入り込むという比較的に皆既月食に近いというもののようですが、月食の始まりは月が地平線の下にあって見られず、月が欠けた状態で空に昇ってくる月出帯食(げつしゅつたいしょく)ということです。
下の写真は国立天文台のタイムテーブルです。
211119luna

太陽が沈みはじめた5時少し前の西の空は見事な真っ赤な夕焼けでしたが、東の空に目を向けていくと同様に雲の切れ間はありましたが、写真のような濃淡のある雲が掛かっていて、雲の状態を考えると月食が確認できるのは五分五分といった状態でした。
211119gesshoku

月食を最初にカメラを持参して観測したのは5時17分でしたが、薄っすらとではありましたが雲がかかった7割方の欠けた月が見られました。
その後は5時半ころに確認したところ心配していた雲の中に入って月の姿を見ることが出来ず、6時を回っても雲の中に入ったままで6時34分になったところで雲の中から薄っすらと下弦だけとなった月の確認が出来ました。
以下は満月になるまで食事をしながら覗きに行っては撮影した写真をアニメーション画像にしてみました。    画像をクリックするとスタートします。
211119gesshoku
最後になって雲から顔を出した月を見ることはできましたが、終始雲のなかった状態での部分月食の観察が出来なかったのがちょっと残念でした。

| | コメント (2)

2021年11月14日 (日)

ミカンの鳥除け対策

今日は朝から風もなく快晴の秋日和、暖かな一日となりました。

既に一般的な温州ミカンは店頭に出回っていますが、我が家の早生ミカン青島4号は太陽に触れている部分がやっと黄色くなってきたところで収穫時期は12月半ば以降からでしょうか。
今年はかなりの豊作でもあり、昨年からヒヨドリムクドリによる鳥害対策ではじめた鳥除けを防鳥ネットを使って今年も早めに実施しました。
211114mikan1211114mikan2
効率良く作業が出来るように昨年ネットを巻き取って保管しておきましたので、家内に手伝ってもらいながら1時間半ほどの作業でした。

鳥除けネットを張っている時に不注意でミカンを一つ落下させてしまいましたので、作業が終わってから試食してみましたが、このミカンは収穫期には糖度が12度近くまで上がりますが、この時期では7.6度とまだまだ低かったのですが酸味が少ないミカンということもあってまあまあ美味しく食べられました。
211114mikan3


9月23日にブロッコリー(エンデバー)の苗を購入して植え付け、ここに来て葉も茂り随分大きくなって次々に側枝も出始めてきましたが、一向に中央頭頂部の花蕾が見えてくるような気配がありません。
211114burokkori1211114burokkori2
一般的にブロッコリーは適期栽培では定植後約65日程度で収穫でき、その後側枝の花蕾も収穫できるようですが、この品種はネットで検索したところ生育期間が長く良質花蕾を収穫するためには、じっくりと株を作った後で十分な低温期間が必要だということで、食べられるのは年が明けてからのことになるのでしょうか。

朝晩や夜間帯はかなり冷え込むようになって、テラスに植え付けてある熱帯雨林地帯を原産とする常緑多肉植物である月下美人に僅か一つだけであありますが花蕾が大きくなってきたのが確認できました。
これ以外にも小さな花蕾は幾つか出てこようとはしていたようですが、昨今の寒さには勝てなかったようで黒く壊死した状態(写真右側)となっていました。
211114gekkabijin1211114gekkabijin2
過去の開花記録からは昨年の10月23日が最も遅く、10月の開花も比較的に珍しいことですので果たして今の時期から開花まで行きつけるのかどうか疑問ですが、今暫くは見守っていきたいと思いますが、開花時期は夏場と違って全く読めません。

| | コメント (2)

2021年11月 7日 (日)

11月の菜園

今日は暦の上では立冬、ここに来て夜中から朝方にかけてかなり冷え込むようになってきましたので、いよいよアンカが恋しい季節となってきました。

葉もの野菜では今月に入ってからホウレン草の収穫も始まってきましたが、鍋ものの主役の白菜(ミニ白菜)が次々と巻き始めてきております。
211107hakusai
早ければ今月の終わり頃には最初の白菜の収穫が出来るものと思います。

大根(うまい煮大根)が5~6cm程の太さとなってきましたので、今日一番太そうなものの最初の収穫をしてみました。
211107daikon
大根は生長が早いので本数は少なめにして時差栽培としています。

発芽の遅れていたニンニク(遠州ニンニク)ですが、やっとここに来て次々に土を持ち上げながら8~9割方の新芽が発芽してきましたのでホッとしております。
211107ninniku
発芽の遅かったことが生長への影響として出ないかとそれだけがやや気になります。

ジャガイモ(さやあかね)の葉が例年に比べてかなり早い時期に枯れ始めてきました。
土の中を探ってみましたが、それほど大きなジャガイモには育っていませんでしたので今少し放置しておきますが、植え付け時期が遅かったことからあまり期待が持てそうにもありません。
211107jagaimo
2人家族ですのそれほど多収穫でなくても適当な収穫で我慢補出来そうです。(笑

| | コメント (2)

2021年10月27日 (水)

ニンニクの発芽が遅い

今週は天気も良く20℃を少し超す程度のとても過ごし易い日が続いております。

例年同様に9月22日にニンニク(遠州ニンニク)の植付けをしましたが、通常植付けから20日前後でほぼ一斉に発芽をし始めますが、何故か今年は一斉に発芽が始まるどころか一ヶ月を経過した時点で僅かな発芽しか見られず心配をしております。
発芽しないのではと考えて掘り起こしてみたところ根はしっかり張っていました。
211027ninniku1211027ninniku2
種用のニンニクには問題は考えられず、原因として考えられることは9月半ば頃から10月半ばにかけて比較的曇りや雨の日が多く天候が優れなかったことが考えられますが、2~3日前の降雨以降に気温が上がってきたことから、今日になって右側の写真のように発芽の前兆である地割れが見え始めてきましたので少し安堵しております。

今年最初のホウレン草(スパイダーZ)を9月24日に播種しましたが、その後順調に生長しそろそろ大きなものから収穫が出来るまでになってきました。
211027hourensou1211027hourensou2
ホウレン草は葉種から収穫が比較的短期間なこともあって10月9日に2回目の播種をしておきましたが。年内にもう一度くらいの播種を考えております。

8月9日に植え付けたエシャレットが生長するにしたがってかなり分結が始まってきており、ここに来て紫色をした綺麗な花が見え始めてきました。
211027esharetto1211027esharetto2
12月に入れば収穫も出来始めますので、生のままもろ味噌で食べたり甘酢漬けにしても美味しくいただけます。

12月12日から17日にかけて植え付けた早生のタマネギ(浜ゆたか)が先日来の降雨の効果もあってしっかり根付いてきました。

211026tamanegi
順調にいけば11月末頃に1回目、1月初めに2回目の追肥を予定しています。

| | コメント (2)

2021年10月14日 (木)

タマネギの定植、他

真夏日にまでとはいきませんが、それでも日中は27~8℃とこの時期には今まででは考えられないような暑さが続いています。

昨日の降雨が事前に作っておいたタマネギ用の畝に恵みの雨となりましたので、タマネギ(浜ゆたか)の苗床から予定より少し早いとは思いましたが、太くて丈夫そうな苗が300本近く選別できましたので早速植付けをしました。
211014tamanegi
この後2~3日したところで残りの400本ほどを植え付ける予定です。

夏野菜はオクラがとうとう終焉を迎えてきており、ピーマンやシシトウは未だにしぶとく開花や着果が進んでいますが、8月8日に剪定しておいた茄子(ふわとろ丸長茄子)は今月に入ってから少しづつ収穫が出来てはいましたが、ここに来て秋ナスとしてビックリするほどの鈴なり状態となってきました。
211014nasu
当分の間は茄子焼き、マーボ茄子や茄子の煮浸しなどでの日々が続きそうです。(笑

何が原因なのか分かりませんが、数十個あった(次郎柿)が大きくなるにつれて落果して僅かに9個だけが生き残っていますが、ここに来てだいぶ色ずんできました。
211014kaki
少なくて貴重な柿ですので、目ざといムクドリやヒヨドリにの被害に遭わないようにだいぶ前からネットをかぶせてありますので何とか収穫にはこぎ着けそうです。

早いものでは露地物の極早生種のミカンが店頭に見え始めてきましたが、我が家の温州ミカン(青島4号)もここに来て少しづつですが色づき始めてきました。
211014mikan
80個ほどのミカンが数えられますが、収穫できるのは12月後半から1月に入ってのことになりますので、まだまだ少し先のことになりますが、こちらも色づいてきた頃にはムクドリやヒヨドリの被害に遭いますので、今月末ごろまでには昨年同様のネット対策を予定しています。

| | コメント (2)

«葉もの野菜が順調に育っています