2019年1月10日 (木)

休眠樹木の剪定

昨日は穏やかで暖かな一日となり、今年も樹木の休眠の時期を迎えましたので、バラや僅かばかりの果樹類などの休眠樹木の剪定を実施しました。

我が家の庭には18種類ほどのバラのがありますが、例年この時期にはほとんどの葉が枯れ落ちて冬の剪定を迎えるところですが、昨年お台風による塩害や冬の時期の暖かさの影響もあって12月に入っても葉が枯れることはなく次々に花蕾も出て花を咲かせましたが、春バラを楽しむうえでは樹勢が衰えることから枝払いをした後で休眠をさせるための剪定を実施しました。
190110bara1190110bara2







次にブドウ(巨峰)の剪定をしました。
ブドウの葉は11月終盤には殆どが枯れ落ちており、この時期には一枚の葉も残っておらずリード線に脇枝を止めるための結束用ビニールワイヤーを外し、その後は夫々の株元から来年伸びてくる芽を残して枝の切り取りをするといった剪定ですので比較的簡単に終えることが出来ました。
190110budou1190110budou2







厄介なのは脚立を使っての(次郎柿)の木の剪定ですが、今迄少し放置気味であったことから脇枝が四方八方にかなり伸びて枝も混み合っていたので、今年は結果母枝に十分注意しながら強剪定を施すことにしました。190110kakiこれで昨年よりも高さや周囲方向もかなりスッキリとなりしました。

最後にイチジクの剪定ですが、こちらは低木で真っ直ぐ上に縦に伸びていた脇枝の株元をノコギリで切るだけの簡単な作業ですので15分程度の作業で終えました。190110itijiku
今日は一転して朝から冷え込んで冷たい風が吹く寒い一日となり、昨日の剪定作業が暖かな中で終わったことに安堵しました。
これ以外にはレモンと温州ミカン(青島4号)が残っていますが、何れもまだレモンやミカンが生っていますので、こちらは2月に入ってから実施しようと思います。

| | コメント (6)

2019年1月 1日 (火)

初日の出と今年初めての菜園仕事

新年明けましておめでとうございます。
本年も稚拙なブログではありますが細々と運営をしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年は毎年欠かしたことのなかった遠州灘海岸での新年の初日の出詣でを、朝寝坊をしたために起きた時には既に朝日が上がっていて出来ませんでしたが、今年は早めに起床して新年の日の出を拝みに行ってきました。
雲一つない晴天で風もなく穏やかな中で初日の出の参拝をすませました。190101hatuhinode1
参拝の後に砂浜の波打ち際まで行って、波に洗われた真新しいお清めの砂を持ち帰り屋敷内の地の神様に盛り砂とし、残ったものは庭や菜園に撒いておきました。190101hatuhinode2
元旦から穏やかで暖かな一日となりましたので今年初めての菜園作業としてジャガイモ(キタカムイ)の収穫をしました。
昨年末から各地では冷え込みの強い天候のようでしたが、当地では比較的暖かな天候続きで、例年なら秋作のジャガイモは12月に入れば葉が枯れ始めて収穫の時期を迎えますが、今年は年を明けての収獲となり、僅か5株だけの植付けでしたが結構大玉となりましたので、僅かこれだけでも自家消費は難しそうです。(笑
190101jagaimo1190101jagaimo2







当地では昨年の暮れから極早生のタマネギが店頭に出始めており、値段は1個当たり70円と少し高めですが、新タマネギは軟らかく甘いことから酒のつまみにスライスしたものをスモークサーモンと和えたマリネとするように購入してきました。(笑180101tamanegi我が家の新タマネギは早くても2月半ば頃とちょっと待ち遠しいですね。

| | コメント (6)

2018年12月17日 (月)

ピーマン収獲

12月7日を堺に一気に冬の気温となって、ここ数日は日中の最高気温も15℃前後とだいぶ冷え込むようになってきました。

台風の塩害にあったピーマン(京波)が復活し11月半ばに着果、そして着実に大きくなってきたことを以前に掲載しましたが、やっと収穫が出来るまでになりました。
これからは気温も更にに下がってきますので何時まで収穫が出来るのかな?181217piman冷え込みの影響から大きさとしては市販されているものの7割方の大きさですが、肉厚も充分でピーマンの味をしっかり主張していました。

12月半ばの我が家の菜園の状況です。

10月26日に定植をした早生のタマネギが小指に近い太さに生長してきました。181217tamanegi2月半ば頃には早いものからは収穫が出来るようになろうかと思います。

11月1日に播種をした小松菜ですが、大きくなってきたものから間引きをしながら収穫をしていましたが、今日で3回目の収獲となりました。
品種ははやどり小松菜でやや小振りで茎が柔らかく何にでも向いています。181217komatuna3~4日で大きくなりますので、これからまだ長いお付き合いが出来そうです。

寒さには弱いジャガイモ(キタカムイ)の葉が少しづつ葉の先端部分から黒ずんでくるようになりました。
1ヶ月ほど前に試し掘りをした時に地中ではかなりの大きさになっていましたので、もう少ししたら暖かな日中にでも収穫をしようと思っております。181217jagaimo

| | コメント (6)

2018年12月 8日 (土)

12月だというのに・・・

12月に入っても10月を思わせるような日中の気温が連日続いていましたが、今日になって北からの寒気が南下してきたことから日中での最高気温も11.5℃と一気に下がりましたので身体の調整が急には追いつかずに戸惑います。

本来ならこの時期には秋のバラ(秋バラ)としては開花の終焉を迎える時期ですが、台風の塩害の影響で遅くなって再生の始まった葉の生長と、これまでの暖かな陽気が続いたことからでしょうか、この時期になっても例年のような秋バラとしての花数の多さはないものの驚くほど元気に開花が続いております。181208baraこれからは寒さも厳しくなってきますので、春バラを楽しむためにあまり長期に開花させることなく早めの摘蕾とお礼肥えの実施を年内には終える予定です。

前回のブログ(11月2日)で矢張り台風の塩害にあったピーマンに次々と開花が始まったことについて触れましたが、これまでの暖かさも手伝ってのことから夏の時期のような生長は見られないもののピーマンが随分大きくなってきました。
しかしこれからの寒さのことを考えると早めの終焉は迎えることになろうかと思いますが、今暫くの間は自家採取でのピーマンが食べられそうです。
181208piman1181208piman2






| | コメント (4)

2018年11月27日 (火)

初冬の我が家の菜園

澄みきった青空が続く今日この頃、各地では早くも初雪の便りを聞く今日この頃ですが、朝夕はだいぶ冷え込んできたとはいうものの、今日も日中の気温も22℃まで上がり未だに菜園で鍬をふるうと汗が滲んでくる今日この頃です。

そんなこともあって、10月24日のブログで台風の塩害から立ち直ったピーマン(京波)のことを書きましたが、次々と開花が始まってきて着果したピーマンが日に日に大きくなってきております。181127piman例年ですと12月初旬までは収穫が出来ていましたが、果たして今回は収穫までに結びつくのかについてはちょっと心配ではあります。

10月26日にタマネギの定植をしてからちょうど1ヶ月を経過し、株元も随分しっかりしてきましたので追肥(化成8号)をしました。
追肥は2条植えをしてある中心に三角ホーを使用して溝を作って肥料を撒き、撒き終えたところで土を戻して覆いますが結構この作業が腰の痛い作業となります。
181127tamanegi1181127tamanegi2







タマネギの追肥を終えたところで、9月23日に植え付けたニンニクにも追肥をしておきましたが、ニンニクは2月初めにもう一度追肥を予定しています。181127ninniku
ここ10日間ほどで一気に黄色くなってきた温州ミカン(青島44号)ですが、柿の木にもやってきた抜け目のないムクドリ?が早くも飛来してきて突っつかれていましたので、先日まで柿の木に防鳥用として使用していたネットを張り巡らせておきました。
181127mikan1181127mikan2






| | コメント (6)

2018年11月17日 (土)

台風の塩害を免れて・・・

このところさわやかな秋晴れが続いておりますが、秋の日はつるべ落としといわれるように日増しに日の暮れるのが早くなってきました。

さて、台風による塩害を何とか免れてその後順調に育ってきた野菜もやっと収穫が出来るまでに生長してきております。
今日、初めての収穫をした大根(うまい煮大根)は十分な太さに育ちました。181117daikon
9月1日に播種した白菜金将二号ミニ白菜)も芯が巻きはじめてきており、これから寒さを迎え鍋ものや煮物として間もなく収穫が出来そうです。
181117hakusai1181117hakusai2







今年苗を購入して初めての栽培となった茎ブロッコリー(スティックセニョール)ですが、どんな風に生長していくのかさっぱり未知数で、茎ブロッコリーは先端部に花蕾が出来て葉の付け根部分にもそれぞれ脇芽が出来てきていますが、茎の長さがあまり長くないので、これで良いのか迷うところです。181117burokkori
これまた初めて栽培をした芽キャベツですが、どうやら葉の付け根部分に小さなキャベツの芽が育つようですが、今のところまだその兆候は見られません。181117kyabetu
9月17日に種芋の植え付けをしたジャガイモ(キタカムイ)ですが、まだ葉が青々としていていますが早くも地面が割れてきましたので一つだけ確認をしてみましたが、収穫をしても良い大きさに育っていましたので3個ほど盗っ人掘りをしました。181117jagaimo
11月6日に種蒔きをしたスナップ豌豆の芽がだいぶ伸びてきましたので、もう少し大きくなってきたところで強風対策としてネット囲いをします。181117endou
本来なら秋バラの季節は10月に迎えますが、これまた台風の塩害の影響で葉が枯死して一枚残らずなくなってしまいましたが、その後新しい葉が芽生え花蕾も出来始めて、今週初め頃から花が順次開花し始めてきました。181117bara春バラを楽しむためには木の樹勢を保つために、11月末頃には全て摘蕾をして花が咲かないようにしようと考えております。

| | コメント (6)

2018年11月 7日 (水)

紅葉の時期のイチョウ並木に異変

前回のブログで「塩害による"花海棠"の狂い咲き」の記事を掲載しましたが、この時期には本来ならば間もなく綺麗な紅葉を迎えることになりますが、台風24号の塩害によって国道のイチョウ並木はとても無残な姿を露呈させております。
これまであまり気にもなりませんでしたが、ここにきて葉が黄色に変化するのではなく、一気に薄茶色になって葉が落ちはじめてきております。181107ichouちなみに3年前に同じ場所で撮影をした見事な紅葉が、こ こ をクリックすると見られますが、それに比べて何とも無残な光景です。

さて9月12日に定植をして異常な塩害を何とか掻い潜ってきた葉もの野菜ですが、収穫はまだ少し先にはなりますが元気に生長してきております。
芽キャベツ茎ブロッコリーは初めての栽培ですので収穫が楽しみです。
181107kyabetu181107mekyabetu181107burokkori






また前回のブログでも白菜大根ニンジンなどが塩害から何とか復活できたことに触れましたが、白菜の芯が着実に巻き始めてきており、最初に播種をした大根は収穫できるまでになりました。181107hakusainado
ここ最近は忙しさにかまけてあまり菜園にも足が向きませんでしたが、やっと最後のタマネギの植付も完了しました。181107tamanegi右側2列が10月26日で、左側2列が昨日植えたもので全部で600本ほどです。

| | コメント (6)

2018年10月26日 (金)

塩害による"花海棠"の狂い咲き

前回のブログでも塩害による作物や樹木の被害について触れましたが、台風24号の塩害影響で各地でも数日前から春に咲くソメイヨシノが開花したということのTV報道がされ、そんなこともあるのかなあと聞き流しておりましたが、今朝になって何となく庭を眺めていたところ塩害で全ての葉が枯れ落ちてしまった我が家の花海棠の枝の先の方に、今の時期では見ることさえない新しい葉が芽生えてきたほぼ全ての個所に、春の時期でしか見れない花が咲いているのを見つけました。181026hanakaidou1
現在開花しているのは僅かに数個のみですが、まだ幾つかの花蕾も見られますのでこれからの数日は開花が見られそうです。
これは塩害や強風による落葉が原因で、暖かい時期には花芽が出ないように働くアブシシン酸の活動が止まってしまったことから、この時期での開花が始まったようですが、これによる来春での開花数の減少はないとのことで一安心です。
181026hanakaidou2181026hanakaidou3







今日は早生品種のタマネギの苗が定植できるまでに育ってきましたので、先ずは大きくなってきた苗320本ほどの植え付けを実施しました。181026tamanegi今夜は天気も下り坂で降雨のようですので散水の手間が省けました。

| | コメント (2)

2018年10月24日 (水)

塩害からの立ち直り?

10月になってからカラッとした天気がとても少ない毎日でしたが、久し振りに今日は秋空が望む一日となり日中には26.5℃と9月半ばの気温となりました。

9月30日の台風24号では大変な塩害を受けて夏野菜はことごとく葉が枯死した状態となって、ことごとく廃棄処分の憂き目となりましたが、何故か葉は完全に枯死状態となっていましたが支柱によって倒れていなかったことから、そのままにしておいたピーマンがほぼ1カ月を経た状態で若葉が芽生えて花蕾が見え始めてきました。181024piman例年ならば11月末頃までピーマンの収穫は出来ていましたので、追肥を施しておきましたので何とか収獲に結びつくと良いのですが・・・・・。

ピーマン同様に塩害で完全に葉が完全に枯死状態となって一枚残らずなくなってしまった薔薇の木にも1週間を経過した頃から新しい葉が出はじめて、今ではすっかり普段の姿に戻りましたが、本来なら秋バラは今の時期に沢山の花で見頃を迎えますが、今になって極僅かに花は見られてはいますが、大半は未だに小さな蕾がやっと出はじめてきたところで、見頃を迎えるのはかなり先になりそうです。
遅い時期になって花を咲かせることは、木の生長を著しく妨げてしまうことになりますので、この先は摘蕾などで例年よりも終焉を早めにしようと思ってます。181024bara
白菜大根ニンジンが前回(10月8日)のブログで塩害にあったことを書きましたが、2回目の播種をした幼苗だった大根は何とか枯れずにすみましたが、ニンジンに至っては7割ほどが枯死してしまいましたので、10月12日に追加播種をしここにきて元気に発芽してきましたので、これで全ての野菜の収穫が迎えられそうです。181024hamonoyasaiキャベツの他に茎ブロッコリー芽キャベツは全て無事に育っています。

9月17日に植え付けた秋作のジャガイモ(キタカムイ)が間もなく開花を迎える頃になりましたので追肥と土寄せをしておきました。181024jagaimo収獲は12月10日頃には出来るものかと思います。

ニンニクは9月23日に植付けをしましたが、1週間を過ぎたあたりから発芽がはじまり今だに数本の発芽が見られてはおりませんが、ほぼ出揃ってきました。181024ninniku10月1日に追加して植え付けをしましたが少し欲張り過ぎたでしょうか。(笑

| | コメント (2)

2018年10月 8日 (月)

台風24号の爪痕、その後

9月30日の台風24号が通り過ぎてから一週間が過ぎましたが、この時の潮風による塩害の被害は日に日に顕著に現れてきております。

我が家における代表的なものは柿の木の葉が3日目あたりから見る間に葉が黄色くなりはじめてきて、5日目を迎える頃には風がなくても次々と葉が落ちはじめてきて、今日に至っては完全に葉で覆われていた柿の木が丸坊主状態となって柿の実だけが目立っております。  台風の影響で柿の実も10数個が落下しました。181008typhoon1間もなくして柿が黄色く熟してきた頃にはこれだけ柿が目立つとカラスムクドリに狙われてしまいますので早めの防鳥ネットでの対策が必要になりそうです。

菜園の状況ですが、鶴首カボチャは3日目あたりから葉が枯れ始めて5日目には完全に枯れてしまいましたので収穫は無理でしょう。181008typhoon2    
葉もの野菜のうち大根白菜の大きく生長していたものは葉が少し傷んだものの何とか無事でしたが、特にニンジンの幼苗はほぼ壊滅状態です。181008typhoon3
茄子やピーマンの葉は特に塩害庭弱く茄子は3日目でほぼ葉は完全に枯れてしまいましたが、茄子の後ろに写っているジャガイモとその後ろはニンニクですが、台風前はやっと芽が出始めた状態でしたので、その後元気に育ってきています。181008typhoon4
落花生の葉も塩害には少し弱いらしく葉が赤くなってきてはいますが、この程度であれば何とか収獲に結びつけそうです。181008typhoon5
最後にこれは専業農家さんのオクラ畑の様子ですが、まだ収穫の途上でしたがあまりにも見事に葉が枯れてしまい枝だけが残ったような状態になっていました。181008typhoon6
作物以外ではガレージの吹き飛んでしまった樹脂製のトタン板ですが、材料を購入して自力で補修しましたが、トタン板4枚と小物部品で約10,000円の散財と半日以上も費やしてやっと修復も終わりました。181008typhoon7
皮肉なもので台風以後は好天気続きで、今日も抜けるような青空で作物のみならず樹木などの塩害に襲われた葉は更に加速して枯葉化が進んでいます。

| | コメント (8)

«台風一過、されど未だに停電(2日目)