2017年3月27日 (月)

露地もの野菜の芽吹き

あっという間に早春の3月も終わりを告げようとしており、この21日には東京で日本で一番早いソメイヨシノの開花が発表されましたが、未だに甲信越方面でも時折り天気予報にsnowマークも見られ、北の地では暖かな春の訪れが待ち遠しいことだろうと思いますが、我が家の寒緋桜は早くも緑いっぱいの葉桜となりました。

3月6日に今年初めて露地へ種の直蒔きをした人参(錦洋五寸人参)が、日中の気温にも恵まれてでしょうか数日前に発芽したようで、朝夕の気温の状況から考えるとこの時期に2週間ほどで発芽はかなり順調といえるのではないかと思います。170327kinyouninjin
この他にも同じ日に和え物や炒め物用のために播種をしておいた葉大根は、露地蒔きにも係わらず人参よりもかなり早く僅か10日ほどでの発芽でした。170327hadaikon
2月26日に植付けをしたジャガイモ(きたあかり)も表土を持ち上げて芽が出始めてきましたが、この時期になれば遅霜の心配もなく、朝夕冷え込んだとしても5℃を下回るようなことが無い限り幼葉が黒ずんで枯れるようなこともありませんので、これから先は順調な生長を見守っていくのみとなります。170327jagaimo
2月に入って種蒔きをした夏野菜のトマトやキュウリですが、トレイから移植したポットにおさまって温室の中で順調に生長が進んでいます。170327tomatoこのまま順調にいけば、定植は4月10日前後ということになりそうですが、いよいよこれからの菜園作業が少し忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

芝生のミミズ退治

日中の気温も上がるようになって、この時期になると次々に木々も芽も一気に膨らみはじめてきますが、早くも我が家の寒緋桜は葉桜へと変わりつつあります。

さて、我が家の僅か15坪ほどの庭の芝生ですが、170322mimizu1昨年の夏辺りから芝生の上に小さな土が盛り上がっている光景を目にするようになって、ネットで調べたところミミズによる糞塚であることが分かりました。
ミミズは菜園や花壇などでは本来は益虫として認識されていますが、どうやら芝生では糞塚が景観を汚すことや、糞塚が芝刈り機の刃を痛めることや170322mimizu2表層のPHバランスが崩れて、病害や生理障害などが発生しやすくなることも懸念されることで、駆除のためには大量のサポニンを含む椿油粕が効果があるということで近在の園芸資材店に出掛けましたが、20Kg入りでしか売られておらずネットで5Kgで売られていたものを購入をしました。

折り好く、昨日は地中へのサポニンの浸透のための散水に必要のない小雨の降る絶好なミミズの駆除日和となりましたので、早速実施してみることにしました。
椿油粕には大量のサポニンという天然の界面活性剤が含まれており、170322mimizu3椿油粕を芝生に散布したところ折からの雨でサポニンが地中に染み込んできたようで、サポニンによって体表のヌメリを除去されるのを嫌がってミミズが地表に出てくるとのことですが、その効果たるや僅か15分後には現れて、糞塚や糞塚以外の場所からも次々とミミズが地表にあえぎながら姿を現してきました。

ミミズは天気の良い日には地表に出ると紫外線を浴びて死んでしまうということ170322mimizu5ですが、小雨の中でしたので再び地面に潜ってしまうことを考えて、割り箸で捕獲することにしましたが、何と小雨の中で30分ほどでしたが、ほぼ120匹を捕獲しました。
そして今朝起きると快晴でしたので芝の上を探すと見残した約30匹ほどのミミズが半渇き状態で死んでいました。
最終的な捕獲数は驚くほどで150匹以上にはなったと思います。

捕獲したミミズの写真はあまりにもグロテスクなためにサムネイル写真での掲載は止めましたが、勇気のある方はここをクリックするとご覧いただけますが、閲覧についてはあくまでも自己責任の範ちゅうでのクリックにてご覧下さいね。(笑

これで今年の夏の芝生の状態はとても期待が持てそうです。

| | コメント (4)

2017年3月 9日 (木)

寒緋桜が満開になりました

当地では、ここにきて土筆(つくし)やタンポポがそこここに見始められるようになってきており、だいぶ気温も和らいですっかり春めいてまいりました。

今年で8年目を迎える我が家の緋寒桜ですが、数日前から緋色がとても目立ってきており、昨年とほゞ同じ時期での満開を迎えました。
幹の太さはやっと6cmほどでまだまだ幼木としての域を脱してはおりませんが、年を重ねる毎に花数も増えて見応えはしてきてはいますが、まだ樹高も3m足らずで緋寒桜の木の下でのお花見をするにはちょっと寂しいような気もし致します。(笑170309kanhizakura今日は時折やってくるメジロを上手い具合に撮影することができました。

さて、夏野菜の種蒔き後の発芽時に出遅れていた中玉のスタピストマトですが、プラグトレイに中でやっと大きくなってきましたので育苗ポットへの移植をしました。
これで今年初めてとなる大玉トマトのおおみや163と同じく大玉のズッカトマトと中玉のスタピストマトのトマト3兄弟の足並みが揃ったことになります。170309tomatoキュウリ(夏すずみ)の実生苗も元気に育っておりますので、こちらは早ければ今月末頃には定植が出来るものと思います。

この時期での畑の作物としては長ネギやタマネギの他に、ニンニク(遠州ニンニク)がこの時期にしてはとても順調に生長してきており、撮影後に株間にV溝を掘って化成肥料の追肥をしておきました。170309ninniku昨年よりも株元や葉の勢いがでてきているようで、今年は是非とも収穫したニンニクで黒ニンニク作りをしてみたいと思っております。

| | コメント (6)

2017年2月27日 (月)

春の陽気が感じられます

早いもので、あっという間に2月も終わりになりますね。
ここにきて霜柱が立つといった寒さは遠ざかって、このところ普段ならセーターの上にフリースのジップジャケットなどを着込んで出掛けるところですが、ジップジャケットなしの軽装でも十分過ごせるような暖かさとなってきています。

そんなことから早くも菜園の雑草も少しづつ目立つようになってきており、170227daikonそろそろ冬野菜の早いものは春の目覚めから薹立ちが始まってくる頃で、大根(YRくらま)の第一弾として9月6日に種蒔きをしたものは、何と胴回りが45cmほどまでとなって私の太もも同様となり薹立ちが始まってきたようで、現在収穫中のものは10月4日播種のものですが、これも3月にはいれば薹立ちは間近だろうと思います。

170227tomato12月9日に種蒔きをしたトマト(3品種)とキュウリ(夏すずみ)がスタピストマトを残して順調に発芽したことは前回のブログで触れましたが、畑懐の土・畑を苗床に使用した影響もあってでしょうか、とても順調な生育をしていることから育苗ポットへの移植をして定植をする前の育苗準備をしておきました。
トマトは大玉トマトのおおみや1635本ズッカトマト3本キュウリ(夏すずみ)3本ですが、それぞれ1本は予備苗としてのものです。170227tomato2中玉のスタピストマトのポット移植は5日遅れとなりそうですが、例年並みでの定植はできるものと思います。

今年初めての菜園での植え付け作業となりますが、春作のジャガイモ(キタアカリ)の種芋1Kg2月13日に購入し、温室の中で段ボールに入れて芽出しをしておりましたが、ここにきて順調に芽も出始め霜の降りる気配もまったく無くなって、畑作りはだいぶ前に済まておきましたので植え付けることにしました。170227potatoキタアカリの他に秋作の男爵で残っていたものを追加して植え付けておきましたが、こちらは芽出しが終わっていないので発芽はだいぶ遅れるものと思います。

| | コメント (4)

2017年2月19日 (日)

タマネギ初収獲

予報では週末から翌週にかけて冷え込んだり降雨に見舞われるということでしたが、どうやらここにきて予報が変化したようで、寒さや連続的な降雨の予報も消えて幸いなことに今日も暖かな好天気の一日でした。

今日は早生品種のタマネギで大きくなってきたものが見え始めてきましたので、その中でも収穫できそうな大きなものを3個ほど収穫してみました。170219tamanegiということから今日の夕食の食卓には我が家で収穫したジャガイモとタマネギを使用した肉ジャガと相成りました。

2月9日にトマトキュウリの種蒔きをしましたが、自作の発芽育苗器を使用したこともあって、ほぼ順調に4~6日での発芽が見られましたが、何故か昨年自家採種した中玉のスタピストマトだけが9日間も経って昨日やっと発芽し始めました。
定植に必要な本数は、スタピストマト:3本、おおみや163:4本、ズッカトマト:2本で、キュウリは2本ですので何とかなるでしょう。(笑170219naedokoその後、左右のトレイにはキャベツとレタスの種も蒔いておきましたが、こちらはのんびりと発芽を待ちたいと思っております。

さて、前回のブログで我が家の早咲きの寒緋桜の花蕾が緩み始めてきたことに触れましたが、その後10日を経過したところでこれまでの日中の暖かさでぐんぐん膨らんできて、今日になって最初の花蕾が開花しました。
次々に花蕾が開花していくのも間近なことだろうと思います。170219sakura次回のブログでは昨年よりも更に花蕾が増えて綺麗に咲き始めた寒緋桜をアップしたいと思っております、

| | コメント (6)

2017年2月 9日 (木)

いよいよ夏野菜の準備です

2月に入って早くも一週間が経ち気温の底もピークを過ぎてきて、週明け辺りからはそろそろ寒さも緩みはじめてくるようで、写真は昨日撮影したものですが、我が家の寒緋桜の花蕾はここにきて一気に緩みはじめてきております。170208kanhizakuraこの調子でいけば昨年の開花は2月22日でしたので、ほぼ同等か少し早い開花が見らるかもしれません。

2月に入るといよいよ早いものから夏野菜の種蒔きに手を付けることになりますが、今日は手はじめにトマトの種蒔きをと考えて、いつも行きつけの種屋の光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)に新しい品種を探し求めて出掛けてきました。
昨年までは大玉トマトは病気にも強くとても栽培のし易い「露地ゆたか」170209tanemaki1長い間作っていましたが、今年は露地ゆたかよりも更に旨味が強いというファースト系の交配種で「おおみや163」という品種を薦められて購入してきました。
これで今年もトマトは固定種で自家採種している中玉のスタピストマトと大玉のズッカトマト3種類となります。
光郷城 畑懐の三代目とは以前から大変懇意にさせて頂いて170209hafunotutiおりますが、野菜を栽培するうえで土や堆肥などの研究がとても熱心で、今回は自社で開発した畑懐の土・畑という種蒔き用としても大変優れた効果を得られるということで一緒に購入してきました。
ホームセンターなどで売られてる培養土に比べると少し割高ですが、その違いはここをご覧になると分かります。

ということで夏野菜の手始めとして、今回はトマト3品種の他にキュウリ(夏すずみ)を早速購入してきた畑懐の土・畑を使用して種蒔きをして、だいぶ古くなってきた自家製の発芽育苗器の中に入れて育てることにしました。170209tanemaki2これで一週間もすれば発芽してくれるものと思います。

| | コメント (6)

2017年1月22日 (日)

樹木の剪定と寒緋桜の花蕾

今日は朝から天気も良く休眠期に入っている果樹類の剪定をしました。
先ず最初にイチジクの主幹から真っ直ぐに伸び、既に葉の枯れ落ちている脇枝を剪定といっても付け根部分から単に切るといった一番簡単な剪定から実施しました。
剪定後はトップジンMペーストで傷口の癒合促進の処理を施しておきました。170122itijiku
イチジクの次は軒下に夏のグリーンカーテンを兼ねて植えてある葡萄マスカットと家の前の畑に植えてある巨峰の剪定です。
活動期には枝を切ることによって切り口から樹液が溢れるように出てきますが、休眠期では全くそのような兆候は出ませんので、これも簡単に剪定が出来ます。
葡萄にも剪定後はトップジンMペーストは施しておきました。
170122budou1170122budou2







葡萄の剪定後に(次郎柿)の木の剪定を済ませてから、最後に薔薇の木(16品種)の剪定を実施し、これで一通りの剪定が全て完了しましたが剪定に要した時間は全部で2時間半ほどだったように思います。
170122kaki170122bara







前回のブログで初雪のことを書きましたが、これ以降はそれほど冷え込むといったこともなく暖冬の兆候は顕著に表れきているようで、昨年は緋桜の最初の蕾が膨らみ始めたのを確認したのは2月8日でしたので、今年は昨年よりも2週間以上も早く花蕾が膨らみ始めてきたのが確認できたことになります。
今年で8年目を迎えますが、花蕾は年々確実に増えてきております。170122hikanzakuraとはいっても全体的には左下に見えるような花蕾の状況ですので、見頃となるのはまだ先のようですが、いずれにしても昨年よりも早い開花となりそうです。

| | コメント (10)

2017年1月15日 (日)

初雪

北から張り出してきた強い寒気によって、この冬最大の寒波襲来で各地で170114hatsuyuki大雪のようですが、この寒気は太平洋沿岸の当地にまで及んできて、昨日は朝方から冷え込んだと思っていたところ昼過ぎになって急に雲が広がってきて今年初めての雪が降り始めました。
しかし、これはほんの僅か30分足らずのことで、その後は雨に変わり数時間後には雨も上がりました。
夕方になっても曇り空は相変わらずで、寒さもそれほど緩まなかったと思っていたところ、夜の9時過ぎになってから再び雪が降り始め、朝起きて窓を開けたところ積雪としてはごく僅かなものでしたが、庭や畑に雪が積もって一面が真っ白でした。170115hatuyukiしかし、この雪も朝の9時を回った頃にはすっかり溶けてなくなってしまいましたが、この先数日間は冷え込みは更に厳しくなるようですので注意が必要です。

さて、冬のこの時期での菜園作業としては収穫のみでこれといった作業はなく、170114burokkori野鳥たちも食べるものにも飢えているようでヒヨドリが連日庭の木や近くの畑に飛び交っていると思っていましたが、うっかりしていたら収穫間近となってきたブロッコリーキャベツの葉を食い散らかしておりましたが、ブロッコリーの頭頂蕾やキャベツの巻いた部分には被害のないのが幸いでしたが、鳥インフルエンザも頻発しているようですので鳥除けとしてネットを張っておきました。
前回のブログで近在の農家さんのタマネギの収穫が始まってきたことに170115tamanegi触れましたが、我が家の早生品種のタマネギもこの寒さの中でも順調に育っており、雪がすっかり溶けてなくなった昼過ぎに見まわしたところ、早くも地割れが始まってきているものもありましたので、早いものは来月に入れば柔らかで果肉の甘いタマネギの初収穫が出来そうです。

| | コメント (6)

2017年1月 4日 (水)

今年も暖冬・・・

新年あけましておめでとうございます。
一年の過ぎるのはあっという間で今年も又一つ歳を重ねてしまいましたが、皆様には健康で清々しい新年をお迎えになられたことと思います。
少し出遅れてしまいましたが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

今年の元日は快晴の穏やかで暖かな朝を迎え恒例の初日の出詣でに出掛けてきましたが、朝早くから多くの人出で賑やかな初日の出詣でとなりました。170101hatuhi1
170101hatuhi2昨年の暮れ以来、気温が氷点下に落ち込むということなど、まったく考えられないような陽気で、初日の出詣でが夜明け前の出発とはいえ重装備での服装の必要もなく、そのようなこともあってでしょうか驚くことに今までには見掛けることもなかったサーファーや釣り人が早朝から見受けられました。
昨年まではまだ工事中であった天竜川河口から浜名湖までの170101hatuhi3全長17.5Kmにわたる浜松市沿岸域の防潮堤工事も比較的順調に進んで、現在ではほぼ1/3の区間で標高13mの築堤が竣工しており(私の居住する沿岸域は竣工済み)、今年は防潮堤の上からの初日の出詣でとなりましたが、昨今でも各地で大きな地震も発生していることから、平成29年度における完全竣工が待たれるところです。

暖かいといえば、昨年の15日のブログで掲載したピーマンや170104green_pepperパブリカ、鷹のツメですが、零下にはならないとはいえ流石にこの時期の冷え込みでは葉が傷み始めてきて、鷹のツメはほぼ枯れましたので今日収穫して風通しの良い場所に干しておきました。
ピーマンもこれ以降は実もそれほど大きくなることはなさそうですが、パプリカにあっては気温が零下にならない限り、まだ8個ほど残っている大きな実が色づいて収穫が出来そうです。

少し離れた篠原地区はタマネギの特産地で、収穫は既に昨年の暮れから始まっておりますが、我が家の近くの農家さんでも次々に収穫が始まってきました。170104tamanegi我が家のタマネギは専業農家さんのものとは品種にも違いがありますが、初収穫はまだ1ヶ月半も先のことになりそうです。

| | コメント (10)

2016年12月19日 (月)

根菜類の収穫

今年も残すところ僅かとなってきましたが、今日は全国的にも高気圧に覆われ、特に関東以西ではポカポカ陽気という予想にたがわず、当地では風もなく日中の気温は17℃まで上がり、この時期とは思えない小春日和の一日となりました。

このところの暖かさの影響もあってのことからでしょうか、数日前に開花したと思われる日本水仙の花が2輪ほど開花していました。161219suisenちなみに2年前の同じ場所での開花は1月の中頃以降だったと思います。

今日の昼前には随分暖かくなってきましたので、10月終わり頃になって葉が枯れ始めて161219nagaimo1今ではすっかり葉も落ちて、蔓そのものも朽ちてなくなってきたヤマイモ長芋仏掌芋の今年初めての収穫をしてみることにしました。
仏掌芋は昨年種芋を貰ったものを植え付けたもので、名前の通り手の形によく似た芋の形をしており粘りが長芋より強いということで食べるのが楽しみです。161219nagaimo2取りあえず今日は仏掌芋2つと長芋を5本収穫してみましたが、長芋は7~80cmも掘り起こさなければならず、途中を欠いてしまったり折れたりしました。

ここ数日は夜間の気温が5℃以下にまで落ち込んだ日もあって、本来寒さには161219jagaimo1とても弱いジャガイモ(男爵)の葉が縮込んで枯れ始めてきたので、ヤマイモを掘り終えたところで引き続き収穫しました。
左列手前に見える青々した葉のジャガイモは、春作で残っていたニシユタカを4株ほど植付け生長が遅かったためのもので、もう少し様子を見てから収穫することにします。
種芋1Kgに対して10.5Kgの収穫となり、これで来春になって植付ける春作のジャガイモの収穫までの繋ぎとなります。161219jagaimo2
明日からは天気も下り坂で雨の予報も出てきましたので、午後からはだいぶ茎もしっかとしてきたタマネギの畝に三角ホーで溝を掘って追肥をしておきました。161219tamanegi追肥後はかがみ腰で覆土をしていきますが、全部で5畝ともなると結構な重労働となりましたが、これで年内の大きな作業は終了となります。

| | コメント (4)

«夏野菜の収穫が続いています