2020年2月14日 (金)

またもや暖かな冬日です

2月というのに昨日は日中での気温が22℃迄上がって初夏を思わせるほどの温かさとなり、今日はどんよりした曇り空から午後には雨となりましたが、それでも16℃と冬とは思えないような暖かさでした。

前回のブログで寒緋桜が開花したことを書きましたが、その後は一時的に冬の寒さに戻ったこともあって花蕾が膨らんでくることがなかったのですが、ここ2~3日の暖かさでほぼ全体の花蕾が一気に膨らんできました。

200214skanhizakura
どんよりとした曇り空で写真があまりパッとしませんが、今の時点での花蕾の膨らみ方は昨年に比べるとやはり10日くらい早いように思います。

我が家のタマネギもここにきて日増しに球の肥大の変化が分かるほどで、大きなものは大きな地割れの中で直径が6cmほどにとなってきており、早いものは今月末頃には初収穫もできそうです。
200214tamanegi

昨年の8月21日に植付けをした遠州ニンニクも2回の追肥の効果もあって株の太さもこの時期としてはとても順調で、昨年は一部連作となった部分での失敗もありましたが、今年はしっかりとした大きな球根(鱗茎)が育ってくれそうです。
200214ninniku

さて、2月5日に播種をしたトマト(2品種)キャベツですが、順次発芽すると思いますが大玉のズッカトマトが8本、スタピストマトは1本が発芽しています。
200214tomatononae
同時に播種したキャベツ(味星)は4年前に購入した種であることからおそらく古い種のために発芽しないかと思われます。

| | コメント (2)

2020年2月 5日 (水)

寒緋桜が開花、トマトの播種

今日は日中の気温も11.5℃まで下がって、2月に入ってからやっと例年並みの冬らしさが戻ってきましたが、未だに氷点下となることのない冬となっています。

我が家の庭の寒緋桜の花蕾が膨らみ始めてきたことを前回のブログに書きましたが、あれからちょうど一週間が過ぎたところで10数個の花の開花が見られました。
気象庁の開花宣言は10個以上の開花を基本としていますので、今年は昨年よりも20日も早い開花ということになります。
200205sakura4200205sakura5 

それにしても上右側の写真を見てもお分かりのように、これで開花したのかと思えるほど花蕾の膨らみ方が異常で、昨年の開花が始まった段階では花蕾の殆どは緋色となって膨らみ始めていましたが、今年は何故か南に向って延びている枝と北の方角に向いている枝とで花蕾の膨らみ方に大きな違いが見られます。
200205sakura2200205sakura3
この状態から考えると開花日の違いが出ることによって、かなり長い期間ので開花が楽しめそうです。

例年2月に入るといよいよ夏野菜の苗を育てる時期となりますが、その手始めとして今日はトマトの種を自作の発芽育苗器(作り方はここ )のトレイに播種をしました。
大玉トマトは昨年収穫したものから採種した固定種のズッカトマトで、中玉トマトはこれも固定種のスタピストマトです。
200205tomato
種袋を収納してあった缶の中に4年前に購入したキャベツ(味星)の種がありましたので播種をしておきましたが、多分発芽することはなさそうな感じがします。(笑

これまでは同じ時期にキュウリの種も同じ時期に播種をしていましたが、最近では消費量も少ないことからナスやピーマンなどと同様に種苗店で苗を購入することにしましたが、これからは大半の夏野菜は播種から育てずに安上がりとなる種苗店からの購入ということになりそうです。

| | コメント (2)

2020年1月29日 (水)

暖冬の影響?

一昨日はこの冬で一番の冷え込みとなって県内でも場所によっては降雪もあり、当地でも最高気温は9℃まで落ち込みましたが、翌日には最高気温は15℃と再び元の暖冬傾向に戻り、今日は更に気温も上がり17℃にまで達しました。
無論、この冬は氷点下になることもなく未だに氷を見ることさえありません。

そのような影響もあってのことかと思いますが、我が家の寒緋桜にも異常現象が見られ昨年の開花は2月25日でしたが、今年は大幅に早まりそうな気配です。
と言うのも、早くも数ヶ所に花蕾が膨らんで緋色の花びらが見えているものがありましたので、この調子でいけば一週間ほどで開花が見られそうな気配です。200129sakura


更に暖冬の影響だろうと思いますが、例年強風で苗が株元から千切れたり折れたりすることから防風ネットで保護をしていることから開花に気が付きませんでしたが、スナック豌豆の花が咲き始めていました。
大急ぎで防風ネットを外して支柱を立ててネットを張りましたが、これも昨年に比べて半月以上も早いことになります。
200129endou1200129endou2

ニンニク(遠州ニンニク)もこの冬の天候が良いことから例年よりも早く株の太さが大きくなってきているように思います。
例年追肥は二条植えの中央に三角ホーで溝を掘って追肥をしていましたが、今年は畝の両側に三角ホーで少し深目に溝を掘って追肥をしてみました。
200129ninniku1200129ninniku2
この追肥方法で更に大きな球根(鱗茎)に育ってくれると良いのですが・・・。

暖冬ということもあって、ついついのんびり構えてしまいましたが、樹木の休眠期に実施する果樹類の剪定を実施しました。
先ずは最初に簡単なところからブドウ2品種(巨峰とマスカット)を済ませてから次に柿の木の剪定をしましたが小一時間ほどで終了しました。
200129budou201029kaki
今年もたくさん実ってくれるのを願いたいものです期待しております。

明日からは少し気温も下がって冬型のお天気になるとか、何時までも暖冬傾向であってはこの先の天候にも影響がありますので早く正常に戻ってもらいたいものです。

| | コメント (2)

2020年1月12日 (日)

暖冬傾向が治まらない

この冬は1月に入ってからも最低気温は一向に氷点下となることもなく、むろん初氷を見ることもないといった異常なほどの暖冬です。
例年ですと普段着としてはポロシャツの上にセーターを着用して、日中の外出する際にはフリースやジャンパーを引っ掛けるといったところですが、今年は未だにセーターはタンスの中に眠っており、この先の天候が本当に案じられます。

さて、我が家の温州ミカン青島4号ですが、ここにきて糖度も11度近くまで上がってとても甘くなってきましたが、それを狙ったヒヨドリが昨年12月4日に実施した防鳥ネットで対処できたと思っていましたが、ミカンの糖度が上がるにつれて再び近くをうろつき回ることが目立ち始め、とうとう10cmの網目では中に侵入することを学習してしまい、これまでに10個以上も食べられてしまう羽目となりました。
ということで、今回は4.5cmの網目の防鳥ネット(1.8mx18m)を購入(380円)し周囲に張り巡らせました。
200112mikan1200112mikan2
結果は好調で今日も近くまでヒヨドリが何度も飛来してきていますが、中に侵入することもできずこれでゆっくり収穫することが出来そうです。

ヒヨドリの被害はミカンの他に畑の茎ブロッコリーの葉が食べられています。
葉が食べられるだけでブロッコリーには何の影響もありませんが、飛来してきては糞を葉の上にしていきますので病気の心配もあり、こちらには10cmの網目のネットを施したところ、これで何とか鳥は近寄らなくなりましたので一安心です。
200112burokkori1200112burokkori2

鍋ものに使用する白菜のうち中生の金将二号のうち半数ほどが何故か芯が結球しないという現象が出ています。
一般的に結球しない 原因は、タネまきの時期を間違えた 苗の植え付け時期を間違えた 害虫被害 追肥が遅かった 肥料が多過ぎた等が挙げられますが、どの何れにも該当することはなく一つ考えられるのは種が古く発芽率も低かったことはありますが、暖冬が影響しているのでしょうかさっぱり原因がつかめません。
200112hakusai
一緒に植えたミニ白菜は全て結球し収穫ができていますので幸いでした。

暖冬は普段の生活していく上ではとても快適ですが、この影響がこれから先どのように天候に左右されるのかだけがとても気に掛かります。

| | コメント (2)

2020年1月 1日 (水)

初詣で

明けましておめでとうございます。
新しい元号の令和になって初めての正月を迎え、例年実施している遠州灘海岸での初日の出詣でに行ってきました。
前日の夜中には強風によって雨戸を叩く音でどうなるのかと心配をしていましたが、朝起きると快晴でやや風はあるものの絶好の初日の出詣で日和となりました。
小屋から昨年買い替えをしたバイク(PCX150)を引っ張り出して早速海岸に向けて出発、暖冬ということもあって防寒対策は例年とは違ってかなりの軽装備でもまったく問題なかったほどの暖かさで5分足らずで現地に到着、既に先着していた町内の皆さんとあいさつを済ませながら日の出を待ちました。 
水平線近くにはやや雲がかかってはいましたが絶好な天候のもとで初日の出を見ることができ、今年も健康で穏やかな一年を過ごせられることを願って合掌、その後で家に向かう前に町内の八柱神社に出向き初詣でをし新しい年の2020年がスタートとしました。
200101hatsuhinode

昨年は全国各地で猛暑や豪雨等の悪天候によって甚大な被害も被ってしまいましたが、令和となった新しい年には穏やかな天候のもとで過ごせることを願いたいもと思っております。

| | コメント (2)

2019年12月25日 (水)

秋(?)ジャガイモの収穫

今年の残すところ僅かに6日となり、例年この時期になれば氷点下となったり霜が降りるということもありましたが、今年は最低気温が5℃を下回った日が12月に入って直ぐに2日ほどありましたが、その後は一向に5℃を下回ることもなく、日中でも15℃前後と暖かな日が続く本当におかしな天候となっております。

前回のブログでも触れましたが、9月25日に植え付けた秋ジャガイモ(キタカムイ)の葉が、これまでの温かさの影響で一向に葉が黒ずんで枯れ始めることもなく未だにビックリするほど青々としております。
とは言えこの先の生長を望むことも無理で、何時までも放置しておくこともできないことから今日収穫をしましたが、コブシ大のものもあってまずまずの出来でした。
191225jagaimo1 191225jagaimo2

半月ほど遅い播種をしたミニ白菜(黄味白菜)が、天候にも恵まれここにきて収穫できるまでに育ちましたが、この暖かさではあまり鍋ものを食べる気にもなりませんので、先ずは白菜の浅漬けにでもしようと思います。
191225hakusai
この週末の土曜日には寒気の南下によって気温も大きく下がる予報ですので、長ネギや春菊もスタンバイできていますので、やっと鍋ものにありつけそうです。(笑

当地では既に早出しの新タマネギが店頭に出回り始めてきておりますが、我が家のタマネギ(早生黄玉葱)も今年は温暖なことから順調な生育で、早いものは株の太さが小指ほどの太にまでなってきており早くも地割れの現象も出始めてきました。
とは言っても球根(鱗茎)はまだまだ小さなものかと思いますが、2月末から3月にかけての収穫が楽しみになります。
191225tamanegi_20191226120001

今年は弟や義兄の死去ということもあって寂しい年となりましたが、来る年は例年通り初日の出に出掛け明るく期待のできる新年を迎えようと思っております。
皆様にはこの一年何かとお世話になりましたが、どうぞ佳き年をお迎えください。

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

最後の夏野菜(ピーマン・シシトウ)の撤収

このところ寒暖の差が大きく体調を調整するのに苦労しますが、今年はまさに暖冬ということで当地では12月に入ってから5℃を下回ったのは僅かに2日のみで暖房すら不要とといった日もありました。

とはいうものの、これまで何とか収穫が続けられていた夏野菜のピーマン(京みどり)シシトウ(甘とう美人)は、いまだに葉が青々としており開花も続いてはいるものの、夜間と日中での寒暖の差の影響もあって着果しても実の肥大が著しく遅いことから今日で最後の収穫をして撤収をすることにしました。
191215piman
それにしてもこれまでの長い間、たくさんの収穫をありがとう。

今年はうっかりして秋ジャガイモ(キタカムイ)は種イモを半月ほど遅れての植付けをしたことから心配をしていましたが、暖冬の影響もあって例年であればジャガイモの収穫は12月に入れば寒さで葉が黒ずんできて収穫を迎えていましたが、今年は未だに葉が青々としておりどんなものかと一株だけ試し掘りをしてみました。
191215jagaimo
遅く植えたこともあって小さなものもあり出来は今一つですがまずまずの出来といって良いでしょう。

今我が家で収穫が盛んになってきたものは、僅かに4株だけ植付けた茎ブロッコリーで次々に脇芽が出てきています。
191215burokkori
この品種は樹勢が旺盛なことから例年2月末頃までの収穫が可能です。

さて肝心の冬野菜ですが、鍋ものの主役となる白菜も例年よりも播種が遅れてしまいましたが、ここにきてミニ白菜(黄味白菜)の芯がかなり巻き始めてきており収穫も間近となってきました。
191215hakusai

もう一つの鍋ものの脇役としての中葉の春菊ですが、こちらも路地に播種したものが順調に育ってきて小さな脇芽が次々と伸び始めてきております。
191215shungiku

この先は寒気も少しづつ厳しくなってくるだろうことから鍋物が恋しくなってきますが、これに合わせて既に長ネギはスタンバイしており、白菜や春菊が登場すれ寒い冬も鍋物で温かく過ごせそうです。

| | コメント (4)

2019年12月 4日 (水)

タマネギの追肥、他

早いもので今年もとうとう12月を迎えました。
今年は暖冬傾向ということのようで、このところ日中の気温は15℃前後と比較的穏やかではありますが、それでも朝晩の冷え込みはだいぶ厳しくなってきました。

寒暖の差が激しくなってきたこともあって、我が家の温州ミカン(青島4号)はここにきて一気に黄色に色づき始めてきました。
色づいたものの糖度を測ってみたところ9度まで上がってきておりますが、早ければ今月半ば頃には10度以上にはなろうかと思いますのでいましばらくの辛抱です。
191204mikan
ここ最近ヒヨドリが食べるものが少なくなったせいか良く飛来してくるようになりましたのでネットをかけておきましたが、幾つかは食べられそうな気がします。

10月20日より定植をしたタマネギ(早出し黄玉葱)ですが、最初に植え付けたものは株の太さが鉛筆の太さを超えるまでに生長してきましたので三角ホーで溝を掘って1回目の追肥をしました。
191204tamanegi1 191204tamanegi2_20191205080801

茎ブロッコリーの頭頂の花蕾がだいぶ膨らんできましたが、脇芽の方も次々に生長が始まってきました。
普通のブロッコリーと違い頭頂の花蕾はあまり大きくなることはなく、今日は頭頂の花蕾のみの収穫をしましたが、これ以降は3月頃まで次々に脇芽の収穫ができることになります。
191204burokkori1 191204burokkori2

大根
長ネギの収穫はすでに始まっておりますが、鍋ものに必要な白菜ミニ白菜金将二号)は種まきが少し遅れたこともあって、やっと芯が巻き始めてきたところで、収穫できるのは20日過ぎ頃になろうかと思います。
191204hakusai

さて、4月19日に定植をした夏野菜のピーマン(京みどり)シシトウ(甘なが美人)ですが、未だにあちらこちらに蕾や花が見られます。
しかしこの先は夜間での冷え込みも少しづつ厳しくなってきますので、着果したところであまり大きく生長することは期待できませんので、収穫も今月下旬ころには終了となろうかと思います。
191204piman1 191204piman2

今年の菜園作業はこれで一通り終えましたが、これまた播種を忘れてしまったスナップエンドウを1ヶ月遅れで今日播種しましたので、年末は温室の中での育苗管理が残ってしまいました。(笑

| | コメント (4)

2019年11月16日 (土)

11月の菜園の様子

11月も半ばに入り朝晩はだいぶ冷え込んできましたが、市内のイチョウの並木通りの葉は僅かには黄ばみ始めてはきたものの、まだ緑が目立っている今日この頃です。

10月20日に早生のタマネギ(早出し黄玉葱)の定植を始めてから今日でほぼ1ヶ月を経過しようとしていますが、その後活着した苗はだいぶ株元もしっかりしてきて勢いよく生長し始めてきております。
最後の定植は10月31日に済ませ、最初の定植したものと僅か11日ほどの遅れでしかありませんが苗の生長には著しい違いが見えます。191116tamanegi1191116tamanegi2

前回のブログで9月21日に定植をした遠州ニンニクに触れましたが、この時点で定植後40日の経過でもありながら70%程度の発芽率でしかありませんでしたが、最近になってやっとほぼ全数の発芽状況まで達し元気よく生長してきました。
191116ninniku
このような遅い発芽はどうやら天候と少し深植えだったことが原因でしょうか。

冷え込みが厳しくなってくるころには鍋ものが恋しくなってきますが、鍋に必需品の白菜は日に日に大きくなってはきてはいますが、芯が巻き始めてくるのはもう少し先のことになりそうです。
191116hakusai

9月19日に定植をした茎ブロッコリー(スティックセニョール)ですが、脇枝がだいぶ大きくなってきましたので、間もなく脇芽の茎ブロッコリーも出始めてくるのではないかと思います。
191116kukiburokkori

庭の柿の木は今年は裏作のようで最後の1個を残すのみとなりましたが、温州ミカン(青島4号)はここ1週間ほどで表皮が遠目でも分かるほどにだいぶ黄ばみ始めてきました。  今年は豊作で少なくとも100個近くは望めそうです。
191116mikan
 靑島4号は温州ミカンの中でも大粒で甘みも強く収穫は12月に入ってからとなります。

| | コメント (4)

2019年10月31日 (木)

タマネギの植付け終了

今日で神無月(10月)も最後日、しかし外の景色を見る限りではまだまだ本格的な秋の感じられる様子にはほど遠いといったところでしょうか・・・。

タマネギ(早出し黄玉葱)の苗の植付けを今月の20日から実施してきましたが、やや未熟だった苗も順調に育ってきましたので今日は最後の5畝目を作って全ての定植を終えました。
最初に植え付けた苗は早くも活着して活き活きとしてきています。191031tamanegi
9月21日に2種類の植付けをしたニンニクですが、このうちホワイトニンニクは植え付けから12日ほどで100%の発芽をし順調に育っていますが、もう一つの遠州ニンニクは最初の発芽までに23日間もかかり、今日で40日となりますが全体的には7割ほどの発芽率で未だに部分的に発芽していないものがありますが、ここ数日で発芽してきているものもあり今少し様子を見守りたいと思っております。191031ninniku1 191031ninniku2

台風19号で塩害の被害を心配をした白菜ですが、被害を受けることもなく順調に育ってきましたが、芯食い虫によって1本だけミニ白菜への被害を受けましたが、以降は順調に育ってきており今年も鍋の季節までには十分間にあいそうな気配です。

191031hakusai

今年は猛暑の影響もあって植え付けが例年よりもかなり遅くなったジャガイモ(キタカムイ)ですが、既に脇芽欠きや最初の土寄せも終えていますが、先端部にまだとても小さい粒のような花蕾が見え始めてきました。
191031jagaimo
12月半ば頃には何とか収穫ができるものと思います。

| | コメント (4)

«台風一過とタマネギの定植