2020年5月20日 (水)

ブドウ棚のネット張りとジベレリン処理、他

新型コロナウイルスの感染影響による自粛活動によってスポーツジムの閉館はもとより屋外でのスポーツ施設も閉鎖されたことによって、手足を奪われた格好となって何とか菜園作業でカバーをしようと頑張ってはいますが、腰への負担が増すばかりで運動不足は否めず腹の周りのぜい肉が少し増えてしまったようです。

今年もブドウ(巨峰とマスカット)の手入れの季節になってきました。
前の畑に植えてある巨峰はブドウが熟れてきた頃になると鳥の被害に遭うことから防鳥ネットをブドウ棚の上に張り巡らせましたが、ネットの劣化によってあちこちが破れてきましたので新たな防鳥ネットを購入(1.8mx9m 248円)して張替えをしました。
200520budounet
一人作業でのネット張りは結構難しく張り終えるのにとても苦労しました。

巨峰のブドウ棚では20本以上もの主枝(結果母指)が長いものでは1メートル以上にも伸びてきてブドウの花房も開花が始まってきましたので、無種子化のために開花したものから順にSTジベラ錠を使用したジベレリンの散布処理を実施しました。
200520budou1200520budou2
処理後に赤く見えるのは液の中に赤の着色剤をまぜて2度塗りを防ぐためです。
10日ほど後に果粒肥大促進のためにもう一度同様の散布を実施します。

ここ数年固定種の大玉黒皮スイカの栽培をして種子の採取をしていますが、今年も接ぎ木苗を作って栽培することにしました。
台木はとてつもなく樹勢が強くうどん粉病にも強い鶴首カボチャを使用し5月10日に4本の接ぎ木を実施し、今日で10日を経過したことになりますが、そのうちの一本に双葉の間から元気よく本葉が伸び始めてきました。
200520suika
2週間もしたところで地植えができるものと思います。

夏野菜のその後ですが、小玉スイカ姫まくらに最初の生り花が開花し、同時に雄花も開花していましたので人工授粉をしてから、促成用のトンネルを外して敷き藁を施しておきました。
200520suika_20200520223201
小蔓は左右に2本と3本の計5本で7~8個の収穫を目指します。

この他の夏野菜ですが、キュウリ(夏すずみ)は2日後に、ピーマン(京みどり)も数日のうちには初物の収穫が出来そうです。
200520kyuri200520piman
同じ時期に植え付けたトマト(3品種)やナス(千両二号)の収穫はまだ当分先のことになりそうです。

| | コメント (2)

2020年5月 8日 (金)

ニンニクの収穫、他

今日も朝から快晴で恰好な菜園日和となりましたので、ニンニク(遠州ニンニク)の下葉がほぼ枯れてきたので朝食を済ませてから4時間ほど掛かりましたが収穫をしました。
200508ninniku1200508ninniku2

ニンニクは一度に掘り起こして放置しておくと乾燥して泥が落とし難くなりますので、
1⃣ 最初にスコップでニンニクが抜き易いように土を柔らかくしてから 2⃣ 1本づつ泥のついたニンニクを抜き取って 3⃣ 土やニンニクの表皮が乾燥しないうちにブラシや軍手などの目の粗い布などで拭い取ります
200508ninniku3200508ninniku4200508ninniku5

4⃣
綺麗になったところでニンニクに傷をつけないように根の部分を切り取り 5⃣ 最後に茎の部分を切って終了ですが、簡単なようで結構な手間が掛かります。
200508ninniku6200508ninniku7

収穫数は230個ほどとなり夕方まで天日乾燥をさせましたが、半分以上が思ったような出来具合で満足が出来、大きなものでは120gの大玉もありました。
200508ninniku8200508ninniku9
収穫したものは細かな網のネット袋に入れ日の当たらないところで保存します。

ニンニクの収穫後にかがみ腰で疲れはありましたが、3月17日に植え付けておいたジャガイモ(キタカムイ)が例年よりかなり遅かった発芽でしたが、やっと大きくなってきましたので1回目の土寄せをしておきました。
200508jagaimo

その後の夏野菜ですが、キュウリ(夏すずみ)には節々に生り花がついて10日も経たないうちに初収穫ができそうで、茄子(千両二号)ピーマン(京みどり)にも花が咲き始め、スイカ(姫まくら)の主蔓も6節ほどに延びましたので、5節部分で切り落としておきましたが既に小蔓が3本ほど伸びてきています。
200508kyuuri200508nasu200508suika

さて、明日は黒ニンニク作りに取り掛かりたいと思っております。

| | コメント (4)

2020年5月 2日 (土)

ブドウの誘引と夏野菜の支柱立て

5月に入って大型連休も真っただ中、昨日までの強かった風が嘘のように治まって今日は28℃と真夏日にまではなりませんでしたが、薄手の長袖のTシャツに着替えての菜園仕事となりました。

庭のバラの花はまだそれほどの見応えはありませんが、5月に入ったと同時にバラの花が次々に咲き始めてきましたが、早くも黒星病の葉が見え始めてきましたので、殺菌剤と防虫剤の混合液の散布をしておきました。
200502bara
あと一週間もすればほぼ全数(20品種)のバラの開花が見られるものと思います。

今日の菜園仕事の手始めとしてブドウ(巨峰)の主幹から伸びてきた今年ブドウの花房のつく主枝(結果母枝)があっという間に鳥除けのために張ってあるネットを飛び出す勢いで伸びてきたことから、一本一本に対しての誘引をしました。
しかし、冬の休眠中に剪定しておいた昨年はブドウの生った古い主枝の中に新しく新芽の出なかったものが6ヶ所もありましたので切り落としました。
このままでは主枝の本数が減ってしまうためにあまり増やし過ぎることのないように新しい主枝を増やして調整していきます。
200502budou4200502budou5200502budou6
主枝の撤去後には切り口が中央部に疎になっている部分がありますので害虫などの侵入防止のためにトップジンMペースト剤を塗布しておきます。

主枝といってもまだ枝は伸び始めで弱弱しく無理に誘引しようとすると主幹の付け根部分からもげ落ちてしまうことから、かなり注意を払っての作業となりますが、今回も花房のついた主枝を1本失敗してもげ落としてしまいました。
200502budou1200502budou2

誘引ワイヤーまではゆっくりと日数と時間をかけて主枝をもげ落とさないようにして固定させるようにします。
200502budou3
1時間ほどかけて誘引作業が完了しました。    この先は僅かな時間ですが、ここ2~3週間は連日の巻き蔓の切り落としや誘引作業などが日課となります。
 
次に4月8日に定植をしおいたトマト(3品種)の苗が促成用として施したマルチシートのトンネルの空気口を飛び出してきましたので支柱立てをすることにしました。
200502tomato1

マルチシートのトンネルの中では放置状態でしたので脇枝か無数に伸びていましたが、すべて切り落とすとスッキリした姿になりました。
200502tomato2200502tomato3

3品種で7本のトマトの支柱立てが完成しました。
200502tomato4

トマトと同じ日に定植をしたキュウリ(夏すずみ)の苗も防寒用に施した行灯の高さに迫る大きさになってきましたので、こちらも支柱立てとネットを張っておきました。
200502kyuuri
定植時に幼苗のため雌花2個の摘花をしておきましたが、数日前に開花したと思われるキュウリが2cmほどの大きさに育っていました。

これだけで今日丸一日かかってしまいましたが、この他の夏野菜のスイカやナス、ピーマン、カボチャ等はまだまだ幼苗の域を脱してはおりませんので、手入れはもう少し先のことになりそうです。

| | コメント (4)

2020年4月23日 (木)

4月の我が家の菜園

新型コロナウイルスの感染者はここに至っても相変わらず連日増え続けており、全国的な緊急事態宣言の展開によって各地での行動規制も厳しくはなってきてはおりますが、自粛要請という強制力のない規制が、これから迎える5月の大型連休に向けどこまで帰省や行楽への我慢が出来て、その後の感染状況がどのような形で現れるのかが大いに気に掛かるところです。

さて、4月も半ばを過ぎてから初夏を思わせるような気温になってきて、庭のバラにも花蕾が膨らみ始めてきており数日のうちに次々に開花がみられそうですが、軒下に植えてあるブドウのマスカットと前の畑の巨峰の新芽がここ一週間もしないうちにあっという間に大きく伸びて花房もハッキリと目立つようになってきました。
200423budou1200423budou2
昨年は巨峰に晩腐病が発生して多くを収穫できませんでしたが、今年はその轍を踏まないように気を付けようと思います。

4月8日に定植をしたトマトですが、定植をした後にマルチシートでトンネル掛けをしたことから10cmほども天井に届かなかった苗が、僅か2週間ほどでトンネルの空気口から飛び出すまでに生長してきました。
右の写真は大玉のズッカトマトですが一段花房はほぼ咲き終えてきており、中玉のスタピストマトは早くも二段花房が咲いてきています。
200423tomato1200423tomato2
今月末にはトンネルを外し支柱立てをしようと思います。

最近では野菜の消費量が減ってしまったことことから、ついつい野菜の種蒔きや植え付けが疎かになってしまっていますが、今年はジャガイモ(キタカムイ)の植付けを例年よりも20日以上も遅れての植付けとなってしまいました。
例年であれば3月末~4月初めにかけての発芽でしたが、それでも梅雨入り前の収穫となると良いのですが・・・。
200423jagaimo

昨年の9月7日に播種をして育てたアスパラガスの苗を今年の3月1日に定植をしましたが、ここにきて2~3mmの太さの新しい芽が吹き始めだいぶ逞しくなってきました。
200423asupara
今年は幼苗のため収穫は出来ませんが、来年になっての収穫が楽しみです。

昨年の9月21日に植付けをしたニンニクの下葉が少しづつ枯れ始めてきました。
5月初めでの収穫となりますが、茎の太さからも想像して根塊の大きさがどれほどになってきているのかとても楽しみです。
200423ninniku
茎の太さも十分に育っており地中の中で育っているニンニクの根塊がどれほど大きくなってきているのか期待が膨らみます。

この他にも我が家の菜園では購入苗のナスピーマンシシトウキュウリ等々も順調に育ってきております。

| | コメント (4)

2020年4月 8日 (水)

夏野菜の植付けスタート

とうとう7日に新型コロナウイルスに対して緊急事態宣言が感染者の多発している7都市に対して出されました。
我が国では「首都封鎖のない」(出来ない)今回の処置がどれだけのクラスター感染者の増殖を阻止できるのかが一番の関心事項であろうと思いますが、表現がやや不適切かもしれませんが僅かここ数日で県内でも大学の休校などによる帰省者や東京への出張者、京都への旅行者からの感染などと早くも急激に感染者が増え続けており、不要不急な外出は避けるといっただけで本当に歯止めが掛かるのかととても不安な気持ちになります。

さて暗い話はさておき、いよいよ夏野菜の植付け作業をスタートさせました。
先ず最初に2月5日に播種をして育ててきた大玉のズッカトマト(5本)と早くも開花の始まった中玉のスタピストマト(1本)の他に、交配種のため購入しておいた大玉トマトの麗夏(1本)の植え付けをしました。
200408tomato1200408tomato2
この後でトマトは促成のためにマルチシートでのトンネル掛けを施します。

次に先日購入してあった茄子(千両二号)ピーマン(京みどり)キュウリ(夏すずみ)のそれぞれ1本づつと茎ブロッコリーの苗2本の植付けをしました。
200408nasu200408kyuri200408burokkori
これらの苗については保温のために堆肥袋を利用しての行灯掛けをします。

夏野菜ではありませんが、例年栽培している長芋を収穫した後に頭の部分を切り欠いておき新聞紙にくるんで冷暗所に保管しておいたところ新しい芽が吹き始めてきましたので植え付けをしておきました。
200408nagaimo1200408nagaimo2
長芋が下に延びていく部分を避けて堆肥と配合肥料を十分に施してから5~6cmほどの深さに植え付けるといった簡単な作業です。

我が家の花海棠がほぼ満開となりましたが、どうやら一昨年の台風の塩害によって本来咲くはずのない10月に花数こそそれほど多くはありませんでしたが開花したことなどが影響したようで、何故か例年に比べると花の数が3割がたも少ない寂しい開花となり、お花見もかなり気が削がれます。(笑
200408hanakaidou
どうやら温暖化による異常気象が原因だろうと思いますが、新型コロナウイルスといいおかしな世の中になったものです。 

| | コメント (4)

2020年3月29日 (日)

得体のしれない新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大は未だに留まることを知らず、東京ではロックダウンとの言葉までが囁きはじめてきているようですが、これまで静岡県では静岡市で3人の感染者と他県に比べて比較的少ない人数でしたが、ついに昨日になって私の住む浜松市でも1名が発症したと報道されましたが、今日になっても詳細についてはあまり明かされることなく高齢者にとってはただただ不安がつのります。

ウイルスからの感染拡大を防ぐ上でスポーツ関連のみならず様々なイベントでの活動が自粛されている中で、当地でも5月3日から3日間で延べ200万人もの人が繰り出される浜松まつりがこの23日に戦後では2011年の東日本大震災に次いで2度目となる中止をすることも決定されました。
200324news_20200412093501
不要不急な活動自粛や感染防止での守るべくルールなどが連日叫ばれていますが早く終息させる意味からも皆が同じ目線に立った生活をしていきたいものです。
しかしながら相変わらず感染防止のための必需品であるマスクの入手ができないのには困ったものです。

そんな中でも野菜栽培のために欠かすことのできない夏野菜の苗が行きつけの園芸店で出始めましたので買い出しに行ってきました。
200329nae
今回は、キュウリ(夏すずみ):1本の他に茄子(千両二号):1本、ピーマン(京みどり):1本と茎ブロッコリー:2本を購入してきましたが、よく考えたら畑作りはまだ済んでいませんので、今少しの間は現在育苗中のトマトカボチャの苗などと一緒に温室の中での生活となりそうです。(笑

東京では早くも桜が満開とか、我が家から近いところにある川沿いの桜並木では何故かやっと桜の花がちらほらし始めたところです。
今年は何かおかしい、異常気象にならないと良いのですが・・・・。   
200329sakura1200329sakura2
スマホで撮影したら写真がちょっとピンボケでした。

| | コメント (4)

2020年3月15日 (日)

随分暖かくなってきました

暖冬影響ということから東京や名古屋、岐阜では早くも(染井吉野)が平年よりも10日以上も早く開花していよいよ桜前線がスタートしましたが、今年は新型コロナウイルスの感染予防のためにお花見の宴会自粛も出ているようで果たしてどんな賑わいとなるのでしょうか・・・。

さて、我が家の寒緋桜は既に散り終えて葉桜となってしまいましたが、我が家の庭には春を呼ぶ樹木として花海棠がありますが、こちらは4月上旬での開花となりますが小さな花蕾があちらこちらに見え始めてきました。
200315hanakaidou1200315hanakaidou2
寒緋桜と一緒で花海棠の開花も例年より早まることだろうと思います。

既に大根は薹立ちして菜の花が咲いてしまいましたので一週間ほど前に撤収して廃棄しましたが、茎ブロッコリーも次々に新しい脇芽が伸びてきて4株もあることからとても消費もできずにこちらも残ってきたものから薹立ちして菜の花が咲き始めてきました。
200315burokkori
余分な脇芽さえ切り欠けば今月の末頃までは十分に収穫は出来そうです。

昨年の9月22日に植付けをしたニンニク(遠州ニンニク)ですが、こちらも暖冬の影響だろうと思いますが例年よりも早くニンニクの芽が伸び始めてきていました。
200315ninniku
ニンニクの根塊が大きく育つようにニンニクの芽が見え始めてきたものから切り落としておきました。

自作の発芽育苗器で育てたトマト(2品種)の苗を3月3日にプラグトレイから13号ポットに移植しておきましたが順調に育っています。
またトマトよりも20日も遅く播種した鶴首カボチャもあっという間に大きくなってきましたのでポットへの移植をしましたが、何れも4月10日前後での定植となりそうです。
200315tomato
トマトはズッカトマトが5本、スタピストマトは4本、鶴首カボチャは1本を定植します。

小中学校も明日16日から再開することが決まり、私の通っているスポーツジムも明日から再開するとの連絡が入りましたが、新型コロナウイルスの新規の感染者は未だに連日確認されていて出口が見えないだけに心配ですが、「手を洗うこと」と「咳エチケット」には十分気を付けて日々を過ごすように考えております。

| | コメント (4)

2020年3月 3日 (火)

新型コロナウイルスの影響

連日新型コロナウイルスの報道が後を絶ちませんが、日を増すごとにコロナウィルスが増殖していて北海道はだいぶ深刻のようですが、とうとう静岡県でも感染者が出てしまいました。

そんな中で店頭からマスクや消毒用の洗浄スプレーが姿を消してしまいました。
洗浄スプレーについては手洗いの励行によって何とか回避はできますが、マスクについては代用できるものも見当たらず以前に購入しておいたものも残り少なくなってきたことから昨日薬局に問い合わせたところ「開店時間に合わせて順番待ちをして頂く」ということなので、今日開店の20分前に出掛けてきました。
既に到着した時には15人ほどが列を作っており開店時間には5~60人ほどの列となりましたが、どうやら全員には行き渡らなかったようです。
入手できたマスクも箱入りのものではなく10枚入りのもの僅かに1個のみでしたがこれで少しは息がつけそうです。
2003002masuku12003002masuku2
消毒用の洗浄スプレーについては入荷の見通しは全くないとのことでした。

そんな中、誰が流したデマか分かりませんが、これまたトイレットペーパーティッシュペーパーが店頭から無くなっています。
数日前からマスクとは違って国内製で在庫は十分あるといわれているにもかかわらず、こちらは行きつけの大型スーパーですが目を疑うような光景でした。
200303bakugai
不安をあおる連鎖反応というのは本当に恐ろしいものですね。

報道でも触れられていましたが、ウイルスの感染にあたって専門家会議の中で、感染の発生しやすい場所として閉鎖的な空間施設としてライブハウスや屋形船、ビュッフェスタイル会食、マージャン店、仮設テントなどなどの他にスポーツジムも含まれていることから、とうとう今日から行きつけのスポーツジムも一時的な休館(約2週間)ということになりました。
200303gim
今日は仲間内での屋外のテニスを2時間ほど楽しみましたが、明日からは温かくなってきましたのでウォーキングでも始めようかと思っています。
何はともあれ新型コロナウイルスについては早く収束して欲しいものですね。

今年になって本格的な菜園での初仕事をしました。
昨年の9月7日に種蒔きをしたアスパラガスの苗9本が温室の中で冬を越してだいぶ大きくなりましたので畑への植付けをしました。
200227asupara200303asupara
今年は育成のみで収穫することはできませんが、気長に来年での収穫を待つことになります。

ここにきて日増しにタマネギが大きくなっているのが目に見えて確認できるようになり、まだ手のひらの中にスッポリおさまるようなやや小振りな大きさではありますが、今日初めてのタマネギを収穫してみました。
200303tamanegi
あと一週間~10日もすれば本格的な収穫が出来そうです。

| | コメント (4)

2020年2月27日 (木)

もうすぐ春ですね

とうとう今年は屋外での氷の張ったところを見ず仕舞いで3月を迎えることになりそうです。
このところ連日新型コロナウイルス感染症の報道で賑わっておりますが、現状ではこれと言って有効な打つ手も見つかってはおらず、出来ることなら一日も早い新薬の開発が望まれるところですが、先ずは一人一人は咳のエチケットや手洗いが重要であることは理解できるものの、巷からは感染防止のためのマスクや薬用洗浄スプレーなどがすべて姿を消してしまっており、買い物などで出掛けざるを得ないこともあって高齢となった我が身にとってはここ一、二週間の動向がとても気掛かりになります。

前回のブログでも暖冬の影響で我が家の寒緋桜の開花が早まっていることに触れましたが、矢張り昨年よりも9日も早い満開となりました。
200227sakura

この他にも草木の何もかもが暖冬の影響で芽吹きが早くなってきており庭のバラの新芽も例年よりもかなり早く芽生えてきています。
200227bara

昨年12月6日に定植をしておいたスナップエンドウ(幸姫)ですが、これまた例年よりのかなり早い開花を迎えていたと思っていましたが、まだ主枝もあまり太くもなく脇蔓もそれほど伸びてきていないにもかかわらず次々に実が育って収穫できるまでになってきてしまいました。
200227endou
追肥はしておりますが、例年より早い収穫を終えることになりそうです。

2月5日に播種をしたトマト(2品種)とキャベツですが、昨年採種したズッカトマトは9割(9本/10)の発芽をしましたが、2年前に採種しておいたスタピストマトは最後の3本目の発芽が遅く6割(3本/5)で、4年前に購入して残っていたキャベツの種は残念ながらとうとう発芽することはありませんでした。
200227tomatononae
ズッカトマトは5本、スタピストマトは2本の栽培を予定していますが、もう少し大きくなってきたところで11号ポットへの移植をしようと思っています。

| | コメント (2)

2020年2月14日 (金)

またもや暖かな冬日です

2月というのに昨日は日中での気温が22℃迄上がって初夏を思わせるほどの温かさとなり、今日はどんよりした曇り空から午後には雨となりましたが、それでも16℃と冬とは思えないような暖かさでした。

前回のブログで寒緋桜が開花したことを書きましたが、その後は一時的に冬の寒さに戻ったこともあって花蕾が膨らんでくることがなかったのですが、ここ2~3日の暖かさでほぼ全体の花蕾が一気に膨らんできました。

200214skanhizakura
どんよりとした曇り空で写真があまりパッとしませんが、今の時点での花蕾の膨らみ方は昨年に比べるとやはり10日くらい早いように思います。

我が家のタマネギもここにきて日増しに球の肥大の変化が分かるほどで、大きなものは大きな地割れの中で直径が6cmほどにとなってきており、早いものは今月末頃には初収穫もできそうです。
200214tamanegi

昨年の8月21日に植付けをした遠州ニンニクも2回の追肥の効果もあって株の太さもこの時期としてはとても順調で、昨年は一部連作となった部分での失敗もありましたが、今年はしっかりとした大きな球根(鱗茎)が育ってくれそうです。
200214ninniku

さて、2月5日に播種をしたトマト(2品種)キャベツですが、順次発芽すると思いますが大玉のズッカトマトが8本、スタピストマトは1本が発芽しています。
200214tomatononae
同時に播種したキャベツ(味星)は4年前に購入した種であることからおそらく古い種のために発芽しないかと思われます。

| | コメント (2)

«寒緋桜が開花、トマトの播種